1. トップ
  2. アート・カルチャー
  3. 小説
  4. だいすきな猫を読む。気まぐれな猫たちにまつわる「小説」8選
だいすきな猫を読む。気まぐれな猫たちにまつわる「小説」8選

だいすきな猫を読む。気まぐれな猫たちにまつわる「小説」8選

気のむくまま自由に過ごす猫たちは、愛くるしくてどこか羨ましく、かけがえのない存在ですよね。いつでも従順なイメージの犬と違い、気まぐれだからこそいい。そんな猫たちは、物語の中で触れてもかわいらしくてやっぱり引きつけられてしまうのです。今回は、我が道をいく自由な猫たちが登場するおすすめの小説をご紹介します。2020年07月12日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
小説おうち時間読書
お気に入り数434

猫に癒され、猫を知る

だいすきな猫を読む。気まぐれな猫たちにまつわる「小説」8選
のんびりと寝ていたかと思えば、風で動いたカーテンや突然訪れた虫たちに、大歓迎とばかりに戯れる。いつでも自由奔放に暮らす猫の姿は、まるで人間の理想を体現しているかのよう。「君はいいねぇ」なんて言いながら、いつもより優しく微笑んでいる自分に気づいたりします。きっと、疲れた人間に癒やしを届けるためにやってきた魔法使いに違いない!
だいすきな猫を読む。気まぐれな猫たちにまつわる「小説」8選
出典:unsplash.com
そんな猫たちに魅了されるのは、美しい文章を紡ぐ作家たちも同じみたい。気まぐれだからこそいい、愛しの猫たちが登場する作品がたくさんあります。ありふれた日常からSFのワクワクした世界まで、猫に癒やされつつますます猫の虜になるような小説を厳選しました。

猫にまつわる小説

かのこちゃんとマドレーヌ夫人|万城目学(角川文庫)

かのこちゃんは小学1年生。家には玄三郎というおじいちゃん犬がいます。ある日、玄三郎の犬小屋にアカトラの猫が迷い込みました。お母さんが焼くマドレーヌの色に似ていたので「マドレーヌ夫人」と名付けたかのこちゃん。ちょっと不思議で温かい、小さな冒険が始まります。
出典:unsplash.com

かのこちゃんは小学1年生。家には玄三郎というおじいちゃん犬がいます。ある日、玄三郎の犬小屋にアカトラの猫が迷い込みました。お母さんが焼くマドレーヌの色に似ていたので「マドレーヌ夫人」と名付けたかのこちゃん。ちょっと不思議で温かい、小さな冒険が始まります。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)
出典:amazon.co.jp

小学1年生の女の子らしく天真爛漫なかのこちゃんと、気高く上品なマドレーヌ夫人が織りなすほっこりワールド。物語の多くは2人(1人と1匹)の視点で語られます。日本古来の猫又伝説を絡めて進む2人の冒険。変わらず優しく寄り添う玄三郎は、キーパーソンならぬキードッグ。こんな日があったなと懐かしく、こんな世界いいなと恋しくなるやわらかい物語です。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)
506円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

ブランケット・キャッツ|重松清(朝日文庫)

なじみの毛布にくるまっていればどこでも寝られる。そんな猫が店には7匹。猫らの仕事は、なじみの毛布とともに2泊3日レンタルされること。買い取りも延長もできず、料金も安くはないのに、ブランケット・キャッツを求める人が後を絶ちません。
出典:pixabay.com

なじみの毛布にくるまっていればどこでも寝られる。そんな猫が店には7匹。猫らの仕事は、なじみの毛布とともに2泊3日レンタルされること。買い取りも延長もできず、料金も安くはないのに、ブランケット・キャッツを求める人が後を絶ちません。

ブランケット・キャッツ (朝日文庫)
出典:amazon.co.jp

いつか猫と暮らす日を夢見たマイホームを手放す家族、子作りを諦め猫との生活を考える夫婦など、ブランケット・キャッツを求める人々には少し切ない背景が。猫との関わりで癒やされたり現実を突きつけられたりしながら、新しい道を模索する人間模様が胸をうちます。ブランケット・キャッツの条件は”賢い”こと。もしかして猫が導いている?

ブランケット・キャッツ (朝日文庫)
100円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

モノレールねこ|加納朋子(文春文庫)

小学5年生のサトルが家の近くでよく見かけるブサイクな猫。いつもブサイクだなと思っていたところ、ある日首輪を見つけ飼い猫であることが判明します。驚いたサトルは、首輪に猫の名前を聞く手紙を隠しました。するとサトルの同級生らしいコウキから「モノレールねこ」という返事が。密かな文通が始まったものの、モノレールねこが事故で死んでしまい、文通は途絶えてしまいます。
出典:unsplash.com

小学5年生のサトルが家の近くでよく見かけるブサイクな猫。いつもブサイクだなと思っていたところ、ある日首輪を見つけ飼い猫であることが判明します。驚いたサトルは、首輪に猫の名前を聞く手紙を隠しました。するとサトルの同級生らしいコウキから「モノレールねこ」という返事が。密かな文通が始まったものの、モノレールねこが事故で死んでしまい、文通は途絶えてしまいます。

モノレールねこ (文春文庫)
出典:amazon.co.jp

表題の「モノレールねこ」をはじめ、生き物の存在を感じながら描かれる優しい短編集。どの物語も時折重い現実を挟みながらも、軽やかに穏やかに進んでいきます。短編なので空いた時間にぱっと手に取れますし、短い中にも胸が熱くなる要素が満載で満足感が高い1冊です。

モノレールねこ (文春文庫)
616円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

きりこについて|西加奈子(角川文庫)

ぶすのきりこ。ぶすだけど、両親に愛され友人に慕われ、自分がぶすとは気づかずにのびのびと成長していきます。しかし小学5年のある日友人らが、きりこはぶすだと離れていってしまいます。不登校になり人との関わりを絶ったきりこの心の支えは、小学校の体育館裏で出会った美しい黒猫、ラムセス2世でした。
出典:

ぶすのきりこ。ぶすだけど、両親に愛され友人に慕われ、自分がぶすとは気づかずにのびのびと成長していきます。しかし小学5年のある日友人らが、きりこはぶすだと離れていってしまいます。不登校になり人との関わりを絶ったきりこの心の支えは、小学校の体育館裏で出会った美しい黒猫、ラムセス2世でした。

きりこについて (角川文庫)
出典:rakuten.co.jp

「きりこは、ぶすである」という衝撃的な一文で始まる物語。文中に何度も登場する「ぶす」を太字で書くほど、美醜をテーマにしています。癒やしの猫がいることで重くならないものの、美醜だけでなく性的なテーマまで踏み込んだ大人な本。やがて外へ出る決意をするきりこを、応援せずにはいられません。

きりこについて (角川文庫)
10円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

ルドルフとイッパイアッテナ|斉藤洋(講談社)

大好きなリエちゃんとその両親と暮らすルドルフ。しかしある日魚屋に追われたルドルフは誤ってトラックの荷台に。人も車もたくさんの東京へとたどり着きます。そこで出会ったのが大きなボス猫。名前を聞くと「俺の名前はいっぱいあってな・・・」。ひょんなことからイッパイアッテナという名になったボス猫とルドルフの冒険物語です。
出典:

大好きなリエちゃんとその両親と暮らすルドルフ。しかしある日魚屋に追われたルドルフは誤ってトラックの荷台に。人も車もたくさんの東京へとたどり着きます。そこで出会ったのが大きなボス猫。名前を聞くと「俺の名前はいっぱいあってな・・・」。ひょんなことからイッパイアッテナという名になったボス猫とルドルフの冒険物語です。

ルドルフとイッパイアッテナ
出典:amazon.co.jp

映画化もされた大人気の児童文学。映画を見たことがある人もいるのではないでしょうか。野良猫として生きる術を教えてくれるイッパイアッテナのおかげで強く成長するルドルフ。でもいつだって、リエちゃんのところに帰りたい。かわいい猫たちが織りなす情熱の物語に、うるっとしてしまいますよ。

ルドルフとイッパイアッテナ
1,155円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

猫城|南篠竹則(東京書籍)

もともとは裕福だった「吾輩」は、散財癖が過ぎてすっからかんになってしまいます。ある日猫に導かれるままたどり着いたのは猫町。温泉に入り放題で、美味しい料理が毎日出てくる上に宿の料金を求められることもなく、悠々自適の日々。ところが、ニャンスクリット語の筆記を強要されるなど次第に不穏な空気が漂い始めます。
出典:

もともとは裕福だった「吾輩」は、散財癖が過ぎてすっからかんになってしまいます。ある日猫に導かれるままたどり着いたのは猫町。温泉に入り放題で、美味しい料理が毎日出てくる上に宿の料金を求められることもなく、悠々自適の日々。ところが、ニャンスクリット語の筆記を強要されるなど次第に不穏な空気が漂い始めます。

ファンタジー小説作家として、また翻訳家として多くの不思議な作品を送り出す南篠竹則氏が描く物語。日本のどこかにパラレルワールドとしてあるかのような不可思議なお話が、怪しさを含みつつも面白おかしく綴られています。ふふふと思わず笑みが漏れてしまいますよ。
出典:

ファンタジー小説作家として、また翻訳家として多くの不思議な作品を送り出す南篠竹則氏が描く物語。日本のどこかにパラレルワールドとしてあるかのような不可思議なお話が、怪しさを含みつつも面白おかしく綴られています。ふふふと思わず笑みが漏れてしまいますよ。

「吾輩は猫である」殺人事件|奥泉光(新潮文庫)

「吾輩は猫である」の名もなき猫。溺れ死んだかと思われていた「吾輩」は、なんと上海の地にいました。そこで「苦沙弥先生」が殺されたことを知り、その謎解きに挑みます。謎解きに参戦する猫の将軍や猫の伯爵。事件の謎をとく鍵はタイムマシン?
出典:

「吾輩は猫である」の名もなき猫。溺れ死んだかと思われていた「吾輩」は、なんと上海の地にいました。そこで「苦沙弥先生」が殺されたことを知り、その謎解きに挑みます。謎解きに参戦する猫の将軍や猫の伯爵。事件の謎をとく鍵はタイムマシン?

『吾輩は猫である』殺人事件 (新潮文庫)
出典:amazon.co.jp

題名の通り、かの有名小説「吾輩は猫である」を好きな人におすすめの小説です。夏目漱石を彷彿とされる文体で、本当に「吾輩は~」の続きかのように楽しめますよ。小説好きの心をくすぐる要素は漱石にとどまらず、シャーロック・ホームズなどのミステリーキャラクターが登場するのも注目。猫とミステリーをいっぺんに楽しめる1冊です。

『吾輩は猫である』殺人事件 (新潮文庫)
120円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

一人で歩いていった猫|大原まりこ(ハヤカワ文庫)

銀色の翼を持ち、直立二足歩行をする天使猫。体中に目があるトレボロ人や、龍と似ているラジェンドラ人など、7匹は流刑囚であり、地球へと送りこまれます。美しい地球にいながら文明の発展と没落を繰り返す地球種族を、果たして猫たちは導くことができるのでしょうか。
出典:unsplash.com

銀色の翼を持ち、直立二足歩行をする天使猫。体中に目があるトレボロ人や、龍と似ているラジェンドラ人など、7匹は流刑囚であり、地球へと送りこまれます。美しい地球にいながら文明の発展と没落を繰り返す地球種族を、果たして猫たちは導くことができるのでしょうか。

一人で歩いていった猫 (ハヤカワ文庫 JA 149)
出典:amazon.co.jp

最後に紹介する1冊は、猫を擬人化した近未来のSF小説。猫とともに大宇宙の中を旅し模索するかのようで、読み応えたっぷり。世界観に飲み込まれるハードSFですが4つの短編からなるため、ちょうど良い達成感を味わいながら本を閉じることができます。愛しのかわいい猫は、人間に大切なメッセージを届けに来た天使かも?なんて、不思議な気持ちになります。

一人で歩いていった猫 (ハヤカワ文庫 JA 149)
200円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

猫と一緒に、物語を旅して

だいすきな猫を読む。気まぐれな猫たちにまつわる「小説」8選
出典:unsplash.com
足元にまとわりついて抱っこをせがんだかと思えば、「今はお触り禁止よ」とでも言うようにそっけない猫。この愛しい猫がおしゃべりをしたら、一体何を話すのかなと考えたことがある人もいるでしょう。人を愛し、時に人に呆れながら、なんだかんだできっと幸せ。だから猫は、そばにいるだけで癒やしのパワーが出るのかもしれません。「私の猫を主役にしたらどんな話になるのかな?」そんなことを想像しながら、猫の魅力たっぷりの本のページをめくってみましょう。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play