幻想的な時空を旅する画家「マニュエル・リュバロ」の幸せ色に輝くアートな世界

幻想的な時空を旅する画家「マニュエル・リュバロ」の幸せ色に輝くアートな世界

心ときめくものとの出会いは、女性を美しく豊かにしてくれます。心ときめくStoryから、フランスで活躍する5人のアーティストをご紹介いたします。幸せ色に輝くアートは、見る者の心に希望と喜びをもたらし、愛と幸福感でいっぱいにしてくれます。今回ご紹介する「マニュエル・リュバロ」は、幻想的な風景を独特のタッチで描く画家です。ムーブメント(動き)の軌跡を残しながら絵の中に輝きを与えます。独創的なスタイルで魅了するリュバロの世界を旅するように、小さなアートギャラリーをお楽しみ下さい。 (2017年02月17日作成)

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
フランス
アート
芸術
絵画
画家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
14
マニュエル・リュバロが描く「プロバンスの村」。白い壁に小さな窓と黄色の屋根。不思議な集落を取り囲む丘と糸杉と草花。絵の中に動と静を見事に調和させるリュバロの美しい幻想の世界をご紹介しましょう!

マニュエル・リュバロが描く「プロバンスの村」。白い壁に小さな窓と黄色の屋根。不思議な集落を取り囲む丘と糸杉と草花。絵の中に動と静を見事に調和させるリュバロの美しい幻想の世界をご紹介しましょう!

Prolog / 幻想的な世界の時空を旅する画家

リュバロの作品モチーフとして欠かせないベニスの風景とゴンドラ。リュバロはベニスに心象風景を重ね、中世の街並みを幻想的にドラマチックに描きあげます。

出典:

リュバロの作品モチーフとして欠かせないベニスの風景とゴンドラ。リュバロはベニスに心象風景を重ね、中世の街並みを幻想的にドラマチックに描きあげます。

道端に咲く野生のコクリコや草花、そして糸杉など、ありふれた景色をリュバロの世界観で写し取り描き出していきます。

出典:

道端に咲く野生のコクリコや草花、そして糸杉など、ありふれた景色をリュバロの世界観で写し取り描き出していきます。

マニュエル・リュバロのプロフィール

21世紀フランス画壇を代表する画家、マニュエル・リュバロ。1958年、パリ郊外の街で生まれ育ちました。マチエール(質感)を大切にするリュバロはフランスはもちろん、各国に多くの愛好家を持ち、日本にも2011年に来日しています。一瞬の動きの軌跡を描くブーケ、そしてベニスやプロバンスの幻想的な風景に独特の美しさを感じます。2017年は、札幌三越にて「リュバロとフランス絵画展」が3月28日~4月3日まで開催予定ですよ。リュバロの作品を実際に見れる貴重な機会です!

21世紀フランス画壇を代表する画家、マニュエル・リュバロ。1958年、パリ郊外の街で生まれ育ちました。マチエール(質感)を大切にするリュバロはフランスはもちろん、各国に多くの愛好家を持ち、日本にも2011年に来日しています。一瞬の動きの軌跡を描くブーケ、そしてベニスやプロバンスの幻想的な風景に独特の美しさを感じます。2017年は、札幌三越にて「リュバロとフランス絵画展」が3月28日~4月3日まで開催予定ですよ。リュバロの作品を実際に見れる貴重な機会です!

★☆ ギャルリー亜出果(㈱アデカ)のオーナーがマニュエル・リュバロのアトリエを訪問しました。貴重な制作風景の様子が見れますよ! 

オフィスでペンを走らせるリュバロ。ブーケの線画が描かれた原稿に手を入れている様子です。

オフィスでペンを走らせるリュバロ。ブーケの線画が描かれた原稿に手を入れている様子です。

カメラに向かって、少しはにかむリュバロの様子に、誠実でひたむきな人柄を感じますね!合気道の有段者でもあるリュバロは、日本の禅や武道の精神性を理解した親日家でもあります。

カメラに向かって、少しはにかむリュバロの様子に、誠実でひたむきな人柄を感じますね!合気道の有段者でもあるリュバロは、日本の禅や武道の精神性を理解した親日家でもあります。

来日展でのエピソード

" 画家は「マニュエル・リュバロです、よろしく。」と言った。私は「スペインの家の壁のようなナイフのマチエールの絵を描くあの画家ですか」と言う。「そうです。」と答える。私はすぐにアトリエに行く約束をし資料を送ってくれるように頼んだ。リュバロは正直で誠実な人だった。そして2008年大阪と京都の百貨店での現代エコール・ド・パリ展に、リュバロの絵画を出展した。東京、神戸でも好評だったリュバロの絵は繊細で大胆だ。大胆なタッチで描く色彩は強烈であり、震えるような繊細な感性と優しさがある。リュバロの絵画は生命の泉だ。見る人にパワーと勇気を与える。爆発する強烈な赤と黄色が透明なエネルギーを放射している。繊細さと大胆さが同居する不思議な画家だ。リュバロは職人的な正確さで描くが彼の絵画は誰の絵にも似ていない。" (ギャルリー・アデカ 武田氏の手記より)
有名なギャラリー「ギャルリー・ドゥ パヴェ」での個展ポスター。走るような動きのあるタッチで描かれたブーケ。その背景に輝く光と影のコンストラストに神々しさを感じますね!

有名なギャラリー「ギャルリー・ドゥ パヴェ」での個展ポスター。走るような動きのあるタッチで描かれたブーケ。その背景に輝く光と影のコンストラストに神々しさを感じますね!

" リュバロの筆が描く花、ベニス、嵐の夜は劇場の装飾のようだ。画家は想像と表現の間を漂いながら現実世界を叙情的なそしてなかば抽象的な世界に変容させる。花々は燃え上がり、空は輝きを増し、絵画的要素が統一され、光と色彩の快いハーモニーを奏でる。リュバロはマチエール(質感)を大事にする。自分の絵と距離を保つ事を知っている。その絵をどのような方向に導き、どの部分を抽象化し、どの部分に具象性を持たすか判断し、自分が実現したい絵画を描く。現実と夢が交錯する幻想的な雰囲気の絵画は、実は画家の明晰な感性が生み出している。" ( Univers des arts誌 No.147 2009年12月2010年1月合併号 パトリス・ド・ラ・ペリエール )
2003年、「ギャルリー・ル キャードル ノワール」での個展ポスターです。糸杉を囲む幻想的な風景はリュバロ独自の世界です。このような格調の高い老舗ギャラリー、そしてサロンなどでリュバロの作品は高い評価を受けています。

2003年、「ギャルリー・ル キャードル ノワール」での個展ポスターです。糸杉を囲む幻想的な風景はリュバロ独自の世界です。このような格調の高い老舗ギャラリー、そしてサロンなどでリュバロの作品は高い評価を受けています。

マニュエル・リュバロの作品ギャラリー

ベニス

「ベニスのセントジョルジュ」・・・4漕のゴンドラが少し寂しげに停泊しています。リュバロが描くゴンドラには人の気配がなく、風景の中の重要なモチーフとして効果的に配置されています。

「ベニスのセントジョルジュ」・・・4漕のゴンドラが少し寂しげに停泊しています。リュバロが描くゴンドラには人の気配がなく、風景の中の重要なモチーフとして効果的に配置されています。

「ベニスの日没」・・・太陽が沈む直前の光の集まる水面と共に大きく揺らぐ3層のゴンドラ。強いインパクトを与えていますね!静から動へ時間から時間へ飛び越したような不思議な風景です。

「ベニスの日没」・・・太陽が沈む直前の光の集まる水面と共に大きく揺らぐ3層のゴンドラ。強いインパクトを与えていますね!静から動へ時間から時間へ飛び越したような不思議な風景です。

「中世のベニス」・・・あたりを霧が立ち込め、静かに進むゴンドラ。馬に乗った騎士が橋の上に現れそうです。どんなストーリーが描かれているのでしょうか?見る者の想像力をふくらませてくれます。

「中世のベニス」・・・あたりを霧が立ち込め、静かに進むゴンドラ。馬に乗った騎士が橋の上に現れそうです。どんなストーリーが描かれているのでしょうか?見る者の想像力をふくらませてくれます。

「ゴンドラ」・・・・強い風に波立ちランタンもゴンドラも揺れています。慌ただしく飛び交う鳥たち。静寂から喧騒へ時間が風のように走り去っていきます。

「ゴンドラ」・・・・強い風に波立ちランタンもゴンドラも揺れています。慌ただしく飛び交う鳥たち。静寂から喧騒へ時間が風のように走り去っていきます。

「リアルト橋」・・・ベニスを象徴する橋、白く堂々と存在感のあるリアルト橋を描きながら、どんな物語を描き込んだのでしょう。

「リアルト橋」・・・ベニスを象徴する橋、白く堂々と存在感のあるリアルト橋を描きながら、どんな物語を描き込んだのでしょう。

「ベニスの運河」・・・リュバロが描くイメージの世界。ここは、まさにリュバロの夢の国。

「ベニスの運河」・・・リュバロが描くイメージの世界。ここは、まさにリュバロの夢の国。

ブーケ

「黄色い花びら」・・・シェイプされた黄色い花と花器。その右下にはデザイン的なリュバロのサインによってバランスが保たれています。難しい構図ながら、素晴らしいプロポーションですね!

「黄色い花びら」・・・シェイプされた黄色い花と花器。その右下にはデザイン的なリュバロのサインによってバランスが保たれています。難しい構図ながら、素晴らしいプロポーションですね!

「風の中のブーケ」・・・丸くてぷっくりとした花の輪郭。可憐なブーケは、風車のように羽がぐるぐると回り出しそうです!

「風の中のブーケ」・・・丸くてぷっくりとした花の輪郭。可憐なブーケは、風車のように羽がぐるぐると回り出しそうです!

「優しいブーケ」・・・背景、左下のオレンジ色の色彩が陽だまりのような暖かさを与えていますね。リュバロの、特徴あるマチエール。その独特の質感と大胆で勢いのある色彩の乗せ方、重ね方が見事ですね!

「優しいブーケ」・・・背景、左下のオレンジ色の色彩が陽だまりのような暖かさを与えていますね。リュバロの、特徴あるマチエール。その独特の質感と大胆で勢いのある色彩の乗せ方、重ね方が見事ですね!

「ヴァレンタインのブーケ」・・・青と黄色のコントラストが美しいブーケです。グレーの背景に与えた緑の色彩がブーケに溶け込み、冷たさを消しています。

「ヴァレンタインのブーケ」・・・青と黄色のコントラストが美しいブーケです。グレーの背景に与えた緑の色彩がブーケに溶け込み、冷たさを消しています。

「ブーケ  」・・・黄色を基調としたブーケの背景に黒く影を重ね、黄色いブーケが柔らかく浮き立つことで優しさと暖かさを表現していますね。

「ブーケ 」・・・黄色を基調としたブーケの背景に黒く影を重ね、黄色いブーケが柔らかく浮き立つことで優しさと暖かさを表現していますね。

「赤い輝き」・・・強い主張のある赤でまとめられたブーケには、情熱と力強さを感じます。元気が湧いてきそうです!

「赤い輝き」・・・強い主張のある赤でまとめられたブーケには、情熱と力強さを感じます。元気が湧いてきそうです!

「白いブーケ」・・・白い色が与える静寂とクールなイメージ。可愛らしいオレンジの花がポイントとなり、清楚でとても美しいブーケです。

「白いブーケ」・・・白い色が与える静寂とクールなイメージ。可愛らしいオレンジの花がポイントとなり、清楚でとても美しいブーケです。

「デリケートなブーケ」・・・すくっと立つ姿は、素直で、でもどこか危なげな、繊細で美しい女性を見ているかのようです。

「デリケートなブーケ」・・・すくっと立つ姿は、素直で、でもどこか危なげな、繊細で美しい女性を見ているかのようです。

「ブーケserie5」・・・まるで、鳥の羽のように軽やかな花びら。蝶の羽のようにも見えます。

「ブーケserie5」・・・まるで、鳥の羽のように軽やかな花びら。蝶の羽のようにも見えます。

「放射するブーケ」・・・花器に生けられたブーケは、タイトルのごとく、生命の輝きとパワーを放射線状にみなぎらせているようですね!

「放射するブーケ」・・・花器に生けられたブーケは、タイトルのごとく、生命の輝きとパワーを放射線状にみなぎらせているようですね!

糸杉

「プロヴァンスの山麓」・・・野に咲く赤と黄色の花と糸杉、そして白い壁の家。そこに続く小径に咲く野の花。リュバロが好んで描く作品スタイルです。

「プロヴァンスの山麓」・・・野に咲く赤と黄色の花と糸杉、そして白い壁の家。そこに続く小径に咲く野の花。リュバロが好んで描く作品スタイルです。

「花咲くプロバンス」・・・リュバロの魅力の一つである、インパクトのある大胆な構図の取り方と勢いある色彩とのタッチ。

「花咲くプロバンス」・・・リュバロの魅力の一つである、インパクトのある大胆な構図の取り方と勢いある色彩とのタッチ。

「山麓の小道」・・・一見、無彩色に見える風景の中に赤と青の色彩がひときわ美しさを添えていますね!

「山麓の小道」・・・一見、無彩色に見える風景の中に赤と青の色彩がひときわ美しさを添えていますね!

「葡萄畑とヴィラ」・・・現実にはないイメージの世界。ここには人の気配をあまり感じさせませんが、上に伸びる勢いある4本の糸杉。その力強い生命力を感じさせる作品ですね!

「葡萄畑とヴィラ」・・・現実にはないイメージの世界。ここには人の気配をあまり感じさせませんが、上に伸びる勢いある4本の糸杉。その力強い生命力を感じさせる作品ですね!

「鐘楼とブーケ」・・・こちらもリュバロのイメージを描いた風景。教会のカリヨンが遠くに見える美しい村の景色ですね!

「鐘楼とブーケ」・・・こちらもリュバロのイメージを描いた風景。教会のカリヨンが遠くに見える美しい村の景色ですね!

「糸杉」・・・荒涼とした風景の中に立つ2本の糸杉が力強く描かれています。

「糸杉」・・・荒涼とした風景の中に立つ2本の糸杉が力強く描かれています。

「引き潮」・・・風の音だけを感じる静かな風景です。まるで遠くに蜃気楼を見ているかのような不思議な錯覚にとらわれますね!

「引き潮」・・・風の音だけを感じる静かな風景です。まるで遠くに蜃気楼を見ているかのような不思議な錯覚にとらわれますね!

プロバンス

「プロバンス」・・・思い切った構図と強い色彩表現がとても大胆ですね!ここにも白壁に黄色の屋根の村が見えます。私には、この家そのものが人に見えるのです。自分の思うままに描く画家、対して私たちは絵を見て自由に想像力を膨らまします。その両者があるから面白いのです。

「プロバンス」・・・思い切った構図と強い色彩表現がとても大胆ですね!ここにも白壁に黄色の屋根の村が見えます。私には、この家そのものが人に見えるのです。自分の思うままに描く画家、対して私たちは絵を見て自由に想像力を膨らまします。その両者があるから面白いのです。

ゴンドラと糸杉のモチーフをハッピーのシンボルに!

★ 「ゴンドラ・ネックレス」・・・ベニスの運河を優雅に渡るゴンドラデザインが存在感のある個性的なネックレスです。 チャームにはイタリア語で “VEDI VENEZIA E POI MUORI” 「ベニスを見ずして死ぬなかれ」というベニスの美しさを称賛する言葉が 刻印されています。

出典:

★ 「ゴンドラ・ネックレス」・・・ベニスの運河を優雅に渡るゴンドラデザインが存在感のある個性的なネックレスです。 チャームにはイタリア語で “VEDI VENEZIA E POI MUORI” 「ベニスを見ずして死ぬなかれ」というベニスの美しさを称賛する言葉が 刻印されています。

★「ゴンドラ・ネックレス(ヴェネチアの小船)」・・・流れるようにゆっくりと運河を進むゴンドラ。モダンなデザインのネックレスになりました。

出典:

★「ゴンドラ・ネックレス(ヴェネチアの小船)」・・・流れるようにゆっくりと運河を進むゴンドラ。モダンなデザインのネックレスになりました。

★「ゴンドラの大型バッグ」・・・素材は丈夫なプラスチックです。大きめでショルダーにできます。容量もかなり入るので、レジャーや、マザーバッグ、お買い物のエコバッグとしても重宝しますね!

出典:

★「ゴンドラの大型バッグ」・・・素材は丈夫なプラスチックです。大きめでショルダーにできます。容量もかなり入るので、レジャーや、マザーバッグ、お買い物のエコバッグとしても重宝しますね!

★ 「北欧風オーナメント(白木)」・・・繊細な薄い杉の木で作った北欧風オーナメントです。ナチュラルな空間のアクセントにいかがでしょうか。

出典:

★ 「北欧風オーナメント(白木)」・・・繊細な薄い杉の木で作った北欧風オーナメントです。ナチュラルな空間のアクセントにいかがでしょうか。

★ 「京都で生産した和精油の北山杉のエッセンシャルオイルを使ったキャンドル」・・・北山杉精油には有眠殺菌消臭効果があり、ワックスは大豆が原料の植物性のソイワックスを使い、北山杉のタルキに詰め込んだこだわりのキャンドル。和風のインテリアとしてもステキです。

出典:

★ 「京都で生産した和精油の北山杉のエッセンシャルオイルを使ったキャンドル」・・・北山杉精油には有眠殺菌消臭効果があり、ワックスは大豆が原料の植物性のソイワックスを使い、北山杉のタルキに詰め込んだこだわりのキャンドル。和風のインテリアとしてもステキです。

★ 「天然杉のロング カッティングボード」バケットをカットするのにぴったり!他にも、オードブル皿にするなど素敵に使えます。

出典:

★ 「天然杉のロング カッティングボード」バケットをカットするのにぴったり!他にも、オードブル皿にするなど素敵に使えます。

★ 「杉の子供いす」・・・工事現場に破棄される廃材をリサイクルした杉の木です。子供達に使って欲しい、とてもやわらかく肌ざわりの良い杉材です。木の良さを味わって欲しいですね!

出典:

★ 「杉の子供いす」・・・工事現場に破棄される廃材をリサイクルした杉の木です。子供達に使って欲しい、とてもやわらかく肌ざわりの良い杉材です。木の良さを味わって欲しいですね!

★「杉のストラップ」・・・一つ一つを木工ロクロで形を削りだしています。透明のミツロウワックス仕上げ。それぞれの木が持つ色や木目がそのままのストラップです。杉の木の良さを味わえるかわいいボウルのカタチ。手に馴染みます。

出典:

★「杉のストラップ」・・・一つ一つを木工ロクロで形を削りだしています。透明のミツロウワックス仕上げ。それぞれの木が持つ色や木目がそのままのストラップです。杉の木の良さを味わえるかわいいボウルのカタチ。手に馴染みます。

★ 「しましまんじゅうのネックレス」・・・杉の木を削り出して磨き、革の紐でくくりました。丸みのあるカタチと軽やかな杉の木目が楽しめます。ナチュラル感に心が和みますね。

出典:

★ 「しましまんじゅうのネックレス」・・・杉の木を削り出して磨き、革の紐でくくりました。丸みのあるカタチと軽やかな杉の木目が楽しめます。ナチュラル感に心が和みますね。

Epilog / 現実と幻想の狭間を独創的なタッチで描き切るスタイル

街の中のお洒落なギャラリー。さりげなく掛けられたリュバロの絵が素敵ですね!リュバロの描くブーケを見ていると、その花の描き方が、もう既に美しいフラワーアレンジメントを見ているようで、うっとりしてしまいます。プロバンスやベニスの風景も花も、その全てが、まるで精密な美術工芸品を組み立てるようにスタイリッシュなのです。繊細な職人気質と大胆な芸術家気質を合わせ持った画家リュバロは、正確な絵画を組み立てていきます。私にはそんな風に感じられました。あなたは、何を感じましたか?

街の中のお洒落なギャラリー。さりげなく掛けられたリュバロの絵が素敵ですね!リュバロの描くブーケを見ていると、その花の描き方が、もう既に美しいフラワーアレンジメントを見ているようで、うっとりしてしまいます。プロバンスやベニスの風景も花も、その全てが、まるで精密な美術工芸品を組み立てるようにスタイリッシュなのです。繊細な職人気質と大胆な芸術家気質を合わせ持った画家リュバロは、正確な絵画を組み立てていきます。私にはそんな風に感じられました。あなたは、何を感じましたか?

関連する情報

キーワード:
フランス (204)
絵画 (37)
画家 (17)

ami_te

ami_te

以前はフランスParis13区に住み、パリを拠点に衣食住に関わるデザインの...

Img line pc01

キナリノ公式LINE@をはじめました

1日1回キナリノ編集部が厳選したまとめをお届けします♪

Img line qr

QRコードでLINEの
友だちを追加
LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャン。

or
Img line pc02

IDで検索する[その他]タブの[友だち追加]で[ID/電話番号]を選択。[ID]にチェックし、[@kinarino]と入力。