ズボラさんでも大丈夫。これだけは守りたい5つの「片付けルール」

ズボラさんでも大丈夫。これだけは守りたい5つの「片付けルール」

家の中や身の回りのスペース。いつでもきれいに保ちたいという気持ちはあるものの、すぐに散らかってしまう…。そんなちょっと片付けが苦手な人に必見。家の中をきれいに保つためのヒントをお届けします。簡単なルールを守るだけで、毎日の片付けや掃除がぐっと楽になりますよ。2021年02月27日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
片付け収納術整理整頓コツやり方
お気に入り数2553

この前片付けたはずなのに・・・

ズボラさんでも大丈夫。これだけは守りたい5つの「片付けルール」
出典:unsplash.com
部屋をきれいに保ちたい。いつも居心地のいい空間にしていたい。そう強く思ってはいるけれど、片付けが苦手でなかなかうまくいかないという人も少なくないのではないでしょうか。仕事のある日は家事まで手が回らないから、休みの日にまとめてやる。とてもよくわかります。でもできるなら、いつもきれいで気持ちいい部屋に帰ってきたいですよね。
片付けに対して苦手意識があると、片付け自体が苦痛になりがち。なかなか手がつかず後回しにしてしまうことも。そうして部屋のアチコチに片付けるべき“山”ができてしまいます。そんな片付けが苦手な人でも、簡単なヒントを習得することで片付けがぐっと楽になります。今回は、片付けられない5つの原因と、これだけ守ればOKの5つのルールを紹介します。

片付けられないのはなぜ?

まず、片付けてはまた散らかるという事態を何度も繰り返さないよう“片付かない理由”を把握しましょう。自分の苦手な分野やクセを知り、ちょっと気をつけるだけでいつもより片付けや掃除の負荷が減るはずです。

1、物をため込んでしまう

1つ目の理由は、物をたくさんため込んでしまうこと。ついつい買ってしまうのに、捨てるのは苦手。これではどんどん物が増えていきますよね。この理由はさらに2つの心理的要因にわけられます。
1つは物理的な安心感、そしてもう1つが取捨選択できない心理です。
出典:unsplash.com

1つ目の理由は、物をたくさんため込んでしまうこと。ついつい買ってしまうのに、捨てるのは苦手。これではどんどん物が増えていきますよね。この理由はさらに2つの心理的要因にわけられます。
1つは物理的な安心感、そしてもう1つが取捨選択できない心理です。

部屋にたくさん物があることで安心感を得る人は、不必要な物まで買い込んでしまいがち。そして、手放すことに寂しさや不安を感じてしまいます。使わないものでもいつの間にか“必要”なものとして思い込んでしまうことも。

一方取捨選択が苦手な人は、どれもこれも必要に感じられて本当に使うものが見定められません。
出典:pixabay.com

部屋にたくさん物があることで安心感を得る人は、不必要な物まで買い込んでしまいがち。そして、手放すことに寂しさや不安を感じてしまいます。使わないものでもいつの間にか“必要”なものとして思い込んでしまうことも。

一方取捨選択が苦手な人は、どれもこれも必要に感じられて本当に使うものが見定められません。

2、後回しのクセがある

「今は忙しいから」「これくらいならすぐ片付くから」そんなふうに、つい片付けを後回しにしていませんか?そうしていると、片付けなければいけない量が増えてしまい、ついぞやるというときには多大なパワーと時間を要することに。
出典:unsplash.com

「今は忙しいから」「これくらいならすぐ片付くから」そんなふうに、つい片付けを後回しにしていませんか?そうしていると、片付けなければいけない量が増えてしまい、ついぞやるというときには多大なパワーと時間を要することに。

面倒だと思う作業を後回しにすることが、結果として片付けに対する苦手意識をふくらませる要因になっています。

片付けという段階になる前に、物を元の位置に戻すなどの作業を常に心がけていれば、時間も労力もいらず苦手意識は生まれにくくなりますよ。
出典:unsplash.com

面倒だと思う作業を後回しにすることが、結果として片付けに対する苦手意識をふくらませる要因になっています。

片付けという段階になる前に、物を元の位置に戻すなどの作業を常に心がけていれば、時間も労力もいらず苦手意識は生まれにくくなりますよ。

3、時間や量の計算が苦手

続いての理由が、時間や量の計算ができないこと。まず買い物をするときに、収納する場所を考えずに大量に買い込んだり、収納予定の場所と買う物のサイズを測らずにはまらない物を買ったりと、目分量かつ誤った計測をしてしまいます。細かく計画してから買い物をするのが苦手とも言えますね。
出典:unsplash.com

続いての理由が、時間や量の計算ができないこと。まず買い物をするときに、収納する場所を考えずに大量に買い込んだり、収納予定の場所と買う物のサイズを測らずにはまらない物を買ったりと、目分量かつ誤った計測をしてしまいます。細かく計画してから買い物をするのが苦手とも言えますね。

時間も同じで、ある時間までに一連の家事を終わらせるスケジュールを組むのに、時間を短く見積もってしまいます。「洗い物を5分でして、それから部屋を5分で片付けて・・・」といった具体です。実際には部屋には、服の山、おもちゃの山、届いた書類の山・・・とても5分じゃ片付かないなんてことも。結果、後回しにされた片付けがたまってしまいます。
出典:www.pexels.com

時間も同じで、ある時間までに一連の家事を終わらせるスケジュールを組むのに、時間を短く見積もってしまいます。「洗い物を5分でして、それから部屋を5分で片付けて・・・」といった具体です。実際には部屋には、服の山、おもちゃの山、届いた書類の山・・・とても5分じゃ片付かないなんてことも。結果、後回しにされた片付けがたまってしまいます。

4、収納の仕方がわからない

いつも片付けには着手をしている、物もしっかりとしまっている。それなのに部屋が散らかってしまうという人は、収納の仕方に工夫が必要かもしれません。次使うときに取り出しづらいしまい方をしていたり、どこに何があるかわからなくなったりすると片付きにくくなってしまいます。
出典:unsplash.com

いつも片付けには着手をしている、物もしっかりとしまっている。それなのに部屋が散らかってしまうという人は、収納の仕方に工夫が必要かもしれません。次使うときに取り出しづらいしまい方をしていたり、どこに何があるかわからなくなったりすると片付きにくくなってしまいます。

押入れやクローゼットの中にどんどん物を重ねている人は要注意。「そう言えばクローゼットにあれをしまったな」と思って取り出そうしても、いつどの辺りにしまったかわからずにすべてを引っ張り出し、しかも重ねているから床にたくさん広げることになってしまいます。
出典:unsplash.com

押入れやクローゼットの中にどんどん物を重ねている人は要注意。「そう言えばクローゼットにあれをしまったな」と思って取り出そうしても、いつどの辺りにしまったかわからずにすべてを引っ張り出し、しかも重ねているから床にたくさん広げることになってしまいます。

5、疲れやストレスがたまっている

最後の理由は、疲れやストレスです。片付け方も知っているし、収納の工夫もしてある、だけど圧倒的に時間が足りずにタイムアップになり、疲れてそれどころじゃないという人もいるでのはないでしょうか。片付かない部屋を見て余計にイライラしてしまいストレスがたまる・・・そんな悪循環に陥ってしまいます。
出典:unsplash.com

最後の理由は、疲れやストレスです。片付け方も知っているし、収納の工夫もしてある、だけど圧倒的に時間が足りずにタイムアップになり、疲れてそれどころじゃないという人もいるでのはないでしょうか。片付かない部屋を見て余計にイライラしてしまいストレスがたまる・・・そんな悪循環に陥ってしまいます。

疲れがたまりすぎると、せっかくの休みや空いた時間を寝て過ごしてしまうことも。エネルギーをチャージするためにも必要な時間ではありますが、やるべき片付けをしなかった自分を必要以上に責めてしまう事態につながりかねません。片付けが楽になるルールを実践して、心の負担を減らしましょう!
出典:unsplash.com

疲れがたまりすぎると、せっかくの休みや空いた時間を寝て過ごしてしまうことも。エネルギーをチャージするためにも必要な時間ではありますが、やるべき片付けをしなかった自分を必要以上に責めてしまう事態につながりかねません。片付けが楽になるルールを実践して、心の負担を減らしましょう!

これだけは守りたい片付け5つのルール

片付けと一口に言っても、その中身はいろいろ。たとえばキッチン周りを片付けるだけでも、開く戸棚は1つではありませんよね。「あれはここに戻して、次にあれをして・・・」といろいろと考えると面倒な気持ちがどんどん膨らんでしまうから、5つのルールを覚えて日常生活に取り入れましょう。すると、片付けに割く時間と労力が減ってフットワーク軽く取り組めるようになりますよ。

1、床の上に物を置かない

1つ目のルールにして、絶対に守りたいルールが、床やラグなどの上に物を置かないこと。床は収納場所ではないので、どんなにきれいに置いてもアウト。特に、ローテーブルで座って生活している人は要注意ですよ。もしどうしても床に置く物がある場合は、きちんと定位置を決め、ボックスなどに収納できるものは収納しましょう。
出典:unsplash.com

1つ目のルールにして、絶対に守りたいルールが、床やラグなどの上に物を置かないこと。床は収納場所ではないので、どんなにきれいに置いてもアウト。特に、ローテーブルで座って生活している人は要注意ですよ。もしどうしても床に置く物がある場合は、きちんと定位置を決め、ボックスなどに収納できるものは収納しましょう。

たとえばバッグなど、なんとなくソファや床に置いているものはありませんか?そうした物の一つひとつに、しっかりと定位置を与えましょう。

棚やフックを設けるのが難しい場合は、ミニチェアなどを置いておしゃれに片付けるのもいいですね。一つひとつの位置を決めるのは面倒に感じる人もいるかもしれませんが、一度決めてしまえば後はそのルールを守るだけですので、この子は行き場所が迷子になりがちだなと感じた都度決めてしまいましょう。
出典:unsplash.com

たとえばバッグなど、なんとなくソファや床に置いているものはありませんか?そうした物の一つひとつに、しっかりと定位置を与えましょう。

棚やフックを設けるのが難しい場合は、ミニチェアなどを置いておしゃれに片付けるのもいいですね。一つひとつの位置を決めるのは面倒に感じる人もいるかもしれませんが、一度決めてしまえば後はそのルールを守るだけですので、この子は行き場所が迷子になりがちだなと感じた都度決めてしまいましょう。

2、部屋のトーンを統一する

部屋が散らかって見える、がちゃがちゃして見えるだけで、片付けのモチベーションが下がってしまいますよね。せっかく片付けても、なんだかきれいに片付いた気がしない・・・。それはカラーが原因かもしれません。2つ目のルールは、部屋のトーンを統一することです。
出典:pixabay.com

部屋が散らかって見える、がちゃがちゃして見えるだけで、片付けのモチベーションが下がってしまいますよね。せっかく片付けても、なんだかきれいに片付いた気がしない・・・。それはカラーが原因かもしれません。2つ目のルールは、部屋のトーンを統一することです。

部屋のトーンを統一するだけで、物の量が同じであっても整った印象になります。【コツは3色】たとえば、白を基調としてグレーとベージュの3色、カラフルに白と青と黄色の3色といったように、カラーを絞りましょう。

新たに物を買うときもカラーを意識していくと、どうしても色を選べないパッケージものなどがあった場合も、しっかり収納して部屋のトーンを保ちたくなるはずです。
出典:www.pexels.com

部屋のトーンを統一するだけで、物の量が同じであっても整った印象になります。【コツは3色】たとえば、白を基調としてグレーとベージュの3色、カラフルに白と青と黄色の3色といったように、カラーを絞りましょう。

新たに物を買うときもカラーを意識していくと、どうしても色を選べないパッケージものなどがあった場合も、しっかり収納して部屋のトーンを保ちたくなるはずです。

3、片付かない物は一箇所に集める

忙しい毎日の中で、どうしても片付ける時間をつくれない場合もありますよね。そんなときは、一旦一箇所にすべて集めておきましょう。たとえばリビングでも、テーブルの上、ソファの上、出窓にテレビボードと、あちらこちらに片付けるべき山ができてしまうと、いざ片付けるときにどこから手をつけたらよいのかがわからなくなってしまいます。
出典:unsplash.com

忙しい毎日の中で、どうしても片付ける時間をつくれない場合もありますよね。そんなときは、一旦一箇所にすべて集めておきましょう。たとえばリビングでも、テーブルの上、ソファの上、出窓にテレビボードと、あちらこちらに片付けるべき山ができてしまうと、いざ片付けるときにどこから手をつけたらよいのかがわからなくなってしまいます。

また、これはどこにしまおうかと迷ったときにもおすすめ。そうしたものは、1つのボックスなど限られたサイズの場所に一度しまって、溢れてしまう前に片付けをするクセをつけましょう。箱を片手に、家をまわって定位置に戻していけば自然と片付けが完了するよになりますよ。
出典:unsplash.com

また、これはどこにしまおうかと迷ったときにもおすすめ。そうしたものは、1つのボックスなど限られたサイズの場所に一度しまって、溢れてしまう前に片付けをするクセをつけましょう。箱を片手に、家をまわって定位置に戻していけば自然と片付けが完了するよになりますよ。

4、物を戻す場所と戻す習慣

床に物を置かないというルールでも触れましたが、物の一つひとつに戻す場所を決めておきます。ざっくりと、薬は引き出しの2番目、文房具はテーブル横のボックス、などのような形で構いません。そのためにも、ボックスやトレイなどを多く使って、収納する場所を用意するといいですよ。

ボックスやトレイは同じ色や形で統一し、ラベリングしておくのがきれいに見えるポイント。いつも同じ場所に放置される物は、そこが戻るべき定位置なのかもしれません。
出典:www.pexels.com

床に物を置かないというルールでも触れましたが、物の一つひとつに戻す場所を決めておきます。ざっくりと、薬は引き出しの2番目、文房具はテーブル横のボックス、などのような形で構いません。そのためにも、ボックスやトレイなどを多く使って、収納する場所を用意するといいですよ。

ボックスやトレイは同じ色や形で統一し、ラベリングしておくのがきれいに見えるポイント。いつも同じ場所に放置される物は、そこが戻るべき定位置なのかもしれません。

冷蔵庫の中や引き出しの中などでも、便利なトレイを使ってカテゴリ分けをするのがおすすめ。また、立てられるものは立てて収納するだけで、スッキリ度やきれいさが変わります。ラベリングをして戻す場所が見えるのは、子どものお片付けにも有効な方法です。家族も一緒に片付けの習慣をつけられれば、負担も軽くなりそうですね。
出典:

冷蔵庫の中や引き出しの中などでも、便利なトレイを使ってカテゴリ分けをするのがおすすめ。また、立てられるものは立てて収納するだけで、スッキリ度やきれいさが変わります。ラベリングをして戻す場所が見えるのは、子どものお片付けにも有効な方法です。家族も一緒に片付けの習慣をつけられれば、負担も軽くなりそうですね。

5、片付け時間を好きになる

最後のルールは、片付けの時間を好きになること。ルールを守って少しずつ片付いた部屋、片付けやすい部屋になっていくことで、それをキープするための片付けが必要不可欠な習慣になっていけたらグッド。忙しい1日の5分、休日の起床後の30分など、好きなことをする時間として確保できたらいいですね。
出典:unsplash.com

最後のルールは、片付けの時間を好きになること。ルールを守って少しずつ片付いた部屋、片付けやすい部屋になっていくことで、それをキープするための片付けが必要不可欠な習慣になっていけたらグッド。忙しい1日の5分、休日の起床後の30分など、好きなことをする時間として確保できたらいいですね。

片付け時間をより好きになるための方法が、好きな掃除道具を用意すること。片付けと掃除はセットのようなところがあり、掃除をするにはその前に片付けをしなくてはいけません。かわいいカラーやおしゃれなデザインなど、使いたくなるお気に入りの掃除道具を揃えておけば、片付けにもはずみがつきますよ。
出典:www.pexels.com

片付け時間をより好きになるための方法が、好きな掃除道具を用意すること。片付けと掃除はセットのようなところがあり、掃除をするにはその前に片付けをしなくてはいけません。かわいいカラーやおしゃれなデザインなど、使いたくなるお気に入りの掃除道具を揃えておけば、片付けにもはずみがつきますよ。

楽に片付けをするルールを使って、快適な空間をつくろう

毎日できる小さなルールで、片付ける量や手間が格段に変化します。でもその前に、片付かない原因で紹介したように、必要以上に物を買い込んだり捨てずにため込んだりしていては、片付くものも片付きません。思い切って手放して持つ物を減らしてしまえば、思いの外心もすっきり軽くなるはず。残った精鋭たちは愛着のあるものばかりだから、丁寧に扱い片付けるクセもきっと身につきます。理想の快適空間をつくるため、今からできる毎日のコツコツを始めましょう。

*画像協力ありがとうございました

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play