今だからこそ、考えたい。洋服・小物など【ワードローブ】との付き合い方

今だからこそ、考えたい。洋服・小物など【ワードローブ】との付き合い方

外出の機会が大幅に減って、家での時間が長くなると、以前のライフスタイルが、今の自分に合っていないような気がしてきますよね。服装も、かっちりしたものよりラフなものへ、小物類も高価なブランドものより、機能性や使いやすさ重視で...みたいな趣向の変化が各々出てきているように思います。世の流れや変化をポジティブに捉えるためにも、きっと今こそ、モノとの付き合い方を見直すとき。普段身につける洋服や小物について、改めて考えてみませんか?2021年02月19日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方シンプルライフワードローブ
お気に入り数1061

何を持つか?何を着るか?あなたの基準はどこにある?

今だからこそ、考えたい。洋服・小物など【ワードローブ】との付き合い方
出典:unsplash.com
この度のコロナ禍で、衣食住の中でも、特に「衣」に最も変化があったという方は多いのではないでしょうか。人と直接会う機会が大幅に減ると、体裁を整えるとか、頑張っておしゃれするとか、無理して自分を取り繕うような着こなし方は段々と意味をなさなくなってきました。けれど、ファッションは自分の内面を表現するものでもあり、人とコミュニケーションを取る上でも大事な要素です。これからの私たちは、どのような視点でモノを選び、付き合って行けば良いのでしょうか。ちょっと真面目に考えてみませんか?

自分が持っている服や小物の量って、どのくらい?

まず、改めて、自分のクローゼットを見回して、ざっと何着洋服を持っているか、あなたは把握できていますか?衣類整理の際に心がけておきたいのは、それそれのシーズンで着回せる洋服について、アイテム毎にカウントすること。たとえば、パンツ6本、カットソー5枚、ワンピース3枚...といった具合に。すぐに思い出せないのなら、写真を撮っておくのも良い方法です。ただ、普段着る日常着は、パッと思い出せる範囲内がベスト。何かのアイテムに偏りがある場合は、買い物の傾向が偏りがちということ。新しいものを買うときは心得ておきたいですね。
出典:unsplash.com

まず、改めて、自分のクローゼットを見回して、ざっと何着洋服を持っているか、あなたは把握できていますか?衣類整理の際に心がけておきたいのは、それそれのシーズンで着回せる洋服について、アイテム毎にカウントすること。たとえば、パンツ6本、カットソー5枚、ワンピース3枚...といった具合に。すぐに思い出せないのなら、写真を撮っておくのも良い方法です。ただ、普段着る日常着は、パッと思い出せる範囲内がベスト。何かのアイテムに偏りがある場合は、買い物の傾向が偏りがちということ。新しいものを買うときは心得ておきたいですね。

誰にも会わない日の服装が、なんだか残念

今日は1日家にいるから...どうせ誰にも会わないから...と部屋着で過ごす。このことは別に悪いことではないけれど、その部屋着、なんだか残念な格好になっていませんか?たとえば、汚れてもいい、どんな姿勢でも楽、みたいな視点で選んでいると、自分の体や表情も次第に緊張感がなくなって、緩んできます。着る服が自分に影響を及ぼすということを覚えておきましょう。
出典:unsplash.com

今日は1日家にいるから...どうせ誰にも会わないから...と部屋着で過ごす。このことは別に悪いことではないけれど、その部屋着、なんだか残念な格好になっていませんか?たとえば、汚れてもいい、どんな姿勢でも楽、みたいな視点で選んでいると、自分の体や表情も次第に緊張感がなくなって、緩んできます。着る服が自分に影響を及ぼすということを覚えておきましょう。

もう要らないという判断。それって正しい?

たくさん洋服を処分して、すっきりした!はいいけれど、あとでやっぱりアレ使えたなと、後悔した経験はありませんか?今は着ない服でも後になって着る機会が出てくることもあります。なぜなら、流行は巡るものでもあるのだから。だから処分するときはよく考えてから、そして、本当にもう要らないとなったのなら、そのモノの行く先も考えてみましょう。子どもに譲ったり、リユースやリサイクルに回したり...安易に捨てるのはなく、これからの私たちは「処分する責任」も考えて、モノと付き合う必要があるはずです。
出典:unsplash.com

たくさん洋服を処分して、すっきりした!はいいけれど、あとでやっぱりアレ使えたなと、後悔した経験はありませんか?今は着ない服でも後になって着る機会が出てくることもあります。なぜなら、流行は巡るものでもあるのだから。だから処分するときはよく考えてから、そして、本当にもう要らないとなったのなら、そのモノの行く先も考えてみましょう。子どもに譲ったり、リユースやリサイクルに回したり...安易に捨てるのはなく、これからの私たちは「処分する責任」も考えて、モノと付き合う必要があるはずです。

洋服や小物を選ぶときに大切にしたいこと

素敵だなと思って、新しい洋服や小物を買うのは、嬉しいし、ウキウキしますよね。でも、一方で、手持ちの服が急に魅力的に見えなくなってしまうのは残念。新しいものも古いものも、これからは長く愛せるように、選ぶ時の基準をしっかり持っておきませんか?
出典:unsplash.com

素敵だなと思って、新しい洋服や小物を買うのは、嬉しいし、ウキウキしますよね。でも、一方で、手持ちの服が急に魅力的に見えなくなってしまうのは残念。新しいものも古いものも、これからは長く愛せるように、選ぶ時の基準をしっかり持っておきませんか?

ライフスタイルに合っているもの

憧れの人の暮らし方やファッションセンス。あんな風になりたいな...と思って外側だけ真似ても、やっぱりちぐはぐ。そんな経験ありませんか?素敵なあの人が素敵な理由は、自身のスタイルを分かっているから。容姿の問題だけではなく、普段、自分がどんな日常を送っているか?行動範囲は?趣味は?など、自分自身について理解を深めておくことが大切ですよ。
出典:unsplash.com

憧れの人の暮らし方やファッションセンス。あんな風になりたいな...と思って外側だけ真似ても、やっぱりちぐはぐ。そんな経験ありませんか?素敵なあの人が素敵な理由は、自身のスタイルを分かっているから。容姿の問題だけではなく、普段、自分がどんな日常を送っているか?行動範囲は?趣味は?など、自分自身について理解を深めておくことが大切ですよ。

毎日使うカバンは、自分にとっての「使いやすさ」が何より大切。合っていないものだと、日々使うのに毎回ストレスを感じることになってしまいます。たとえば、アクティブ派さんには、身軽でいられるシンプルなリュックを。機能性や実用性、そして丈夫さ。いろんな角度からじっくり吟味して、自分に合うものを選びましょう。
出典:

毎日使うカバンは、自分にとっての「使いやすさ」が何より大切。合っていないものだと、日々使うのに毎回ストレスを感じることになってしまいます。たとえば、アクティブ派さんには、身軽でいられるシンプルなリュックを。機能性や実用性、そして丈夫さ。いろんな角度からじっくり吟味して、自分に合うものを選びましょう。

程よいフィット感があるもの

洋服を選ぶとき、流行よりも大事にしたいのは、フィット感。窮屈そうに見えたり、逆に大きすぎてだらしなく見えたり...意外とちょうどいい加減を見つけるのって難しい。でも、ここを適当にすると、多分短い時間しか、その服を愛せません。自分にとってサイズ感を把握しやすいブランドがあると、1つの指標になって、安心です。
出典:unsplash.com

洋服を選ぶとき、流行よりも大事にしたいのは、フィット感。窮屈そうに見えたり、逆に大きすぎてだらしなく見えたり...意外とちょうどいい加減を見つけるのって難しい。でも、ここを適当にすると、多分短い時間しか、その服を愛せません。自分にとってサイズ感を把握しやすいブランドがあると、1つの指標になって、安心です。

ウェストやヒップ、丈感...パンツ選びって本当に難しい。柔らかく立体的なシルエットで、動いているときにもたつかず、すっきり見える。ベストバランスをしっかりイメージしてみて。
出典:

ウェストやヒップ、丈感...パンツ選びって本当に難しい。柔らかく立体的なシルエットで、動いているときにもたつかず、すっきり見える。ベストバランスをしっかりイメージしてみて。

身につけていて、気持ちがいいもの

いかにも高価そうな素材よりも、肌感に合うものの方が、結局安心だし長く愛せます。心地よいものに包まれていると、自然と表情が優しくなってくるのが分かります。
出典:unsplash.com

いかにも高価そうな素材よりも、肌感に合うものの方が、結局安心だし長く愛せます。心地よいものに包まれていると、自然と表情が優しくなってくるのが分かります。

人に見えない部分だからと、おざなりにしがちな下着類。だけど、一度、上質な素材の下着を身につければ、きっと感覚が変わるはず。すごく体にいいことをしているような、満たされた気分になれますよ。
出典:

人に見えない部分だからと、おざなりにしがちな下着類。だけど、一度、上質な素材の下着を身につければ、きっと感覚が変わるはず。すごく体にいいことをしているような、満たされた気分になれますよ。

長く愛用できるもの

ちょっと値が張っても、ずっと大切に使い続けたいと思うものを選ぶようにすると、扱う際の意識も変わってきます。適度に休ませたり、手入れしたり、自分の手で育てながら、長く愛用できたら素敵ですよね。そうして、大切にしたものは、また将来誰かの手に、良い状態で譲れるかもしれませんよ。
出典:unsplash.com

ちょっと値が張っても、ずっと大切に使い続けたいと思うものを選ぶようにすると、扱う際の意識も変わってきます。適度に休ませたり、手入れしたり、自分の手で育てながら、長く愛用できたら素敵ですよね。そうして、大切にしたものは、また将来誰かの手に、良い状態で譲れるかもしれませんよ。

上質な革製品は、手入れを怠らなければ、長く使えて、経年変化も存分に味わうことができます。はじめは硬かった革靴も履いているうちに肌に馴染み、だんだんと柔らかく足にフィットしてくる。ゆっくりと自分のものになっていく様子を楽しんで下さいね。
出典:

上質な革製品は、手入れを怠らなければ、長く使えて、経年変化も存分に味わうことができます。はじめは硬かった革靴も履いているうちに肌に馴染み、だんだんと柔らかく足にフィットしてくる。ゆっくりと自分のものになっていく様子を楽しんで下さいね。

ストーリーがあるもの

一目惚れして即買い!というのも、モノとの幸せな出会いだけど、もう少し奥深く、なぜそれに強烈に惹かれるのか?探ってみませんか。そのモノの背景にあるストーリーを知れば、きっと、もっと自信を持って、「好き」と言えるから。
出典:unsplash.com

一目惚れして即買い!というのも、モノとの幸せな出会いだけど、もう少し奥深く、なぜそれに強烈に惹かれるのか?探ってみませんか。そのモノの背景にあるストーリーを知れば、きっと、もっと自信を持って、「好き」と言えるから。

凛とした芯のある女性をイメージさせるアクセサリー。この佇まい、このオーラはどこから来たの?と、形になるまでのプロセスを考えてみる。ストーリーを知れば、より愛おしさが増して、手放せない。気づけば、お守りのような存在になっているかもしれません。
出典:

凛とした芯のある女性をイメージさせるアクセサリー。この佇まい、このオーラはどこから来たの?と、形になるまでのプロセスを考えてみる。ストーリーを知れば、より愛おしさが増して、手放せない。気づけば、お守りのような存在になっているかもしれません。

自分が好きなエッセンスが詰まったもの

ナチュラル、シック、ミニマル...少ないもので上手に着まわしできるのがいい。という価値観に縛られすぎていませんか?でも、たとえば、花柄が好き、ボーダーが好き、ロックテイストが好き..たとえ、偏愛的でも自分の好みがはっきりしているのなら、自分を持って。そこにあなたらしさが表れているはずだから。
出典:unsplash.com

ナチュラル、シック、ミニマル...少ないもので上手に着まわしできるのがいい。という価値観に縛られすぎていませんか?でも、たとえば、花柄が好き、ボーダーが好き、ロックテイストが好き..たとえ、偏愛的でも自分の好みがはっきりしているのなら、自分を持って。そこにあなたらしさが表れているはずだから。

自分の選んだ大切なもの。どんな時も愛を忘れずに

今だからこそ、考えたい。洋服・小物など【ワードローブ】との付き合い方
出典:unsplash.com
いつもベストな選択ができるわけじゃないから、時に失敗しちゃったかな...と思うような買い物があったとしてもご愛嬌。ただ、買い物が残念だったからって、モノを粗末にはしないよう心がけて。失敗かなと思うものも、視点を変えたら意外に素敵に見えてくることがあるかもしれません。いろんな経験を糧にしながら、洋服や小物との上手な付き合い方を見つけていって下さいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play