遊びがてらいらっしゃい。雑誌『nice things.』が手がける空間が1/28にOPEN!

遊びがてらいらっしゃい。雑誌『nice things.』が手がける空間が1/28にOPEN!

自分らしい生き方を提示するこれからのライフスタイルマガジン『nice things.(ナイスシングス.)』。「暮らし」や「人」、それに関わる物や場所を丁寧にひもとく誌面は、一般読者のみならず作家やショップからも注目を集めています。そんな『nice things.』が手がける空間「トモダチノ家」が、1月28日(日曜)に大阪・北浜にオープン!人気作家らの展示販売を皮切りに、今後は「人とつながる」様々なイベントが開催される予定です。ここでは、「トモダチノ家」の中をちょっとだけご案内します。 2018年01月26日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
近畿
大阪府
北浜
雑貨
ワークショップ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
314

1/28オープンの「トモダチノ家」って?

遊びがてらいらっしゃい。雑誌『nice things.』が手がける空間が1/28にOPEN!
昨年秋に大阪・北浜にオープンした施設「COME to THE RIVER」。北浜駅から歩くこと2分、築100年を超える、趣きのある長屋がみえてきます。雑貨店やカフェなど複数のショップが同居するこの場所に、雑誌『nice things.』の手がける空間「トモダチノ家」が新しくオープンします!

『nice things.』とは

『nice things.』は、株式会社ミディアム発行の“自分らしい生き方を提示するこれからのライフスタイルマガジン”。創刊以来、毎号こだわったテーマで物やブランド、場所などが持つ背景を丁寧に伝えています。

『nice things.』は、株式会社ミディアム発行の“自分らしい生き方を提示するこれからのライフスタイルマガジン”。創刊以来、毎号こだわったテーマで物やブランド、場所などが持つ背景を丁寧に伝えています。

“つながる場所”をテーマにした空間「トモダチの家」

遊びがてらいらっしゃい。雑誌『nice things.』が手がける空間が1/28にOPEN!
「トモダチノ家」にあるものを紹介しましょう。つながりがあります。信頼があります。
親しみがあります。面白いことがあります。みんなの本棚もあります。
あの人にオーダーできます。家長の田中もいます。ぜひお気軽にお越しください。
出典:nice things.2018年3月号1月23日発売  | nicethings.
SNSなどで誰とでもコミュニケーションができる現代ですが、価値観の近しい仲間同士が“リアル”なつながりを持てる場所って、意外とみつからないのかもしれません。「トモダチノ家」は、そんな“つながり”をテーマにした展示空間。編集者の視点を生かしながら、紙とはまた異なる“場所”を媒介として、「ものと人」を発信していきます。

“同居”する素敵なショップたち

「トモダチノ家」がオープンする「COME to THE RIVER」には、ほかにも魅力的なショップがたくさん!インドを中心とした手仕事の洋服や雑貨を販売する「KALAKARI」や、カリーと甘いものと雑貨のお店「OXYMORON 北浜店」、スペシャルティコーヒーが楽しめる「EMBANKMENT COFFEE」など、ちょっとしたブレイクにもぴったりです。

「トモダチノ家」がオープンする「COME to THE RIVER」には、ほかにも魅力的なショップがたくさん!インドを中心とした手仕事の洋服や雑貨を販売する「KALAKARI」や、カリーと甘いものと雑貨のお店「OXYMORON 北浜店」、スペシャルティコーヒーが楽しめる「EMBANKMENT COFFEE」など、ちょっとしたブレイクにもぴったりです。

“ものと人の背景”を伝える6つの企画展を同時開催

遊びがてらいらっしゃい。雑誌『nice things.』が手がける空間が1/28にOPEN!
「トモダチノ家」は、これまでnice things.で取材してきた素敵な人たちとお客さん同士が、まるで友達の家に訪れたときのようにつながっていける場所。

初回は日本各地の“人とものづくりの背景”を感じられる6つの企画展が同時開催されます。それぞれにテーマが設けられた各テーブルを展示空間に見立て、空間内では出展者それぞれの直筆メッセージや制作過程も紹介。さらに、作品の購入や、一部出展者へのオーダーもOK。写真やことばで制作の背景を知ることができるので、ものや人をより身近に感じられそう。ここでは、6つの企画展を少しだけご紹介します。

①「香りを贈る」-どこでもそら(和歌山)

和歌山県・熊野地方で無農薬茶の栽培と販売をしている「どこでもそら」。代表の大泉大さんがブレンドした煎茶×カモミール、上ほうじ茶×レモングラス×ジンジャーなど8 種類並びます。自然の恵みをたっぷり受けたやさしい味わいは、飲むだけでエネルギーが満ちていくよう。親しい人への贈り物にもどうぞ。

和歌山県・熊野地方で無農薬茶の栽培と販売をしている「どこでもそら」。代表の大泉大さんがブレンドした煎茶×カモミール、上ほうじ茶×レモングラス×ジンジャーなど8 種類並びます。自然の恵みをたっぷり受けたやさしい味わいは、飲むだけでエネルギーが満ちていくよう。親しい人への贈り物にもどうぞ。

②「土から掘る器」-ONE KILN(鹿児島)

自らのルーツとなる鹿児島・坊津の土を掘るところから器を作る陶芸家、城戸雄介さん(ONE KILN)。その場所の緯度と経度が刻まれた新作の器〈CULTIVATE〉シリーズと、実物の原土を展示します。目の前にある器が、どこで育ち、どんな場所から来たのか。想いを馳せる時間もまた楽しいもの。

自らのルーツとなる鹿児島・坊津の土を掘るところから器を作る陶芸家、城戸雄介さん(ONE KILN)。その場所の緯度と経度が刻まれた新作の器〈CULTIVATE〉シリーズと、実物の原土を展示します。目の前にある器が、どこで育ち、どんな場所から来たのか。想いを馳せる時間もまた楽しいもの。

③「あなたのニット」-yourwear(秋田)

「yourwear」は、秋田の最北端・大館市のニットブランド。代表の佐藤孔代さんが生まれ育ったのは息も凍るほど厳しい寒さの地。だからこそ、着る人を包みこむような温かみを感じるニットが生み出されています。写真は帽子やストールを作る際に出た残糸を組み合わせた糸を使った一点もののミトン。性別、年齢も関係なく、着る人の個性を引き出すニットの魅力を楽しんで。

「yourwear」は、秋田の最北端・大館市のニットブランド。代表の佐藤孔代さんが生まれ育ったのは息も凍るほど厳しい寒さの地。だからこそ、着る人を包みこむような温かみを感じるニットが生み出されています。写真は帽子やストールを作る際に出た残糸を組み合わせた糸を使った一点もののミトン。性別、年齢も関係なく、着る人の個性を引き出すニットの魅力を楽しんで。

④「器の約束」-池田優子さん(大阪)/安藤由香さん(富山)

奇抜ではないやわらかな色合いながら、生活に華を添えてくれる器たち。陶芸家の池田優子さん(写真左)、安藤由香さん(写真右)の作るボウルや花器を、2018年の抱負とともに展示します。今年はどんな器を作ろうかと、その手に込めた想いとは。

奇抜ではないやわらかな色合いながら、生活に華を添えてくれる器たち。陶芸家の池田優子さん(写真左)、安藤由香さん(写真右)の作るボウルや花器を、2018年の抱負とともに展示します。今年はどんな器を作ろうかと、その手に込めた想いとは。

⑤「ふたしごと」-瀧川かずみさん(東京)/匙屋(岡山)

鞄作家・瀧川かずみさんの帆布×蝋引きのバッグ(中央)。
漆のスプーンを中心に展開する「匙屋」からは、くるみやイチョウの木で作った角盆(左)や、端材を組み合わせたおもちゃ(右)を展開。それぞれ共通しているのは、ひと手間ならずふた手間かけるものづくり。異なる素材が生み出す機能性と造形美を兼ね備えています。

鞄作家・瀧川かずみさんの帆布×蝋引きのバッグ(中央)。
漆のスプーンを中心に展開する「匙屋」からは、くるみやイチョウの木で作った角盆(左)や、端材を組み合わせたおもちゃ(右)を展開。それぞれ共通しているのは、ひと手間ならずふた手間かけるものづくり。異なる素材が生み出す機能性と造形美を兼ね備えています。

⑥「成長物語」-TAjiKA(兵庫)/MUCU(東京)

使い続ける、作り続けるなかで生まれたエピソードと文具展。手作業で生み出される「TAjiKA」の鋏(右)や“素材の力”をキーワードに作られる文具ブランド「MUCU」の真鍮・青銅のペン(左)などをご紹介。よい風合いに経年変化した実物も見ることができます。

使い続ける、作り続けるなかで生まれたエピソードと文具展。手作業で生み出される「TAjiKA」の鋏(右)や“素材の力”をキーワードに作られる文具ブランド「MUCU」の真鍮・青銅のペン(左)などをご紹介。よい風合いに経年変化した実物も見ることができます。

たくさんの「つながり」と「出合い」が待っています

展示品はオーダー・購入もOK!

展示品は購入や、一部出展者へはオーダーすることもできます。空間内に飾られている照明や家具もほぼすべて購入可能。「トモダチノ家」に訪れたら、素敵な出合いがあるかも!

展示品は購入や、一部出展者へはオーダーすることもできます。空間内に飾られている照明や家具もほぼすべて購入可能。「トモダチノ家」に訪れたら、素敵な出合いがあるかも!

無料貸出も!思いが詰まった本が並ぶ「みんなの本棚」

nice things.に関わる人たちから寄贈された本を集めた「みんなの本棚」。本には持ち主の名前やコメントが記されていて、無料で貸し出しされています。思い入れの詰まった本棚には、たくさんの出合いがあります。ぜひ気になる本を手にとってみてくださいね。

nice things.に関わる人たちから寄贈された本を集めた「みんなの本棚」。本には持ち主の名前やコメントが記されていて、無料で貸し出しされています。思い入れの詰まった本棚には、たくさんの出合いがあります。ぜひ気になる本を手にとってみてくださいね。

この「家」を成長させていくのはあなたです。

遊びがてらいらっしゃい。雑誌『nice things.』が手がける空間が1/28にOPEN!
「トモダチノ家」では、展示以外にもトークイベントやワークショップなど、様々な催しを予定しています。将来的には、日本各地に展開し「こっちの家はどんなだろう?」と誰もが渡り歩くことのできる場所作りを計画中。

お店の人も、お客さんも、ひとりの「トモダチ」として交流できるこの家を、育て、つなげていくのは訪れたあなたです。素敵な出合いを探しに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

(写真提供:ミディアム)

Information

■TOMODACHI ノ IE|トモダチノ家

大阪府大阪市中央区北浜1-1-23 COME to THE RIVER内 2F
営業時間:平日 11:00~19:00、土・日・祝 11:00~18:00
水曜定休

■TOMODACHI ノ IE|トモダチノ家

大阪府大阪市中央区北浜1-1-23 COME to THE RIVER内 2F
営業時間:平日 11:00~19:00、土・日・祝 11:00~18:00
水曜定休

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play