1. トップ
  2. アート・カルチャー
  3. 絵本
  4. 声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選
声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選

声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選

子供に読み聞かせているうちに、大人の心にも届いてふっと笑ってしまったりじーんとしてしまう癒やされる絵本はありませんか。子供と共感できたら思い出も増えますね。そんな「声に出して読みたくなる」絵本を20冊ご紹介します。2020年07月22日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
絵本おすすめ子育て絵本作家
お気に入り数318

読み聞かせが楽しくなる絵本はいかがですか

声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選
出典:unsplash.com
子供に絵本を読み聞かせているうちに、いつの間にか自分も癒やされていたり、笑っていたり、じーんと心に響いていた…。そんな大人もどんどん声に出して読みたくなる絵本を選びました。子供と一緒にわいわい楽しめたり、赤ちゃんとの日常を改めて愛しいと思えたり、元気や笑顔をもらいましょう。

①子供と一緒にわいわい楽しんで読める絵本

声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選
出典:unsplash.com
子供がこの世に生を受けてから、初めて出会う文化、それが絵本です。絵、文字、読み聞かせの声と五感を刺激する要素がたくさん。絵本を読む習慣があると語彙力や記憶力が育まれますよ。だからといって、将来の勉強に繋がるかもと力を入れ過ぎると、楽しくなくなってしまいます。まずは子供と純粋に楽しんでみて。子供と一緒にわいわい盛り上がれそうな5冊を選んでみました。

『ぺんぎんたいそう』

ぺんぎんたいそう (0.1.2.えほん)
出典:amazon.co.jp

とても可愛いペンギンと黄色い表紙が目を引く絵本。首を引っ込めたり伸ばしたり、ジャンプをする様子はまるで体操をしているみたい!その様子を動物園で見ていたことが絵本を描くきっかけになったそう。1ページごとのペンギンのイラストはどれも可愛くてきゅんとしてしまいます。絵本の愛らしいペンギンのように子供も一緒に体操をして楽しめる一冊です。ママパパも子供といかがですか?0歳からOK。

『ぺんぎんたいそう』齋藤槙(福音館書店)

ぺんぎんたいそう (0.1.2.えほん)
880円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『じゃあじゃあびりびり』

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
出典:amazon.co.jp

有名な『いないいないばあ』に並んでファースト絵本のラインナップにおすすめ。日常のさまざまな生活音は、大人からすると慣れて当たり前なもの。しかし、赤ちゃんは初めて聞く音ばかりでびっくり。タイトルにもある水をじゃあじゃあ出したり、紙をびりびり破いたり、彩り豊かな生活音を楽しめる一冊です。赤ちゃんが破こうとしたり齧っても安心なボードブックなのも◎。

『じゃあじゃあびりびり』まついのりこ(偕成社)

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
660円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『カンカンカンでんしゃがくるよ』

カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)
出典:amazon.co.jp

電車が好きな「子鉄」におすすめの電車絵本。どんぐり村だけど、走ってる車両は実在する車両がモデルになっています。電車好きな子供なら盛り上がること間違いなし。貨物列車の車両を数えるシーンもあり、数をかぞえることにも触れられます。電車だけでなくパトカーや救急車など子供が大好きな車も登場。

『カンカンカンでんしゃがくるよ』津田光朗(柳川堂書店)

カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)
858円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『うんちっち』

うんちっち
出典:amazon.co.jp

うさぎのシモンは、何を言われても返事をすべて「うんちっち」で返すやんちゃな男の子。ある日、怖いオオカミに問いかけられます…「坊やを食べてもいいかい?」。「うん…ちっち」と答えてしまったシモン。どうなってしまうのでしょうか…。大胆な線とおしゃれな色づかい、そしてインパクトのあるセリフが子供の心を鷲掴みに。うんちが大好きな子にぴったり。オチにもこの年代の子供らしさが詰まっていて「そうくるか~」と笑わせられます。

『うんちっち』ステファニー・ブレイク 著、ふしみみさを 訳(あすなろ書房)

うんちっち
1,320円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『はみがきれっしゃしゅっぱつしんこう!』

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!
出典:amazon.co.jp

はみがきを素直にさせてくれる子供ってなかなかいないのではないでしょうか。そんな時は、はみがき列車の登場!歯の間に残ったお肉や野菜の食べかすをはぶらしで綺麗に掃除する様子が分かりやすく表現されています。どうしてはみがきをしなきゃいけないのかも伝わりやすく男の子、女の子どちらにもおすすめ。絵柄も可愛く新しくて◎。

『はみがきれっしゃしゅっぱつしんこう!』くぼまちこ(アリス館)

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!
1,100円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

②ささいな日常を愛しいと思える絵本

声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選
出典:unsplash.com
絵本ではよく赤ちゃん・子供との何気ない日常が鮮やかに表現されていますよね。読み聞かせをしていて、しあわせにふと気づく瞬間がありませんか。そんな絵本を5冊紹介します。

『くっついた』

くっついた
出典:amazon.co.jp

ぞうさんが、おさるさんが、あひるさんが…くっついた!そして、ママとわたしのほっぺも。くっつくだけなのに、なんだか幸せな気持ちになる絵本。0歳から読み聞かせすると1歳頃には、子供からほっぺをくっつけてくれるとの声が多数。ほっぺをくっつけて嬉しいのは、実は子供より大人の方かもしれません。

『くっついた』三浦太郎(こぐま社)

くっついた
880円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『おててがでたよ』

おててがでたよ―くつくつあるけのほん2 (福音館 あかちゃんの絵本)
出典:amazon.co.jp

ただ服を着るだけでも、小さい子には大変な作業。まだまだぎこちない姿は愛らしく映ります。服からあたまや手足が出る度にひとつずつ丁寧に「ぱっ」や「ぬう〜」という擬音で表現。自分で着替えを始めたばかりの子供から共感を呼ぶことでしょう。声掛けの参考にも◎。可愛らしくあたたかい絵柄にほっこり。

『おててがでたよ』林明子(福音館書店)

おててがでたよ―くつくつあるけのほん2 (福音館 あかちゃんの絵本)
880円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『ここは』

ここは
出典:amazon.co.jp

新進気鋭の詩人・小説家でもある作者の初の絵本。赤ちゃんが存在している場所…ママのひざの上や街の中などをさまざまな角度から、短い言葉で繰り返し表していく。読み進めていくと自分の“いま現在”が俯瞰的に捉えられ、だんだん色濃くなっていくよう。ただ存在するだけで肯定されるような感覚になる1冊です。絵は100%オレンジの及川賢治。

『ここは』最果タヒ 著、及川賢治 絵(河出書房新社)

ここは
1,430円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『おべんとう』

おべんとう (幼児絵本シリーズ)
出典:amazon.co.jp

空っぽのお弁当箱につぎつぎおかずが詰められていくストーリー。絵も色彩豊かで何よりとてもおいしそうなおかずたち。見ているだけでお腹が空いてきちゃいそう。お弁当作りは毎日の流れ作業のひとつになりがちですが、こうして素敵な絵本になっているととても尊い作業のように感じられます。文章はシンプルで歌詞のような小気味よさ、心にすっと入ってきます。

『おべんとう』小西英子(福音館書店)

おべんとう (幼児絵本シリーズ)
990円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『でんしゃはうたう』

でんしゃは うたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
出典:amazon.co.jp

なんと全編、電車の中や車窓の風景の絵、そして乗車音や走行音の擬音のみの1冊!電車のドアが閉まる音や鉄橋を渡っているときの音、次の駅に近づいて停止する時の音…。こうして絵本になったものを読んでみると、“電車ってリズムよく歌っているみたい”という事に気づく。独特でユーモラスな擬音の表現は、なかなか一筋縄でスラスラとは読めず、読み聞かせにもだんだん熱が入ってくる。電車が大好きな子供にも◎。

『でんしゃはうたう』三宮麻由子 著、みねおみつ 絵(福音館書店)

でんしゃは うたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
990円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

③力強い絵や言葉から元気をもらえる絵本

声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選
出典:unsplash.com
子供はパワーのかたまり。そんな子供にも負けない生命力や生きていく力を感じられる絵本を5冊集めました。有名なキャラクターの作品を改めて読んでみると大人になったからこそ分かる新たな発見に出会えるかも。

『はらぺこあおむし』

ボードブック はらぺこあおむし (偕成社・ボードブック)
出典:amazon.co.jp

月夜の晩に生まれたあおむし。お腹がぺこぺこでりんごやいちご、すももを次々と食べて行き…。外国の有名絵本と思われがちですが、実は初めて出版されたのはなんと日本!しかけなどがあり採算が合わないと言われていたところ、日本の出版社が興味を持ったそう。果物をひとつ、ふたつ、みっつ…と数える練習になったり、曜日感覚も養えます。何より、あおむしの底知れぬ食欲に生命力を感じずにはいられません。

『はらぺこあおむし』エリック・カール 著、もりひさし 訳(偕成社)

ボードブック はらぺこあおむし (偕成社・ボードブック)
972円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『フレデリック』

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
出典:amazon.co.jp

フレデリックは変わったねずみ。他のねずみが冬に向けて小麦や木の実を集める仕事をしているのに、何もせずずっとぼんやりしているよう。なぜ働かないの?と聞かれると僕はこれでも働いていると言うのです。そして、厳しい冬が来ました。ピンチを救ったのはなんと…。芸術として言葉のちからを感じられる作品。フレデリックの渾身のセリフをどうぞ読んでみて。

『フレデリック』レオ・レオニ 著、谷川俊太郎 訳(好学社)

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
1,601円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『おばけのバーバパパ』

おばけのバーバパパ
出典:amazon.co.jp

バーバパパはどこから産まれたか知っていますか。なんと庭からなんです。しかも最初は存在を持て余され、動物園に入れられることに。窮屈な檻から逃げ出すと、どこからか火事の気配がして…。バーバパパがやっかいものから人気ものになるまでが描かれています。きっかけに出会うまで、仲間を探そうと形を変えたり夜の街を彷徨ったりと、意外と苦労人。冷たくされても心やさしい姿に勇気をもらえます。最後のあいさつが明るくて◎。細い線で描かれたバンド・デシネ風のおしゃれな絵本。

『おばけのバーバパパ』アネット・チゾン/タラス・テイラー 著、山下明夫 訳(偕成社)

おばけのバーバパパ
1,100円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『オレときいろ』

オレときいろ
出典:amazon.co.jp

とある1匹の猫が様々な“きいろ”と出会う。きいろは虫、草、生き物、桜…すべての生命を表現している。この絵本を読んでいる元気な子供たちのパワーにもきっと負けないくらいのパワフルでダイナミックな絵柄。文章は少なく、猫の唸り声や鳴き声、駆ける足音などが続く。猫の“オレ”になったつもりで子供と一緒に声に出して思いきり読んでみて。

『オレときいろ』ミロコマチコ(WAVE出版)

オレときいろ
1,650円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『サラダでげんき』

サラダでげんき (こどものとも傑作集)
出典:amazon.co.jp

病気のお母さんのためにサラダを作るストーリー。色んな動物がおいしいサラダになるようにアドバイスをくれます。なんと最後は飛行機に乗ってアフリカからゾウが…!鮮やかな色づかいにも元気がもらえる。文章は、テンポ良く読んでいて気持ちよい。やさしいりっちゃんにじんとくる。

『サラダでげんき』角野栄子 著、長新太 絵(福音館書店)

サラダでげんき (こどものとも傑作集)
990円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

④絵本だからこそのユーモアを楽しみたい

声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選
出典:unsplash.com
絵本と言えば、その自由な発想や表現力。1冊ごとに独自の世界観があります。インパクトのある作品は、きっと子供の記憶にずっと残り続けることでしょう。ユーモアに溢れ、大人も思わず顔がほころぶ絵本を5冊集めました。

『きんぎょが にげた』

きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)
出典:amazon.co.jp

きんぎょが逃げて、部屋の色んなものに擬態していく絵本。現実にはあり得ないことなのに、五味太郎さんの世界観だとすんなり受け入れてしまいます。まるで魔法にかかったよう。無駄を削ぎ落とした文章は、詩のようにリズムよく読むことができます。

『きんぎょが にげた』五味太郎(福音館書店)

きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)
990円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『おばけのてんぷら』

おばけのてんぷら (絵本のひろば 29)
出典:amazon.co.jp

うさぎちゃんが天ぷらを揚げていると、匂いを嗅ぎつけたおばけがやってきた。つるっと滑って衣の中にどぼんしたおばけ。もしかして、カラッと揚げられてしまうの…?タイトルから既にユーモアに溢れている1冊。予想もつかないストーリーにページを捲るのがもどかしくなります。

『おばけのてんぷら』せなけいこ(ポプラ社)

おばけのてんぷら (絵本のひろば 29)
1,320円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『だるまちゃんとてんぐちゃん』

だるまちゃんとてんぐちゃん
出典:amazon.co.jp

昔ながらなのに可愛くて色褪せない魅力的なキャラクターたちが登場。てんぐちゃんが持っているものが羨ましいだるまちゃん。似ているものを探すため描かれたたくさんの帽子や靴の絵は、子供も見ていてワクワク。遊び心が詰まっています。まるで幼い子供の友達とのやり取りを見ているようで、読んでいると和んできます。

『だるまちゃんとてんぐちゃん』加古里子(福音館書店)

だるまちゃんとてんぐちゃん
990円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『もう ぬげない』

もう ぬげない
出典:amazon.co.jp

服を脱ごうとしてひっかかってしまった男の子の苦悩のストーリー。脱げないまま、一体ぼくはどうなってしまうのか…。とある男の子の思考をユーモアたっぷりに描いている。ひとり言のような文章は思わず感情移入して気持ちを込めて読んでしまう。手書きの文字も味があってとても◎。最後まで何度も笑ってしまうこと請け合い。

『もうぬげない』ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社)

もう ぬげない
1,078円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

『しろくまのパンツ』

しろくまのパンツ
出典:amazon.co.jp

パンツを無くしてしまったしろくまくんと一緒に探してあげる事にしたねずみくん。小さいパンツやしましまのパンツ、帽子のパンツ…でもしろくまくんのは見つかりません。一体どこに?赤いパンツ型の帯がついている装丁が可愛い。仕掛けのページも色鮮やかで大人でも見ていて楽しめますが、穴が開いているため子供が小さいと破いてしまうかも。思わず笑ってしまうオチは必見。2〜3歳におすすめの絵本。

『しろくまのパンツ』tupera tupera(ブロンズ新社)

しろくまのパンツ
3,817円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

思い出に残っている絵本はありますか

声に出して読みたい。やさしい言葉に癒されるおすすめ絵本20選
出典:unsplash.com
大人になっても覚えている絵本はありますか。世代が違うと、好きなアーティストやアイドルは重ならないのに、絵本だと親子3代でも同じ作品を楽しめますね。慣れ親しんだ絵本は、自分が小さかった頃、そして今度は自分の子供が小さかった頃に連れて行ってくれます。ぜひ、子供にたくさん読み聞かせて将来のタイムマシンを増やしてください。

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play