気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう

「仕事でもプライベートでも気を使い過ぎて心が休まらない」「いつも周りの目が気になってしまう」とお悩みではありませんか?まずは、なぜ必要以上に気を回してしまうのかを考えてみましょう。問題の出口は「何がそうさせているのか」という原因の中に隠れているはず。今回は、無理に気を使わず楽に生きていくためのヒントをご紹介します。自身の心とじっくり向き合いながら、心が軽やかになる方法を見つけましょう。2021年07月04日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方人間関係疲れ付き合い方
お気に入り数796

必要以上に気を使わず、もっと楽に生きたい人へ

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
「こう言ったら、どう思われるかな」と周りの目を気にしたり気を使いすぎて、どっと疲れが出ていませんか?他人を優先してばかりいると、自分の本音が分からなくなってしまうこともあるでしょう。「もっと楽に生きていくためにはどうしたらいいのだろう」という答えのピースは、心の中に隠れています。「どうして私は気を使いすぎてしまうのか」という根っこにあるものを見つければ、解決の糸口が見えてくるはず。今回は自分自身と向き合いながら、もっと楽に生きていくヒントをご紹介します。

なぜ気を使いすぎてしまうのだろう

Case1:生まれもった気質である

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
気を使いすぎる原因の一つして、もって生まれた気質であることが考えられます。もともと絵を描くのが得意な人や、走るのが速い人がいるのと同じように、「周りの様子に敏感」という一種の個性なのです。ネガティブに受け止めてしまうと「怖がり」や「神経質」などのイメージにつながりますが、短所はひっくり返すと長所でもあります。ポジティブに捉えれば「才能」なのです。自身の性質をよく知り上手く付き合っていくことで、大きな魅力になりますよ。
気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:pixabay.com
生まれつき些細な変化に気が付きやすい人は「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」である可能性があります。HSPとは簡単に言うと、さまざまな刺激に敏感な人を指します。これは病気ではなく、もって生まれた個性。五感が優れているため、意識していなくても色々なことに気付くのです。たとえば大きな音や眩しい光が苦手だったり、本や映画を見て感情移入しやすかったりする傾向があります。また人の気持ちを想像する能力が優れているため「あの人、いつもより元気がないみたいだから楽しい話題を振らなくては」などと、自然に配慮できることも特徴の一つです。
「HSPかもしれない」と思ったら一度、自身で診断してみてはいかがでしょうか?人に気を使いすぎる原因が、持って生まれた性質だと分かるだけでも心が軽くなるはずです。

Case2:育った環境が影響している

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:pixabay.com
気を使いすぎてしまう根本的な原因が、育った家庭環境にある場合も。「いい子でいなければ」「親の期待に応えなければ」など人の顔色をうかがったり、自分より他人を優先しなければいけないことが多いと、自己肯定感が育ちません。その結果、相手の反応を気にしすぎて自然体でいられないのです。
たとえば「下に兄弟姉妹がいて、わがままを言えない環境だった」など、親に思い切り甘えることができず誰かに必要とされたくて、他者を優先することに慣れてしまっているケースもあるでしょう。反対に子供の頃、手を焼かれ過ぎて育った場合も他人の目を気にしすぎてしまう傾向があります。
気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
幼少期は家族で過ごす時間が長いため、親の価値観が大きく影響します。いつの間にか自分の意思ではなく、他人が望む方を選ぶ癖が付いてしまっていることも。「~すべきだ」「~しなければいけない」と無意識に行動を決めていないか、自身に訊ねてみてください。
毒親の棄て方: 娘のための自信回復マニュアル
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

母親の考え方を無意識に植え付けられて苦しい思いをしている人は、ぜひ手に取ってみてはいがかでしょうか?ドキッとするタイトルですが、自身と向き合い心を癒す方法が見つかります。

毒親の棄て方: 娘のための自信回復マニュアル
1,650円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

Case3:過去の体験を引きずっている

生まれ持った気質や家庭環境以外に、過去の経験が原因になっているケースも考えられます。信頼していた人から裏切られたり傷付けられたりしたトラウマから、本当の自分を出せなくなっていませんか?また、自分の意見を伝えようとしたけれど良い反応がもらえず、自己主張することに後ろめたさを感じている場合もあるでしょう。
気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:pixabay.com
何気ない言動によって相手との関係が上手くいかなくなってしまうことは、誰にでもあります。もしそうなったら素直に謝れば、分かってもらえる場合もあるはず。肩の力を入れすぎなくても大丈夫です。自分の気持ちを伝えた上で、どうしても分かり合えないのなら別の人間関係をつくることもできます。

気を使いすぎる人の心が楽になる処方箋

1.自身の本音と向き合う

日頃から意識して自分の本音を確認することは、他人に振り回されない練習になります。些細なことでもいいので「私はどうしたい?」と心の中で聞いてみましょう。たとえば「パンとご飯どっちが食べたい?」「友人同士の集まりに誘われたけれど本当に参加したい?」など、何でも構いません。答えを選んだら自分がそうしたいからなのか、相手の様子や世間体を気にして「こうするべきだ」と思っているからなのかを、知ることが大切です。

2.自己肯定感を育てる

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
気を使いすぎる人は、自分より他人を優先してしまう傾向があります。意識して自身をいたわる時間をもち、自己肯定感を育みましょう。何か特別なことをしたり、がむしゃらに頑張らなくても「そのままの私でいい」と思えるようになれば、必要以上に気を使うことも少なくなるはずです。
寝る前に今日、自身が「頑張ったな」と思えることを書く「ほめ日記」もおすすめです。「昨日より15分早く起きられた」「ご飯が美味しく食べられた」「近所の人に自分から挨拶できた」など、内容は些細なことでOK。小さな成功体験の積み重ねは自己肯定感につながります。続けるうちに「今日も一日、頑張ったね」と自然に自分を褒められるようになるでしょう。

3.過去の自分を振り返る

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
過去の自分を、じっくり振り返るのもおすすめ。必要以上に気を使いすぎてしまう原因が見つかるかもしれません。年表のように時系列で書いてもいいでしょう。そのときあったことや出来事に対して自分がどう感じたかを丁寧に思い出してみてください。その中には苦い思い出もあるかもしれません。そんな時は、過去の自分を抱きしめるつもりで「よく乗り越えてきたね」と受け入れてあげましょう。きっと心が軽くなるはずです。

気を使いすぎずに周りの人と関わる方法

1.自分と相手は感じ方が違うことを知る

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:pixabay.com
人はそれぞれ感じ方が違います。「こう思っているのかもしれない」と自分の中で想像しても、相手がどう考えているのかは分かりません。「あの人機嫌が悪いみたい。私が何か気に障ることをしたのだろうか?」と思ったら「イライラしているみたいだけど、どうしたの?」と思い切って聞いてみるのも一つの方法です。確認してみると「原因は全く違うことだった」というパターンはよくあります。はじめは勇気が必要かもしれませんが、繰り返すうちに「相手と自分は考えていることが違う」と実感でき、必要以上に気を使わなくなるでしょう。

2.苦手な人とは適度に距離を置く

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
「この人といると気を使いすぎて疲れるな」と思ったら、距離を置くのも方法の一つ。必要以上に愛嬌を振りまくと相手と関わる機会が増え、トラブルの原因になることもあります。苦手な人にまで好かれなくて大丈夫。適切な距離を保っていれば自分の周りには似た価値観の人が集まり、心地よい人間関係ができますよ。

3.すぐに手を貸さず、しばらく見守る

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
相手の顔色を伺うことに慣れていると、すぐに手を貸したくなりますよね。そこで手伝いたくなるのをグッとこらえて少しの間、様子を見守ってみて。気を使いすぎると逆に相手のためにならないケースもあります。もし判断に迷ったら「何か手伝うことある?」と相手に聞いてみましょう。

その気遣いを、まずは自分のために使ってあげて

気遣い過ぎてしんどいあなたへ。「愛想疲れ」を卒業しよう
出典:unsplash.com
「気を使いすぎて疲れる」と悩んでいる人の多くは優しい心の持ち主です。その温かさを、まずは自分に使ってあげましょう。「私はそのままでいい」と受け入れることで、人間関係が楽になるはず。自身の心が満たされれば、無理をしなくても他人を思いやれるようになります。自身の心と向き合い肩の力を抜いて「愛想疲れ」から卒業してくださいね。

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play