冬の岩手へおでんせ*最高の海の幸と絶景を満喫する岩手旅をご紹介

冬の岩手へおでんせ*最高の海の幸と絶景を満喫する岩手旅をご紹介

忙しい毎日に追われて、ちょっと一息入れたい…。そんなときは、足をのばして冬の岩手を観光してみませんか?岩手には、美しい自然や日本の歴史を感じられる世界遺産、どこか懐かしい文化、そしておいしい海の幸がいっぱいですが、中でも冬は他の季節とはまた一味違って心がほっとする観光地が目白押しなのです。そこで今回は、心をリフレッシュさせていたい人におすすめの冬の岩手を、たっぷりとご紹介します* 2018年01月08日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
東北
岩手県
観光スポット
旅行
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
145

猊鼻渓をこたつ舟で楽しむ

まずはじめは、一関市にある日本百景のひとつ・猊鼻渓(げいびけい)。「猊鼻渓舟下り」は船頭さんの手漕ぎで進むので、渓流を静かに満喫することができますし、時に舟歌を聞きながら自然を楽しむことができます。観光客は特に新緑や紅葉の季節の時期に増えますが、冬はまた違った美しさと楽しみを体験できるとして人気なんですよ。
出典:

まずはじめは、一関市にある日本百景のひとつ・猊鼻渓(げいびけい)。「猊鼻渓舟下り」は船頭さんの手漕ぎで進むので、渓流を静かに満喫することができますし、時に舟歌を聞きながら自然を楽しむことができます。観光客は特に新緑や紅葉の季節の時期に増えますが、冬はまた違った美しさと楽しみを体験できるとして人気なんですよ。

こちらが冬の猊鼻渓の様子。全長約2キロのそびえ立つ絶壁に冬枯れの景色、そして降り注ぐ雪が見事にマッチしていますね。
出典:www.instagram.com(@yuupicyan)

こちらが冬の猊鼻渓の様子。全長約2キロのそびえ立つ絶壁に冬枯れの景色、そして降り注ぐ雪が見事にマッチしていますね。

12月~2月末までは、こたつ舟に。ビニールシートの中でこたつにあたりながら、ゆったりと川の流れを感じるのはまさに私服のひと時です。
出典:www.instagram.com(@erk5331)

12月~2月末までは、こたつ舟に。ビニールシートの中でこたつにあたりながら、ゆったりと川の流れを感じるのはまさに私服のひと時です。

こちらのこたつ舟から見える景色は、まるで水彩画のような美しさ。しばらく現実を忘れさせてくれる不思議な空間です。
出典:

こちらのこたつ舟から見える景色は、まるで水彩画のような美しさ。しばらく現実を忘れさせてくれる不思議な空間です。

猊鼻渓舟下り | 猊鼻渓で、ゆったり舟遊び
猊鼻渓舟下りの公式ホームページはこちら*

幻想的な平泉を堪能

中尊寺

続いては、2011年に世界遺産に登録された平泉。平泉の中でも中尊寺は、冬になるとしんしんと降り積もった雪、澄んだ空がとても幻想的で、心が洗われる美しさを放ちます。せっかく訪れるなら、ガイドさんに案内してもらうと知識が深まりますよ。
出典:

続いては、2011年に世界遺産に登録された平泉。平泉の中でも中尊寺は、冬になるとしんしんと降り積もった雪、澄んだ空がとても幻想的で、心が洗われる美しさを放ちます。せっかく訪れるなら、ガイドさんに案内してもらうと知識が深まりますよ。

こちらは雪と太陽の光が神々しい、中尊寺金色堂。金色堂は平泉の中でも特に有名なスポットなので、多くの観光客が押し寄せますが、冬は一足がまばらになるのでゆっくり拝観できます。冬はこのように神秘的なな雰囲気が満点で、思わずシャッターを切らずにはいられません。
出典:

こちらは雪と太陽の光が神々しい、中尊寺金色堂。金色堂は平泉の中でも特に有名なスポットなので、多くの観光客が押し寄せますが、冬は一足がまばらになるのでゆっくり拝観できます。冬はこのように神秘的なな雰囲気が満点で、思わずシャッターを切らずにはいられません。

毛越寺・浄土庭園

次は毛越寺の浄土庭園です。木々に囲まれたこの池は「大泉が池」という名前で、東西約180m、南北に約90mもの広さ。その中に、石を積み上げて岩山の様子を表した「築山」や美しい海岸線を表した「洲浜」、「出島石組」と「池中立石」など、様々な自然が表現されています。冬になると池一面がすっかり雪化粧。しんと静寂に包まれて心が癒されそう。
出典:www.instagram.com(@chynyyyyy)

次は毛越寺の浄土庭園です。木々に囲まれたこの池は「大泉が池」という名前で、東西約180m、南北に約90mもの広さ。その中に、石を積み上げて岩山の様子を表した「築山」や美しい海岸線を表した「洲浜」、「出島石組」と「池中立石」など、様々な自然が表現されています。冬になると池一面がすっかり雪化粧。しんと静寂に包まれて心が癒されそう。

日の出の時間になると、浄土庭園に朝日が差し込みます。この静けさの中、高尚な美しさをひとり占めするのも素敵ですね。
出典:

日の出の時間になると、浄土庭園に朝日が差し込みます。この静けさの中、高尚な美しさをひとり占めするのも素敵ですね。

凛とした浄土ヶ浜を観賞

続いては、宮古市にある三陸を代表する景勝地・浄土ヶ浜です。地名の名前は、天和年間(1681~1684年)にここを訪れた和尚さんが「極楽浄土のようだ」と感動したことから由来されているように、鋭く尖った白い岩肌と海、空の融合はまさに絶景。冬になると、その絶景に雪が加わり、何とも息をのむ美しさが目の前に広がります。
出典:

続いては、宮古市にある三陸を代表する景勝地・浄土ヶ浜です。地名の名前は、天和年間(1681~1684年)にここを訪れた和尚さんが「極楽浄土のようだ」と感動したことから由来されているように、鋭く尖った白い岩肌と海、空の融合はまさに絶景。冬になると、その絶景に雪が加わり、何とも息をのむ美しさが目の前に広がります。

こちらは夜の一枚。空にオリオン座と冬の大三角が壮大に広がっています。冬の夜にじっと待つのは寒さが体にしみますが、この一枚を収められたら感動的ですね。
出典:

こちらは夜の一枚。空にオリオン座と冬の大三角が壮大に広がっています。冬の夜にじっと待つのは寒さが体にしみますが、この一枚を収められたら感動的ですね。

こたつ列車でゆったりぬくぬく移動

岩手県久慈市から宮古市をつなぐ、三陸鉄道線北リアス線。毎年冬になると、掘りごたつとストーブを装備した車両がお目見えします。レトロな車体もとても可愛らしいですね。
出典:

岩手県久慈市から宮古市をつなぐ、三陸鉄道線北リアス線。毎年冬になると、掘りごたつとストーブを装備した車両がお目見えします。レトロな車体もとても可愛らしいですね。

こちらがこたつ列車の車内。厳しい寒さで冷えた体にとって、あたたかいこたつに入る瞬間はまさに至福のひと時です。
出典:

こちらがこたつ列車の車内。厳しい寒さで冷えた体にとって、あたたかいこたつに入る瞬間はまさに至福のひと時です。

車内では、海女さんの恰好をしたアテンダントさんが車内販売。あたたかい車内に、ゆっくりくつろげる雰囲気…ついついあれこれ買ってしまいそうになるかも?
出典:www.instagram.com(@guuguuneko)

車内では、海女さんの恰好をしたアテンダントさんが車内販売。あたたかい車内に、ゆっくりくつろげる雰囲気…ついついあれこれ買ってしまいそうになるかも?

こちらは、三陸鉄道で最長の安家川橋梁。河口と水平線を一望できる絶景スポットで、ここでは電車が一時停止してくれます。
出典:

こちらは、三陸鉄道で最長の安家川橋梁。河口と水平線を一望できる絶景スポットで、ここでは電車が一時停止してくれます。

三陸鉄道
岩手県の三陸海岸沿いを地域と共に走る三陸鉄道株式会社の公式サイト
こたつ列車の運行スケジュールなどの詳細は、三陸鉄道の公式サイトから*

小岩井農場でイルミネーションを満喫

雫石町にある小岩井農場は、冬になると「小岩井ウィンターイルミネーション」が開幕し、場内にたくさんのイルミネーションが冬の夜空を照らします。使われる電球の数は東北最大級。子どもから大人まで楽しめるスポットです。
出典:

雫石町にある小岩井農場は、冬になると「小岩井ウィンターイルミネーション」が開幕し、場内にたくさんのイルミネーションが冬の夜空を照らします。使われる電球の数は東北最大級。子どもから大人まで楽しめるスポットです。

場内には、迫力満点のSLイルミネーションもお目見え。まさに宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の世界です。D51の汽笛効果音もあるので、きれいなだけでなく迫力も満点です◎
出典:

場内には、迫力満点のSLイルミネーションもお目見え。まさに宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の世界です。D51の汽笛効果音もあるので、きれいなだけでなく迫力も満点です◎

こちらは40mにも及ぶ光のトンネルです。ゴールドに囲まれたトンネルはとてもロマンチック。大切なあの人と訪れて、この冬の思い出をまたひとつ重ねてみてはいかがでしょうか。
出典:

こちらは40mにも及ぶ光のトンネルです。ゴールドに囲まれたトンネルはとてもロマンチック。大切なあの人と訪れて、この冬の思い出をまたひとつ重ねてみてはいかがでしょうか。

冬の小岩井農場は、ウィンターイルミネーションだけでなく「いわて雪まつり」の会場にもなります。雪まつりでは、雪像やステージショー、花火、雪灯籠などさまざまなイベントが開催されますが、小岩井農場では、こちら「かまくら食堂」を堪能できます。かまくらの中ではなんとジンギスカンを楽しむことができるので、一生の思い出になるかもしれませんよ。
出典:

冬の小岩井農場は、ウィンターイルミネーションだけでなく「いわて雪まつり」の会場にもなります。雪まつりでは、雪像やステージショー、花火、雪灯籠などさまざまなイベントが開催されますが、小岩井農場では、こちら「かまくら食堂」を堪能できます。かまくらの中ではなんとジンギスカンを楽しむことができるので、一生の思い出になるかもしれませんよ。

冬の海の幸をたっぷり味わう

ドラマ「あまちゃん」で北限の海女が一躍有名になりましたが、岩手と言ったら三陸の海の幸は外せません。冬の岩手は、ほたてやワカメ、牡蠣、アワビ、さけなどと海の幸が豊か。
出典:

ドラマ「あまちゃん」で北限の海女が一躍有名になりましたが、岩手と言ったら三陸の海の幸は外せません。冬の岩手は、ほたてやワカメ、牡蠣、アワビ、さけなどと海の幸が豊か。

宮古市・魚菜市場

新鮮な海の幸をじっくり選ぶなら、市場に足を運びましょう。三陸には数多くの市場がありますが、こちら宮古市の魚菜市場は、魚介類だけでなく地元で採れた野菜・果物も販売されているほか、市場内には食堂があるため、市民から観光客まで多くの人が訪れます。市場に行く際は、早起きして早朝に行くのがおすすめです◎
出典:

新鮮な海の幸をじっくり選ぶなら、市場に足を運びましょう。三陸には数多くの市場がありますが、こちら宮古市の魚菜市場は、魚介類だけでなく地元で採れた野菜・果物も販売されているほか、市場内には食堂があるため、市民から観光客まで多くの人が訪れます。市場に行く際は、早起きして早朝に行くのがおすすめです◎

大船渡市・屋形船「潮騒」

せっかく三陸の海の幸を味わうなら、ちょっとリッチにこんなロケーションで食べるのはいかがでしょうか?こちらは大船渡市の屋形船「潮騒」。屋形船に乗って味わえば、またおいしさも別格に。
出典:

せっかく三陸の海の幸を味わうなら、ちょっとリッチにこんなロケーションで食べるのはいかがでしょうか?こちらは大船渡市の屋形船「潮騒」。屋形船に乗って味わえば、またおいしさも別格に。

こちらは陸前高田市のかき小屋・広田湾。生かき、蒸しかき、かきごはん、かき汁、かきフライ、かきグラタン…などなどかき尽くめ。蒸し牡蠣は1㎏~5㎏まで食べれるので、大人数でワイワイ食べるのがおすすめ◎
出典:

こちらは陸前高田市のかき小屋・広田湾。生かき、蒸しかき、かきごはん、かき汁、かきフライ、かきグラタン…などなどかき尽くめ。蒸し牡蠣は1㎏~5㎏まで食べれるので、大人数でワイワイ食べるのがおすすめ◎

陸前高田「かき小屋 広田湾」
陸前高田「かき小屋 広田湾」
かき小屋広田湾の公式サイトはこちらから。

まとめ

今回は、冬の岩手の魅力をご紹介しました。県内にある冬ならではの世界遺産や豊かな自然、おいしい海の幸をのんびりと堪能すれば、また明日から頑張れる元気が湧いてくるはず。ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。
出典:

今回は、冬の岩手の魅力をご紹介しました。県内にある冬ならではの世界遺産や豊かな自然、おいしい海の幸をのんびりと堪能すれば、また明日から頑張れる元気が湧いてくるはず。ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play