1. トップ
  2. アート・カルチャー
  3. カメラ
  4. 撮影
  5. 撮り方
  6. スマホでもOK!夏の終わりを感じる、おしゃれな「写真の撮り方」
スマホでもOK!夏の終わりを感じる、おしゃれな「写真の撮り方」

スマホでもOK!夏の終わりを感じる、おしゃれな「写真の撮り方」

夏も終わりに差し掛かり、少しずつ秋の足音が聞こえてきました。今回は、今この時期だからこそ撮りたい風景をスマホやデジカメでおしゃれに撮影するテクニックをまとめてみました。おすすめのカメラやアプリもご紹介します♪2020年09月10日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
カメラ撮影撮り方写真スマホ
お気に入り数552

「今この季節」を写真からも伝えたい

スマホでもOK!夏の終わりを感じる、おしゃれな「写真の撮り方」
出典:unsplash.com
夏の終わりのこの季節、秋を待ち遠しく思う反面、やはり切なさも感じますよね。そんな季節の変わり目の風景や気持ちを、写真で残してみませんか?スマホやデジカメで挑戦できる、簡単な写真のコツをご紹介していきます♪

基本の構図のおさらい

日の丸構図

まずは基本の構図のおさらいから。「日の丸構図」は、被写体を写真画面の真ん中に配置して撮影する構図です。撮りたいものが明確な時や、シンプルな背景の時にこの構図を使ってみると、被写体がより引き立ちます*
出典:www.pexels.com

まずは基本の構図のおさらいから。「日の丸構図」は、被写体を写真画面の真ん中に配置して撮影する構図です。撮りたいものが明確な時や、シンプルな背景の時にこの構図を使ってみると、被写体がより引き立ちます*

三分割構図

とはいえ、日の丸構図ばかりになってしまうと写真の幅が広がりませんよね。続いてはグッと写真のバランスが良く見える「三分割構図」です。画面の縦横をそれぞれ三分割し、交わる点にメインの被写体を配置して撮る方法です。この写真だと、左下の交点に猫がくるように撮っています。中心からずらすことで、ゆったりとした雰囲気も感じることができますね。
出典:

とはいえ、日の丸構図ばかりになってしまうと写真の幅が広がりませんよね。続いてはグッと写真のバランスが良く見える「三分割構図」です。画面の縦横をそれぞれ三分割し、交わる点にメインの被写体を配置して撮る方法です。この写真だと、左下の交点に猫がくるように撮っています。中心からずらすことで、ゆったりとした雰囲気も感じることができますね。

シンメトリー構図

「シンメトリー構図」は、名前の通り左右対称を意識して撮る構図です。この写真のように、橋の真ん中から左右が対象になるように撮ると画面に安定感が生まれます。モデルを真ん中に配置した「日の丸構図」もあわせて使うことで、自然と中央に視線が向きます。
出典:unsplash.com

「シンメトリー構図」は、名前の通り左右対称を意識して撮る構図です。この写真のように、橋の真ん中から左右が対象になるように撮ると画面に安定感が生まれます。モデルを真ん中に配置した「日の丸構図」もあわせて使うことで、自然と中央に視線が向きます。

グリッド線を活用

ここまでご紹介した構図をスマホなどで使う際は、グリッド線を出して撮影するのがオススメです。画面上に線が出てくるので、水平も取りやすくなります。いつも変に傾いた写真になってしまう…という方もぜひ使ってみてください♪
出典:unsplash.com

ここまでご紹介した構図をスマホなどで使う際は、グリッド線を出して撮影するのがオススメです。画面上に線が出てくるので、水平も取りやすくなります。いつも変に傾いた写真になってしまう…という方もぜひ使ってみてください♪

夏の日差しや風景を上手に切り取る方法とは?

光を意識する

夏の"青"を写真で美しく残したい!という時には、ぜひ光を意識してみてください。例えばこの写真のように鮮やかな青空を撮りたい時には、太陽を背にした「順光」で撮影します。空と海のグラデーションがかった青がなんとも綺麗な一枚です。
出典:

夏の"青"を写真で美しく残したい!という時には、ぜひ光を意識してみてください。例えばこの写真のように鮮やかな青空を撮りたい時には、太陽を背にした「順光」で撮影します。空と海のグラデーションがかった青がなんとも綺麗な一枚です。

写真に柔らかい雰囲気を取り入れたい場合は「逆光」に挑戦してみましょう。こちらは水のキラキラとした輝きも逆光によって強調され、より印象的な写真になっています。
出典:

写真に柔らかい雰囲気を取り入れたい場合は「逆光」に挑戦してみましょう。こちらは水のキラキラとした輝きも逆光によって強調され、より印象的な写真になっています。

「ボケ」を上手に活用しよう

「ボケ」を上手く作れるようになると、写真表現がより一層楽しくなります。最近ではスマホでも「ポートレートモード」などで簡単に背景がボケた写真を撮れるようになりました。
出典:unsplash.com

「ボケ」を上手く作れるようになると、写真表現がより一層楽しくなります。最近ではスマホでも「ポートレートモード」などで簡単に背景がボケた写真を撮れるようになりました。

デジカメで撮影する場合は、「絞り(F値)」の数値を小さくすることで、より背景がボケやすくなります。こうすることで、ピントをあわせた被写体がより強調されて見えますね。
出典:

デジカメで撮影する場合は、「絞り(F値)」の数値を小さくすることで、より背景がボケやすくなります。こうすることで、ピントをあわせた被写体がより強調されて見えますね。

影を利用しよう

コントラストの強い影も、季節を感じさせる要素の一つ。影を主役にした写真は、いつもと違った視点になって面白い発見があるかもしれません。
出典:unsplash.com

コントラストの強い影も、季節を感じさせる要素の一つ。影を主役にした写真は、いつもと違った視点になって面白い発見があるかもしれません。

影の写真であれば、おうちでも気軽に挑戦できます♪子どもの時にやった影絵遊びのような写真も楽しいです◎
出典:unsplash.com

影の写真であれば、おうちでも気軽に挑戦できます♪子どもの時にやった影絵遊びのような写真も楽しいです◎

水辺での撮影は小物の色を工夫!

家族やお友達と水辺へ遊びに行く時は、水着や小物の色を工夫してみましょう♪赤や黄色など鮮やかな色を身につけると、背景に溶け込まず写真映えしますよ*
出典:unsplash.com

家族やお友達と水辺へ遊びに行く時は、水着や小物の色を工夫してみましょう♪赤や黄色など鮮やかな色を身につけると、背景に溶け込まず写真映えしますよ*

スマホ用の防水ケースを用意して水中撮影に挑戦したり、カメラを下向きにして水面ギリギリのところから撮影してみるのも楽しいです。身の安全を確保し、気をつけながら撮影しましょう♪
出典:unsplash.com

スマホ用の防水ケースを用意して水中撮影に挑戦したり、カメラを下向きにして水面ギリギリのところから撮影してみるのも楽しいです。身の安全を確保し、気をつけながら撮影しましょう♪

初心者向けでも◎カメラ&アプリのご紹介

カメラ

オリンパス「PEN E-PL10」

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ PEN E-PL10 14-42mm EZレンズキット ブラウン
出典:amazon.co.jp

ここからは初心者さんにもおすすめのミラーレスカメラをご紹介していきます。まずはオリンパスの「PEN E-PL10」。難しい設定はせず、カメラにお任せのAUTOモードで綺麗な写真が簡単に撮れます。アートフィルター機能も搭載されているので、今の気分にぴったりのイメージにできます◎

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ PEN E-PL10 14-42mm EZレンズキット ブラウン
76,150円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

キヤノン「EOS Kiss M」

キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】 (ホワイト/ミラーレス一眼カメラ)
出典:amazon.co.jp

こちらは、入門機として人気の高いキヤノンの「Kiss」シリーズから「EOS Kiss M」です。簡単な操作で軽量、さらに動く被写体にも強いので、お子さんがいる方にもおすすめです♪

キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】 (ホワイト/ミラーレス一眼カメラ)
69,800円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

FUJIFILM「 X-A7 」

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-A7レンズキット キャメル X-A7LK-CA
出典:amazon.co.jp

クラシカルなデザインも可愛く、ついつい持ち歩きたくなってしまうFUJIFILM「 X-A7 」。”フィルムシミュレーション”という機能がついていて、フィルムカメラのような色を楽しむことができます。4K動画も撮影できます◎

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-A7レンズキット キャメル X-A7LK-CA
55,413円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

アプリ

VSCO(ヴィスコ)

スマホで写真を撮るなら、一つは入れておきたい写真編集・加工アプリ。まずオススメしたいのは「VSCO(ヴィスコ)」です。無料版でもきっと好みのフィルターを見つけられるはずです*フィルターだけでなく、露出やコントラストなど、数値を変えながら細かく編集することもできます。
出典:unsplash.com

スマホで写真を撮るなら、一つは入れておきたい写真編集・加工アプリ。まずオススメしたいのは「VSCO(ヴィスコ)」です。無料版でもきっと好みのフィルターを見つけられるはずです*フィルターだけでなく、露出やコントラストなど、数値を変えながら細かく編集することもできます。

さっそく、筆者がスマホで撮った写真で試してみました。左がビフォー、右がアフターです。フィルターのおかげで、どこかノスタルジックな雰囲気が出ました。

さっそく、筆者がスマホで撮った写真で試してみました。左がビフォー、右がアフターです。フィルターのおかげで、どこかノスタルジックな雰囲気が出ました。

Foodie(フーディ)

食べ物の写真を撮るときに活躍してくれるのは「Foodie(フーディ)」。スマホだと撮るのが難しい食べ物も、こちらのアプリを使うと美味しそうに写ります!フィルターの種類が豊富でどんなシーンにも対応してくれます。
出典:unsplash.com

食べ物の写真を撮るときに活躍してくれるのは「Foodie(フーディ)」。スマホだと撮るのが難しい食べ物も、こちらのアプリを使うと美味しそうに写ります!フィルターの種類が豊富でどんなシーンにも対応してくれます。

もちろんFoodieは食べ物以外の写真にも使えます♪こちらもスマホ写真を加工してみました。右のアフター写真は、より非日常的な雰囲気に仕上がりました。

もちろんFoodieは食べ物以外の写真にも使えます♪こちらもスマホ写真を加工してみました。右のアフター写真は、より非日常的な雰囲気に仕上がりました。

写真を通して、季節を楽しもう

今回は、夏の終わりに挑戦したい「写真の撮り方」をご紹介しました!大切な今この一瞬を、写真で残してみてはいかがでしょうか?きっと素敵な思い出になりますよ*

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play