絵のある暮らしを♪塗り絵やイラスト等が楽しめる【おすすめ色鉛筆13選】

絵のある暮らしを♪塗り絵やイラスト等が楽しめる【おすすめ色鉛筆13選】

今回は、色鉛筆のおすすめ商品をご紹介します。色鉛筆を使うのが初めての方から、プロのような技法を目指す方まで、幅広く使えるアイテムをピックアップしました。選び方や基本の塗り方も合わせて説明していきますので、これから色鉛筆を使ってみたい!という方はぜひ読んでみてくださいね。2019年11月08日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
アート
絵画
イラスト
塗り絵
水彩画
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
205

自分に合った色鉛筆を選ぼう

初めて色鉛筆を使う人へ、おすすめの選び方

初めて使うときには、いきなりプロ仕様の高価なものを選ぶよりも、使いやすさという観点から選んでみるのもおすすめ。ポイントとなるのが色の数ですが、最初は本数が多すぎると、どれを使ったら良いのか迷ってしまうこともあるので、多すぎず少なすぎずバランス良くそろっているものが良いでしょう。

ちょっと塗り絵に挑戦してみたい場合には12色入り。楽しくなったら腕を磨きながら続けていきたい、という場合には24色入りや36色入りのものがおすすめです。

またイラストや絵を描くことを仕事にしたい人に向けて、プロ仕様のものも合わせてご紹介していますので参考にしてみてください。
出典:

初めて使うときには、いきなりプロ仕様の高価なものを選ぶよりも、使いやすさという観点から選んでみるのもおすすめ。ポイントとなるのが色の数ですが、最初は本数が多すぎると、どれを使ったら良いのか迷ってしまうこともあるので、多すぎず少なすぎずバランス良くそろっているものが良いでしょう。

ちょっと塗り絵に挑戦してみたい場合には12色入り。楽しくなったら腕を磨きながら続けていきたい、という場合には24色入りや36色入りのものがおすすめです。

またイラストや絵を描くことを仕事にしたい人に向けて、プロ仕様のものも合わせてご紹介していますので参考にしてみてください。

①メーカーや種類、値段で選ぶ ~バラ売りが可能かもチェック!

手っ取り早く老舗メーカーや有名ブランドのものを選ぶ方法もありますよ。ロングセラーの商品なら、よく使う色だけなくなったときに買えない、という心配も防げます。また、色鉛筆は必要な色をじょじょに買い足していくのもあり。使用感など様子を見ながら見極めていきたいときには、単品で買える色鉛筆かどうかも、合わせてチェックしてみてください。
出典:unsplash.com

手っ取り早く老舗メーカーや有名ブランドのものを選ぶ方法もありますよ。ロングセラーの商品なら、よく使う色だけなくなったときに買えない、という心配も防げます。また、色鉛筆は必要な色をじょじょに買い足していくのもあり。使用感など様子を見ながら見極めていきたいときには、単品で買える色鉛筆かどうかも、合わせてチェックしてみてください。

②油性or水性? 色鉛筆の特徴で選ぶ

色鉛筆には、油性と水性の違いがあります。油性の色鉛筆は、顔料を油性のワックスでかためた芯でできていて、水をはじくのが特徴。発色が良く、何度も重ね塗りしたいときなどに向いています。色をたっぷり使ってはっきりしたイラストを描きたいときにおすすめ。

水性の色鉛筆は、顔料を水溶性のワックスでかためた芯でできていて、水にとけるのが特徴。芯が硬いので細い線なども描きやすいです。水を含んだ筆でなぞれば水彩画のような絵も描けます。ちなみに、油性色鉛筆の場合は、テレピンやペトロールなどの油を含ませた筆を使うと、水彩や油絵具を塗ったような表現も可能になります。

油性水性ともに、芯の硬さは硬質なものから軟質なものまで種類があります。
出典:

色鉛筆には、油性と水性の違いがあります。油性の色鉛筆は、顔料を油性のワックスでかためた芯でできていて、水をはじくのが特徴。発色が良く、何度も重ね塗りしたいときなどに向いています。色をたっぷり使ってはっきりしたイラストを描きたいときにおすすめ。

水性の色鉛筆は、顔料を水溶性のワックスでかためた芯でできていて、水にとけるのが特徴。芯が硬いので細い線なども描きやすいです。水を含んだ筆でなぞれば水彩画のような絵も描けます。ちなみに、油性色鉛筆の場合は、テレピンやペトロールなどの油を含ませた筆を使うと、水彩や油絵具を塗ったような表現も可能になります。

油性水性ともに、芯の硬さは硬質なものから軟質なものまで種類があります。

③芯の硬さや持ちやすさなど、使い心地で選ぶ

油性の色鉛筆も水性の色鉛筆も、水などを使わずにそのまま描く分には、同じように使うことができます。特にアクションを加えずに描きたい場合には、芯の硬さや、色鉛筆の持ちやすさで選ぶのも良いですよ。芯は、「軟質、中硬質、硬質」に分かれています。細い繊細な線を描きたいときには「硬質」、線を描くより色を塗ることを目的としているなら「軟質」、特に決まっていない場合は「中硬質」がおすすめ。

色鉛筆の持ちやすさは、色鉛筆自体の長さや太さも関係してきます。全体のデザインを見て選ぶのも良いでしょう。丸軸や六角軸などの違いがありますので、握りやすいものを見つけたときには、そのフォルムもチェックしてみてください。
出典:unsplash.com

油性の色鉛筆も水性の色鉛筆も、水などを使わずにそのまま描く分には、同じように使うことができます。特にアクションを加えずに描きたい場合には、芯の硬さや、色鉛筆の持ちやすさで選ぶのも良いですよ。芯は、「軟質、中硬質、硬質」に分かれています。細い繊細な線を描きたいときには「硬質」、線を描くより色を塗ることを目的としているなら「軟質」、特に決まっていない場合は「中硬質」がおすすめ。

色鉛筆の持ちやすさは、色鉛筆自体の長さや太さも関係してきます。全体のデザインを見て選ぶのも良いでしょう。丸軸や六角軸などの違いがありますので、握りやすいものを見つけたときには、そのフォルムもチェックしてみてください。

好きな色合いのセットもチェック♪

色鉛筆は、色合いのテーマが設けられているもの。明るめの色がそろったセット、落ち着いた色合いがそろったセットなど、商品全体の色味の傾向も把握しましょう。ひとつひとつの色に個性がありますので、お好みの色が入っているものを選ぶとより楽しめますよ♪
出典:

色鉛筆は、色合いのテーマが設けられているもの。明るめの色がそろったセット、落ち着いた色合いがそろったセットなど、商品全体の色味の傾向も把握しましょう。ひとつひとつの色に個性がありますので、お好みの色が入っているものを選ぶとより楽しめますよ♪

Amazonで見つけた!初心者からプロ級まで豊富な13選

初心者さんにおすすめの、12色のロングセラー色鉛筆

【トンボ鉛筆】色鉛筆 NQ 12色

トンボ鉛筆 CB-NQ12C
出典:amazon.co.jp

こちらは、ロングセラーで親しまれる「トンボ鉛筆」の色鉛筆「NQシリーズ」です。鮮やかな色合いとなめらかな描き心地が特徴。定着性にも優れていて、高品質が人気の理由です。コンパクトで開けやすい缶入りで、持ち運びにも便利。丸軸タイプで、定番の色がそろっています♪

トンボ鉛筆 CB-NQ12C
563円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

【三菱鉛筆】水彩色鉛筆 uni ウォーターカラーコンパクト 12色 第1章 (鉛筆 削り付き)

三菱鉛筆 UWCNCS12C1
出典:amazon.co.jp

旅行のお供にも便利な、全体がコンパクトサイズの色鉛筆です。水彩色鉛筆なので、水を付けた筆で上からなぞると水彩画のような表現がかない、塗り絵もワンランクアップ♪水筆や鉛筆削りに、補助軸になるキャップまで付いた万能セットです。色合いは、3パターンからチョイス可能。

三菱鉛筆 UWCNCS12C1
755円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

「ファーバーカステル」の油性色鉛筆と水性色鉛筆

同じメーカーで、水性と油性の色鉛筆を両方そろえる方法もありますよ。こちらは、1700年代から鉛筆製造における歴史を紡ぐ、名門「FABER-CASTELL(ファーバーカステル)」の製品です。
出典:

同じメーカーで、水性と油性の色鉛筆を両方そろえる方法もありますよ。こちらは、1700年代から鉛筆製造における歴史を紡ぐ、名門「FABER-CASTELL(ファーバーカステル)」の製品です。

重ね塗りしやすくリアルなメイキングが叶う:ポリクロモス色鉛筆 36色

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆 F110036
出典:amazon.co.jp

ファーバーカステルの「ポリクロモス色鉛筆」は、油性の色鉛筆です。プロのためのアイテムとして親しまれているのも特徴ですが、一般的な用途で使うのもおすすめ。芯が太く、鮮やかで濃い色の表現ができますよ。にじみにくいので重ね塗りもOK。36色入りで、塗り絵にも活躍します。

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆 F110036
6,182円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

風景画におすすめ:アルブレヒト・デューラー 水彩色鉛筆36色

ファーバーカステル アルブレヒト デューラ水彩色鉛筆 FC117536
出典:amazon.co.jp

ファーバーカステルの「アルブレヒト・デューラー水彩色鉛筆」です。こちらも同じく36色入り。鮮やかな色彩でありながら、色を塗った後に筆で水を加えると水彩画のような仕上がりに。プロ仕様のアイテムで、色が溶けやすいのも特徴。色鉛筆画と水彩画を組み合わせた風景画などにもおすすめです。

ファーバーカステル アルブレヒト デューラ水彩色鉛筆 FC117536
5,255円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

名入れもできる!子供用や手軽に始めたい方にはコチラがおすすめ: 水彩色鉛筆 36色

ファーバーカステル 水彩色鉛筆 TFC-WCP/36C
出典:amazon.co.jp

ファーバーカステルの水彩色鉛筆には、高価なプロ仕様のものもあれば、子供にもおすすめのリーズナブルなものがあります。試しに使ってみたい方はコチラがおすすめ。お子様向けの、名前を書くスペースもうれしい。36色の充実した内容で、同じく筆を使えば水彩画のような効果も与えられます。

ファーバーカステル 水彩色鉛筆 TFC-WCP/36C
1,498円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

プロにも愛用される「油性色鉛筆」のブランド別人気アイテム

様々な紙質への描写が可能な最高級アイテム:【サンフォード】カリスマカラー 72色

サンフォード カリスマカラー72色セット
出典:amazon.co.jp

アメリカで人気を誇る色鉛筆「カリスマカラー」の72色セットです。世界中のトップアーティストとともに育てられてきたブランドの最高級アイテム。芯はやわらかく色素が多く含まれているので、ムラなく一面を塗りたいときにも便利。重ね塗りや混色、水彩画への描き足しも可能です。

サンフォード カリスマカラー72色セット
12,950円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

ソフトな描き心地で筆圧の弱い方にもおすすめ:【ダーウェント】カラーソフト色鉛筆24色

ダーウェント カラーソフト24色セット
出典:amazon.co.jp

「ダーウェント(DERWENT)」は、イギリスの鉛筆&色鉛筆ブランドです。1832年から歴史を紡ぐブランドで、プロのアーティストの希望に応える製品作りに力を入れてきました。こちらの色鉛筆は24色入りの手頃なサイズ。鮮やかな色合いと、筆圧が弱くてもOKのソフトな描き心地が特徴です。

ダーウェント カラーソフト24色セット
4,681円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

プロにも親しまれる「水性色鉛筆」のブランド別人気アイテム

ぼかしメイキングで、美しい海も描ける:【ステッドラー】カラトアクェレル 色鉛筆 36色

ステッドラー カラトアクェレル 125 M36
出典:amazon.co.jp

「ステッドラー」は、1835年の鉛筆製造工場設立をきっかけに誕生したドイツの老舗ブランドです。こちらもソフトな芯で描きやすく、鮮やかな発色。色鉛筆の持ち味と水彩画の風合いを同時に引き出すことができます。陰影を意識して色を塗れば、1本で簡単にグラデーションが作れます。専用のウォーターブラシも合わせてチェックしてみてください。

ステッドラー カラトアクェレル 125 M36
4,040円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る
ステッドラー ウォーターブラシ 949 01
出典:amazon.co.jp

こちらは中筆ですが、そのほか太筆、細筆、平筆もあります。ステッドラー専用のウォーターブラシです。

ステッドラー ウォーターブラシ 949 01
336円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

素材や色合いにこだわったブランド別色鉛筆

おしゃれなイラストや絵画におすすめ:【ホルベイン】アーチスト色鉛筆12色 パステル

ホルベイン アーチスト色鉛筆 パステルトーンセット
出典:amazon.co.jp

フタを開けたときにぱっと心が華やかになりそうな、パステルカラーの色鉛筆です。サーモンピンクやクリームなど柔らかい色合いの12色セット。きめこまやかな顔料を使った油性色鉛筆で、定着性にも優れているのが特徴です。水彩絵具やアクリル絵具とも一緒に使えますよ。

ホルベイン アーチスト色鉛筆 パステルトーンセット
2,079円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

かわいいパッケージ&消しゴムで消せる:【サクラ】クーピーペンシル 60色

サクラクレパス 色鉛筆 クーピー 60色 缶ケース入り FY60
出典:amazon.co.jp

「クーピーペンシル」は、芯そのものが色鉛筆になったユニークで経済的な製品です。色鉛筆とクレヨンを融合させたようなアイテム。付属の削り器でとがらせたり、消しゴムで消すこともできますよ。かわいらしいパッケージに入った60色のセットです。

サクラクレパス 色鉛筆 クーピー 60色 缶ケース入り FY60
2,827円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

たくさんの色が欲しい!時におすすめのブランド別人気アイテム

多色使いのデリケートな表現もお手の物:【三菱鉛筆】ユニカラー100色セット ケース付

三菱鉛筆 ユニカラー UC100C
出典:amazon.co.jp

三菱鉛筆の「ユニカラー」は、中間色や淡い色もクリアに見える色調が特徴。くっきりと描けるので色数が多くてもぼやけにくいでしょう。硬さもほどよく、細い線もスムーズに描けます。こちらはシリーズ最多の100色セット。奥行を生かした、取り出しやすい収納ケース入りです。

三菱鉛筆 ユニカラー UC100C
12,450円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

ソフトな芯の水溶性色鉛筆:【カランダッシュ】スプラカラーソフト 120色

カランダッシュ スプラカラーソフト 120色  3888-420
出典:amazon.co.jp

「カランダッシュは、1924年にスイスに創立された老舗ブランドです。こちらはプロのために作られた、最高級の水性色鉛筆。柔らかめの芯なので、水性色鉛筆の芯の硬さが気になる人にもおすすめ。色鉛筆を削ってふりかける、パウダー技法という使い方もできます。

カランダッシュ スプラカラーソフト 120色 3888-420
29,199円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

グラデーション技法も思いのまま:【サンフォード】プリズマカラー 150色セット

SANFORD プリズマカラー 色鉛筆150色セット
出典:amazon.co.jp

こちらはなんと150色のセットです。同ブランドのカリスマカラーは72色までしかないので、もっと色が欲しい方はこちらを。鮮やかな発色で、定着性や硬度もバランス良くなめらかに描けます。微妙な中間色の使い分けも得意で、色鉛筆だけでグラデーションを表現したいときにも良いでしょう。塗り絵からデザイン、設計まで幅広く活躍!

SANFORD プリズマカラー 色鉛筆150色セット
13,400円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

単品で買い足したいときに♪色鉛筆を収納できるケースもセレクト

色鉛筆は、徐々に欲しい色を買い足して使うユーザーも増えています。単品で買ったものが増えると、元のセットのケースには収まりきらないことも。そんなときには、収納ケースだけ別に買うのも良いですよ♪

プレゼントにもおすすめの160本収納ケース♪

Sumnacon 160本入れ 色鉛筆ケース  (パープル)
出典:amazon.co.jp

こちらは、見開きになる色鉛筆の収納ケース。ゴムバンドで色鉛筆を固定するので、取り出しやすくしまいやすいです。ぱっと見で欲しい色も見つかりやすいでしょう。耐久性があり手触りも良い素材で、160本収納可能。色鉛筆が好きな人へのプレゼントにもおすすめです♪

Sumnacon 160本入れ 色鉛筆ケース (パープル)
1,999円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

100均のラックにそのまま色鉛筆を収納♪

こちらのブロガーさんは、100均で手に入れたラックの引き出しにそのまま色鉛筆を収納しています。使いたいときには、引き出しごと持ち運んで使えば良いので簡単♪ざっくり収納できるので、子供はもちろん、忙しい大人にとっても便利でシンプルな方法ですね。
出典:

こちらのブロガーさんは、100均で手に入れたラックの引き出しにそのまま色鉛筆を収納しています。使いたいときには、引き出しごと持ち運んで使えば良いので簡単♪ざっくり収納できるので、子供はもちろん、忙しい大人にとっても便利でシンプルな方法ですね。

色鉛筆画の綺麗な塗り方&使い方のコツ

平塗り、髪などに使えるシャッシャ塗り、重ね塗りやグラデーション方法

基本の平塗りから、重ね塗り・グラデーション、筆圧のかけ方に至るまで、ちょっとしたコツを押さえることで色鉛筆での表現の幅はぐっと広がります。
重ね塗りは、薄い色から徐々に重ねて濃くしていきますが、濃い色から混色する方法もあります。大切なのは、どう見せたいかということ。塗り方の濃さでも見え方は変わってくいるので、いろいろ工夫しながら混色を楽しんでみてください。

水彩式色鉛筆の使い方

水性の色鉛筆で水彩画のように描くときには、まず、色鉛筆の先を丸くしておきましょう。塗るときには丁寧にスキマなく塗ります。同じ力加減で塗るのがコツ。水は少しでOKです。筆の中までしっかりと水を含ませてから、色鉛筆で塗ったところを少しずつなぞって溶かしていきましょう。グラデーションのところを筆でなぞるときには、薄い色から濃い色のにかけて水を伸ばしていくのがポイント。

色鉛筆でアートライフを満喫♪

色鉛筆はカラフルで、眺めているだけでも豊かな気分になれるでしょう。まずは、画用紙に簡単な円を描いて、色を塗ってみるだけでも楽しい気分になれるはず。大人向けの塗り絵もありますので、ぜひ興味のある分野で色鉛筆を活用してみてください♪
出典:www.pexels.com

色鉛筆はカラフルで、眺めているだけでも豊かな気分になれるでしょう。まずは、画用紙に簡単な円を描いて、色を塗ってみるだけでも楽しい気分になれるはず。大人向けの塗り絵もありますので、ぜひ興味のある分野で色鉛筆を活用してみてください♪

▼画像をお借りしたサイト様です。ご協力ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play