ハイカラ都市の新たな一面を学ぶための、歴史を辿る神戸文学10選

ハイカラ都市の新たな一面を学ぶための、歴史を辿る神戸文学10選

明治大正期から、都市生活者の新たな理想郷として計画的に建設された神戸の街並み。多くの作家がこの街を愛して暮らし、物語の舞台としてきました。神戸・阪神間の文学を読むことで、日本史の新たな一面や、神戸そのものの意外な印象を発見することができます。女性のための豪華絢爛な都市として、摩訶不思議な戦時中の妙な楽園として、そして現代文学のフロンティアとして…さまざまな土壌を持つ神戸の街を、文字を辿って歩いてみましょう。2021年04月10日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
小説おすすめ神戸歴史
お気に入り数150

文学で辿る、あなたの知らない神戸の姿

神戸には、明治大正期より、著名な作家が多く暮らしていました。谷崎潤一郎などの文豪から、村上春樹や小川洋子まで。彼らは神戸の街並みを愛し、小説内に街並みの風景を思い思いに美しく描いています。皆さんは、神戸に対してどんなイメージを持ちますか?小説の舞台として現れる神戸の街並みを元に、歴史をたどり、いろんな性格を見ていきましょう。街も人と同じく、多面的。あなたの知らない神戸を、物語から知ってみてください。

女性の、女性による、女性のための街

煙都とまで呼ばれた大商業都市、大阪。明治大正期に財を成した豪商たちは、より健康的なレジャー施設や居心地の良い休暇のための都市を求めて、神戸の山手にやってきました。今の神戸・阪神間のモダンな洋館群やハイカラな雰囲気はこの頃から《意図的に》、裕福な人々がより移住してくるように、都市計画に組み入れられ、作られていったのです。神戸で暮らす人生そのものが商品として売り出されました。
豊かなライフスタイルを街ごと提案することによって、裕福な家庭を移住させることに成功した神戸・阪神間。男は大阪で働きに出ます。神戸では、残された女性と子どもが主役でした。昭和初期、日本初のファッション雑誌が芦屋にて創刊されます。女性がより満足するものを求められた街は、より裕福な家庭の子女の暇つぶし…要するにお買い物とお喋りによって動かされていくことになります。神戸に残された子女たちは自由に山手から港町までを楽しんでいました。

逆輸入されたガールズ・ノベル

めぐみ (角川文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『めぐみ』キョウコ・モリ(角川文庫)

神戸のガールズ文学といえば、キョウコ・モリ。彼女自身がこの文学を発表したのはアメリカです。神戸・芦屋を舞台としたこの小説は英語で書かれ、日本語で翻訳されて逆輸入されてきました。彼女の私小説とも言える物語中では、芦屋の緑豊かな風景、教会や洋館が立ち並ぶ様子とともに、みずみずしい少女時代が描かれます。家族との軋轢で傷ついてしまっている主人公のめぐみ。神戸にはミッションスクールが多数存在します。彼女のキリスト教徒としての信仰の葛藤も見どころのひとつです。

めぐみ (角川文庫)
Amazonで詳細を見る

ヒロインたちの住むところ

細雪(上) (新潮文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『細雪』谷崎潤一郎(新潮文庫)

関西の女性というと、気が強くノリがよく、直接的な物言いをする…というステレオタイプがありますが、谷崎潤一郎が芦屋に住んだ当時は真逆でした。彼は「神戸の女性は声が小さく、全ての物言いが婉曲的で丸く、淑やかだ」と語っています。女性への歪んだ愛やマゾヒズムを描く文学で有名な彼も、女性が主役であった街、神戸・阪神間からインスピレーションを得ていたようです。物語は、神戸の邸宅に住む、性格の異なる三姉妹が主役。見所は女性陣の絢爛豪華な着物の様子と生活スタイル。もう少しで腐ってしまいそうな、退廃美の一歩手前…円熟の極みの豊かさは、エロティックにも映りますね。

細雪(上) (新潮文庫)
605円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

“神戸の女性”という存在

自由ヶ丘夫人 (1960年) (カッパ・ノベルス)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『自由ヶ丘夫人』武田繁太郎(カッパ・ノベルス)

自由ヶ丘は、東京の自由ヶ丘のことです。東京の話?と思われるかもしれませんが、この小説は、神戸の女性が東京で“やらかす”話なのです。読んでみると、どうもこの神戸の女性の出身女子大も前述の『めぐみ』の通っていた大学のようです。めぐみは東京から来た祖母のことを頑なだと印象付けていましたが、この作品では、東京の目線から神戸の女性を描いていることがわかります。作者は東京を舞台にこの話を書く前に、『芦屋夫人』を執筆。その後も『銀座夫人』も発表しています。

自由ヶ丘夫人 (1960年) (カッパ・ノベルス)
Amazonで詳細を見る

静かなスキャンダルと噂話

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『蒲団・重右衛門の最後』田山花袋(新潮文庫)

この名作も、実は神戸の女学生がキーパーソン。あらすじは、作家先生が、思わず恋情を抱いていた内弟子の女学生が寝ていた蒲団に顔を埋めてしまう…というもの。「気持ち悪〜い…」と素直に思ってしまう内容ですが、相手の女性が、神戸女学院に通う女の子に設定されているのがポイント。当時の“神戸の女の子”への印象を利用した作品のひとつです。発表当時、『蒲団』はかなり破廉恥でショッキングな作品として受け取られました。主人公は花袋自身をモデルにした面もあるため、「こんな神戸の女学生がいるのか」とちょっとした意地悪な興味で小説を開いた読者たちも、かなりの数でいたことでしょうね。

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)
440円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

近現代史の裏舞台として

明治大正の豪華絢爛な成熟期の後、神戸も激動の昭和時代を迎えます。この3作品は、作家本人が実際に見た神戸の風景や人々がモデル。フィクション・物語として書かれているのですが、日本史の中でなかなか語られない歴史の一場面がこの街で展開されたのだなということがわかります。一般的な時代背景や、神戸の街そのもののイメージが、ちょっと覆される小説を選びました。

千夜一夜物語のように

神戸・続神戸 (新潮文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『神戸・続神戸』西東三鬼(新潮文庫)

太平洋戦争の終戦8ヶ月前、神戸では平気で「この戦争、負けやな」と呟くことができた。「戦時中」の語り継がれてきた歴史から見ると信じられませんね。しかし、異人館が立ち並び、輸出入の産業が栄え、外国人に慣れきっていた…そして、東京から離れていたこの街では、案外“ゆるい”ところがあったようなのです。小説の中では、終戦付近の混沌の中での神戸のちょっと不思議な風景が描かれます。洋館に住み着いた女性たちや、今は繁華街となっているトーアロードで怪しいお店を営むエジプト人や中国人。みんな生きることに必死だった時代、こんな街も存在しました。ちょっとエキゾチックに異世界めいた、砂埃の舞う不思議な神戸のお話。

神戸・続神戸 (新潮文庫)
473円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

兄妹の出身地に隠された大きな意味

火垂るの墓 (ポプラポケット文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『火垂るの墓』野坂昭如(ポプラポケット文庫)

この作品も、舞台は神戸、そして西宮市です。原作者が実際、戦時中に妹を救えなかったことへの贖罪として執筆されました。この物語のミソは、大人になると物語の印象が変わることですね。意地悪なおばさんが、実は案外正しい人で、清太が愚かしい真似をしてしまっている…。しかし、何故戦時中に清太があんな風だったのかも、舞台を意識するとわかります。小説内に出てくる、海軍のお父さんからもらう舶来品の贅沢なこと。灘や御影にいたこと。彼はテンプレートな“神戸のお坊ちゃん”でした。ただ清太は、知らなかっただけだったのだと思います、一般の暮らしを。物語の悲しさが一層深まります。

火垂るの墓 (ポプラポケット文庫)
627円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

神戸を支えた骨太な産業の裏側

華麗なる一族(上) (新潮文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『華麗なる一族』山崎豊子(新潮文庫)

有名ドラマの原作小説です。小説内で描かれるのは、あまりにもリアルな金融界・政界の癒着関係、取引模様。発表当時、読者たちは高度成長期の国の「裏」を見せつけられることになりました。神戸で大成功を収めた一族の話ですが、実際にある神戸の企業がモデルと言われています。現在も、神戸のハーバーの辺りを歩くと、金融系のビルヂングが立ち並んでいます。海を眺めると、コントラやクレーンなどがずらり。オシャレな観光地というイメージ以外にも、こういった骨太な産業・営みが、神戸の街を支えてきたという一面があるのです。

華麗なる一族(上) (新潮文庫)
979円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

阪神淡路大震災を乗り越えて

今現在の神戸の風景は、阪神淡路大震災の後の街並みです。それ以前の建物の多くは震災によって倒壊し、愛していた故郷の光景を失った作家たちが多くいました。下記は、皆さんもご存知の作家・作品だと思います。これまで紹介してきた歴史を受け継いだ上で描かれた物語であることや、震災前の風景への郷愁も併せて味わいながら読んで見てください。

神戸ボーイの“僕”の物語

風の歌を聴け (1979年)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『風の歌を聴け』村上春樹(講談社文庫)

村上春樹は夙川育ち・神戸高校卒の生粋の“神戸ボーイ”です。彼は早稲田大学に進学して、東京で暮らしながらこの小説を書きました。「嫌になっちゃったんだよね」と地元芦屋に戻ってくる、大学生の青年“僕”。この主人公の有り様がもう「ああ〜、この辺の男の子っぽいな」と愛おしく感じてクスクス笑ってしまう部分です。彼の書く主人公たちの、ちょっぴりフェミニンな性格や言動は、神戸が女性の街であったのが起因しているように思います。文体も、デビュー当時は日本文学らしくなく、無国籍文体と言われました。これも神戸の街並みや文化が、一般的な日本のそれとは違って、計画的に作られた新しいものだったからこそでしょう。

風の歌を聴け (1979年)
Amazonで詳細を見る

芦屋の洋館でのやさしい生活

ミーナの行進 (中公文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『ミーナの行進』小川洋子(中公文庫)

芦屋の山手で紡がれる、限りなく優しいお話。主人公の女の子は、岡山の小学校に通っていましたが、卒業後、訳あって親と離れて、芦屋のお屋敷を持つ伯父さんに引き取られます。そこには小さなカバ(!)や、体の弱い従姉妹のミーナ、ドイツ人のローザさんなどがいます。ローザさんの近現代的な欧州の暮らしの豊かさも所々に描かれていて、穏やかな気持ちになります。もちろん、ただお金持ちなお屋敷の人たちというわけではなく、ちょっとした問題を抱えながら暮らしているのですが、主人公の女の子の活躍やミーナの成長と共に少しの変化が訪れていきます。筆者は中学生当時、主人公の伯父さんのメルセデス・ベンツの車の描写に、「こんな車がいいなぁ」と憧れを抱いていました。静かな住宅街の鳥のさえずりが聞こえてくるような、繊細で優美な物語になっています。

ミーナの行進 (中公文庫)
755円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

ハルヒの舞台は“IF”の神戸?

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

■『涼宮ハルヒの憂鬱』谷川流(角川スニーカー文庫)

有名なライトノベル作品ですね。涼宮ハルヒシリーズには、面白い仮説があるんです。それは、天地創造の力を持っているらしいハルヒが、世界を創造した時、阪神淡路大震災が起きなかった世界線を作り上げたのではないか?というもの。何故かというと、この小説内に描かれているのは、震災によって失われた阪神間の風景の部分だからなんです。アニメのCM前の写真は、西宮市の山手から坂を降っていく女の子の後ろ姿と、海や神戸の街並みがぼやけたもの。なんともノスタルジックに思えたのを覚えています。作者は自身の通った高校や、育った西宮の風景を忠実に作品内で描き切っていて、そこにはどうしても、ずっと愛していた震災前の故郷の光景を忘れずにいる作者の気持ちがあるように思うのです。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
726円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

いつか神戸を訪れたときに

小説にはさまざまな読み方や読解の切り口がありますが、舞台設定という部分からスポットライトを当ててみるのもとても楽しい作業だと思っています。ただストーリーを追うだけではなくて、舞台になっている土地の歴史背景や、当時の印象・世間一般のイメージを読み取ることで、実際のその街の新たな一面が見えてきます。読書は世界を広げてくれるなと思える瞬間です。まだまだ旅行や遠出は難しいですが、こうして視界を広げていくことが大切なように思います。この記事を読まれた方が、神戸に旅行に来られた際、紹介した小説のワンシーンを思い出していただければとても嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play