散らかって見える“アレ”をすっきり。おうちの小物収納術

散らかって見える“アレ”をすっきり。おうちの小物収納術

文房具や衛生用品、化粧品など家の中には、何かと細かいアイテムが多いもの。油断しているとついその辺に置いてしまい、散らかる原因につながります。そこで今回は、雑多な印象になりやすい小物の収納術を種類別にご紹介。気になるゴチャゴチャを解消して、気分もすっきりさせましょう。2021年09月10日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
片付け整理整頓整理術収納術すっきり
お気に入り数626

散らかって見える小物を、すっきり片付ける3つのルール

散らかって見える“アレ”をすっきり。おうちの小物収納術
出典:
細々したアイテムを、すっきり片付けるには3つのルールがあります。場所を移動させたり収納グッズを買い足す前に、意識しておくことで作業がスムーズに。キレイな状態も保ちやすくなるので、ぜひ実践してみてくださいね。

①持ち物を見直す

一番におこなってほしいのは「持ち物の数を減らす」ことです。「頑張ってキレイにするぞ」とやる気モードになると、収納グッズの買い足しやアイテムの並べ方など、表面的な作業から手を付けてしまいがち。まずは不要なモノを手放して「何をどれだけ持っているのか」を把握することから始めましょう。そのあとの作業がグッとスムーズになりますよ。

モノを減らして気分をすっきりさせたい人は、こちらもチェック。

「お部屋のデトックス」してみない?モノを減らして人生を好転させよう
「お部屋のデトックス」してみない?モノを減らして人生を好転させよう

毎日疲れが取れなかったり、物事が滞りがちだったり、なんとなくうまくいかないと感じることはありませんか? それは、お部屋の乱れが原因かもしれません。お部屋はあなた自身を映す鏡です。モノが散乱していたり、ホコリがたまっていたり、乱れたお部屋ではリラックスできませんし、ストレスも感じやすくなってしまいます。そんなときは、「お部屋をデトックス」することです。モノを減らしてお部屋を整えれば、おのずと人生が好転していきます。

②見えない場所に収納する

散らかって見える“アレ”をすっきり。おうちの小物収納術
出典:
細々したアイテムをすっきり見せるなら、目に付かない場所に収めるのがポイント。テレビボードやチェストなど、手持ちの家具、備え付けのスペースを上手に活用しましょう。細々したモノが増えるのを防げます。日頃から、なるべく収納グッズを増やさないよう心掛けてくださいね。

③元の場所に戻しやすい仕組みをつくる

散らかって見える“アレ”をすっきり。おうちの小物収納術
出典:
細々したモノが散らかるのを防ぐためには、元に戻しやすい仕組みづくりが大切です。引き出しの中を仕切るなど、各アイテムの定位置を決めましょう。また使い終わったあとに家族の誰もがスムーズに戻せるよう、ラベル付けをするのがおすすめです。まだ文字が分からない小さい子供がいる場合は、ひらがなやイラストで表すと良いでしょう。

ラベルの作り方やアイデアは、こちらをチェック。

モノの迷子を減らす『ラベリング収納』始めませんか?ラベルの作り方&収納実例集♪
モノの迷子を減らす『ラベリング収納』始めませんか?ラベルの作り方&収納実例集♪

最近は、統一したボックスや詰め替え容器を整然と並べた、スタイリッシュな収納を取り入れている人も多いですよね。ですが、中身が見えないために「どこに何が入っているのか分からなくなってしまった…」という声も多く聞きます。そんな時におすすめなのが「ラベリング」。ラベルシールなどで、収納の中身を分かりやすく表示すると、必要なモノをすぐに見つけることができて便利です。今回はそんなラベリング収納について、ラベルの作り方から思わずマネしたくなるラベリング収納の実例まで、たっぷりとご紹介します。

【アイテム別】すっきり見える小物収納術

文房具|アイテムを厳選し、重ならないよう意識して

引出しの中をトレーで仕切ってすっきり

種類が多く散らかりがちな文房具。同じようなアイテムをいくつも持っているのなら、厳選するところから始めましょう。必要最低限の数に絞りワークスペースやリビングなど、よく使う場所の引き出しにイン。トレーで仕切るとすっきりします。
出典:

種類が多く散らかりがちな文房具。同じようなアイテムをいくつも持っているのなら、厳選するところから始めましょう。必要最低限の数に絞りワークスペースやリビングなど、よく使う場所の引き出しにイン。トレーで仕切るとすっきりします。

見える場所に収納するなら色数を抑えて

ボールペンやハサミ、のりなど普段使いの文具は透明のスタンドに立てて、頻繁に使う場所に置いておくと便利です。こちらはセリアのペンスタンド。手前の段の高さは低くなっているので、印鑑や消しゴムなど小さいアイテム入れても埋もれません。出しっぱなしでもすっきり見えるポイントは、色味を揃えること。クリアやホワイト、ブラックなど、モノトーンカラーかつシンプルなデザインを選べば、インテリアに馴染みます。
出典:

ボールペンやハサミ、のりなど普段使いの文具は透明のスタンドに立てて、頻繁に使う場所に置いておくと便利です。こちらはセリアのペンスタンド。手前の段の高さは低くなっているので、印鑑や消しゴムなど小さいアイテム入れても埋もれません。出しっぱなしでもすっきり見えるポイントは、色味を揃えること。クリアやホワイト、ブラックなど、モノトーンカラーかつシンプルなデザインを選べば、インテリアに馴染みます。

無印良品のアイテムを使った文具収納はこちらの記事をチェック。

無印良品の使える文房具収納15選|おしゃれな実例も
無印良品の使える文房具収納15選|おしゃれな実例も

細かいものが多く、気がつくとごちゃごちゃしがちな文具類、どうやって収納していますか?どんな風に分類するか、テレワークやリビング学習で文房具類を持ち運びしたい場合の収納も悩ましいところです。今回は、収納の定番グッズとも言える「無印良品」の中から、文房具収納におすすめのアイテムをご紹介します。定番の収納ケースの使い方から意外と使える便利アイテム、おすすめの組み合わせ方など、実際の使用例もご紹介。子供から大人まで家族みんなが使いやすく、すっきりおしゃれに整った文房具収納を目指しましょう!

薬・衛生用品|自身の行動に合った見えない収納を選んで

テレビボードの引き出しを活用

テレビボードの引き出しに体温計や絆創膏など、よく使う衛生用品を収納しています。アイテムの数は「まだ入りそう」なくらいが理想的。取り出すときに近くのものを、かき分ける必要がないのでストレスなく出し入れできます。また上から全体を見渡せるので「あれ、どこにある?」と家族に聞かれてイライラすることもありません。
出典:

テレビボードの引き出しに体温計や絆創膏など、よく使う衛生用品を収納しています。アイテムの数は「まだ入りそう」なくらいが理想的。取り出すときに近くのものを、かき分ける必要がないのでストレスなく出し入れできます。また上から全体を見渡せるので「あれ、どこにある?」と家族に聞かれてイライラすることもありません。

病院の薬はカゴにざっくり収納

病院で処方される薬。毎回片付けるのが億劫で、テーブルに出しっぱなしにしている人も多いはず。お気に入りのカゴを使えば、すっきりとした印象に仕上がります。袋のままざっくり入れるだけなので、とても簡単。出し入れしやすいよう、一回り大きいサイズのバスケットを選ぶのがポイントです。
出典:

病院で処方される薬。毎回片付けるのが億劫で、テーブルに出しっぱなしにしている人も多いはず。お気に入りのカゴを使えば、すっきりとした印象に仕上がります。袋のままざっくり入れるだけなので、とても簡単。出し入れしやすいよう、一回り大きいサイズのバスケットを選ぶのがポイントです。

カラフルなパッケージは鏡裏に隠して、すっきり

カラフルなパッケージの歯磨き粉は洗面台に出しっぱなしだと、雑多な印象になりがち。鏡裏に収納すれば外から見えないので、生活感をカバーできます。
出典:

カラフルなパッケージの歯磨き粉は洗面台に出しっぱなしだと、雑多な印象になりがち。鏡裏に収納すれば外から見えないので、生活感をカバーできます。

お出掛けグッズ|良く使うアイテムを一箇所にまとめて

バッグの中身の居場所を確保して、忘れ物も防止

リビングのサイドボードの引き出しに、バッグの中身を収納するアイデア。小銭入れや通帳ケース、ポーチ、普段使いのアクセサリーなどが入っています。出かけるときにその日必要なアイテムを選び、帰宅したら元の場所に戻す仕組みです。外出時に「あれがない!」と慌てることもないですし、忘れ物も防げますよ。
出典:

リビングのサイドボードの引き出しに、バッグの中身を収納するアイデア。小銭入れや通帳ケース、ポーチ、普段使いのアクセサリーなどが入っています。出かけるときにその日必要なアイテムを選び、帰宅したら元の場所に戻す仕組みです。外出時に「あれがない!」と慌てることもないですし、忘れ物も防げますよ。

細々したお出掛けグッズをテレビボードにまとめて

外出時に必要なミニタオルやティッシュ、ミニトートなどをリビングのテレビボードにまとめて収納。身支度する場所を定位置にすれば、朝の準備がスムーズになります。一箇所に集めているので、モノが迷子になることもありません。
出典:

外出時に必要なミニタオルやティッシュ、ミニトートなどをリビングのテレビボードにまとめて収納。身支度する場所を定位置にすれば、朝の準備がスムーズになります。一箇所に集めているので、モノが迷子になることもありません。

コスメ|取り出しやすい収納で、メイクタイムをもっと楽しく

アイテムごとに仕切れば、メイクの時短にもつながる

リビングでメイクをする人は、チェストの引き出しなどに収納してみては?「化粧は洗面所でしなくては」「コスメはポーチにしまうべき」など場所や用途にとらわれず、自身の行動パターンに合ったところを定位置にするのが散らからないコツです。こちらは無印良品の「デスク内整理トレー」でアイテムごとに区切っているので、使いたいものがサッと手に取れます。
出典:

リビングでメイクをする人は、チェストの引き出しなどに収納してみては?「化粧は洗面所でしなくては」「コスメはポーチにしまうべき」など場所や用途にとらわれず、自身の行動パターンに合ったところを定位置にするのが散らからないコツです。こちらは無印良品の「デスク内整理トレー」でアイテムごとに区切っているので、使いたいものがサッと手に取れます。

コスメの数が少ない人におすすめのポーチ収納

普段使いのコスメの数が少ない人におすすめなのが、ポーチを使った収納です。上から見て何がどこに入っているか分かるので、メイクの時間がスムーズに。外出先や旅行などに、そのまま持って行けるのも嬉しいポイントです。ぎゅうぎゅう詰めにならないよう、アイテムを厳選してくださいね。
出典:

普段使いのコスメの数が少ない人におすすめなのが、ポーチを使った収納です。上から見て何がどこに入っているか分かるので、メイクの時間がスムーズに。外出先や旅行などに、そのまま持って行けるのも嬉しいポイントです。ぎゅうぎゅう詰めにならないよう、アイテムを厳選してくださいね。

衛生面が気になるアイテムはスタンドに立てて収納

直接ポーチに入れると汚れてしまうビューラーやブラシは、他のアイテムと分けて収納すると良いでしょう。色をブラックとシルバーで統一すれば、出しっぱなしでもすっきり見えます。スタンドに立てているので、取り出しもスムーズですよ。
出典:

直接ポーチに入れると汚れてしまうビューラーやブラシは、他のアイテムと分けて収納すると良いでしょう。色をブラックとシルバーで統一すれば、出しっぱなしでもすっきり見えます。スタンドに立てているので、取り出しもスムーズですよ。

ジュエリー・ヘアアクセ|アイテムの数が多いからこそ場所決めが肝心

定位置をつくって、小さなアクセサリーの迷子を防止

デスクの引き出しをアクセサリー専用スペースに。ベロアの仕切りで細かく分けることで、アイテムの数が多くてもすっきり見えます。収納アイテムの追加を検討するときは、まず手放せるものがないか見直しましょう。必要なアイテムだけに厳選してから定位置をつくれば、リバウンドも防げます。
出典:

デスクの引き出しをアクセサリー専用スペースに。ベロアの仕切りで細かく分けることで、アイテムの数が多くてもすっきり見えます。収納アイテムの追加を検討するときは、まず手放せるものがないか見直しましょう。必要なアイテムだけに厳選してから定位置をつくれば、リバウンドも防げます。

鏡裏にフックをプラスすれば、立派な収納スペースが完成

洗面台の鏡の裏に小さめのフックを貼り付けて、ヘアゴム専用の収納スペースに。「ここにしまう」という場所を明確にすれば、あちこちに置きっぱなしになりません。厚みで扉が閉まらないことのないよう、棚板に当たらない場所に取り付けてくださいね。
出典:

洗面台の鏡の裏に小さめのフックを貼り付けて、ヘアゴム専用の収納スペースに。「ここにしまう」という場所を明確にすれば、あちこちに置きっぱなしになりません。厚みで扉が閉まらないことのないよう、棚板に当たらない場所に取り付けてくださいね。

適度な高さの持ち手付きケースに、ヘアアクセをまとめて収納

細かいアイテムの収納に便利な持ち手付きのケース。適度に高さがあるので色や形がバラバラなヘアアクセも外側からは見えず、すっきりまとまります。また使いたい場所にサッと持ち運べるため、幼稚園や保育園など小さい子供がいる人にもおすすめですよ。
出典:

細かいアイテムの収納に便利な持ち手付きのケース。適度に高さがあるので色や形がバラバラなヘアアクセも外側からは見えず、すっきりまとまります。また使いたい場所にサッと持ち運べるため、幼稚園や保育園など小さい子供がいる人にもおすすめですよ。

子供グッズ|自分で片付けやすい仕組みづくりが大切

カラフルなおもちゃは引き出しにイン

小さめのおもちゃは、半透明のボックスにざっくり入れて引出しに。カラフルな色合いを隠して収納することで、すっきりした空間をキープできます。蓋なしのケースなら開け閉めの手間がないので、子供も片付けやすいですね。
出典:

小さめのおもちゃは、半透明のボックスにざっくり入れて引出しに。カラフルな色合いを隠して収納することで、すっきりした空間をキープできます。蓋なしのケースなら開け閉めの手間がないので、子供も片付けやすいですね。

特に細かいアイテムにはセパレートボックスが便利

人形などの細かいパーツやビーズは、100均などで購入できるセパレートボックスに収納するのがおすすめ。透明なのでラベル付けをしなくても中身が分かり便利です。選ぶなら仕切りを取り外せるタイプがベスト。アイテムに合わせてスペースを調節できるので、よりキレイに収まります。子供が使うグッズだけでなく、手芸用品などをしまっても良いですね。
出典:

人形などの細かいパーツやビーズは、100均などで購入できるセパレートボックスに収納するのがおすすめ。透明なのでラベル付けをしなくても中身が分かり便利です。選ぶなら仕切りを取り外せるタイプがベスト。アイテムに合わせてスペースを調節できるので、よりキレイに収まります。子供が使うグッズだけでなく、手芸用品などをしまっても良いですね。

学校で使うアイテムは専用スペースにまとめて

小学校に通う子供がいると、ランドセルや教科書、ノートなど持ち物が多く油断すると、すぐに散らかってしまいます。アイテムごとに住所を決めておけば、親が手伝わなくても一人で片付けられるはず。ハンカチやティッシュ、マスクといった細かいモノは小ぶりなカゴにまとめて収納。これなら登校前に「あれどこ?」と慌てることもなくなります。
出典:

小学校に通う子供がいると、ランドセルや教科書、ノートなど持ち物が多く油断すると、すぐに散らかってしまいます。アイテムごとに住所を決めておけば、親が手伝わなくても一人で片付けられるはず。ハンカチやティッシュ、マスクといった細かいモノは小ぶりなカゴにまとめて収納。これなら登校前に「あれどこ?」と慌てることもなくなります。

子ども部屋の散らかりを防止したいなら、こちらもチェック。

子ども部屋をもっと使いやすく。「散らからない収納」のヒント
子ども部屋をもっと使いやすく。「散らからない収納」のヒント

片付けてもいつの間にか散らかってしまってしまう子ども部屋問題…。とくに乱雑になりやすい机の上や引き出しの中などデスク周り。お子様自身にも何がどこにあるのか把握しやすく、出し入れしやすい収納であることが成功の鍵となります。学校で使用するものや衣類も、お子様の目線に合った配置にし、「自分で片付けやすい」収納に変えてみませんか?

細々したモノを整えて、心地良い空間を手に入れよう

散らかって見える“アレ”をすっきり。おうちの小物収納術
出典:
散らかりがちな細かいアイテムも、工夫次第ですっきり片付きます。まずは今持っているモノを選別するところから始めてみてください。きちんと数を把握し調整すれば、収納アイテムを買い足さなくても今ある家具やスペースに収まります。しまう場所が明確になれば、頑張らなくてもキレイな状態をキープできるはず。ゴチャゴチャが気になるところから、ぜひ実践してみてくださいね。

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play