まち歩きしたい栗の名所・小布施でおすすめのカフェ&食事処9選

まち歩きしたい栗の名所・小布施でおすすめのカフェ&食事処9選

長野県北東部に位置する小布施(おぶせ)町。古くから栗の名産地として知られ、また、晩年の葛飾北斎が滞在して作品を残すなどで知られますが、近年、注目を集めてきたのは新たに修景された美しいまちの風景です。ひと休みのためのカフェもいろいろ。おすすめのお店をご紹介しましょう。 2017年01月23日更新

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
観光
長野
おすすめ
小布施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
123

小布施には、このまちならではの愉しみがあります

「北斎館」や「岩松院」の鑑賞はもちろん…
岩松(がんしょう)院の天井画『大鳳凰図』。葛飾北斎最晩年(89歳)の大作です。
千曲川の水運の要所として富を築いた豪商たちは、江戸から葛飾北斎や小林一茶らを招いて厚遇、当時の小布施は、北信州の文化をけん引するまちとして知られました。一茶の句『拾われぬ 栗の見事よ大きさよ』『やせがえる 負けるな一茶これにあり』は、小布施がモチーフです♪

出典:

岩松(がんしょう)院の天井画『大鳳凰図』。葛飾北斎最晩年(89歳)の大作です。
千曲川の水運の要所として富を築いた豪商たちは、江戸から葛飾北斎や小林一茶らを招いて厚遇、当時の小布施は、北信州の文化をけん引するまちとして知られました。一茶の句『拾われぬ 栗の見事よ大きさよ』『やせがえる 負けるな一茶これにあり』は、小布施がモチーフです♪

まちをそぞろ歩いたり、

栗の木のブロックが敷かれた小径では、歩くたび、ブロックが、足元で優しい音を立てます。

出典:

栗の木のブロックが敷かれた小径では、歩くたび、ブロックが、足元で優しい音を立てます。

オープンガーデンに立ち寄ったり…
こちらのプレートが“見学OK”の目印。お寺やレストランから個人宅まで、オープンガーデンは130軒あまり。

出典:

こちらのプレートが“見学OK”の目印。お寺やレストランから個人宅まで、オープンガーデンは130軒あまり。

イングリッシュガーデン風あり、苔が美しい和のお庭あり…手入れの行き届いたお庭に身を置くだけで、充ち足りた気持ちに。

出典:

イングリッシュガーデン風あり、苔が美しい和のお庭あり…手入れの行き届いたお庭に身を置くだけで、充ち足りた気持ちに。

小布施ワイナリーにも寄りたいな♪
国際的な評価を受ける小布施ワイナリーの本拠があり、ワインやシードルを試飲の上、求めることができます。築140年の蔵も見どころ。

出典:

国際的な評価を受ける小布施ワイナリーの本拠があり、ワインやシードルを試飲の上、求めることができます。築140年の蔵も見どころ。

・・・さて、ひと休みはどこで?

栗菓子との出会いも愉しみのひとつ

大きく、味のよい小布施栗は、江戸時代には将軍への献上栗でした。かつて何度も起こった松川の洪水が土質を酸性化し、栗の栽培に適した土壌を作ったことが始まりといわれます。

出典:

大きく、味のよい小布施栗は、江戸時代には将軍への献上栗でした。かつて何度も起こった松川の洪水が土質を酸性化し、栗の栽培に適した土壌を作ったことが始まりといわれます。

栗菓子屋さんが母体の店

小布施を代表する栗菓子店「小布施堂」「桜井甘精(さくらいかんせい)堂」「竹風堂」に付随する
カフェと食事処をご紹介します。

小布施堂

「小布施堂本店」
1923年(大正12年)に栗菓子製造会社としてスタートした「小布施堂」の本店。食事どころで、甘味のメニューも豊富です。

出典:

1923年(大正12年)に栗菓子製造会社としてスタートした「小布施堂」の本店。食事どころで、甘味のメニューも豊富です。

和モダンなお店の中。

出典:

和モダンなお店の中。

10月のとある日のメニュー『季節の三段重ね料理』。牛肉と冬瓜、カボチャなどの炊き合わせ、焼茸の菊浸し、胡瓜の香の物など。

出典:

10月のとある日のメニュー『季節の三段重ね料理』。牛肉と冬瓜、カボチャなどの炊き合わせ、焼茸の菊浸し、胡瓜の香の物など。

計画すれば、新栗の季節にこんなお菓子も頂けます。
その名は『朱雀』。一見、モンブランですが、製法は異なり、新栗の皮をむいて蒸し、素麺状に
裏ごししたものを栗あんの上に盛り上げたもの。15個もの栗が使われるそう。前日の夜中から
お店の前で整理券が発行されるなど、人気のひと品です。
まち歩きしたい栗の名所・小布施でおすすめのカフェ&食事処9選

出典:

『朱雀』は、本宅と呼ばれるこちらの和室で頂きます。

出典:

『朱雀』は、本宅と呼ばれるこちらの和室で頂きます。

「傘風楼(さんぷうろう)」
前出の「小布施堂」が営むイタリア料理の店。パスタやピッツァなど、カジュアルな料理とスイーツが頂けます。

出典:

前出の「小布施堂」が営むイタリア料理の店。パスタやピッツァなど、カジュアルな料理とスイーツが頂けます。

前日までの予約は必要ですが、観光シーズンには、7時半から、朝食も頂けます。※冬季はお休みあり。

出典:

前日までの予約は必要ですが、観光シーズンには、7時半から、朝食も頂けます。※冬季はお休みあり。

朝のメニュー:『エッグベネディクト』。早起きの旅人には助かりますね♪

出典:

朝のメニュー:『エッグベネディクト』。早起きの旅人には助かりますね♪

店の外には、メタセコイヤの大木のもとにオープンテラスが。
画像にはありませんが、目と鼻の先に『北斎館』があります。

出典:

画像にはありませんが、目と鼻の先に『北斎館』があります。

暑い日は、テラスで『栗ソフト』を♪

出典:

暑い日は、テラスで『栗ソフト』を♪

新栗を使う『モンブラン朱雀』は、毎秋の限定メニュー。整理券が配られるほどの人気の高さ。
まち歩きしたい栗の名所・小布施でおすすめのカフェ&食事処9選

出典:

★朝食・ランチともに1月下旬から3月下旬までの冬季休業あり。お店のサイトでご確認ください。

桜井甘精堂

「泉石亭」
創業1808年。「栗落雁」「純 栗ようかん」「純 栗かの子」を創製し、小布施の栗菓子の始まりとされる『桜井甘精堂』を母体に持つ食事処です。お店は江戸~明治年間の豪商・高津家の屋敷跡に建てられ、「泉石」は、漢詩の名人でもあった高津家のあるじの号から名付けられそう。

出典:

創業1808年。「栗落雁」「純 栗ようかん」「純 栗かの子」を創製し、小布施の栗菓子の始まりとされる『桜井甘精堂』を母体に持つ食事処です。お店は江戸~明治年間の豪商・高津家の屋敷跡に建てられ、「泉石」は、漢詩の名人でもあった高津家のあるじの号から名付けられそう。

和室や・・・

出典:

和室や・・・

庭園を望むテーブル席で頂けるのは・・・

出典:

庭園を望むテーブル席で頂けるのは・・・

栗おこわやお蕎麦。
栗おこわやお蕎麦がセットになった『甘精堂御膳』や、鴨汁そばなどのメニューがあります。

出典:

栗おこわやお蕎麦がセットになった『甘精堂御膳』や、鴨汁そばなどのメニューがあります。

『季節の甘味』も。
甘党さんなら、お食事の最後は、『栗あんみつ』でしめくくりたい♪

出典:

甘党さんなら、お食事の最後は、『栗あんみつ』でしめくくりたい♪

庭園を眺めながらお食事できます。
まち歩きしたい栗の名所・小布施でおすすめのカフェ&食事処9選

出典:

「栗の木テラス」
『桜井甘精堂』が母体の洋菓子喫茶です。

出典:

『桜井甘精堂』が母体の洋菓子喫茶です。

お店の中はクラシックな雰囲気。明るすぎない照明が気持ちを落ち着かせてくれます。

出典:

お店の中はクラシックな雰囲気。明るすぎない照明が気持ちを落ち着かせてくれます。

画像上は一番人気の『モンブラン』。生クリームの中心には和栗のぺーストが。

出典:

画像上は一番人気の『モンブラン』。生クリームの中心には和栗のぺーストが。

噂の栗のペーストは本当に和菓子の栗ペースト!
和菓子の技術は洋菓子を越えるって感じの味でした。
中に入っている生クリームとも良く合います(*^_^*)
栗ペーストの量が多くて大満足なモンブランでした。

出典:『ここのモンブランを食べたくて小布施に来ました(*^_^*)』by Lカルニチン : 栗の木テラス 小布施店 (クリノキテラス)[食べログ]

ブルーベリーがたっぷり載った『ブルーベリータルト』。ブルーベリーの生産量は、長野県が日本一なのです♪

出典:

ブルーベリーがたっぷり載った『ブルーベリータルト』。ブルーベリーの生産量は、長野県が日本一なのです♪

「カフェ 茶蔵 (さくら)」
前出の「桜井甘精堂」によるカジュアルなカフェ。
メニューは『栗あんソフトクリーム』や『栗あげ饅頭』、栗を使ったおこわやおにぎりなど。

出典:

前出の「桜井甘精堂」によるカジュアルなカフェ。
メニューは『栗あんソフトクリーム』や『栗あげ饅頭』、栗を使ったおこわやおにぎりなど。

小腹ふさぎ&エネルギー補給にぴったり。栗と黒糖を使った『くりあげまんじゅう』。

出典:

小腹ふさぎ&エネルギー補給にぴったり。栗と黒糖を使った『くりあげまんじゅう』。

「栗あんソフトクリーム」は、コーン/カップの2タイプ。テイクアウト主体ですが、店内のベンチや隣接するテラスで頂くこともできます。

出典:

「栗あんソフトクリーム」は、コーン/カップの2タイプ。テイクアウト主体ですが、店内のベンチや隣接するテラスで頂くこともできます。

竹風堂

「竹風堂 小布施本店」
栗にまつわるお料理を提供する食事処として1970年に最初の店を構え、小布施に観光の契機を作ったお店です。

出典:

栗にまつわるお料理を提供する食事処として1970年に最初の店を構え、小布施に観光の契機を作ったお店です。

1階にはひろびろとしたみやげもの屋さんと待合室があります。お店は2階に。

出典:

1階にはひろびろとしたみやげもの屋さんと待合室があります。お店は2階に。

名物の栗おこわが頂けるメニュー『山家(やまが)定食』。
栗おこわに山菜の煮物・むかごのくるみ和え・香の物・味噌汁、虹鱒の甘露煮。

出典:

栗おこわに山菜の煮物・むかごのくるみ和え・香の物・味噌汁、虹鱒の甘露煮。

「ジェラートカフェ マローネ」
お隣には、系列のジェラートカフェ『マローネ』が。栗アイスをはじめ、旬を迎えた地の果物が素材です。※12月~3月休業。

出典:

お隣には、系列のジェラートカフェ『マローネ』が。栗アイスをはじめ、旬を迎えた地の果物が素材です。※12月~3月休業。

「フローラルガーデン小布施」敷地内に

『フローラルガーデンおぶせ』は、季節の花が咲くひろびろとした公園。公園内には、温室をはじめ、“花のまち小布施”の庭作りに欠かせない花の苗や鉢花の販売店が入っています。

出典:

『フローラルガーデンおぶせ』は、季節の花が咲くひろびろとした公園。公園内には、温室をはじめ、“花のまち小布施”の庭作りに欠かせない花の苗や鉢花の販売店が入っています。

OBUSE 花屋(はなや)

この建物が「OBUSE 花屋(はなや)」。美しいガーデンを眺めながらお食事やお茶ができます♪

出典:

この建物が「OBUSE 花屋(はなや)」。美しいガーデンを眺めながらお食事やお茶ができます♪

小布施町振興公社が運営するお店です。全面ガラスからガーデンを望むお店の設計は、九州新幹線で知られる水戸岡鋭治氏。

出典:

小布施町振興公社が運営するお店です。全面ガラスからガーデンを望むお店の設計は、九州新幹線で知られる水戸岡鋭治氏。

モットーは、“お箸で食べられる”洋食。
小布施産の野菜と品質の良いお肉や魚介類とのコラボレーションをお楽しみ頂きます。
「可能な限り小布施産」にこだわり、知恵を絞ってご満足頂けるメニューで、
また「お箸を使った洋食」で、皆さまのお越しをお待ちしています。

出典:信州小布施のお箸で食べれるレストラン「小布施町-OBUSE花屋」

ランチは数種類のメニューが。こちらは『花屋プレート』の一例です。

出典:

ランチは数種類のメニューが。こちらは『花屋プレート』の一例です。


お冷と一緒に、まずサラダが出されました。 野菜の上にのっていた薄くスライスされたリンゴと、完熟イチジクにも絶妙に合う、おろし玉ねぎのドレッシングが絶品でした。

続いてスープですが、季節がら栗と柚子をつかったとても繊細で上品な味でした。

メインのプレートには、栗ご飯(フレンチなのに意外)・秋鮭のグリル(みそベースのソースでさっぱり味)・チキンの照り焼き風グリル(里芋、ナス、マコモダケを添えて)・野菜がたっぷり入ったスパニッシュオムレツ(2切)とカブとキュウリのお新香がのっていました。

どれもそれぞれとても美味しく、食後は、デザート(季節のフルーツ盛り)とコーヒーで締めくくり、1,800円で大満足させてもらえました。

出典:『うわさ通りのお手軽フレンチ』by しおんじゅん : 花屋 - 小布施/フレンチ [食べログ]

『ガトーショコラ』。
デコレーションケーキのオーダーや誕生日ケーキのサプライズにも応じくれます。

出典:

『ガトーショコラ』。
デコレーションケーキのオーダーや誕生日ケーキのサプライズにも応じくれます。

小布施でジャズを聴く

BUD(バド)

古い味噌蔵をリノベーションしたお店。

出典:

古い味噌蔵をリノベーションしたお店。

真空管アンプからジャズやクラシックが流れるお店の中。奥にグランドピアノがあるとおり、ジャズライブが開かれることもあります。

出典:

真空管アンプからジャズやクラシックが流れるお店の中。奥にグランドピアノがあるとおり、ジャズライブが開かれることもあります。

コーヒー豆は、神戸の炭焼焙煎『萩原珈琲』から取り寄せています。“レギュラー、アメリカン、ストロング”の3種類。

出典:

コーヒー豆は、神戸の炭焼焙煎『萩原珈琲』から取り寄せています。“レギュラー、アメリカン、ストロング”の3種類。

蔵は元、米蔵だったとのこと。小窓がありそこから青空がみえます。
蔵のなかはエアコンだけではない風がゆらいでいるようです。
街道から少し入っただけでこんなに静かなところがあったとは大発見でした。
2階のギャラリーもみせていただきおよそ1時間、貸しきり状態のままゆっくりと
午後のジャズタイムを満喫しました(*^。^*) ~~♪ 

出典:『静謐な空間に流れるジャズを聴きながら… (^J^) y-.。o○ 』by 光風霽月 : バド[食べログ]

テラス席もあります。

出典:

テラス席もあります。

”パン”が食べたくなったら訪ねたい2軒

カフェ ド 珈茅 (Cafe de kochi)

新潟の古民家を移築し、2015年にオープンしました。

出典:

新潟の古民家を移築し、2015年にオープンしました。

古民家だからと行って、和のメニューではないのです(^^)
まち歩きしたい栗の名所・小布施でおすすめのカフェ&食事処9選

出典:

主なメニューは、パン、具だくさんのスープとコーヒー。
『きのこのスープ』。

出典:

『きのこのスープ』。

『たまごと野菜のマフィンサンド』。

出典:

『たまごと野菜のマフィンサンド』。

『卵とハムのサンドイッチ』。

出典:

『卵とハムのサンドイッチ』。

丁寧に作られたハムや卵などの具材は塩加減も完璧。
パンはほんのり甘くてふっくらと包みこむ。

野菜が千切りにされており、少しこぼれやすい。
食べにくさはあったが、このサンドイッチであれば、旅先では惜しくない。
そんな気持ちにさせてくれる満足度の高い一品だった。

出典:『旅先でこの1000円なら惜しくない』by ミニひろ : カフェ ド 珈茅 (Cafe de kochi) - 小布施/カフェ [食べログ]

小布施牛乳をふわふわに泡立てた『アイスカプチーノ』。

出典:

小布施牛乳をふわふわに泡立てた『アイスカプチーノ』。

★お店のウェブサイトはありません。電話番号は非公開となっていますので、お食事を希望される方は、直接、お出かけください。
【TEL・予約】非公開
【住所】長野県上高井郡小布施町小布施787
【営業時間】7:00~14:00(ランチ営業のみ)
【定休日】月曜日

出典:『旅先でこの1000円なら惜しくない』by ミニひろ : カフェ ド 珈茅 (Cafe de kochi) - 小布施/カフェ [食べログ]

ICHIcafe(イチカフェ)

上信越自動車道「小布施ハイウェイオアシス」内『オープンオアシス』にあるサンドイッチカフェ。
町内のトレーラーハウスでの営業を経て、2015年春、こちらに引っ越してきました。
高速からすぐなので、車を使われる方には便利。

出典:

高速からすぐなので、車を使われる方には便利。

サンドイッチメニューは日替わり。スープとサンドイッチのセットが中心です。
画像のスープ『あさりと野菜のトマトクリームスープ」は、同店の代表的メニュー。

出典:

画像のスープ『あさりと野菜のトマトクリームスープ」は、同店の代表的メニュー。

きゅうりとスモークサーモンとチーズをサンドした『クラシックサンド』。

出典:

きゅうりとスモークサーモンとチーズをサンドした『クラシックサンド』。

『ブラウンマッシュのアヒージョサンド』。

出典:

『ブラウンマッシュのアヒージョサンド』。

ひろびろとした店内では、雑貨や本、シューズなども販売しています。

出典:

ひろびろとした店内では、雑貨や本、シューズなども販売しています。

おしまいに

栗と北斎を町おこしの中心に据え、まちなみの修景事業を行ってきた小布施町。日本瓦に統一された穏やかな家並み、随所に植えられた季節の花に、自分の住むまちもこんなだったら、という思いを持つひとも多いのではないでしょうか。素敵なカフェや食事どころでの休憩をはさみ、まち歩きを堪能してくださいね。
お月さまと赤ちゃんのトレードマークで知られる「オブセ牛乳」は、1950年にこの地で創業。
町内では、小中学校の給食、また、数多くのカフェやレストランのスイーツの原料として使われています。

出典:

お月さまと赤ちゃんのトレードマークで知られる「オブセ牛乳」は、1950年にこの地で創業。
町内では、小中学校の給食、また、数多くのカフェやレストランのスイーツの原料として使われています。

キナリノアプリをApp Storeからダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

iPhoneアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリをApp Storeからダウンロード, width="100%", height="100%"