実は名作の宝庫!“読書の秋”はインターネット図書館「青空文庫」で文学作品に触れてみませんか?

実は名作の宝庫!“読書の秋”はインターネット図書館「青空文庫」で文学作品に触れてみませんか?

秋の夜長、じっくり読書を楽しむ方も多いかもしれませんね。すべての作品が無料で読めるインターネット図書館「青空文庫」には、著作権が切れた名著がずらり!名作の宝庫です。今回は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」をはじめ、太宰治の「斜陽」、夏目漱石の「吾輩は猫である」「夢十夜」、坂口安吾の「桜の森の満開の下」、高村光太郎の「智恵子抄」林芙美子の「新版 放浪記」、泉鏡花の「化銀杏」、与謝野晶子の「源氏物語 01 桐壺」…青空文庫で公開されているおすすめの作家&小説などの文学作品をご紹介します。2017年09月27日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
読書
作家
本屋
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
730

「青空文庫」って?

実は名作の宝庫!“読書の秋”はインターネット図書館「青空文庫」で文学作品に触れてみませんか?
出典:stocksnap.io
「青空文庫」とは、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品を公開している1997年に発足した“インターネット上の図書館”のこと。寄付やボランティアなど非営利で運営していて、現在までに13,000作品以上も公開しています。

現在日本では、著者が亡くなって50年経過したものは著作権が消滅するため、収録作家は、主に明治から昭和はじめにかけて活躍した作家の森鷗外、夏目漱石、芥川龍之介、宮沢賢治、太宰治など有名作家ばかり。

図書館や教科書で一度はその名を目にしたことがあるものの、じっくり作品を読んだことがない…という方も多いかもしれませんね。今回は、大人になった今だからこそ、じっくり読み進めたいおすすめの作品を作家別にご紹介します。

「青空文庫」を読むにはkindleがおすすめ

何冊もの本を旅先に持っていくのは一苦労ですが、スマホやタブレットならお好みの作品をダウンロードして読み放題。旅行先やちょっとしたお出かけ先でも手軽に読むことができます。
Wi-Fiにつなげる環境なら、簡単に難しい言葉をウェブで検索することもできます。おまけに無料ときたら、利用しない手はありませんね。
出典:www.flickr.com(@goXunuReviews)

何冊もの本を旅先に持っていくのは一苦労ですが、スマホやタブレットならお好みの作品をダウンロードして読み放題。旅行先やちょっとしたお出かけ先でも手軽に読むことができます。
Wi-Fiにつなげる環境なら、簡単に難しい言葉をウェブで検索することもできます。おまけに無料ときたら、利用しない手はありませんね。

「青空文庫」のおすすめ作家&作品をご紹介

それでは、キナリノ女子にもおすすめの9人の作家の13作品を紹介します。リンク先はアマゾンなので、手軽にダウンロードできますよ。

宮沢賢治(みやざわけんじ)

小学生の時覚えた詩『雨ニモマケズ』。幼い頃読んだたくさんの童話。日本人なら誰しも一度は読んだことがあるであろう宮沢賢治の作品ですが、大人になった今だからこそ、伝わるものが多くあります。

青空文庫では、2017年現在宮沢賢治の作品が、実に276点も公開されているので、秋の夜長ていねいに淹れたコーヒーと一緒に、ゆっくり読んでみましょう。

※写真は岩手県にある「宮沢賢治童話村」の一コマ。
出典:www.flickr.com(@Cheng-en Cheng)

小学生の時覚えた詩『雨ニモマケズ』。幼い頃読んだたくさんの童話。日本人なら誰しも一度は読んだことがあるであろう宮沢賢治の作品ですが、大人になった今だからこそ、伝わるものが多くあります。

青空文庫では、2017年現在宮沢賢治の作品が、実に276点も公開されているので、秋の夜長ていねいに淹れたコーヒーと一緒に、ゆっくり読んでみましょう。

※写真は岩手県にある「宮沢賢治童話村」の一コマ。

「銀河鉄道の夜」
宮沢賢治の代表作でありながら、本がきちんと仕上がる前に著者が亡くなったことから未だに多くの謎が残る作品です。少年ジョバンニが親友のカンパネルラと一緒に、銀河鉄道に乗って旅をするファンタジーストーリー。

詩情あふれる世界観で、現実離れした浮遊感が心地よい作品です。
出典:

宮沢賢治の代表作でありながら、本がきちんと仕上がる前に著者が亡くなったことから未だに多くの謎が残る作品です。少年ジョバンニが親友のカンパネルラと一緒に、銀河鉄道に乗って旅をするファンタジーストーリー。

詩情あふれる世界観で、現実離れした浮遊感が心地よい作品です。

「風の又三郎」
「どっどど どどうど どどうど どどう・・・」不思議な歌ではじまる中編小説。ある秋の風の強い日、小さな小学校に三郎が転校してきます。その不思議な少年の様子に、クラスメートたちは彼を地域に伝わる風の神の子『風の又三郎』ではないかと思います。

小さな田舎の小学校の一コマを描いた、静かでありながらも風が吹くような心地よい作品です。
出典:

「どっどど どどうど どどうど どどう・・・」不思議な歌ではじまる中編小説。ある秋の風の強い日、小さな小学校に三郎が転校してきます。その不思議な少年の様子に、クラスメートたちは彼を地域に伝わる風の神の子『風の又三郎』ではないかと思います。

小さな田舎の小学校の一コマを描いた、静かでありながらも風が吹くような心地よい作品です。

どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう
出典:宮沢賢治 風の又三郎

太宰治(だざいおさむ)

「走れメロス」「人間失格」などの作品群と共に、自殺未遂や愛人との心中死など、その私生活もよく知られている作家・太宰治。繊細な文体で、これからもずっと、生き方に悩む思春期の少年少女のバイブルとなっていくことでしょう。
出典:www.flickr.com(@Miles Bader)

「走れメロス」「人間失格」などの作品群と共に、自殺未遂や愛人との心中死など、その私生活もよく知られている作家・太宰治。繊細な文体で、これからもずっと、生き方に悩む思春期の少年少女のバイブルとなっていくことでしょう。

「斜陽」
太宰治の名が一躍世間に知られることになったベストセラー「斜陽」。終戦後、没落貴族の娘・かず子の目線を通して、没落していく家族の姿とひたむきに現実に立ち向かう自身の姿を繊細に描いています。作者が男性とは思えないほど、美しく細やかな描写が、読後不思議な感動を呼び起こします。
出典:

太宰治の名が一躍世間に知られることになったベストセラー「斜陽」。終戦後、没落貴族の娘・かず子の目線を通して、没落していく家族の姿とひたむきに現実に立ち向かう自身の姿を繊細に描いています。作者が男性とは思えないほど、美しく細やかな描写が、読後不思議な感動を呼び起こします。

夏目漱石(なつめそうせき)

以前使われていた1,000円札の肖像にもなった夏目漱石。「坊ちゃん」「吾輩は猫である」など、非常に軽やかで読みやすい文体が特徴です。そのほかにも、「こゝろ」「明暗」など、鮮やかな情景と共に人間の心の本質に迫る作品も多く残しています。
出典:

以前使われていた1,000円札の肖像にもなった夏目漱石。「坊ちゃん」「吾輩は猫である」など、非常に軽やかで読みやすい文体が特徴です。そのほかにも、「こゝろ」「明暗」など、鮮やかな情景と共に人間の心の本質に迫る作品も多く残しています。

「夢十夜」
「こんな夢を見た」から始まる、10の怪しくも美しい夢物語。現実的な作品が多い中、この「夢十夜」は夢幻世界を描き、現実逃避にぴったり。

他人の夢の話はとかくつまらなく退屈なものだけど、「夢十夜」の怪しくユーモアあふれる夢の世界には不思議と強く惹きつけられます。
出典:

「こんな夢を見た」から始まる、10の怪しくも美しい夢物語。現実的な作品が多い中、この「夢十夜」は夢幻世界を描き、現実逃避にぴったり。

他人の夢の話はとかくつまらなく退屈なものだけど、「夢十夜」の怪しくユーモアあふれる夢の世界には不思議と強く惹きつけられます。

「吾輩は猫である」
夏目漱石の処女作であり、代表作の1つ。「吾輩は猫である。名前はまだ無い」から始まる物語。一匹の「飼い猫」の目を通して、人間たちの心模様を洒落っ気たっぷりに描いています。
出典:

夏目漱石の処女作であり、代表作の1つ。「吾輩は猫である。名前はまだ無い」から始まる物語。一匹の「飼い猫」の目を通して、人間たちの心模様を洒落っ気たっぷりに描いています。

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当けんとうがつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
出典:夏目漱石 吾輩は猫である

坂口安吾(さかぐちあんご)

「桜の森の満開の下」
戦後、太宰治らと共に人気作家となった坂口安吾。長編小説はなく、文豪として知られているとは言えませんが、不思議な吸引力を持つ稀有な作家です。特に代表作「桜の森の満開の下」は、そんな彼の世界が堪能できる傑作短編。粗野な山賊と、美しくも残酷な女との物語です。
出典:

戦後、太宰治らと共に人気作家となった坂口安吾。長編小説はなく、文豪として知られているとは言えませんが、不思議な吸引力を持つ稀有な作家です。特に代表作「桜の森の満開の下」は、そんな彼の世界が堪能できる傑作短編。粗野な山賊と、美しくも残酷な女との物語です。

桜の林の花の下に人の姿がなければ怖しいばかりです。
昔、鈴鹿峠にも旅人が桜の森の花の下を通らなければならないような道になっていました。
出典:坂口安吾 桜の森の満開の下
「堕落論」
坂口安吾の評論「堕落論」。戦後日本の混乱する状態を、不思議に澄んだまなざしで論じている名著。パワーワードにあふれ、現代に生きる人々にとっても心強い指針となることでしょう。
出典:

坂口安吾の評論「堕落論」。戦後日本の混乱する状態を、不思議に澄んだまなざしで論じている名著。パワーワードにあふれ、現代に生きる人々にとっても心強い指針となることでしょう。

高村光太郎(たかむらこうたろう)

彫刻家、画家として名高い・高村光太郎ですが、妻・高村智恵子との生活、思い出をしたためた詩集「智恵子抄」などを刊行した詩人としても評価の高い人物です。
出典:

彫刻家、画家として名高い・高村光太郎ですが、妻・高村智恵子との生活、思い出をしたためた詩集「智恵子抄」などを刊行した詩人としても評価の高い人物です。

「智恵子抄」
妻・智恵子と結婚前から彼女の死後にわたって綴られた詩と短歌、散文が収められています。心の病で智恵子がこわれていくさま、心の病に侵されてもなお彼女を愛する様子が胸にせまる名詩集です。

※写真は、智恵子が生涯恋い焦がれた、智恵子の故郷、福島の安達太良山。
出典:

妻・智恵子と結婚前から彼女の死後にわたって綴られた詩と短歌、散文が収められています。心の病で智恵子がこわれていくさま、心の病に侵されてもなお彼女を愛する様子が胸にせまる名詩集です。

※写真は、智恵子が生涯恋い焦がれた、智恵子の故郷、福島の安達太良山。

智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
出典:高村光太郎 智恵子抄

林芙美子(はやしふみこ)

「新版 放浪記」
故・女優の森光子さんの当たり役としてもお馴染みの「放浪記」は、林芙美子自身の生涯を赤裸々に描いた自伝小説です。貧乏や失恋など、悲惨な状況でありながらもひたむきに逞しく生き抜く姿に励まされます。
出典:

故・女優の森光子さんの当たり役としてもお馴染みの「放浪記」は、林芙美子自身の生涯を赤裸々に描いた自伝小説です。貧乏や失恋など、悲惨な状況でありながらもひたむきに逞しく生き抜く姿に励まされます。

泉鏡花(いずみきょうか)

写真真ん中が、金沢を代表する三文豪のうちの一人・泉鏡花。あやかしが出てくる幻想的な小説は、泉鏡花独特の細やかなこだわりがつまっていて、完成度が非常に高い作品です。
出典:

写真真ん中が、金沢を代表する三文豪のうちの一人・泉鏡花。あやかしが出てくる幻想的な小説は、泉鏡花独特の細やかなこだわりがつまっていて、完成度が非常に高い作品です。

「眉かくしの霊」
長野の奈良井宿の旅館に宿泊した男の不思議な怪談物語。泉鏡花の物語は、最初に丁寧に人物説明がされることが多く、読み進めるのが難しいものが多いものの、こちらは落語のような軽妙な語り口でするすると主人公に感情移入して読むことができます。
出典:

長野の奈良井宿の旅館に宿泊した男の不思議な怪談物語。泉鏡花の物語は、最初に丁寧に人物説明がされることが多く、読み進めるのが難しいものが多いものの、こちらは落語のような軽妙な語り口でするすると主人公に感情移入して読むことができます。

「化銀杏」
鏡花がわずか23歳の時に発表した初期の作品です。あやかしは出てこず、夫婦のおそろしい物語がまるで劇のように鮮やかに展開されます。
出典:

鏡花がわずか23歳の時に発表した初期の作品です。あやかしは出てこず、夫婦のおそろしい物語がまるで劇のように鮮やかに展開されます。

与謝野晶子(よさのあきこ)

「源氏物語 01 桐壺」
処女歌集「みだれ髪」で鮮烈にデビューした与謝野晶子。紫式部の「源氏物語」を、現代語に訳した本をご紹介します。1008年ほどに書かれたと言われる雅な平安貴族の物語を、与謝野晶子ならではの熱が感じられる言葉におきかえた、美しい平安絵巻。ゆっくり読み進めましょう。
出典:

処女歌集「みだれ髪」で鮮烈にデビューした与謝野晶子。紫式部の「源氏物語」を、現代語に訳した本をご紹介します。1008年ほどに書かれたと言われる雅な平安貴族の物語を、与謝野晶子ならではの熱が感じられる言葉におきかえた、美しい平安絵巻。ゆっくり読み進めましょう。

フランツ・カフカ(Franz Kafka)

「変身」
翻訳家の著作権の関係で、「青空文庫」には外国の作家リストまだ少ないものの、いくつか公開されています。寡作な作家フランツ・カフカの代表作「変身」も公開されている作品のうちの一つ。ある朝目覚めると、自分が巨大な虫に変身していることがわかり…。
出典:www.flickr.com(@Jason Trbovich)

翻訳家の著作権の関係で、「青空文庫」には外国の作家リストまだ少ないものの、いくつか公開されています。寡作な作家フランツ・カフカの代表作「変身」も公開されている作品のうちの一つ。ある朝目覚めると、自分が巨大な虫に変身していることがわかり…。

秋の夜長は、のんびり読書タイム♪

実は名作の宝庫!“読書の秋”はインターネット図書館「青空文庫」で文学作品に触れてみませんか?
出典:
「青空文庫」に公開されている作品は、現代の作家が書いた本のように、口語体ですらすらと読める・・・といった類の図書ではありません。しかし、だからこそ現実と引き離して物語の世界に深く没入していけるのも魅力。当時の人々の風俗や心模様を想像しながら、秋の読書タイムを楽しみましょう。
青空文庫 Aozora Bunko
青空文庫についての詳細、作品はこちらからご覧ください。

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play