日本画から広がる不思議な世界。松尾郁子(matsuoikuko)の「アクセサリー&アート」

日本画から広がる不思議な世界。松尾郁子(matsuoikuko)の「アクセサリー&アート」

日本画の技法を駆使しアクセサリーを製作する松尾郁子さん。日常や自然の中にあるものをモチーフにしたアクセサリーの多くは、「岩絵の具」で色付けされ、独特な深みと輝きを感じさせます。今回は、手にした人を不思議な引力で虜にしてしまう"matuoikuko"のアクセサリーに注目。松尾さんが主宰するワークショップも含めて、彼女のクリエイティブな世界をたっぷりご紹介します。2019年08月31日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
アート
ハンドメイドアクセサリー
ワークショップ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
153

”matuoikuko”の世界をのぞいてみよう

オブジェのような独特な存在感ある”matuoikuko"のアクセサリー。身につけるものなのか、部屋を飾るものなのか、または別の形で愛でるものなのか...いろんな見方ができて、もはやアクセサリーの定義すら揺らいでしまいそう。そんな不思議で魅力的な世界を、ちょっと、のぞいて見ませんか?
出典:www.instagram.com(@matsuoikuko)

オブジェのような独特な存在感ある”matuoikuko"のアクセサリー。身につけるものなのか、部屋を飾るものなのか、または別の形で愛でるものなのか...いろんな見方ができて、もはやアクセサリーの定義すら揺らいでしまいそう。そんな不思議で魅力的な世界を、ちょっと、のぞいて見ませんか?

夢のような、現実のような...

レモンといえば、このシルエット。すぐに答えに結びつくかたちだけど、色や質感はといえば、案外複雑。あのゴツゴツ感、艶やかさと影のある色合い、ざらっとした手触り。見れば見るほど、掴めない。現実のような夢のような、レモンの誘惑。
出典:matsuo.katalok.ooo

レモンといえば、このシルエット。すぐに答えに結びつくかたちだけど、色や質感はといえば、案外複雑。あのゴツゴツ感、艶やかさと影のある色合い、ざらっとした手触り。見れば見るほど、掴めない。現実のような夢のような、レモンの誘惑。

ブーンとハチが飛んできて、耳たぶに。ちくっと痛覚が刺激されそうな形が、ユニークです。
出典:www.instagram.com(@matsuoikuko)

ブーンとハチが飛んできて、耳たぶに。ちくっと痛覚が刺激されそうな形が、ユニークです。

日本画の技法と、岩絵具と...

鉱物の粒をパラパラまぶして筆をクルクル回したらmatsuoikukoの出来上がり!
出典:matsuoikuko | ABOUT
”matuoikuko"を語る上で外せないのは、鉱物のこと。先ほどのレモンもハチも鉱物からできた岩絵具で色付けされています。岩絵具といえば、日本画で使われる画材ですが、作家の松尾郁子さんは京都市立芸術大学大学院で日本画を専門に研究された方。絵画をはじめ、日本画の技法でたくさんのアクセサリーを製作されています。
出典:matsuo.katalok.ooo

”matuoikuko"を語る上で外せないのは、鉱物のこと。先ほどのレモンもハチも鉱物からできた岩絵具で色付けされています。岩絵具といえば、日本画で使われる画材ですが、作家の松尾郁子さんは京都市立芸術大学大学院で日本画を専門に研究された方。絵画をはじめ、日本画の技法でたくさんのアクセサリーを製作されています。

松尾郁子さんの絵「いたずら子トラ」。こちらも伝統的な日本画の技法で描かれたもの。虎は虎でも、縁取りの明るい色彩もあって、ポップで可愛らしい。どこかいたずらな表情も魅力的です。
出典:www.instagram.com(@matsuoikuko)

松尾郁子さんの絵「いたずら子トラ」。こちらも伝統的な日本画の技法で描かれたもの。虎は虎でも、縁取りの明るい色彩もあって、ポップで可愛らしい。どこかいたずらな表情も魅力的です。

庭から生まれる風景

庭にある草花をブーケに。自然が織りなす美しい色合いも、”matuoikuko"流に解釈すれば...
出典:matsuo.katalok.ooo

庭にある草花をブーケに。自然が織りなす美しい色合いも、”matuoikuko"流に解釈すれば...

こんな素敵なスカーフに。松尾さんのクリエイティブな世界観が1枚のスカーフの中に広がって。平面的なようで、不思議な奥行きのある風景。アクセサリーとして身につけてもいいけれど、広げてお部屋を飾りたくなるアートな作品に仕上がりました。
出典:matsuo.katalok.ooo

こんな素敵なスカーフに。松尾さんのクリエイティブな世界観が1枚のスカーフの中に広がって。平面的なようで、不思議な奥行きのある風景。アクセサリーとして身につけてもいいけれど、広げてお部屋を飾りたくなるアートな作品に仕上がりました。

”matuoikuko”のアートな魅力に溢れるアクセサリー

カラフル、シック、モード、ポップ...様々な表情を持つアクセサリー。ここでは、”matuoikuko"の素敵なアクセサリーの中から、いくつかセレクトしてご紹介します。

カラフル、シック、モード、ポップ...様々な表情を持つアクセサリー。ここでは、”matuoikuko"の素敵なアクセサリーの中から、いくつかセレクトしてご紹介します。

ブローチ

引き出しの中に収納するのではなく、壁にかけたり棚の上に並べたり、アートピースとして愛でたくなる
”matuoikuko"のブローチ。可憐なマーガレットにブルードッドがとてもおしゃれです。
出典:matsuo.katalok.ooo

引き出しの中に収納するのではなく、壁にかけたり棚の上に並べたり、アートピースとして愛でたくなる
”matuoikuko"のブローチ。可憐なマーガレットにブルードッドがとてもおしゃれです。

本物よりも、もっと優しい趣を感じさせるチューリップ。花びらの柔らかさと、葉や茎の瑞々しさがとても印象的です。
出典:matsuo.katalok.ooo

本物よりも、もっと優しい趣を感じさせるチューリップ。花びらの柔らかさと、葉や茎の瑞々しさがとても印象的です。

柔らかな雪を纏った山。どんな草花が咲いているのかな、どんな動物が住んでいるのかなと考えるのも楽しい。小さな風景画のようにお部屋にそっと飾りたくなります。
出典:matsuo.katalok.ooo

柔らかな雪を纏った山。どんな草花が咲いているのかな、どんな動物が住んでいるのかなと考えるのも楽しい。小さな風景画のようにお部屋にそっと飾りたくなります。

ピアス・イヤリング・イヤーカフ

モードな雰囲気のシンプルなS字ラインのピアス。Sが2列に重なっていることで、影のような動きを感じさせます。水晶の粒を纏ったシルバーが繊細で美しく、シンプルファッションにもよく映えます。
出典:www.instagram.com(@matsuoikuko)

モードな雰囲気のシンプルなS字ラインのピアス。Sが2列に重なっていることで、影のような動きを感じさせます。水晶の粒を纏ったシルバーが繊細で美しく、シンプルファッションにもよく映えます。

天然の鉱石の渋さと蛍光色の明るさ。意外にしっくり来るのが面白い。どの粒にもそれぞれの表情があって、とても個性豊かです。
出典:matsuo.katalok.ooo

天然の鉱石の渋さと蛍光色の明るさ。意外にしっくり来るのが面白い。どの粒にもそれぞれの表情があって、とても個性豊かです。

花の彫刻を思わせるイヤリング。くすみ色とイルミカラーの組み合わせが目を引きます。写真のようにイヤーカフとして身につけるのもおすすめです。
出典:matsuo.katalok.ooo

花の彫刻を思わせるイヤリング。くすみ色とイルミカラーの組み合わせが目を引きます。写真のようにイヤーカフとして身につけるのもおすすめです。

”matuoikuko”の世界に触れる場所

松尾郁子さんが主宰する大阪の箕面にあるアトリエ。不定期にワークショップなども開催されます。松尾さんの豊かな感性とマッチする草花が生き生きとした美しいお庭が印象的です。
出典:matsuo.katalok.ooo

松尾郁子さんが主宰する大阪の箕面にあるアトリエ。不定期にワークショップなども開催されます。松尾さんの豊かな感性とマッチする草花が生き生きとした美しいお庭が印象的です。

クリエイティブな感性を刺激するワークショップ

青山のスパイラルなど、関東でも活動を広げ、作品展示やワークショップを開催される松尾郁子さん。
写真は大阪のアトリエで開催されたワークショップ「花の色しりとり」から。季節の花々が一列に並んで...一体何が始まるのでしょう?

青山のスパイラルなど、関東でも活動を広げ、作品展示やワークショップを開催される松尾郁子さん。
写真は大阪のアトリエで開催されたワークショップ「花の色しりとり」から。季節の花々が一列に並んで...一体何が始まるのでしょう?

自然の中にある色を深く見つめてきた松尾さんだから思いついたのかな?と思える素敵な色のしりとり。あの花からこの花へ、蝶々のように飛び回って...

自然の中にある色を深く見つめてきた松尾さんだから思いついたのかな?と思える素敵な色のしりとり。あの花からこの花へ、蝶々のように飛び回って...

そして、花から花への色のバトンタッチを水彩絵の具で表現。無限かと思える色の連なり。一期一会の、まさにこの時にしか出会えない作品が出来上がります。

そして、花から花への色のバトンタッチを水彩絵の具で表現。無限かと思える色の連なり。一期一会の、まさにこの時にしか出会えない作品が出来上がります。

まるでアートピースのような”matuoikuko”のアクセサリー。その佇まいは、アートとアクセサリーが別の次元にあるのではなく、同じ線上にあることをそっと教えてくれているかのよう。そして、その使い方も限定的ではなく、使い手の感性に委ねているところが素敵です。身につけたり、お部屋に飾ったり、いろんな楽しみ方をしながら、あなたも”matuoikuko”のアクセサリーと共に時を重ねませんか?
@matsuoikuko Instagram photos and videos
インスタグラムのアカウントです。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play