1. トップ
  2. アート・カルチャー
  3. 小説
  4. 今欲しいのは没入感!時間を忘れさせてくれる、世界観が光る15冊
今欲しいのは没入感!時間を忘れさせてくれる、世界観が光る15冊

今欲しいのは没入感!時間を忘れさせてくれる、世界観が光る15冊

読書の楽しみのひとつは、現実世界を忘れ本の世界に没入できることではないでしょうか。なかなかまとまった読書時間を取れない日々を送っているからこそ、さあ今日は本を読むぞ!という日には、寝食を忘れて夢中になれる本を読みたいですよね。そんな時間を忘れさせてくれる本の数々を、様々なジャンルからご紹介します。本だけ持っておこもりしたいそんな時、こんな1冊はいかがですか?2020年07月14日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
小説おうち時間おすすめ一人時間
お気に入り数1447

日常を忘れて本の世界に浸る、時にはそんな贅沢を

夢中になって本を読む時間は読書好きには至福の時間です。普段は仕事や家事で夜更かしもままならない毎日を送っているからこそ、まとまった時間が取れるチャンスには本の世界に没頭したい!そんな願いをかなえるお手伝いができたらと思いながら選びました。

PART1:やめられない!続きが気になるミステリー

今欲しいのは没入感!時間を忘れさせてくれる、世界観が光る15冊
出典:pixabay.com
読み始めたら止めたくない、そんな本の代表格はやっぱりミステリー!とはいえ、怖いのはちょっと……と敬遠されることも多いのがミステリーです。ここで紹介する3冊は便宜上ミステリーに分類されているものの、ミステリー要素を除いても十分に面白いお話ばかり。怖い・難しいもありません。ミステリーだからと読まずにいるにはもったいない!そんな3冊です。この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

米澤穂信『Iの悲劇』(文藝春秋)

Iの悲劇
出典:amazon.co.jp

無人化した村を再建させる、市長肝煎のIターンプロジェクト「蘇り課」。新しく住民を迎えてはみるものの、次から次へと起こる小さな事件。ささいな違和感の積み重ねが不安を煽り、蘇り課にもその周辺にも不信感が漂い始めます。過疎を極めた村の閉塞感、狭い人間関係の独特の濃さ。その場の重い空気さえも感じるような臨場感ある描写に、読者はいつしか物語の舞台に迷い込むことでしょう。終盤物語が大きく動き、それまでささいな事件と思われていた伏線の回収が始まります。そして物語は驚きの結末へ……!

Iの悲劇
350円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

新藤卓広『秘密結社にご注意を』(宝島社)

秘密結社にご注意を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
出典:amazon.co.jp

ひょんなことから再就職した会社は、なんと秘密結社!!次々命じられる何の意味があるのかも分からない仕事が、実は全てある事件に繋がる業務だった……。この物語は複数の登場人物の目を通して視点が切り替わり、同時進行でいくつもの話が進んでいきます。場面転換が多く、並行して進行していくそれぞれの物語を追うにはちょっと集中力が必要かもしれません。だからこそ、集中してイッキ読みしたい!途中でやめたくない!と思うのです。それぞれの物語の繋がりが見え始めたら、そこからが真骨頂!すべてのピースがあるべき場所に向けて動き始め、すごいスピードでピタリピタリとはまっていきます。うーん、爽快!!伏線がきれいに回収されて、晴々とした読後感を味わえます。

秘密結社にご注意を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
110円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

若竹七海『依頼人は死んだ』(文藝春秋)

依頼人は死んだ (文春文庫)
出典:amazon.co.jp

主人公はフリーでトラブル解決を請け負う女探偵・葉村晶。真実を追求することにまっすぐでひたむきな彼女は、時に依頼の枠を超えて何でも屋のような仕事まで引き受けてしまいます。『健康診断を受けてもいない病院からガンを知らせる通知が届いた』『婚約者の自殺の理由が分からない』、そんな掴み所がない謎にも真剣に立ち向かう葉村探偵の姿に、こちらも事件に引き込まれてしまいます。そうしてすっかり事件にのめり込んだ末に訪れる結末は、決して楽しいものばかりではありません。葉村と共に落ち込み、しばしやるせない思いに苛まれることも。それでも、ああ続きが読みたい!と思うのです。なぜならそこには、毅然と顔を上げて新しい事件に向き合う葉村晶がいるのですから。

依頼人は死んだ (文春文庫)
120円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

PART2:こころゆくまで!傑作長編ミステリー

今欲しいのは没入感!時間を忘れさせてくれる、世界観が光る15冊
出典:unsplash.com
もしも贅沢に読書の時間を取れるのなら、ぜひお勧めしたい長編小説があります。どれもボリュームたっぷりですが、読み始めたらとにかく止まらない面白さ!長さが気にならないどころか、読み終わった時にはもっと読みたかった、と思うことでしょう。どうぞ寝不足覚悟でお読みください。

宮部みゆき『ソロモンの偽証』(新潮社)

ソロモンの偽証 第I部 事件
出典:amazon.co.jp

ハードカバーで3冊、文庫版では6冊のボリュームです。物語はクリスマスイブ、一人の中学生の転落死で幕を開けます。一度は自殺と思われたこの事件ですが、校長・担任・学級委員長の元に差出人不明の告発状が届くのです。彼の死は自殺ではなく、同級生に殺されたのだと……。さらに過剰報道により学校・保護者の間で緊張が高まり、犯人探しが公然と行われる事態に発展します。そんな混乱を極めた学校生活に不安を募らせた学生達が起こした行動、それは『学校内裁判』。召喚される証人、隠された証拠、そして偽証。学生達の手で明らかにされる事件の全貌とは……!

ソロモンの偽証 第I部 事件
110円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

辻村深月『名前探しの放課後』(講談社)

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)
出典:amazon.co.jp

『3ヶ月後の未来、自殺したのは誰だったのか』。町の風景にふと違和感を感じた主人公・いつか。いつかは自分は過去に戻されたのではないかと感じはじめます。なぜなら“3ヶ月後の記憶”があったから……。それは1人のクラスメイトが自殺をする“未来”の記憶です。ただ、その記憶からは肝心な部分が抜け落ちていました。そう、『自殺したのは誰なのか』。3ヶ月後に起こる自殺を止めるため、いつかと仲間達による必死の捜索が始まります。ミステリーとしてはもちろん、この物語は高校生の成長物語でもあります。日常の風景や仲間同士の会話がとても生き生きと描かれ、数々の個性的な登場人物の魅力と相まって読むだけで心地よく、気がつけばあっという間に時間がすぎていることでしょう。

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)
278円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

貴志祐介『新世界より』(講談社)

新世界より(上) (講談社文庫)
出典:amazon.co.jp

舞台は千年後の日本。自然に囲まれた集落で子ども達は学校に通い、そこで『呪術』を学んでいます。千年後の日本では、『呪力』を手に入れないまま大人になることは許されません。一見のどかに見える学校生活ですが、実は子ども達は徹底的に管理されています。そうとは知らない無邪気な子ども達と、囁かれる数々の都市伝説。やがて子ども達も、都市伝説と無縁ではいられなくなり……。緻密な舞台設定と作り込まれたストーリー、一貫した世界観がリアルで、本を通して実際の千年後の日本を見ているのではないかと空恐ろしくなってしまうほど。衝撃の作品です。

新世界より(上) (講談社文庫)
163円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

PART3:いざ、異世界へ!時空を越えるファンタジー

独特の世界観で読者を魅了してくれる物語といえば、ファンタジーを忘れてはいけません。ここではない別世界で、特別な体験をしてみませんか。

恒川光太郎『夜市』(角川グループパブリッシング)

夜市 (角川ホラー文庫)
出典:amazon.co.jp

手に入らないものはない不思議な市場『夜市』。かつて幼い頃夜市に迷い込んだ主人公は、「野球選手の才能」を手に入れる変わりに弟を売ってしまいます。弟がもともと存在していなかったことになってしまった世界で野球部のエースに成長した主人公でしたが、やがて再び夜市を訪れる決心をします。そう、弟を買い戻すために……。角川ホラー文庫から刊行されてはいるのですが、ホラーというよりもむしろ童話やファンタジーのような作品です。平易な言葉・シンプルな文章を用いながら、それなのにその世界観はこの上なく幻想的で神秘的!まるで自分も『夜市』に行って帰ってきた様な、浮遊感のある読後感から醒めるのが惜しくもありました。

夜市 (角川ホラー文庫)
296円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

多崎礼『煌夜祭』(中央公論新社)

煌夜祭 (中公文庫)
出典:amazon.co.jp

冬至の夜に語り部が集まり夜通し語り合う『煌夜祭』。それは魔物を鎮めるための儀式です。物語が続く限り、魔物が人を喰らうことはないのです。ひとつ、またひとつと語られる物語は時に悲しく、恐ろしく、美しく、重なる毎に共鳴し合い輝きを増していきます。そして夜の帳が上がる頃、私たちは大きなひとつの真実を知るのです。ああ!これまで語られて来たのは、大きな一つの壮大な物語だったのか。胸に静かな感動が満ちるラストまで、どうぞひと息でお楽しみください。一夜限りの煌夜祭のはじまりです。

煌夜祭 (中公文庫)
505円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

小谷田奈月『星の民のクリスマス』(新潮社)

星の民のクリスマス
出典:amazon.co.jp

主人公は、気弱な小説家。クリスマスイブの夜、最愛の娘が行方不明になってしまいます。娘を探すうちに奇妙な街に迷い込んだ小説家は気がつきます。ここは、自分が書いた物語の世界なのではないか、と。6年前、娘へのクリスマスプレゼントに小説家は自分で書いた童話を贈りました。ここはどうも、その童話の中の世界のようなのです。童話の世界で娘を探す小説家、大好きな本の世界で物語の中の父と仲良く暮らす娘……。さあ、小説家は無事娘を現実世界に連れ戻すことができるのでしょうか?現実と物語の境界が曖昧になるような、何が本当で何が作り物か不安になるような、心揺さぶられる作品です。

星の民のクリスマス
825円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

PART4:覚悟を決めて…。心の深淵を覗くような物語

今欲しいのは没入感!時間を忘れさせてくれる、世界観が光る15冊
出典:pixabay.com
どうして人は闇に惹かれてしまうのでしょうか。人の心の奥の奥、暗いところを見てみたいという欲望は、人間だれしも少なからず持っているものなのかもしれません。今日はどっぷり本の世界に浸ることができる、そんな時には、じっくり闇に向き合うような本を選ぶのも選択肢の一つです。

真梨幸子『みんな邪魔』(幻冬社)

みんな邪魔 (幻冬舎文庫)
出典:amazon.co.jp

昔の少女漫画のファンクラブ幹部6人が集う「青い6人会」。ミレーユ、エミリー、シルビアと、お互いをハンドルネームで呼び合う奇妙な集まりは、団結しているように見えて内状はドロドロと複雑です。そんな6人会の中で起こった事件は、なんと連続殺人事件。疑いが疑いを呼び、オバサン達が抱えている闇が溢れ出す。まともな人はひとりも居ない!それでもなんだかこんな人、居ないとは言い切れない……。なんともいえない薄気味悪さがクセになる、怖いもの見たさここに極まれりな1冊です。

みんな邪魔 (幻冬舎文庫)
1円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

湊かなえ『カケラ』(集英社)

カケラ
出典:amazon.co.jp

美容クリニックの医師である橘久乃は、小学校時代の幼なじみの娘が自殺したことを別の幼なじみから知らされます。明るく運動もできたというその少女が、なぜ自分の部屋で亡くならなくてはならなかったのか。しかも、ばらまかれたドーナツに囲まれて……。人の心の闇を描き出し読者をゾッとさせ続ける小説家、湊かなえさん。今作では「美容整形」をテーマに、外見にまつわる固定観念に対する疑問を呈し、人にとっての幸せとは何かを問いかけます。

カケラ
1,056円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

早見和真『イノセント・デイズ』(新潮社)

イノセント・デイズ (新潮文庫)
出典:amazon.co.jp

元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で死刑を宣告された田中幸乃。そんな彼女につけれたあだなは『整形シンデレラ』。幸乃が死刑囚になるまでが、子ども時代から大人になるまで、幸乃の周囲にいた人々の視点で語られます。読めば読むほど定まらなくなる幸乃の人物像に、なぜ?なぜ?なぜ?といくつもの疑問符が浮かび、消えずに残ります。幸乃が犯した最大の罪はいったい何だったのか……。読み終えた後も「なぜ?」が心から離れません。

イノセント・デイズ (新潮文庫)
1円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

PART5:応援しよう!見届けよう!手に汗握るスポーツ小説

今欲しいのは没入感!時間を忘れさせてくれる、世界観が光る15冊
出典:unsplash.com
日常を離れてリフレッシュしたいそんな時、スポーツを題材にした小説をチョイスしてみてはいかがでしょうか?まるで自分も仲間の一員として目標を目指しているような高揚感、目標に到達する達成感を味わえます。競技に詳しくなくても楽しめる、なんなら競技ごと好きになってしまうような、そんな3冊をご紹介します。

瀬尾まいこ『あと少し、もう少し』(新潮社)

あと少し、もう少し (新潮文庫)
出典:amazon.co.jp

この本の題材は、駅伝!駅伝って、どうしてあんなにもドラマチックなのでしょう。長く孤独な戦いでありながら、同時にたすきを繋ぐチームプレーでもあり。各走者がそれぞれ個人としてチームのために最大限輝こうとする姿に、私たちは感動するのかもしれません。今作は駅伝ではちょっと珍しい、中学生の部活のお話です。ギリギリ6人、駅伝に出られる最小人数の駅伝部と顧問である美術教師の、県大会を目指す成長物語。まさに青春!まさに駅伝!出てくる人誰もが素敵で清々しく、読後感爽やかな1冊です。

あと少し、もう少し (新潮文庫)
253円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

朝井リョウ『チア男子!』(集英社)

チア男子!! (集英社文庫)
出典:amazon.co.jp

柔道一筋で育ってきた道場の息子晴希が怪我をきっかけに転向したのは、なんとチアリーディング!幼なじみの一馬と一緒に男子チアリーディング部を立ち上げると、次から次へと集まって来たのは個性派男子達。最初はチグハグだったメンバーがいつしか一つにまとまって前に進む姿に、ただただ拳を握り、時間を忘れて応援してしまうこと請け合いです。チアリーディングの華やかな舞台が目に浮かぶような描写力豊かな文章も素晴らしく、軽いタッチでサラッと読みやすいと思ったら後からじわじわ染みてくるような独特の味わいも。とにかくメンバーみんなが可愛くて愛おしくて、読み終わった後も続きが気になる、そんな作品です。

チア男子!! (集英社文庫)
660円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

近藤史恵『サクリファイス』(新潮社)

サクリファイス (新潮文庫)
出典:amazon.co.jp

自転車ロードレースを知っていますか?自転車ロードレースを題材にしたアニメで知ったという人もいらっしゃるかもしれません。『サクリファイス』は、プロのロードレースチームを舞台に繰り広げられる人間ドラマを描いた作品です。個人を犠牲にしてでもエースにつくすアシスト、チーム全員の期待を背負うエースの孤独な駆け引き……。自転車レースのことを全く知らずに読み始めても、そのドラマにすぐに引き込まれることでしょう。ぐいぐい読ませる近藤史恵さんの巧みな文章と求心力の途切れない物語に、読み終えるまで本を置きたくないと思わせる1冊です。

サクリファイス (新潮文庫)
28円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

「読んで良かった」と思える本を

あの本もこの本も読みたい!読み始めたら止めたくない!残念ながら時間には限りがありますが、だからこそ、ここぞという時には「読んで良かった」と思えるような本に巡り合いたいですね。今回ご紹介した本も、「読んで良かった」と思っていただけたら、そんな嬉しいことはありません。

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play