今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方

モーニングルーティンやナイトルーティンに、書く日課を組み込みたい。毎日が充実するノートの使い方が知りたい。そんなあなたへのおすすめは、「心が満たされるノート習慣」です。小さな幸せの種を見つける。内側にためこんだストレスを解放する。迷子になっている本当の気持ちを探し出す……。これらすべてが、ノートで実現可能です。言葉で書き表すことで、ぼんやりとしたイメージに輪郭を与えるのです。書く習慣は、生きる力をあなたに与えます。「心が満たされるノート習慣」は、よりよい人生への道標でもあるのです。2021年02月02日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし日記・手帳手帳術習慣ノート
お気に入り数4260

書く習慣は、生きる力になります

時間に追われて自分を見失ったとき。迷いや後悔で前に進めなくなったとき。終わりが見えない困難に直面したとき――。

人生には、つらいことや苦しいことがつきものです。それでも楽しく生きていきたい。充実した毎日をすごしたい。幸せを感じていたい。

小さな幸せを積み重ね、今日という日を幸せに生きる。その助けとなるのが、「心が満たされるノート習慣」です。

幸せの種を集めるノート習慣

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
日々の暮らしの中にある、小さな幸せの瞬間に気付いていますか。

書きとめておかなければ、すぐに忘れてしまうようなささやかな喜び。当たり前すぎて、見落としてしまうような楽しみ。

小さな幸せの種を集めることは、満ち足りた人生そのものでもあるのです。

小さな幸せの瞬間

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
幸せとは、他人に自慢したり、誰かの期待に添うようにふるまったりすることではありません。平凡で何の変哲もない、ありふれた日常の中に存在するものです。

あなたにとって、小さな幸せの瞬間とはどんなものでしょうか。書き出してみると、じんわりとしたあたたかな気持ちになれるはずです。
・ひとりの時間に感じる小さな幸せ
・誰かと一緒に味わう小さな幸せ
・季節ごとに感じる小さな幸せ
・お気に入りの場所で生まれる幸せ
・一日の中で感じる小さな幸せ

心の栄養になる喜び

体に必要な栄養を食事からとるように、心の栄養になる喜びを集めましょう。ふだんの生活で気が付いたこと、目に留まったもの。

代り映えのしない毎日でも、好きなものや、ささやかな楽しみがあるはずです。ふとした瞬間に訪れる、うれしく思うことは何でしょうか。
・リラックスタイムに感じること
・自然に囲まれた場所で思うこと
・さわやかな朝に五感で感じること
・おいしいものを食べたときの感想
・いつも通る道から見える景色

人生を豊かにするピース

他人と比べて優劣をつけることは、心を貧しくします。もっと何かを手に入れなければと、焦燥感に駆られるのです。

そうではなく、これまでの経験、学び、気付きを集めましょう。それは、誰のものでもない、あなたの人生を豊かにするピースなのですから。
・今の自分を作り上げた経験
・真剣に向き合った出来事
・尊敬する人物の言葉や行動
・ずっと大切にしたい存在
・影響を受けた本や映画

ストレスを解放するノート習慣

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
ネガティブな感情を放置することは、傷の手当てをしないのと同じです。怒りや恐れ、焦り、不安や罪悪感はストレスとなり、あなたの心身をむしばみます。

それは、人生を悪い方向に導きこそすれ、豊かになどしてはくれないものです。

ネガティブ思考を追い払う

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
頭の中で繰り返しイメージしたことは、行動を伴って現実となります。それはつまり、ネガティブ思考は負の現実を引き寄せるということ。

無理やりポジティブ思考になるのではありません。ネガティブ思考を追い払う方法を、知っておくことが大切なのです。
・つらいときに力をくれる言葉
・気分転換になる五感を刺激すること
・時間を忘れるほど夢中になれること
・ざわついた気持ちが落ち着く場所
・安心して素の自分を見せられる相手

気持ちを整理する

気持ちを整理する最も有効な手立ては、ノートに吐き出してしまうことです。自分の外側に出すことで、混沌としていた気持ちが整理されます。

その際、良し悪しを判断しないことが大切です。あくまでも、感情を観察することに徹します。
・不安に思っていること
・傷つけられた出来事、苦しめる人
・ずっと縛られている「べき思考」
・自分にはできないと思っていること
・ずるずるとやめられないでいること

感情を理解する

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
負のエネルギーを制御し、プラスに転換することは可能です。そのためには、何が問題なのかを明らかにすること。

心がかき乱す原因を見つめ、自らの感情を理解します。そうすると、負の感情に振り回されることもなくなるのです。
・自分では変えられないことに執着していないか
・疲労や睡眠不足など身体面の不調はないか
・思い込みや決めつけにとらわれていないか
・不安の元になることは妄想ではないか
・意識が過去や未来に向いたままになっていないか

本当の気持ちを見つけるノート習慣

忙しい日常に追われていると、自分自身について考えることがおろそかになります。本当の気持ちに蓋をしたり、無視をしたりしていないでしょうか。

価値観や信念を明らかにすると、自らの意志で選択し、行動することができます。それは、悔いのない人生への最短経路でもあるのです。

したくないこと

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
したくないことを明確にするのは、好きなことをするのと同じくらい大切です。それは自分自身を知ることであり、人生の折々で決断の助けとなります。

よくわかっているようで、わかっていない。それをあえて書き出し、どうしたいのかを確かなものとするのです。
・時間を費やしたくないこと
・もう二度としたくないこと
・付き合いたくない人の傾向
・自分を不幸にすること
・大切なものを脅かすこと

自分の多面性を表すもの

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
わたしたちはさまざまな側面をもっています。パートナーとしての自分、母親としての自分、何者でもない自分……というように、多面性があるのです。

それぞれの“わたし”が求めることがあり、自分の中で矛盾する場面もあるでしょう。それらのバランスをとり、和解することが大切なのです。
・自分にはどんな側面があるか
・それぞれの“わたし”が求めていること
・うまくいっている部分とそうでない部分
・相反する価値観のどちらに重きを置くか
・素の自分がもっとも望んでいること

幸せを実践する

ありふれた日常を、ささやかな楽しみで満たしましょう。楽しむことは、幸せの本質です。

自分が望んでいることを、自分で叶える。それは、幸せを実践するということなのです。
・理想的な一日のすごし方
・居心地のいい場所や部屋のしつらえ
・健やかな心身のための生活習慣
・自分らしいファッションやメイク
・何に時間とお金をかけたいか

よりよい人生のために

同じような日々の繰り返しに見えても、今日とまったく同じ日は二度とありません。惰性で生きていては、幸せの本質には近づけないのです。

よりよい人生のためには、今日という日、今という瞬間を、真摯に生きること。ここまで作ってきたノートは、その羅針盤となり、ぶれない軸となるものです。
・人生でもっとも大切にしたいこと
・人生にどんな意味をもたせたいか
・社会のために自分ができること
・自分の可能性は何か
・後悔のない人生にするには

ノート習慣で心を満たしましょう

今日という日を、幸せに生きる。「心が満たされるノート習慣」の始め方
出典:unsplash.com
「心が満たされるノート習慣」をご紹介しました。

人生はつらいことも苦しいこともあります。それでも、幸せを感じながら生きていきたい。よりよい人生にしたい。

そう願うあなたの力になるのが、ノート習慣です。お手元のノートを傍らに、心を満たす時間をおすごしくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play