一生に一度は訪れてみたい世界の絶景 ~クロアチア・ドゥブロブニク編~

一生に一度は訪れてみたい世界の絶景 ~クロアチア・ドゥブロブニク編~

地球上には、日々の生活では、想像もつかないような素晴らしい景色が点在しています。その土地特有の風土、気候、歴史、文化、景観が織りなすことによって、作り出される風光明美な景色や素晴らしい景勝地は、「絶景」と評価され、訪れる者を魅了してやみません。日常の喧騒を忘れさせてくれる、癒し系の絶景、自然の造形美が作り出した絶景、メルヘンの世界のような景色など、地球上には、様々な絶景が点在しています。誰もが、一生に一度は訪れてみたいと思う世界の絶景。今回は、クロアチアのドゥブロブニクにある絶景をご紹介します。 2017年11月17日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
旅行
海外旅行
観光スポット
絶景
クロアチア
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
200

ドゥブロブニクとは?

アドリア海に面したクロアチア最南端の街のドゥブロブニクは、クロアチアを代表する観光地の一つで、その美しさは「アドリア海の真珠」と形容されるほどです。
出典:www.flickr.com(@Ivan Ivankovic)

アドリア海に面したクロアチア最南端の街のドゥブロブニクは、クロアチアを代表する観光地の一つで、その美しさは「アドリア海の真珠」と形容されるほどです。

陽射しを浴びてキラキラと輝く紺碧のアドリア海、遠くに見える水平線、かつて都市国家として栄えた旧市街が織りなす景色は絶景そのものです。
出典:www.flickr.com(@Miroslav Vajdic)

陽射しを浴びてキラキラと輝く紺碧のアドリア海、遠くに見える水平線、かつて都市国家として栄えた旧市街が織りなす景色は絶景そのものです。

旧市街

ドゥブロブニク最大の見どころは、世界遺産に登録されている旧市街です。美しい海岸線が続くアドリア海沿岸都市の中でも、ドゥブロブニク旧市街は傑出した美しさを誇り、クロアチア国内外から大勢の観光客がこの地を訪れています。
出典:www.flickr.com(@Maarten Elings)

ドゥブロブニク最大の見どころは、世界遺産に登録されている旧市街です。美しい海岸線が続くアドリア海沿岸都市の中でも、ドゥブロブニク旧市街は傑出した美しさを誇り、クロアチア国内外から大勢の観光客がこの地を訪れています。

中世、海洋共和国として栄えたラグーサ共和国の一つであるドゥブロブニク旧市街は、都市国家であった中世の面影を色濃く残しています。
出典:www.flickr.com(@worldaroundtrip)

中世、海洋共和国として栄えたラグーサ共和国の一つであるドゥブロブニク旧市街は、都市国家であった中世の面影を色濃く残しています。

1991年のドゥブロブニク包囲によって多大な損害を被ったものの、中世の街並みは見事に再現されており、旧市街に一歩足を踏み入れると数世紀前にタイムスリップしたかのような錯覚を感じます。
出典:www.flickr.com(@Elena)

1991年のドゥブロブニク包囲によって多大な損害を被ったものの、中世の街並みは見事に再現されており、旧市街に一歩足を踏み入れると数世紀前にタイムスリップしたかのような錯覚を感じます。

ピレ門

宝石箱のように美しいドゥブロブニク旧市街の入り口、ピレ門は16世紀に造られた重厚感あふれる石造りの門です。堀と門を結ぶ石橋は、創建当時は木製の跳ね橋だったと伝えられています。
出典:www.flickr.com(@Jorge Franganillo)

宝石箱のように美しいドゥブロブニク旧市街の入り口、ピレ門は16世紀に造られた重厚感あふれる石造りの門です。堀と門を結ぶ石橋は、創建当時は木製の跳ね橋だったと伝えられています。

城壁

14世紀から都市国家として煌びやかな歴史を歩んできたドゥブロブニク旧市街は、周囲約2キロメートルの城壁に囲まれており、城壁内を歩いて一周することができます。
出典:www.flickr.com(@Miroslav Vajdic)

14世紀から都市国家として煌びやかな歴史を歩んできたドゥブロブニク旧市街は、周囲約2キロメートルの城壁に囲まれており、城壁内を歩いて一周することができます。

高さ25メートルの城壁からは、素晴らしい眺めが待っています。瓦屋根のオレンジ色とアドリア海の紺色のコントラストが美しく、城壁散策はいつまで歩いていても飽きることがありません。
出典:www.flickr.com(@NH53)

高さ25メートルの城壁からは、素晴らしい眺めが待っています。瓦屋根のオレンジ色とアドリア海の紺色のコントラストが美しく、城壁散策はいつまで歩いていても飽きることがありません。

城壁から眺めるアドリア海の美しさは傑出しています。抜けるような青空、照りつける陽射し、陽射しを浴びて紺碧に輝く海、はるか遠くに見える水平線が織りなす景色は、絵画のようです。
出典:www.flickr.com(@Dennis Jarvis)

城壁から眺めるアドリア海の美しさは傑出しています。抜けるような青空、照りつける陽射し、陽射しを浴びて紺碧に輝く海、はるか遠くに見える水平線が織りなす景色は、絵画のようです。

プラツァ通り

ピレ門と旧市街中心部のルジャ広場を結ぶプラツァ通りは、ドゥブロブニク旧市街のメインストリートです。白い石畳は、長い年月にわたって歩き磨かれたことによって大理石のように輝いています。
出典:www.flickr.com(@Tambako The Jaguar)

ピレ門と旧市街中心部のルジャ広場を結ぶプラツァ通りは、ドゥブロブニク旧市街のメインストリートです。白い石畳は、長い年月にわたって歩き磨かれたことによって大理石のように輝いています。

夜になると、プラツァ通りに敷かれた石畳が、道の両側に並ぶ建物の窓から漏れる灯りと街燈の灯りを鏡のように映し、幻想的な雰囲気が漂います。
出典:www.flickr.com(@Elena)

夜になると、プラツァ通りに敷かれた石畳が、道の両側に並ぶ建物の窓から漏れる灯りと街燈の灯りを鏡のように映し、幻想的な雰囲気が漂います。

旧港

かつてはドゥブロブニクの玄関口として重要な役割を果たしていた旧港は、現在、ロクロム島などの近郊の島へ向かう小型船の発着地となっています。
出典:www.flickr.com(@Dennis Jarvis)

かつてはドゥブロブニクの玄関口として重要な役割を果たしていた旧港は、現在、ロクロム島などの近郊の島へ向かう小型船の発着地となっています。

ドゥブロブニク旧港の海は、港とは思えないほどの美しさです。透明な紺碧の海は、小型フェリーが停泊する港からでも海底が見えるほどです。どこまでも澄んだアドリア海の碧い海は、輝かしい歴史を歩んできたドゥブロブニク旧港の魅力を引き立てています。
出典:www.flickr.com(@Espen Faugstad)

ドゥブロブニク旧港の海は、港とは思えないほどの美しさです。透明な紺碧の海は、小型フェリーが停泊する港からでも海底が見えるほどです。どこまでも澄んだアドリア海の碧い海は、輝かしい歴史を歩んできたドゥブロブニク旧港の魅力を引き立てています。

夜になると旧港は日中とは異なる表情を見せてくれます。旧市街を取り囲む城壁には、等間隔で灯りが燈されます。波一つない静かな海面は、鏡のように城壁の灯りを映し出し、夜の旧港では神秘的な景色が広がります。
出典:www.flickr.com(@Eric Hossinger)

夜になると旧港は日中とは異なる表情を見せてくれます。旧市街を取り囲む城壁には、等間隔で灯りが燈されます。波一つない静かな海面は、鏡のように城壁の灯りを映し出し、夜の旧港では神秘的な景色が広がります。

スルジ山

どこから眺めても絵になるドゥブロブニク旧市街ですが、海抜405メートルのスルジ山からの眺望は格別です。スルジ山展望台から眺めるドゥブロブニク旧市街は、指輪を飾る宝石のようにアドリア海に面して突出しており、この地がなぜ「アドリア海の真珠」と呼ばれるのかわかることでしょう。
出典:

どこから眺めても絵になるドゥブロブニク旧市街ですが、海抜405メートルのスルジ山からの眺望は格別です。スルジ山展望台から眺めるドゥブロブニク旧市街は、指輪を飾る宝石のようにアドリア海に面して突出しており、この地がなぜ「アドリア海の真珠」と呼ばれるのかわかることでしょう。

クロアチアのドゥブロブニクには、紹介したスポット以外にも、素晴らしい絶景を臨むことができる景勝地が数多くあります。言葉では表現できないような絶景を眼前にし、絵画のように素晴らしい景色に魅了され、日常生活を忘れる旅を楽しんでみませんか。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play