雨の休日は【写真集】でアートトリップ。幻想的で美しい世界を写し出す3人の写真家たち

雨の休日は【写真集】でアートトリップ。幻想的で美しい世界を写し出す3人の写真家たち

せっかくの休日、お天気が雨だとちょっとがっかりしてしまいますよね。そんな時は、いつもと違うアートな時間を過ごしてみませんか?今回は、モノトーンでミニマルな風景を写し出す【マイケル・ケンナ】、ファンタジーな世界観の【ティム・ウォーカー】、日常の瞬間を美しく切り取る【ソール・ライター】など、幻想的で美しい世界を見せてくれる3人の写真家&写真集と、自由に写真集を閲覧することができる『東京都写真美術館』をご紹介します。雨の日は、のんびりと想像力の世界にアートトリップしてみましょう。2017年07月01日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
写真集
アート
アーティスト
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
314

雨の日は【写真集】でアートトリップしませんか?

雨の休日は静かで、いつもと違う時間が流れます。
出典:stocksnap.io

雨の休日は静かで、いつもと違う時間が流れます。

そんな時に写真集をめくると、自分がどこか違う世界にいるような気分になります。今回は、いつもより詩的な気分に浸れる雨の日におすすめの、写真集と写真家をご紹介します。
出典:stocksnap.io

そんな時に写真集をめくると、自分がどこか違う世界にいるような気分になります。今回は、いつもより詩的な気分に浸れる雨の日におすすめの、写真集と写真家をご紹介します。

【マイケル・ケンナ】モノトーンで構成された静かでミニマルな風景

世界中を回って美しい風景をミニマルな構図で写し撮る写真家、マイケル・ケンナ。モノクローム独特のノスタルジックで静かな風景写真を見ていると心が洗われるようです。その独特な質感を得るために、時には10時間以上もシャッターを開き続けて撮影することもあるそうです。
出典:

世界中を回って美しい風景をミニマルな構図で写し撮る写真家、マイケル・ケンナ。モノクローム独特のノスタルジックで静かな風景写真を見ていると心が洗われるようです。その独特な質感を得るために、時には10時間以上もシャッターを開き続けて撮影することもあるそうです。

『Le Notre's Gardens(ル・ノートルズ ガーデンズ)』

『Le Notre's Gardens(ル・ノートルズ ガーデンズ)』は、フランスの造園家のアンドレ・ル・ノートルが造った庭園を撮影した写真集です。
出典:

『Le Notre's Gardens(ル・ノートルズ ガーデンズ)』は、フランスの造園家のアンドレ・ル・ノートルが造った庭園を撮影した写真集です。

研ぎすまされた視点で、幾何学的な庭園を幻想的に写し出しています。
出典:

研ぎすまされた視点で、幾何学的な庭園を幻想的に写し出しています。

度々日本を訪れるマイケル・ケンナを魅了した地は北海道。「HOKKAIDO」という写真集も出版しています。こちらの動画は、ケンナが北海道を撮影しているドキュメンタリーです。

【ティム・ウォーカー】子どものころ夢見たおとぎの国の世界

写真は、目の前のものを写すことしかできませんが、ファンタジーな世界観を映画のセットのように作って撮影することもできます。そんなアナザーワールドを作り出す写真家が「ティム・ウォーカー」です。

Siobhan Finnigan, London, 1998
出典:www.flickr.com(@Elliot James)

写真は、目の前のものを写すことしかできませんが、ファンタジーな世界観を映画のセットのように作って撮影することもできます。そんなアナザーワールドを作り出す写真家が「ティム・ウォーカー」です。

Siobhan Finnigan, London, 1998

子どもの頃に読んだ、かわいくてちょっと怖いおとぎの国の物語のワンシーンのような世界。
出典:www.flickr.com(@Elliot James)

子どもの頃に読んだ、かわいくてちょっと怖いおとぎの国の物語のワンシーンのような世界。

『Story Teller(ストーリー テラー)』

ゴージャスでファンタジックなファッション写真が掲載された写真集『Story Teller(ストーリー テラー)』。
出典:

ゴージャスでファンタジックなファッション写真が掲載された写真集『Story Teller(ストーリー テラー)』。

ファッション写真からファンタジーが少なくなってきた今、ファッションのもつ夢の世界を徹底的に作り上げるティム・ウォーカーは、世界でもトップクラスのファッションフォトグラファーです。
出典:

ファッション写真からファンタジーが少なくなってきた今、ファッションのもつ夢の世界を徹底的に作り上げるティム・ウォーカーは、世界でもトップクラスのファッションフォトグラファーです。

2010年に「イタリアン・ヴォーグ」に掲載されたファッションストーリーの撮影のバックステージビデオ。スタイリスト、ヘアメイク等、大勢の人との共同作業で生まれる写真は、壮大な舞台芸術を見ているようですね。

【ソール・ライター】日常の風景から切りとられた美しい瞬間

1950年代にファッション写真家として第一線で活躍していた写真家ソール・ライター。1980年代に突如、商業写真の世界を退いてからは、ニューヨークの自宅があるイーストヴィレッジ近辺を自由きままに撮影していました。
出典:www.flickr.com(@Ed)

1950年代にファッション写真家として第一線で活躍していた写真家ソール・ライター。1980年代に突如、商業写真の世界を退いてからは、ニューヨークの自宅があるイーストヴィレッジ近辺を自由きままに撮影していました。

『Early Color(アーリー・カラー)』

83歳の時に、ドイツの出版社シュタイデルが初の写真集を出版して再び脚光を浴びます。その写真集の復刻版がこの『Early Color』です。
出典:

83歳の時に、ドイツの出版社シュタイデルが初の写真集を出版して再び脚光を浴びます。その写真集の復刻版がこの『Early Color』です。

『ソール・ライターのすべて』

2017年に日本で開催された回顧展に合わせて出版された『ソール・ライターのすべて」には、230点の作品が収められています。浮世絵愛好家だったソール・ライター。表紙の写真はそんな浮世絵の構図を彷彿とさせるものがあります。
出典:

2017年に日本で開催された回顧展に合わせて出版された『ソール・ライターのすべて」には、230点の作品が収められています。浮世絵愛好家だったソール・ライター。表紙の写真はそんな浮世絵の構図を彷彿とさせるものがあります。

画家でもあったソール・ライターは、雨の窓越しの景色もたくさん残しています。斬新な構図と独特の色彩感覚で切りとられた作品は、抽象絵画のようにも見えますね。
出典:

画家でもあったソール・ライターは、雨の窓越しの景色もたくさん残しています。斬新な構図と独特の色彩感覚で切りとられた作品は、抽象絵画のようにも見えますね。

ソールライターの亡くなる前の年に公開されたドキュメンタリー『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』。何気ない日常を愛した写真家の生き方が等身大で描かれています。

自由に写真集が閲覧できる『東京都写真美術館』

東京・恵比寿ガーデンプレイス内にある「東京都写真美術館」は、写真と映像に関する専門図書室。写真集が充実していて、誰でも自由に見ることができます。今では手に入らない貴重な写真集もたくさんあるので、展示の帰りにぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。
出典:

東京・恵比寿ガーデンプレイス内にある「東京都写真美術館」は、写真と映像に関する専門図書室。写真集が充実していて、誰でも自由に見ることができます。今では手に入らない貴重な写真集もたくさんあるので、展示の帰りにぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

最後に

独自の視点で切りとられた写真家の世界が凝縮された写真集は、アートな世界への入り口です。雨の日のようにゆっくり時間があるときに、コーヒー片手に眺めるだけで豊かで贅沢な時間を過ごすことができますよ。
出典:stocksnap.io

独自の視点で切りとられた写真家の世界が凝縮された写真集は、アートな世界への入り口です。雨の日のようにゆっくり時間があるときに、コーヒー片手に眺めるだけで豊かで贅沢な時間を過ごすことができますよ。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play