いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ

終わりがない家事は疲れる。自分ばかりやらされて不公平だ。家事に対する不満は尽きず、やりがいも感じられない――。社会では生産性や成果が重視されるため、家事の価値が低く感じられるのかもしれません。しかし、家事はまぎれもなく尊い仕事。家族の健康を支えていることに、もっと誇りをもっていいのです。そんなあなたのための、家事をごきげんにこなす10のコツをご紹介します。2021年05月13日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし暮らし方習慣ヒント家事
お気に入り数1355

「家事=ストレス」ではなく、「家事=ごきげん」に!

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
毎日の家事を楽しくするのも、苦痛にするのも、選択権は自分自身にあります。それなのに、「家事=ストレス」というカードをわざわざ選んでいませんか?

「家事=ストレス」ではなく、「家事=ごきげん」に変えていきましょう。そうすれば、いつも楽しく、誇りをもって家事に取り組めるようになります。

家事効率を高めるコツ

面倒くさい、できればやりたくない。家事に対するネガティブな気持ちは、非効率なやり方や義務感が原因かもしれません。

家事のネガティブなイメージは、家事効率を高めることで払拭してしまいましょう。

1. 朝一はやる気のゴールデンタイム

家事の効率を高めるには、やる気の出る時間帯に集中して行動することです。頭も体もすっきりしている状態と、疲れ切っている状態とでは、家事効率は雲泥の差。

モーニングルーティンが人気であることが示すように、やる気のゴールデンタイムは朝の時間帯なのです。

2. すでにある習慣にプラスする

面倒な家事は、わざわざ感がネックになっています。わざわざ時間をとって、わざわざ睡眠時間を削ってまで、というように。

すでにある習慣にちょい足しするのが、苦もなくこなすポイントです。

3. 好きなこととセットで

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
おっくうな家事を楽しくこなすには、好きなこととセットにすることです。おすすめは、音楽やラジオ、ポッドキャストなど、ながら作業ができるもの。

一曲聴く間に食器を洗う、この番組を聴く間に洗濯ものを片づける、というように。楽しいことをメイン、家事はそのついでというスタンスが、気持ちを楽にします。

いい気分をクリエイトするコツ

いつもダメ出しばかりしていては、やる気も損なわれますし、家事が苦痛になりかねません。ですから、「家事をするといい気分になる」という構図をクリエイトするのです。

そうすれば、あなた自身のごきげんがずっと続きます。

4. 清潔で気持ちいい空間に整える

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
散らかった部屋を片付ける。汚れた場所をピカピカに磨く。窓を開けて新鮮な空気を取り込む――。清々しい気分は、片付けや掃除をした人だけが味わえる特権です。

清潔で気持ちいい空間に整えることは、すなわち自分自身へのご褒美でもあるのです。

5. 愛着のわく道具を使う

使い勝手が悪かったり、見た目が気に入らなかったり。毎日使う台所道具や掃除道具が、小さなストレスになっていないでしょうか。家事の相棒ともいえる道具類は、愛着のわくものを選びます。

そうすれば、使うたびにうれしくなりますし、暮らしのいたるところに楽しみが増えるのです。

6. 同じ手間なら多めに作り置き

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
一日三食の食事の準備は、手間も時間もかかるもの。ですから、ちょっと先の自分を助けるためにも、同じ手間なら多めに作り置きしておくことです。

冷凍しておけば、時間がないときの朝食やお弁当のおかず、忙しい日の夕食の一品に使えます。ストックがあるという安心感に助けられるはずです。

7. 自分をもてなす

自分ひとりだけの食事や、誰にも会わない日の服装など、つい適当になりがちです。それはそれで楽でいいのですが、小さな罪悪感もあったりするもの。

誰のためでもなく、自分をもてなしてみませんか。折敷を使って食事をする、着る機会のない服に袖を通してみる、というように。

こだわりと妥協のバランスをとるコツ

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
時間も体力も有限ですから、何もかも完璧にすることは不可能ですし、その必要もありません。大切なのは、こだわりたい部分と、妥協してもいい部分とのバランスをとること。

何を優先するかがはっきりしていれば、ストレスを感じることもないのです。

8. 気持ちが楽なほうを選ぶ

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
理想とする家事レベルがあって、それを満たせないときもあるでしょう。その葛藤をストレスにしないことです。

時間も体力もない日に、さらに自分に追い打ちをかけるのか、今日はできなくてもいいと許すのか。自分の気持ちが楽なほうを選ぶのが、上手にバランスをとる方法です。

9. 限界を感じたら見直すタイミング

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
「こうありたい」という目指す姿があり、日々努力する。それがいつしか「こうするべき」に変わり、自分のルールに縛られてしまっては元も子もありません。

そんな限界を感じたときが、家事を見直すタイミングです。違う方法はないか、省けることはないか、というように。

10. 自分の感覚を大切にする

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
理想と現実のギャップや、世間体や家族の要望など、何を優先するべきかわからなくなることもあるでしょう。そんなときは、思考ではなく感覚を優先することです。

どうすれば気持ちよいか、心がよろこぶか。そんな自分の感覚を信じることが、結局のところ、毎日の家事をごきげんにこなす秘訣でもあるのです。

毎日の家事を楽しく、ごきげんに。

いつも楽しく、誇りをもって。毎日の家事をごきげんにこなす10のコツ
出典:unsplash.com
家事をごきげんにこなす10のコツをご紹介しました。

毎日の家事は、無駄な労働などではなく、家族の健康を支える尊い仕事です。

「家事=ストレス」ではなく、「家事=ごきげん」に。そうすれば、いつも楽しく、誇りをもって家事に取り組むことができるはずです。
あなたの人生の流れを変える!毎日の「ごきげんをつくる」10の習慣
あなたの人生の流れを変える!毎日の「ごきげんをつくる」10の習慣

不機嫌でいるよりも、ごきげんでいたい。不幸な気持ちでいるよりも、幸せな気持ちでいたい――。落ち込んだりイライラしたりする自分よりも、誰だってごきげんな自分でいたいもの。あなたがごきげんでいることは、周囲にも波及します。その結果、人間関係が円滑になり、仕事や家事がうまくいくようになるのです。人生の流れを変えるともいえるでしょう。そんなごきげんは、自分でつくることができます。「ごきげんをつくる」習慣を続けていくことで、自然とごきげんでいられるようになるのです。

こちらの記事では、「ごきげんをつくる」習慣をご紹介しています。あわせてご参考になさってくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play