写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老のカバー画像

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗

花屋は店主のセンスが詰まった、季節の移り変わりを感じられる場所──人気写真家・石田真澄さんと巡る新連載『花屋図鑑』。第1回目は東京・南青山にある老舗花屋<Le Vésuve(ル・ベスベ)>へ。厳しい寒さが続く中、春の訪れを告げる花々を石田さんがフィルムに焼き付けます。(2022年02月04日作成)

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
六本木駅と渋谷駅と表参道駅の真ん中あたり。人と車が行き交う大通りを一本裏に入ってみると、緑と花々に溢れた花屋がある──南青山の<Le Vésuve(ル・ベスベ)>。少しだけ見つけにくい“隠れ家”のような場所に位置するこのお店、日本全国にファンが存在し、クリエイターや業界人も贈り物をする時に御用達の老舗です。
代表の松岡龍守さんとフローリストでデザイナーの故・高橋郁代さんが1997年4月に開業。時代やトレンドに流されず、四季折々の花を届けて25年目を迎えます。少しだけ歴史を感じさせる建物と、その外観を覆うように置かれた植物、色とりどりの初春の花、それから受け継がれるブーケ。4代目の店主となる木津谷優子さんは語ります。
「久々にお店に訪れたお客さんも思わず、懐かしい!とおっしゃってくれます。ブーケを作るときは、高橋が大事にしていた“花と色の流れを大切にすること”を受け継いで、それぞれが解釈し編んでいます」

<Le Vésuve>の変わらない魅力を探しに、お店の扉を開きます。
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗

花のグラデーションに囲まれて

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
お店に入りまず目に入ってきたのは、花々のグラデーション。
入り口手前から、寒色、黄色、オレンジ、ピンク、赤とグラデーションになるように配置されていました。
「お客さんが見やすいようにと始めたのがきっかけ。開業して以来、25年間この配置を守り続けています」と代表の松岡さん。
うっすらと暗い店内では花の色彩がぐっと際立って見えます。
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
上品な桃色のラナンキュラスが、暖かい春の気配を感じさせてくれます。

上品な桃色のラナンキュラスが、暖かい春の気配を感じさせてくれます。

目利きが光る季節の花々

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
センスよく並べられた花の仕入れはすべて松岡さんが担当。取材時(1月中旬)は、みずみずしい黄房水仙が並んでいました。
「たとえば、他の店でよく売れるかすみ草や、イベントで需要が高まるカーネーションは置きません。季節の花を届けることが私たちの仕事だと考えています」(松岡さん)
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
日光を浴びる可憐な勿忘草(写真上)。茎を短く切ったダリア(写真左)のように、ブーケを編む際に折れた花や、売れ残った花が、小さなバケツや空き瓶(写真右)に飾られています。

日光を浴びる可憐な勿忘草(写真上)。茎を短く切ったダリア(写真左)のように、ブーケを編む際に折れた花や、売れ残った花が、小さなバケツや空き瓶(写真右)に飾られています。

白い花と緑のサンルーム

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
お店の奥に行くと白い光に包まれた部屋があります。
この日並んでいたのは、白と緑のコントラストが美しいカラーやラナンキュラス、マーガレット、レースフラワーなど。
「グラデーションで花を配置する中、じゃあ白い花をどこに置こうかと考えていて。その時、白い花だけの部屋を作ろうと思い立ちました」と松岡さんは話します。
日の光が部屋中に置かれた白い花を反射し、明るく気持ちの良い空間です。
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
店頭に並ぶ鉢植えも松岡さんが手がけています。鉢植えの販売やお店や個人宅の花壇や庭を作るプロジェクト<Le Vésuve POT’S>もスタート。

店頭に並ぶ鉢植えも松岡さんが手がけています。鉢植えの販売やお店や個人宅の花壇や庭を作るプロジェクト<Le Vésuve POT’S>もスタート。

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗

店主が編む春のブーケ

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
雑誌『&Premium』の連載「&days」でフラワースタイリングも担当する木津谷さん。彼女のブーケのファンも多い。
「ブーケを作るとき、贈る方の性別やお洋服の趣味が分かると想像しやすいです。お店に来ていただいて、お客さんと一緒に作るのも楽しいひとときです」
今回の取材では、春をテーマにブーケを編んでくれました。
写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
選んだ花はピンクやオレンジのチューリップ、ラナンキュラス、クリスマスローズなど。青々としているのはケールの葉。

選んだ花はピンクやオレンジのチューリップ、ラナンキュラス、クリスマスローズなど。青々としているのはケールの葉。

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
春の花と緑をふんだんに使った春のブーケが完成。季節や仕入れの状況で変動はありますが、こちらのブーケで8,000円+税。

春の花と緑をふんだんに使った春のブーケが完成。季節や仕入れの状況で変動はありますが、こちらのブーケで8,000円+税。

SHOP DATA

Le Vésuve │ル・ベスべ
東京都港区南青山7丁目9-3
☎︎03-5469-5438
営業時間:11時~17時/火曜日休
店内ではブーケはもちろん、花を1本から購入可能。店先にはさまざまな鉢植えが並び、お店に併設する<Le Vésuve POT’S>で販売中。ブーケは店頭オーダー、電話、ネットでの注文ができ、全国配送も対応している。

<Le Vésuve>を訪ねて

写真家・石田真澄の『花屋図鑑』
vol.1-南青山で愛され続ける老舗
森の中のようなル・ベスべでお花を探すときは、いつもじっくり時間をかけてしまいます。入口付近に色のグラデーションで飾られているお花たちはもちろん、並んでいる花瓶の間にちょこんと小さく飾られている数輪のお花がとっても可愛らしいです。家に帰ったらこんな風に小さいグラスに飾ろうと思いながらお花を選べるお店です。(石田)
石田真澄
写真家
石田真澄
1998年生まれ。埼玉県出身。個展『GINGER ALE』(2017年)が話題に。その後、5冊の写真集を刊行。また、雑誌や広告のフィールドでも活躍。POCARI SWEAT『ポカリ甲子園』や横浜DeNAベイスターズ『サマータイム ベイスターズ』などのCMを撮影。近著に夏帆の写真集『おとととい』、八木莉可子の写真集『Pitter-Patter』がある。
公式ホームページ
Instagram
写真:石田真澄
編集・文:恩田栄佑

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play