衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ

季節の変わり目は、衣替えのタイミングで断捨離を考える方も多い季節。特に冬から春は洋服のボリュームも下がるので、片付けたときの爽快感もひとしおです。「思ったように断捨離が進まない」「勢いがつきすぎて全部捨てそう」なときに、福の枚数をしぼって上手に手放すコツをご紹介します。2021年03月22日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし衣替え片付け断捨離服選び
お気に入り数3038

春の衣替えは断捨離しやすいタイミング

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:unsplash.com
季節が変わる衣替えのシーズンは、服の整理がはかどりやすいタイミングです。「ワンシーズン着倒したからもういいかな」「全然袖を通さなかったから不要かも」という風に、アイテムを手放す踏ん切りがつきやすい時期ともいえます。

持ち物のボリューム減でも達成感が得られやすい

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:pixabay.com
特に冬から春にかけて断捨離にトライする場合、冬物は一つ減らすだけでも持ち物のボリュームが目に見えて減るので、不用品を手放した爽快感も得られやすいメリットがあります。

はずみがつきやすい分やりすぎに注意

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:unsplash.com
断捨離が進みにくいのは「物を手放す心の痛み」が原因となっている場合が多いのですが、「がんばって持ち物を減らしたらスペースが空いた」という心理的なメリットを感じられると、今度はその成功体験が欲しくなって「服捨て」に過剰にエンジンがかかってしまう事も。

「気温調節アイテム」は全捨てしないのがポイント

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
徹底した持ち物整理の方法には「気に入っていないアイテムは全て捨てる」というルールを推奨しているケースがありますが、洋服に関しては「急に冷え込んだとき」のために、気温に対して調節できるアイテムを必ず一枚は残しておくのをおすすめします。
衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
特に秋冬に向けての羽織物はまだ暑い時期に店頭に並ぶ事も多く、意識的に探して手に入れようとしないと、気温が下がり「こういう厚さの上着が欲しい」というタイミングには欲しい色やサイズが売り切れてしまっているケースも。次の買い物で妥協しないための予防アイテムとして、一枚取り置いて「新しい物を買ったら手放す」のがよいでしょう。

「まだ着られるアイテム」をリサイクルしたい場合

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:unsplash.com
直に肌に触れにくいコートなど「もう着ないけれどコンディションは悪くない」というアイテムは、「捨てずに買い取りに出す」という方法もあります。

シーズン終わりは買い取りはしてもらえるけれど安くなる事も

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
店頭や宅配など洋服の買い取りリサイクルはいろんな形態がありますが、買い取り側に共通しているのは「なるべく早く回転させたい」という思いです。「クローゼットを塞ぐから早く手放したい」と服のシーズンが終わったタイミングで売りに出すと、その多くは買い取り店にとって一年近く在庫品となってしまうリスクがあります。
衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:unsplash.com
そうなると商品管理コストがかさんでしまうので「シーズン終わりなので買い取りはできません」と断られたり、安値になってしまう事も。それなりに需要が見込めるアイテムであれば、手入れして次のシーズン初めまで取り置いてから売りに出した方がよいケースもありますので、その点を考慮しての判断をおすすめします。

資源リサイクルに出す場合は受け入れ条件をチェック

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
買い取りではなく資源としてのリサイクル(寄付)に出す場合、受け入れ可能な条件が設定されています。
「繊維として再生するのでアイテム不問」や「リユースが目的なので受け入れ可能な品目とそうでない物がある」など、リサイクルの方法によって引き取ってもらえる物が変わってきますので、アイテムがまとまってから送り先を選ぶか、あらかじめ送り先を決めて受け入れ不能なアイテムは思い切って処分するなど、自分がどうしたいか考えながら作業すると効率よく片付きます。
RE.UNIQLO:あなたのユニクロ、次に生かそう
ユニクロは自社製品の回収を行っています。

「○○だけど」と条件がつくアイテムの場合

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
「気に入っているけれどくたびれてきた」「あまり着ていないけどまだきれい」という風に、“けど”が付く即断できないアイテムは、「手入れもしくは着るために必要な条件を用意するのが苦にならないか」で判断してみましょう。
例として「ブラシをかければいける」なら、今すぐそれをやってでも取っておきたいと思えるかどうか。「そのうちやろう」というレベルであれば、そのアイテムに対して手入れのコストをかけるだけの熱意がないかもしれません。
衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
物を持つ以上、管理するコストは自分が払わなければなりません。元の値段に関係なく「手入れをして、丁寧に扱う」事ができる物は自分にとって価値がある物ですが、それができない物は「自分の持ち物としての賞味期限が切れた」という風に、判断基準の一つとしてみて下さい。
衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
もし判断に迷う物が自分の定番アイテムなら、新しく更新する時期かもしれません。同じ物を買い替える、少し違う物に変えてみる、コーデの構成自体を見直してみるなど、「これからの自分がどうしたいか」を考えるチャンスでもあります。

「捨てられない」「捨てすぎない」ためには

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:unsplash.com
「服が多すぎるのにもったいない気がして手放せない」という場合、家中のハンガーを集めてみましょう。びっくりするほどたくさんあった場合はあきらかに持ちすぎです。まず、気に入っている物で手持ちのハンガーを一週間程度のコーデに必要な本数にしぼり、まずはそこに掛ける服からピックアップしてみます。

「ハンガーの数を決める」事で「必要な数」が目に見えやすくなる

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:unsplash.com
全ての服を一軍とそれ以外に分ける方法もありますが、「どの程度まで減らせば(残せば)いいのかわからない」場合、ハンガーの本数を決める事で数がある程度可視化されるので、単純に「着る」「着ない」だけで分別するよりも更に順位づけがしやすくなり、適切な枚数が残るのではずみがつく事での捨てすぎも防げます。
衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
引き出し収納派の場合は、ぎゅうぎゅうに詰め込まず取り出しやすい枚数で収めます。このとき「その服を片付ける人がしまいやすい」「着る人が取り出しやすい」の両方を満たすやり方かを確かめましょう。「しまいにくい」「出しにくい」のどちらかが発生する方法だと、服が死蔵品化しやすくなります。

「服を活かせる」環境を整える作業を楽しんでやってみよう

衣替え+断捨離をしたいときに。服の枚数をしぼり上手に手放すコツ
出典:
処分や片付け、断捨離は「大変そう」という気持ちが起こりがちですが、「今までの暮らしを振り返りながらこれからの自分に合わせる」作業でもあります。日々の家事の省力化にも繋がりますので、気に入った服を活かせる環境を整えるつもりで楽しんでみて下さい。
画像のご提供ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play