毎日が軽やかでいい日になる!やめる・減らす・手放す「引き算」の生き方

毎日が軽やかでいい日になる!やめる・減らす・手放す「引き算」の生き方

いつも考えごとで頭がいっぱいで、余裕がない。心配や不安、怒りに支配されて、自分を見失っている――。現代は物も情報もあふれていて、常に「足し算」の状態にあります。意識して「引き算」をしていかないと、容量オーバーとなり、心の重荷となるのです。しっかりと自分の時間を使い切る。自分の人生を生ききる。そのためには、「引き算」が欠かせません。やめる・減らす・手放す――この3つの「引き算」の生き方をご紹介します。あなたの毎日が、軽やかでいい日へと変わっていくはずです。2021年04月06日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方ヒント思考法悩み
お気に入り数2935

心の重荷を増やしていませんか?

毎日が軽やかでいい日になる!やめる・減らす・手放す「引き算」の生き方
出典:unsplash.com
悩みや迷いを増やすような考え。必要以上にものごとを抱え込むこと。自分を苦しめるだけの悪習――。

このどれもが心の重荷を増やすことです。しかし、わたしたちは無意識にこれらのものをため込む癖があります。

もっと軽やかに生きていくためには、「引き算」を意識することが大切です。

やめる「引き算」 

自己嫌悪や悩み、迷い、不安でつらい気持ちになっていませんか。それらはみな、自分の心が作り出すものです。

完全になくすことはできなくても、心が軽くなる考え方や行動に変えていくことはできます。

他人軸

毎日が軽やかでいい日になる!やめる・減らす・手放す「引き算」の生き方
出典:unsplash.com
他人軸とは、誰かと比べたり、人の目を気にしたり、他人を基準にした考え方のことです。他人軸では自分らしさを失い、息苦しさを生みます。

「みんなこうだから」「親がこうしろって言うから」ではなく、「わたしはこうしたい」「わたしはこう思う」へ。自分軸へと変えていくのです。

完璧主義

仕事も家事も完璧を目指そうとする。その意志や努力は素晴らしいものです。しかし、完璧な状態は長続きしません。世の中のものは常に変化し続けるからです。

二者択一の考え方も同様です。いつも必ず正解があるわけではありません。ほどほどのところでよしとすることも、ときには必要なのです。

先送り

いつかやろう、そのうち手を付けよう。そう思って先送りしていることはありませんか。いつも頭の片隅にあって、すっきりしないのではないでしょうか。

思い立ったらすぐに行動します。できなければ小分けにして、そのうちのひとつでも着手することです。そうやって小さな達成感を積み重ねていきます。

減らす「引き算」

毎日が軽やかでいい日になる!やめる・減らす・手放す「引き算」の生き方
出典:unsplash.com
「足し算」は簡単です。放っておいても、物はどんどん部屋に入ってきますし、情報も洪水のように押し寄せてきます。

それは本当に必要なのか、選別すること。減らす「引き算」を意識することで、もっと身軽になることができます。

所有物を減らす

身動きをとるのにも苦労するほど、不要なものに部屋を占領されていませんか。自分の部屋なのに居場所がなかったり、じわじわとストレスを感じたり……。

自分を幸せにしない所有物は、どんどん間引きます。モノに支配されない自由を手に入れるのです。

タスクを減らす

ずっと消化されないタスクに、分刻みのスケジュール。時間に追われ、心がほっと落ち着く暇もない。それは、タスクの詰め込みすぎです。

自分のからだは一つしかありません。できることは限られているのです。タスクや予定は、自分にしかできないものだけに厳選します。何もない時間、予定のない休日をつくるのです。

情報を減らす

スマホひとつでなんでもできる時代です。その反面、常につながっていないと不安になったり、すぐに返信しなければと駆り立てられたりもします。

放っておくとどんどん入ってくる情報は、意識的にシャットアウトしなければなりません。スマホから離れ、心を空っぽにする時間をもつのです。

反応を減らす

すぐにイラっとしたり、過剰にはしゃいだり、感情的にならないこと。振り子が大きく揺れれば、その分、反対側にも大きく揺れてしまうからです。

いちいち反応することを減らします。ものごとに一喜一憂せず、つねにニュートラルな状態にいることが理想です。

手放す「引き算」

答えの出ないことを考え続けたり、自分を責めるようなセルフトークを延々と続けたり。ずるずるとネガティブな考えにとらわれ、抜け出せなくなります。

これらの悪習は手放し、その代わりに、ポジティブになれるような習慣に置きかえていくのです。

考えすぎること

毎日が軽やかでいい日になる!やめる・減らす・手放す「引き算」の生き方
出典:unsplash.com
寝る前にその日の大反省会をしたり、心配ごとで眠れなくなったり。夜の考えごとは、ついネガティブになりがちです。

夜は感謝でしめくくりましょう。いやなことがあったとしても、それでも一日無事すごせたことに感謝します。考えごとは、頭がすっきりしている朝の自分に任せるのです。

執着する心

毎日が軽やかでいい日になる!やめる・減らす・手放す「引き算」の生き方
出典:unsplash.com
過去の出来事にとらわれたり、自分を苦しめるセルフトークが止まらなかったり、ストレス発散のための浪費や不健康なことがやめられなかったり……。

執着する心を手放すには、自分の外側に出してあげることです。効果的なのは、紙に書き出すこと。距離を置いて、自分を見つめ直せるようになります。

ないものねだりをしない

自分には足りない能力やスキル、容姿や育った環境、仕事やお金……。ないものを数えると終わりがありません。すべてを持ち合わせることは、不可能だからです。

欠けているものとらわれるのではなく、既にあるものに目を向ける。今ある能力を伸ばしたり、さらに磨きをかけたりすれば、もっと自分に自信が持てるようになります。

「引き算」で心軽やかな毎日に

「引き算」の生き方をご紹介しました。

やめる・減らす・手放す の3つの方法で、もっと身軽になりましょう。

そうすれば、あなたの毎日が、軽やかでいい日へと変わっていくはずです。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play