【ときめきレッスンvol.5】マスクカバーの作り方

【ときめきレッスンvol.5】マスクカバーの作り方

初心者でも簡単に取り組める、モノづくりレッスンを紹介する動画【ときめきレッスン】。vol.5は、市販の不織布マスクを入れて使えるおしゃれな「マスクカバー」の作り方をご紹介します。ミシンを使うので、時間をかけず作ることができます。週末や、ちょっと時間が空いたときに、動画を見ながらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。2021年07月30日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
手芸・ハンドメイドおうち時間おしゃれ手作り裁縫
お気に入り数303

ときめきレッスンvol.5『マスクカバーの作り方』

【ときめきレッスンvol.5】マスクカバーの作り方
モノづくりレッスンを紹介する動画【ときめきレッスン】がYouTubeで公開中!

第5弾の今回は、市販の不織布マスクをそのまま入れて使える「マスクカバー」の作り方レッスン。内布をガーゼにすることで、マスクの肌当たりを柔らかくケアできますよ。教えてくださったのは、手芸講師の猪俣友紀さんです。

飾り気のない不織布マスクも、わたしらしく身につけて。ひとめぼれして購入していたハギレを使ってみるのも素敵ですね♪ 早速、気分を盛り上げる「マスクカバー」の作り方をチェックしてみましょう。

マスクカバーの作り方

材料

用意するもの

・ベージュリネン 縦19cm×横20㎝
・内布ダブルガーゼ 縦19cm×横20㎝
・ループ用テープ(5㎜幅) 6cm程度
・縁取り布2枚 縦20cm×横3cm
・チャコペン、もしくはローラーペン
・目打ち(あると便利)

・ベージュリネン 縦19cm×横20㎝
・内布ダブルガーゼ 縦19cm×横20㎝
・ループ用テープ(5㎜幅) 6cm程度
・縁取り布2枚 縦20cm×横3cm
・チャコペン、もしくはローラーペン
・目打ち(あると便利)

ご自宅にあるものでOK

・マスキングテープ
・クッキングシート
・手芸用はさみ
・まち針
・定規(20~30cm)
・アイロン
・アイロン台

・マスキングテープ
・クッキングシート
・手芸用はさみ
・まち針
・定規(20~30cm)
・アイロン
・アイロン台

作り方

簡単に工程をご紹介!詳しくは動画をご覧ください♪

① 生地を2枚重ね、端を縫う

外布・内布を中表に重ね、布の端から1cm内側を縫います。内布のガーゼ生地を下に、外布の綿麻生地を上に重ねること。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

外布・内布を中表に重ね、布の端から1cm内側を縫います。内布のガーゼ生地を下に、外布の綿麻生地を上に重ねること。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

② アイロンで縫い代を開く

中温に熱したアイロンで、縫い代を開いていきます。仕上がりをキレイにするため、しっかりと開いてください。

中温に熱したアイロンで、縫い代を開いていきます。仕上がりをキレイにするため、しっかりと開いてください。

③ プリーツを作る

縫い代から3.5cm、11cmに印をつけ、印に沿ってアイロンで折り目をつけます。折り山から2.5cm離れたところにも印をつけ、折り山と印を合わせることでプリーツを作ります。間にもうひとつジャバラを作り、アイロンでクセ付けしたら一度布を広げてください。再度プリーツを折り山に合わせ、まち針で留めます。

縫い代から3.5cm、11cmに印をつけ、印に沿ってアイロンで折り目をつけます。折り山から2.5cm離れたところにも印をつけ、折り山と印を合わせることでプリーツを作ります。間にもうひとつジャバラを作り、アイロンでクセ付けしたら一度布を広げてください。再度プリーツを折り山に合わせ、まち針で留めます。

④ ミシンで仮留めする

布の端から5mm内側を縫います。返し縫いをせず、真っすぐ縫ってください。これを4ヵ所繰り返します。

布の端から5mm内側を縫います。返し縫いをせず、真っすぐ縫ってください。これを4ヵ所繰り返します。

⑤ 縁取り布をつける

布の上下から5mmずつあけたところに縁取り布をまち針で仮留めします。ミシンで縫いつけたらアイロンで折り目をつけ、縁取り布を折ってください。布の裏側から縁取り布が見えないように折ったら、まち針で留めます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

布の上下から5mmずつあけたところに縁取り布をまち針で仮留めします。ミシンで縫いつけたらアイロンで折り目をつけ、縁取り布を折ってください。布の裏側から縁取り布が見えないように折ったら、まち針で留めます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

⑥ ループをつける

ループ用のテープを輪っか状にして、内布の上から3cmのところに差し込んでください。まち針で留め、布の両端のキワをミシンで縫います。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

ループ用のテープを輪っか状にして、内布の上から3cmのところに差し込んでください。まち針で留め、布の両端のキワをミシンで縫います。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

⑦ 生地を中表に重ね、布の端を縫う

外布(綿麻)が表になるようにして生地を中表に重ね、布の端から1cm内側を縫います。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

外布(綿麻)が表になるようにして生地を中表に重ね、布の端から1cm内側を縫います。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

⑧ マスクカバーの上下を縫う

布を表に返し、上下のキワを縫います。2mmほど内側を目安に縫ってください。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

布を表に返し、上下のキワを縫います。2mmほど内側を目安に縫ってください。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

完成

リバティ柄の縁取り布がアクセントになった、おしゃれなマスクカバーが出来上がりました。

リバティ柄の縁取り布がアクセントになった、おしゃれなマスクカバーが出来上がりました。

不織布マスクを入れて使います。マスクカバーにもプリーツをつけているので、立体感のあるつけ心地です。

不織布マスクを入れて使います。マスクカバーにもプリーツをつけているので、立体感のあるつけ心地です。

ポイント

・今回は、外布にベージュの綿麻生地、内布にブラウンのダブルガーゼを使用しています。内布にガーゼを使うことで、マスクの肌当たりを柔らかくケアしてくれます。
・縁取りにして包む布は厚みが増すと縫いにくくなるので、リバティ生地などの薄い生地を選んでください。
・直線をまっすぐに縫うのが苦手な時は、マスキングテープをガイドにするとキレイに縫いやすいです。
・ループはあると洗濯時などに便利ですが、なくてもかまいません。お好みでつけてください。
・ミシン針は11番、糸はシャッペスパン#60の365番を使用しています。

いかがでしたか?

これまでは、ただ使い捨てていた不織布マスク。こんなふうにおしゃれに着飾って、わたしらしく楽しめたら気持ちも軽やかになりますよね♪

夏場でも快適なリネンは、風合いよくナチュラルに馴染むので、どんな洋服とも合わせやすいのも魅力的。縁取りのアクセントを変えて、家族や友人と色柄違いで作ってみるのも楽しそう。

暑い季節のマスク生活をおしゃれに、楽しく、快適に過ごせる「マスクカバー」。ぜひ作ってみてくださいね*

チャンネル登録よろしくお願いします*

【ときめきレッスン】は隔週の金曜18時に更新します。
ぜひチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play