手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」

ぎゅうぎゅうに詰まった収納に、すきまがないほど余裕のないスケジュール。人目や世間体へのこだわりで窮屈な生活……。あれもこれも手に入れようとしたり、どれも完璧にこなそうとしたりするのは、執着心を手放せないでいるのが原因です。もしもあなたが今、息苦しさや気詰まりを感じているのなら、重荷になっているものを手放すことです。手放せば、暮らしに余白が生まれます。身も心も自由になれます。そのきっかけとなるのが、3つの「しない習慣」です。2021年06月12日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし習慣暮らし方シンプルライフ持たない暮らし
お気に入り数2140

3つの「しない習慣」とは――

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
物質的なものを「持たない」、時間や空間を「埋めない」、心が窮屈になるようなことを「気にしない」――。

余計なものを手放すことで、暮らしに余白が生まれます。忙しさに追い立てられたり、息苦しいほどの物に圧迫されたりすることもありません。

3つの「しない習慣」で、身も心も自由になれるのです。

持たない

「しない習慣」のひとつめは、物を必要以上に「持たない」ことです。物が過剰に供給される現代では、何もしていなくても家の中に物が入ってきます。

「持たない」と意識することで、不要なものをため込まず、さらりと手放せるようになります。

滞らせない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
物が自分のところで滞っていませんか。「新品を買って、飽きたら捨てる」だけが、物の進行方向ではありません。

誰かから譲り受ける、必要としている人にバトンを渡す、というように循環させるのです。

お金で解決しない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
何かが必要になったとき、すぐにお金で解決しようとしないことです。目的のものを買う前に、他で代用できないか、人から借りることはできないか、検討するのです。

代用する方法も、レンタルのサービスも、ネットで検索すればたくさん見つかります。

妥協しない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
「安物買いの銭失い」という言葉があります。安さを優先すれば、どこか気に入らなかったり、違和感があったり、何かしら不都合が伴うものです。

本当に必要なものは妥協せず、時間をかけてとことん選び抜くようにします。

もらわない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
紙袋やポケットティッシュなど、タダでもらえるものほどため込みがちです。レジ袋が有料化してから、家の中から消えてすっきりしたという方も多いでしょう。

無料でもらえるとしても、もらわないという選択が大事なのです。

埋めない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
「しない習慣」のふたつめは、時間や空間を「埋めない」ことです。空いた時間があればすぐに予定を入れてしまったり、部屋や収納の空きスペースを物で満たそうとしたりしていませんか。

限りある時間や空間をむだにしないためにも、「埋めない」と心に留めておくことが大切です。

床面をふさがない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
部屋の床面ふさいでしまうと、掃除がしづらい、身動きがとりづらい、狭く見えるなど、デメリットが多いもの。理想の家具占有率は3割程度と言われています。

つまり、床面の7割に何も置かないようにすれば、すっきりと快適な暮らしができるということです。

収納をいっぱいにしない

収納はしまい込む場所ではなく、使っているものの一時置き場です。空きスペースがあったとしても、とりあえず何かを入れようとしないこと。

不要なものはどんどん外に出し、収納内の新陳代謝をよくするのです。

スケジュールを詰め込まない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
スケジュールに空白があると、不安になって予定を詰め込んでしまうことはありませんか。手帳はスケジュールを埋めるためのものではなく、自分のための時間を作り出すものです。

空白の時間は、あなたの内面を充実させるために使います。

気にしない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
「しない習慣」みっつめは、心が窮屈になるようなことを「気にしない」ことです。人からどう見られているかを気に病んだり、よく思われようとして本心を偽ったりしない。

人は人、自分は自分と割り切れる強さをもつことで、「気にしない」ように変われるのです。

まわりの価値観に流されない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
「みんな○○しているから」「○○するのが当然」というような、他人の価値観に流されてないことです。

まわりに合わせることが必要な場面もあるかもしれません。しかし、どんなときであっても、価値観を曲げたり、信条を偽ったり、自分を裏切るようなことはしないことです。

心を不安で満たさない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
人にどう思われているかを気にしすぎて、心を不安で満たさないことです。本当に大切なのは、自分が自分をきちんと評価してあげること。

目の前のことに真摯に向き合い、好きなことや楽しいことに集中していれば、他人の評価など気にする暇などないのです。

高望みしない

手放せば、自由になれる。暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」
出典:unsplash.com
高すぎる望みや、大きすぎる夢を叶えるには、相当の努力や険しい道をたどらなければなりません。それが苦でなければよいのですが、挫折や敗北感を伴うのが常です。

高望みせず、身の丈のささやかな望みなら、自分の力で叶えられますし、穏やかで満たされた気持ちが持続します。

3つの「しない習慣」で、軽やかに――

暮らしに余白をつくる3つの「しない習慣」をご紹介しました。

物質的なものを「持たない」、時間や空間を「埋めない」、心が窮屈になるようなことを「気にしない」。

こうして余計なものを手放し、身も心も自由に、軽やかに変えていくのです。
頑張りすぎて疲れたあなたに。心と体を休ませる《しないことリスト》
頑張りすぎて疲れたあなたに。心と体を休ませる《しないことリスト》

人間関係で気疲れしている、仕事や家事で休む間もない、心も体もなんとなく調子がよくない……。時間に追われる日々に忙殺されたり、キャパ以上に頑張りすぎたりして、お疲れ気味ではありませんか。日常の「しなければならないこと」の中には、本当は「しなくてもいいこと」まで含まれているかもしれなません。何もかも完璧にしなくてもいい、手抜きしたっていいのです。そんな「しなくてもいいこと」をあなたの膨大なタスクから間引いて、心と体を休ませてあげませんか。

こちらの記事でも「しないことリスト」をご紹介しています。あわせてご参考になさってくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play