生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」

漠然とした不安があったり、絶えず人間関係で悩んでいたり。幸せにはほど遠く、毎日生きづらさと闘っている――。自分が置かれている状況や環境は、なかなか変えられないかもしれません。しかし、ちょっとした視点の変化や、考え方やとらえ方次第で、同じ一日でもいい一日に変えることはできるのです。不安をやわらげ、迷いや悩みをうまくやりすごす。自分を幸せな方向に導いてあげる。そんな「心のお守り」になるような、考え方やとらえ方のヒントをご紹介します。2021年04月22日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方ヒント人間関係悩み
お気に入り数3177

同じ一日でも、いい一日に変えることができます

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
考え方やとらえ方を変えればうまくいく――それができないから苦しんでいる。ごもっともです。

これまで何年、何十年と繰り返し、固定化された価値観ですから、そう簡単には変えられないかもしれません。

今日をいい一日にしたい。そう願うのであれば、少しの努力や心がけを惜しまないことです。

漠然とした不安で苦しいとき

このままでいいのだろうか、この先どうなるのだろうか。そんな漠然とした不安で苦しいとき。あるいは、具体的な出来事に対して、あれこれ考えてしまうとき。

堂々巡りで苦悩するくらいなら、何か行動に移すことです。すぐに行動できずとも、合理的に考えて整理するだけでも、気持ちを切り替えられます。

自分を助けるのは自分自身

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
自分は社会から必要とされていない。いてもいなくても同じだ――。そんなふうに自分自身を追い詰め、いたずらに孤立を深めないことです。

自分を縛り付けるような、不自由な考え方に気付くこと。それが自分で自分を助ける第一歩となるのです。

今できることを全うする

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
まわりはみんな活躍しているのに、自分だけ何もできていない。さまざまな事情で、自分だけ取り残されているように思うこともあるでしょう。

それは、何もしていないのではありません。今自分にできることを全うしているのだと、胸を張っていいのです。

変わりたいとき、何を変えるかを見極める

今のままではダメだと本気で思うのなら、何を変えるべきなのかを見極めることです。人には、絶対に変えられない本質的な部分と、変えられる部分とがあります。

前者を変えようともがくのは、時間と労力の無駄というもの。後者は習慣や考え方で、こちらは心がけ次第でいかようにも変われるのです。

人間関係がうまくいかないとき

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
人間関係での悩みは尽きないものですが、そればかり考えていてはつらさが増すばかりです。今の人間関係が人生のすべてではありません。

いずれ離れていく人に対して、いちいち心を煩わせるのは、自分が損するだけ。もっと楽になる考え方、とらえ方に切り替えるのが賢明なのです。

比較して得られるのは、不安と悩みだけ

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
人と比べられたことがない、という方は稀でしょう。それくらい、比較することは日常茶飯事であり、誰かと比べて自分の位置を確認することが当たり前になっているかもしれません。

しかし、そこから得られることは不安と悩みだけです。たとえ優越感が得られたとしても、自分自身は何ひとつ変わりません。比べることは意味のないこと、と心得るのです。

自分の思いは言葉にして表す

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
わかってもらえない、察してほしいというのは、身勝手で子どもっぽい発想です。外に出さない言葉は、自分の中で堂々巡りをするだけで、相手には伝わりません。

自分の思いは、言葉にして表します。そして、理解されたいと思うのなら、まずは自分から相手を理解しようとすることです。

嫌な人との関わり方

どうしても合わない人、嫌な人と関わらざるを得ないこともあるでしょう。そんなときは、小さな接点や共通点を見出す努力をするのです。

自分が見ているのは、相手のほんの一面だけだと知ること。もっと別の面を見ようとしなければ、自分自身の人生の幅を狭めることになるのです。

幸せから遠ざかっているとき

出来事そのものに「いい」「悪い」はありません。受け取る側が、「ラッキーだ」「不運だ」と意味づけをしているだけなのです。

自分は不幸だ、ついていないというのも、妄想にすぎません。それはつまり、今すぐにでも「幸せである」ことができる、ということなのです。

強すぎる自我を薄れさせる

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
自分の命は、自分自身のものです。しかし、その思いが強くなると、「わたしが、わたしが」という強すぎる自我を生みます。

この命は授かりもの、預かっているものでもあるのです。そう思えば、もっと謙虚になり、生かされていることに感謝できるようになります。

心を満たすとらえ方をする

不幸だと嘆くのは、幸せを見つけようとしていないだけのこと。探せば必ずあるもの、感じ取れるものなのです。

たとえば、「昨日と同じようなつまらない一日しか来ない」のではなく、「今日もまた昨日のように安らかな一日が来た」ととらえる。何もなくても、何も変わらなくても、心を満たすことができるのです。

支え合っていることを知る

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
孤独やさみしさを、ひとりで抱え込まないことです。物理的にひとりでいたとしても、心でつながることはできます。

この世の誰ひとり、支え合って生きていない人などいません。遠くにいる人、顔も名前も知らない人、皆がそれぞれを支え合っている。そんな世界に、わたしたちは生きているのです。

どちらでもよいという選択

善か悪か、正解か誤りか、そんな二者択一の考え方は、余計な悩みの元になります。どちらかに決めるということは、どちらかに執着するということだからです。

どちらにも執着しない、どちらでもいい。そんな選択があってもいい。そうすれば、今ある悩みも薄らいで、心が楽になるはずです。

「心のお守り」で今日もいい一日に

生きづらさがあっても大丈夫。今日をいい一日に変える「心のお守り」
出典:unsplash.com
「心のお守り」になる、考え方やとらえ方のヒントをご紹介しました。

不安をやわらげ、迷いや悩みをうまくやりすごす。自分を幸せな方向に導いてあげる。

そうやって、同じ一日でも、いい一日に変えることができるのです。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play