手つかずの自然が残る青森県で、水と緑に包まれる感動体験を。

手つかずの自然が残る青森県で、水と緑に包まれる感動体験を。

世界自然遺産にも登録されている白神山地をはじめとして、人の手がほとんど加わっていない大自然を有する青森県。広大な県内に点在する、様々な自然景勝地を紹介します。日常を忘れて、思う存分大自然に癒されてみてください。 2016年03月25日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
東北
青森県
観光スポット
自然
白神山地
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
146

青森市近郊

八甲田山

青森市の南側に位置し、主峰の大岳をはじめとする連峰を総称して八甲田山と呼んでいます。田茂萢岳の山頂までロープウェイで行くことができ、眼下に広がる大自然を一望することができます。
出典:

青森市の南側に位置し、主峰の大岳をはじめとする連峰を総称して八甲田山と呼んでいます。田茂萢岳の山頂までロープウェイで行くことができ、眼下に広がる大自然を一望することができます。

春の新緑から冬の銀世界まで、四季を通じて様々な美しい光景を見せてくれる八甲田山。特に紅葉の時季は、山一面に鮮やかな絨毯を敷き詰めたかのような、素晴らしい光景が広がります。
出典:

春の新緑から冬の銀世界まで、四季を通じて様々な美しい光景を見せてくれる八甲田山。特に紅葉の時季は、山一面に鮮やかな絨毯を敷き詰めたかのような、素晴らしい光景が広がります。

グダリ沼

沼と行っても、底が透けて見えるほどの透明度の高い清流で満たされた水辺です。ここは八甲田の雪解け水が地面に染み込み、再び地表に沸き出している場所。あたりは澄み切った空気に満たされています。ミズバショウやレンゲツツジ、モウセンゴケといった数多くの植物が水辺を鮮やかに彩ります。
出典:

沼と行っても、底が透けて見えるほどの透明度の高い清流で満たされた水辺です。ここは八甲田の雪解け水が地面に染み込み、再び地表に沸き出している場所。あたりは澄み切った空気に満たされています。ミズバショウやレンゲツツジ、モウセンゴケといった数多くの植物が水辺を鮮やかに彩ります。

地獄沼

地獄沼はかつて爆裂火口だったところにある温泉水がたまってできた沼。酸ヶ湯温泉をさらに進んだところにあります。今も沸き上がる温泉の泉温は、なんと90度以上にもなるそう。水面から立ち上る湯気が神秘的な光景です。
出典:

地獄沼はかつて爆裂火口だったところにある温泉水がたまってできた沼。酸ヶ湯温泉をさらに進んだところにあります。今も沸き上がる温泉の泉温は、なんと90度以上にもなるそう。水面から立ち上る湯気が神秘的な光景です。

西津軽地区

白神山地

青森県南西部から秋田県にまたがる白神山地。1993年には日本初のユネスコ世界自然遺産にも登録されました。起伏の激しい入り組んだ地形が見事な景観と豊かな生態系を育んできました。
出典:

青森県南西部から秋田県にまたがる白神山地。1993年には日本初のユネスコ世界自然遺産にも登録されました。起伏の激しい入り組んだ地形が見事な景観と豊かな生態系を育んできました。

山中に一歩足を踏み入れると、そこは原始の森。人の手がほとんど加わっていない、原始的な天然のブナ林が広がっています。
出典:

山中に一歩足を踏み入れると、そこは原始の森。人の手がほとんど加わっていない、原始的な天然のブナ林が広がっています。

青池

白神山地の一角に点在する十二湖の中に、まるでブルーのインクをたらしたかのように鮮やかな青池があります。信じられないほど濃い青色をしており、自然の神秘に思わず息を飲む光景です。
出典:

白神山地の一角に点在する十二湖の中に、まるでブルーのインクをたらしたかのように鮮やかな青池があります。信じられないほど濃い青色をしており、自然の神秘に思わず息を飲む光景です。

正午には透明度の高い澄んだブルー、午後には深い瑠璃色と、青い色味は時間帯によって微妙に変化します。
出典:

正午には透明度の高い澄んだブルー、午後には深い瑠璃色と、青い色味は時間帯によって微妙に変化します。

八戸・三沢・古牧

十和田湖

十和田火山の噴火によってできたカルデラ湖で、海抜約400mの山上に位置しています。四季折々に色づく自然林に周囲を囲まれ、季節ごとに美しい表情を見せてくれるのが魅力。遊覧船に乗って、湖上から十和田湖の自然を味わうこともできます。
出典:

十和田火山の噴火によってできたカルデラ湖で、海抜約400mの山上に位置しています。四季折々に色づく自然林に周囲を囲まれ、季節ごとに美しい表情を見せてくれるのが魅力。遊覧船に乗って、湖上から十和田湖の自然を味わうこともできます。

奥入瀬(おいらせ)渓流

深い自然林におおわれた奥入瀬渓流。そこには、千変万化の水の流れが生む躍動感あふれる景観が展開しています。両岸に迫る断崖は、軽石や火山灰が高温の状態で堆積し、熱と自重によって生成された溶結凝灰岩といわれるもので、奥入瀬の景観に迫力をもたらしています。
出典:奥入瀬渓流~子ノ口 − 十和田湖散策マップ |十和田湖国立公園協会
十和田湖から焼山まで、約14kmにわたる清流です。渓流に沿って作られた歩道を進めば、刻々と変化する渓流や四季折々の草花の自然美を堪能できることでしょう。
出典:

十和田湖から焼山まで、約14kmにわたる清流です。渓流に沿って作られた歩道を進めば、刻々と変化する渓流や四季折々の草花の自然美を堪能できることでしょう。

豊かな水量を誇る銚子大滝や流れの激しい阿修羅の流れなど、渓流探索には見どころが盛りだくさんです。
出典:

豊かな水量を誇る銚子大滝や流れの激しい阿修羅の流れなど、渓流探索には見どころが盛りだくさんです。

睡蓮沼

大小無数の沼が点在する湿原地帯で、車で気軽に訪れることができます。初夏には色とりどりの花が咲き乱れ、風が無ければ、遠く八甲連峰の山並みが水鏡に映り込みます。
出典:www.flickr.com(@C.K. Tse)

大小無数の沼が点在する湿原地帯で、車で気軽に訪れることができます。初夏には色とりどりの花が咲き乱れ、風が無ければ、遠く八甲連峰の山並みが水鏡に映り込みます。

蔦の七沼

「蔦七沼」は蔦沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼に、少し離れた場所にある赤沼を加えた7つの沼の総称で、赤沼以外の6つの沼は「沼めぐりの小道」と呼ばれる遊歩道で結ばれており、およそ一時間半をかけてゆったりと散策することができます。
出典:朝日に映え黄金に輝く蔦沼の紅葉:『JTB感動の瞬間(とき)』新しい旅のカタチ
七沼の中で最も大きな蔦沼。紅葉のピークになると、山の紅葉が水面に映り込み、湖面を真っ赤に染め上げます。全国からカメラマンが集まる人気の撮影スポットでもあります。
出典:

七沼の中で最も大きな蔦沼。紅葉のピークになると、山の紅葉が水面に映り込み、湖面を真っ赤に染め上げます。全国からカメラマンが集まる人気の撮影スポットでもあります。

緑豊かで静寂な空気に包まれる月沼。澄んだ空気で深呼吸してみたくなります。
出典:

緑豊かで静寂な空気に包まれる月沼。澄んだ空気で深呼吸してみたくなります。

いかがでしたか?

行ってみたい場所はありましたか?青森県内には今も手つかずの自然が多く残り、わたしたちに自然の美しさを教えてくれているようですね。ぜひ実際に訪れて、大自然を肌で感じる体験をしてみてください。
出典:

行ってみたい場所はありましたか?青森県内には今も手つかずの自然が多く残り、わたしたちに自然の美しさを教えてくれているようですね。ぜひ実際に訪れて、大自然を肌で感じる体験をしてみてください。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play