「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド

「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド

ヨーロッパの真ん中に位置し「ハート・オブ・ヨーロッパ」と言われるポーランド。親日国でイケメンが多い(?)ということで、旅先としての人気が高まりつつあるそう。歴史と芸術の薫りが漂う国、といった感じでちょっとお堅い印象がありますが、西ヨーロッパよりも物価が安く、おいしい料理やスイーツが満載のポーランドは女子旅にぴったり。メジャーな旅先として人気になる前に、おすすめのスポットをご紹介します! 2018年01月18日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
旅行
海外旅行
女子旅
歴史
ヨーロッパ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
308

ヨーロッパの真ん中にある国「ポーランド」

「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド
出典:pixabay.com
ヨーロッパの中心に位置していることから「ハート・オブ・ヨーロッパ」と言われるポーランド。古くから人の往来が多く東西文化が融合し、豊かな歴史と伝統をもつポーランドは女子旅要素が満載。
ちょっと気が早いかもしれませんがゴールデンウィークや夏休みのバカンスの候補地として、今回はポーランドのおすすめスポットをご紹介します。

激動の歴史を乗り越えた美しき都・ワルシャワ

「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド
出典:www.flickr.com(@Igor Gushchin)
ポーランドの首都ワルシャワ。ポーランドを訪れる旅行者のほとんどが訪れるこの街に人々が定住したのは10世紀ごろのこと。16世紀末にジグムント3世によってポーランド南部にあるクラクフからワルシャワへ首都が移されて発展し、見どころがいっぱいです。

ワルシャワ歴史地区

第二次世界大戦で大破された旧市街は、戦後に復元された街。「レンガのひび割れ一つに至るまで」忠実に蘇らせたワルシャワ市民の熱意が評価され、世界遺産に登録されました。
出典:pixabay.com

第二次世界大戦で大破された旧市街は、戦後に復元された街。「レンガのひび割れ一つに至るまで」忠実に蘇らせたワルシャワ市民の熱意が評価され、世界遺産に登録されました。

●王宮
王宮広場の東側に位置するワルシャワ王宮。戦後の共産政権下、ポーランド民族の象徴ともなっていた王宮は再建を許されず、修復が決まったのは1971年になってからのことでした。
出典:www.flickr.com(@Horst Gutmann)

王宮広場の東側に位置するワルシャワ王宮。戦後の共産政権下、ポーランド民族の象徴ともなっていた王宮は再建を許されず、修復が決まったのは1971年になってからのことでした。

しかしその後、多くの人々の尽力により、王宮は外装から内装まで全て昔のままに再現され、豪華絢爛な室内装飾や国宝級の美術品を堪能できます。
出典:www.flickr.com(@Krzysztof Belczyナгki)

しかしその後、多くの人々の尽力により、王宮は外装から内装まで全て昔のままに再現され、豪華絢爛な室内装飾や国宝級の美術品を堪能できます。

●伝説の人魚像
旧市街に建つ人魚の像には、こんな伝説があるんですよ。
昔、ワルシャワの川に、金髪の美しい人魚が住んでいました。とても美しい歌声をもっていて、人も動物もうっとりするほどでした。ところがある日、悪い商人がお金儲けのために人魚をとらえてしまいました。悲しい歌声を聞いた若い漁師が人魚を助けてあげたところ、人魚はとても感謝し「ワルシャワが危機にみまわれたときには、必ず助けにくる」と言い残して水の中へ消えていきました。だからワルシャワの人魚は、剣と盾を持ってワルシャワを守ってくれているんですって。
美しく頼もしい人魚に、ぜひ会いに行ってみてくださいね。
出典:pixabay.com

旧市街に建つ人魚の像には、こんな伝説があるんですよ。
昔、ワルシャワの川に、金髪の美しい人魚が住んでいました。とても美しい歌声をもっていて、人も動物もうっとりするほどでした。ところがある日、悪い商人がお金儲けのために人魚をとらえてしまいました。悲しい歌声を聞いた若い漁師が人魚を助けてあげたところ、人魚はとても感謝し「ワルシャワが危機にみまわれたときには、必ず助けにくる」と言い残して水の中へ消えていきました。だからワルシャワの人魚は、剣と盾を持ってワルシャワを守ってくれているんですって。
美しく頼もしい人魚に、ぜひ会いに行ってみてくださいね。

聖十字架教会

ワルシャワ出身の偉人といえば、何といってもショパン。ワルシャワには、ショパンゆかりのスポットが点在しています。ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会もそのひとつ。
出典:www.flickr.com(@mw238)

ワルシャワ出身の偉人といえば、何といってもショパン。ワルシャワには、ショパンゆかりのスポットが点在しています。ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会もそのひとつ。

バロック様式の美しい教会はショパンを抜きにしても一見の価値ありです。
出典:www.flickr.com(@Dennis Jarvis)

バロック様式の美しい教会はショパンを抜きにしても一見の価値ありです。

ワジェンキ公園

ワルシャワのやや東側に位置する、美しくて広大な公園です。
ポーランド最後の王、スタニスワフ・ポニャトフスキがワジェンキ宮殿を建造し、その名が公園の名称になりました。池の畔に建造した夏の離宮・水上宮殿は必見です。
出典:pixabay.com

ワルシャワのやや東側に位置する、美しくて広大な公園です。
ポーランド最後の王、スタニスワフ・ポニャトフスキがワジェンキ宮殿を建造し、その名が公園の名称になりました。池の畔に建造した夏の離宮・水上宮殿は必見です。

5月~9月の毎週日曜日にはショパン像の下で野外ピアノコンサートが開催されます。
出典:www.flickr.com(@Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland)

5月~9月の毎週日曜日にはショパン像の下で野外ピアノコンサートが開催されます。

ヴェーデル(E. Wedel)

ポーランドに行ったら、必ず立ち寄りたい老舗高級チョコレート店。ポーランド人なら誰でも知っている、有名なショコラティエのカフェです。
出典:

ポーランドに行ったら、必ず立ち寄りたい老舗高級チョコレート店。ポーランド人なら誰でも知っている、有名なショコラティエのカフェです。

おすすめは何と言ってもホットチョコレート!
こちらはホワイト、ミルク、ビターの3種類が楽しめるトリオ。
出典:

おすすめは何と言ってもホットチョコレート!
こちらはホワイト、ミルク、ビターの3種類が楽しめるトリオ。

沢山の種類があって迷うこと必至ですが、お気に入りの1杯を見つけてくださいね。
出典:www.flickr.com(@Roland Tanglao)

沢山の種類があって迷うこと必至ですが、お気に入りの1杯を見つけてくださいね。

ポーランドの京都・クラクフ

「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド
出典:pixabay.com
王国時代に首都だった街で、ポーランドで最も歴史ある都市の一つです。
ポーランドの京都と称されるクラクフは、ルネサンス様式やゴシック様式の建築物がならび、街全体が見所でどこを切り取っても絵になります。

ヴァヴェル城

歴代ポーランド国王の居城で、代々の王の戴冠式がとりおこなわれました。王宮は16世紀初めにルネサンス様式で建てられ、ここに数多くのコレクションが収められています。
出典:pixabay.com

歴代ポーランド国王の居城で、代々の王の戴冠式がとりおこなわれました。王宮は16世紀初めにルネサンス様式で建てられ、ここに数多くのコレクションが収められています。

城内に入ると、様々な様式の建物を見ることができます。そこかしこに花が咲き、散策する場所としても素敵です。
出典:

城内に入ると、様々な様式の建物を見ることができます。そこかしこに花が咲き、散策する場所としても素敵です。

聖マリア教会

中央広場に位置する聖マリア教会。こちらの写真は、向かいに建つルネサンス様式の織物会館からのぞく美しい姿です。
出典:www.flickr.com(@Pawel Pacholec)

中央広場に位置する聖マリア教会。こちらの写真は、向かいに建つルネサンス様式の織物会館からのぞく美しい姿です。

ポーランドで最も美しいと称される教会。天まで届くステンドグラスは息を呑むほど美しく、ヨーロッパ第2位の高さを持つ木造の祭壇は国宝に指定されています。
出典:

ポーランドで最も美しいと称される教会。天まで届くステンドグラスは息を呑むほど美しく、ヨーロッパ第2位の高さを持つ木造の祭壇は国宝に指定されています。

ヴィエリチカ岩塩坑

1978年、世界遺産第1号として指定されたヴィエリチカ岩塩坑はクラクフに行ったら見逃せない人気の観光地。現在も稼働している採掘場としては世界最古で、総延長300km、最深部は327 mに達する、まさに地下帝国です。
出典:

1978年、世界遺産第1号として指定されたヴィエリチカ岩塩坑はクラクフに行ったら見逃せない人気の観光地。現在も稼働している採掘場としては世界最古で、総延長300km、最深部は327 mに達する、まさに地下帝国です。

すべてが岩塩でできた見事な彫刻やまるで宮殿のような聖キンガ礼拝堂など見所満載。幻想的な世界が広がっています。
昔、ハンガリーの王女がポーランド王家に嫁いだ時、想いをこめて投げた指輪の示した場所がヴィエリチカで、そこから塩がとれるようになったという伝説があるそう。
出典:www.flickr.com(@Dennis Jarvis)

すべてが岩塩でできた見事な彫刻やまるで宮殿のような聖キンガ礼拝堂など見所満載。幻想的な世界が広がっています。
昔、ハンガリーの王女がポーランド王家に嫁いだ時、想いをこめて投げた指輪の示した場所がヴィエリチカで、そこから塩がとれるようになったという伝説があるそう。

小人だらけの街・ヴロツワフ

「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド
出典:pixabay.com
ポーランドで最も古い都市の1つであるヴロツワフは多くの国によって支配されてきた結果、それぞれの国の特徴が凝縮したユニークな街になりました。町を横切るオドラ川には12の島があり、100本以上の橋がかけられています。
6世紀から現代に至るまで、スラブ人、モンゴル人、ボヘミア侯、ハプスブルク帝国、ドイツと様々な国や文化の影響を受けたことで、コスモポリタンな街が形成されました。

旧市街広場

様々な建築様式の建物が混在する街はとてもカラフル。小人が住む街としても知られているヴロツワフは街のいたる所に小人が隠れていて、まさにおとぎの国そのものです。
出典:

様々な建築様式の建物が混在する街はとてもカラフル。小人が住む街としても知られているヴロツワフは街のいたる所に小人が隠れていて、まさにおとぎの国そのものです。

小人の数は250体以上に上り、しかも旧市街だけでなく、いたる所に出没していて、毎年増えているとか。小人マップも販売されているので、小人を探しながら街を散策するのもおすすめです。
出典:pixabay.com

小人の数は250体以上に上り、しかも旧市街だけでなく、いたる所に出没していて、毎年増えているとか。小人マップも販売されているので、小人を探しながら街を散策するのもおすすめです。

ヴロツワフ大学博物館

創立300年を迎えた本館は、神聖ローマ皇帝レオポルド一世が建てたもの。1階のヴロツワフ大学博物館にあるレオポルディア講堂は豪華絢爛なバロック様式の講堂で、音楽ホール「オラトリウム・マリアヌム」に響き渡る調べは200年前から変わることなく、人々の心を魅了し続けています。
出典:www.flickr.com(@Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland)

創立300年を迎えた本館は、神聖ローマ皇帝レオポルド一世が建てたもの。1階のヴロツワフ大学博物館にあるレオポルディア講堂は豪華絢爛なバロック様式の講堂で、音楽ホール「オラトリウム・マリアヌム」に響き渡る調べは200年前から変わることなく、人々の心を魅了し続けています。

ピヴニツァ・シフィドニツカ

市庁舎の半地下にあるヨーロッパで一番長い歴史を誇るビアセラービアセラー。創業1273年のお店には、地元の名士や貴族たち、ゲーテやショパンといった有名人が訪れていたそう。
出典:www.flickr.com(@Klearchos Kapoutsis)

市庁舎の半地下にあるヨーロッパで一番長い歴史を誇るビアセラービアセラー。創業1273年のお店には、地元の名士や貴族たち、ゲーテやショパンといった有名人が訪れていたそう。

店内は、まさに中世の雰囲気そのまま。時の流れが刻み込まれた重厚な空間のなかで味わうビールは特別なはず。
出典:www.flickr.com(@Klearchos Kapoutsis)

店内は、まさに中世の雰囲気そのまま。時の流れが刻み込まれた重厚な空間のなかで味わうビールは特別なはず。

陶器の街・ボレスワヴィエツ

「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド
出典:www.flickr.com(@onnola)
日本でも大人気のポーランドの伝統陶器ボレスワヴィエツ。ポーランドを訪れたら、ぜひ陶器の街をたずねてみてください。毎年8月下旬ごろに、陶器祭りが開かれています。
紺と白のあたたかな風合いが魅力。可愛いだけでなく、電子レンジや食洗器にも使える丈夫さも人気の秘密です。
出典:www.flickr.com(@Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland)

紺と白のあたたかな風合いが魅力。可愛いだけでなく、電子レンジや食洗器にも使える丈夫さも人気の秘密です。

日本では数千円するものも1000円代で買えるので、かご一杯に買って帰る人もいるほど。安いものだと数百円で買えちゃいます。
出典:

日本では数千円するものも1000円代で買えるので、かご一杯に買って帰る人もいるほど。安いものだと数百円で買えちゃいます。

工場見学や絵付け体験もできるので、時間がある人はぜひ挑戦してみてください。
出典:www.flickr.com(@Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland)

工場見学や絵付け体験もできるので、時間がある人はぜひ挑戦してみてください。

いかがでしたか?

「ハート・オブ・ヨーロッパ」女子旅で満喫するポーランド
出典:
日本では、旅行先としてはまだマイナーなポーランドですが、女子旅におすすめの素敵なコンテンツがたっぷり詰まっている魅力的な国です。この機会に、ぜひ次回の旅行先のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play