芸術の秋はおしゃれで刺激的!アート・ファッションの「ドキュメンタリー映画」5選

芸術の秋はおしゃれで刺激的!アート・ファッションの「ドキュメンタリー映画」5選

芸術の秋は、おしゃれな映像から刺激を受け、感性を磨いてみませんか。そこで今回は、世界的な人気ファッション誌ヴォーグの編集長アナ・ウィンター、ストリートファッションを撮り続けたビル・カニンガム、前衛芸術家・草間彌生、ストリートアーティストのバンクシー、謎の写真家ヴィヴィアン・マイヤーなど、アート・ファッションの「ドキュメンタリー映画」をご紹介します。ファッショナブルでアーティスティックな選りすぐりのフィルムを通して、刺激的な世界を垣間見ることができますよ。2018年11月03日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
映画
アート
写真
アート作品
雑誌
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
435

アートやファッションをもっと知りたいあなたに

芸術の秋は、知的好奇心をくすぐるアートやファッションの「ドキュメンタリー映画」を観てみませんか?あなたの興味や感性を刺激し、きっとおしゃれがもっと楽しくなりますよ。
出典:www.pexels.com

芸術の秋は、知的好奇心をくすぐるアートやファッションの「ドキュメンタリー映画」を観てみませんか?あなたの興味や感性を刺激し、きっとおしゃれがもっと楽しくなりますよ。

ファッション業界ってどんな世界?

『ファッションが教えてくれること』

華やかなモード界、その裏側はどんな世界なのかのぞいてみたいと思ったことはありませんか?
出典:www.flickr.com(@Art Comments)

華やかなモード界、その裏側はどんな世界なのかのぞいてみたいと思ったことはありませんか?

生き馬の目を抜くという言葉にふさわしいモード界で常に先端を行くのが、アメリカンヴォーグの編集長・アナウィンター。大人気となった映画「プラダを着た悪魔」のモデルになった人物です。
出典:www.flickr.com(@David Shankbone)

生き馬の目を抜くという言葉にふさわしいモード界で常に先端を行くのが、アメリカンヴォーグの編集長・アナウィンター。大人気となった映画「プラダを着た悪魔」のモデルになった人物です。

華やかなファッション業界の中で、ファッションジャーナリズムの第一線で活躍するのはとても大変なこと。美しい紙面でしかも売上げを出すために一号一号にスタッフとともに全力投球する大変さと、情熱、徹底したプロフェッショナルな仕事を垣間みることができますよ。

『ビルカニンガム&ニューヨーク』

ストリートスナップは、見る人のおしゃれ心を刺激しますよね。そんなストリートスナップフォトグラファーの第一人者がビル・カニンガム氏(1929年〜 2016年)です。
出典:www.flickr.com(@Peter T)

ストリートスナップは、見る人のおしゃれ心を刺激しますよね。そんなストリートスナップフォトグラファーの第一人者がビル・カニンガム氏(1929年〜 2016年)です。

ビル・カニンガム氏の仕事場はニューヨークのストリート。有名人を撮影するのではなく、街行く人々の生き生きとしたファッションに魅力を感じ、いつも街の空気とともに撮り続けていました。
出典:www.flickr.com(@Peter McConnochie)

ビル・カニンガム氏の仕事場はニューヨークのストリート。有名人を撮影するのではなく、街行く人々の生き生きとしたファッションに魅力を感じ、いつも街の空気とともに撮り続けていました。

米紙ニューヨーク・タイムズのファッションカメラマンとして活躍、ビル氏に撮影されることはおしゃれのお墨付きをもらったことを意味するとても光栄なことなのです。
出典:www.flickr.com(@Philip Bump)

米紙ニューヨーク・タイムズのファッションカメラマンとして活躍、ビル氏に撮影されることはおしゃれのお墨付きをもらったことを意味するとても光栄なことなのです。

Bill Cunningham
ニューヨークタイムのウェブサイト。ビル・カニンガム氏の写真や仕事に興味がある人はぜひチェックしてみましょう。
ブルーのジャケットをまとい、軽やかにNYを自転車で縦横無尽に動き回りファッションフォトを撮り続けたビル・カニンガム氏。生きたファッションを長い間見てきたカニンガム氏の私生活は、すべて仕事に捧げられていましたが、一番好きなことをして生き生きしている姿はとても魅力的です。

アーティストってどんな人たち?

『≒草間彌生 わたし大好き』

国内のみならず世界中で知られる日本のアーティスト・草間 彌生さん。1957年にニューヨークに渡った際は、ハプニングという過激なパフォーマンスで注目を浴び、1960年代には“前衛の女王”とも言われていました。
出典:www.flickr.com(@Colores Mari)

国内のみならず世界中で知られる日本のアーティスト・草間 彌生さん。1957年にニューヨークに渡った際は、ハプニングという過激なパフォーマンスで注目を浴び、1960年代には“前衛の女王”とも言われていました。

幼い頃から幻覚や幻聴の症状をもち、それを表現する草間さんの作品には水玉が描かれています。様々な形や空間に増殖するように現れる水玉は、見る人に強いインパクトを与えます。
出典:www.flickr.com(@Kristoffer Trolle)

幼い頃から幻覚や幻聴の症状をもち、それを表現する草間さんの作品には水玉が描かれています。様々な形や空間に増殖するように現れる水玉は、見る人に強いインパクトを与えます。

1929年生まれの草間さんですが芸術への情熱は衰えるどころか年々強くなり、常に新しい表現へと進化し見る人を感動させてくれます。
出典:www.flickr.com(@chinnian)

1929年生まれの草間さんですが芸術への情熱は衰えるどころか年々強くなり、常に新しい表現へと進化し見る人を感動させてくれます。

その草間さんの現在の姿を描いたドキュメンタリーがこの作品。生活の全てを芸術に捧げる草間さんの姿が描かれています。

『イグジッド・スルー・ザ・ギフトショップ』

グラフィティーアートをご存知ですか?これはスプレーなで街角に描かれたいわゆる落書きのこと。現在では、特定の壁面をグラフィティーアートのために解放し、自由に描いてもらおうという自治体も現れるようになりました。
出典:www.pexels.com

グラフィティーアートをご存知ですか?これはスプレーなで街角に描かれたいわゆる落書きのこと。現在では、特定の壁面をグラフィティーアートのために解放し、自由に描いてもらおうという自治体も現れるようになりました。

ストリートカルチャーの一つのグラフィティーアートは、いわゆるオークションなどで扱われる正統派のアート業界と関わることはあまりありませんでした。ところがその常識が覆されたアーティストがバンクシーなのです。
出典:www.flickr.com(@eddiedangerous)

ストリートカルチャーの一つのグラフィティーアートは、いわゆるオークションなどで扱われる正統派のアート業界と関わることはあまりありませんでした。ところがその常識が覆されたアーティストがバンクシーなのです。

バンクシーのアートは、業界の中でも破格値で売れるようになりました。今でも覆面で公に姿を表すこともありませんが、先日、オークション会場でバンクシーの作品が落札された時、絵に取り付けれられたシュレッダーが作動して切り刻まれたという前代未聞の出来事が起き、世界中のニュースで取り上げられました。
出典:www.flickr.com(@subherwal)

バンクシーのアートは、業界の中でも破格値で売れるようになりました。今でも覆面で公に姿を表すこともありませんが、先日、オークション会場でバンクシーの作品が落札された時、絵に取り付けれられたシュレッダーが作動して切り刻まれたという前代未聞の出来事が起き、世界中のニュースで取り上げられました。

バンクシーが初監督を務めたこの作品は、一風変わったドキュメンタリー。様々なストリート・アーティストを映像に収めていたフランス人、ティエリー・グエッタは憧れだったバンクシーと出会います。この人物に興味を持ったバンクシーは、ティエリーのドキュメンタリーを逆に撮り始めるのです。とんでもない展開に見ていてワクワクすると同時に、アートとは?そして、有名になるとはどういうことなのか考えさせられる作品です。

『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ヴィヴィアン・マイヤー(1926年〜2009年)という写真家をご存知ですか?優れた才能を持ったアーティストであっても、本人が作品を発表しようとしなかったら人に知られることもありませんよね。そんなアーティストの一人がヴィヴィアン・マイヤーでした。しかし彼女の死後、たまたま彼女の撮影した写真をジョン・マルーフという青年が見つけ、ネット上に公開したことで一躍注目を浴びることになりました。
出典:pixabay.com

ヴィヴィアン・マイヤー(1926年〜2009年)という写真家をご存知ですか?優れた才能を持ったアーティストであっても、本人が作品を発表しようとしなかったら人に知られることもありませんよね。そんなアーティストの一人がヴィヴィアン・マイヤーでした。しかし彼女の死後、たまたま彼女の撮影した写真をジョン・マルーフという青年が見つけ、ネット上に公開したことで一躍注目を浴びることになりました。


マイヤーの仕事は家政婦でした。時間があるときはいつも写真を撮っていたと言います。
出典:pixabay.com

マイヤーの仕事は家政婦でした。時間があるときはいつも写真を撮っていたと言います。

1950年代~90年代のニューヨークやシカゴの人々や街並を撮った作品は、一流の写真家も太鼓判を押すほどの超一流のクオリティだったのです。彼女の作品が発見されてからは世界中で写真展が開かれ、写真集も出版され一躍注目の写真家となりました。
出典:www.flickr.com(@Susanne Nilsson)

1950年代~90年代のニューヨークやシカゴの人々や街並を撮った作品は、一流の写真家も太鼓判を押すほどの超一流のクオリティだったのです。彼女の作品が発見されてからは世界中で写真展が開かれ、写真集も出版され一躍注目の写真家となりました。

一体ヴィヴィアン・マイヤーとはどういう人物だったのでしょうか?彼女を雇っていた家族や当時彼女に世話をしてもらった人たちが証人として、彼女にまつわる思い出話が語られます。そこから浮き彫りになる一人の女性写真家の姿とは?ミステリアスで想像力を掻き立てられるドキュメンタリーです。

感性のアンテナを研ぎすまそう

時代の空気に敏感なアーティストや編集者、写真家のドキュメンタリーは、私たちの知的好奇心をくすぐり、感性のアンテナを研ぎ澄ませてくれます。この秋は、今回ご紹介したドキュメンタリーを観て、ぜひ新しい刺激を受けてみてはいかがでしょうか。
出典:www.pexels.com

時代の空気に敏感なアーティストや編集者、写真家のドキュメンタリーは、私たちの知的好奇心をくすぐり、感性のアンテナを研ぎ澄ませてくれます。この秋は、今回ご紹介したドキュメンタリーを観て、ぜひ新しい刺激を受けてみてはいかがでしょうか。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play