1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 季節
  5. お年玉
  6. お年玉の「ポチ袋」今年は手作りしませんか?デザインや素材のおすすめをご紹介
お年玉の「ポチ袋」今年は手作りしませんか?デザインや素材のおすすめをご紹介

お年玉の「ポチ袋」今年は手作りしませんか?デザインや素材のおすすめをご紹介

お正月の風物詩の一つ「お年玉」。毎年どんなポチ袋を選んでいますか?デザインも素材も豊富なポチ袋ですが、実はお家でも簡単に作れるアイテムの一つでもあります。シンプルな作り方から、ちょっと凝った折り方まで。作り始めると、思わずどんどん作りたくなってしまうポチ袋。デザインや素材にもこだわって、今年はオリジナルのポチ袋を作ってみてはいかがでしょうか?2020年12月09日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし季節お年玉正月ポチ袋
お気に入り数1504

今年のお年玉はデザインや素材にこだわった手作り「ポチ袋」を

お年玉の「ポチ袋」今年は手作りしませんか?デザインや素材のおすすめをご紹介
出典:
お正月に活躍するポチ袋。毎年どんな風に準備されていますか?立場や年齢、差し上げる相手によって種類を変えてみたりと、ポチ袋の準備は意外と楽しいものですよね。今年はポチ袋を作ってみませんか?シンプルなスタイルの物ならとっても簡単に作れるので、素材を変えたりデザインを変えたりしながら折り紙気分で楽しんでみてくださいね。

折り紙で折る、基本の「封筒の形」

まずは基本のポチ袋の作り方から。用意するものは、正方形の紙、ペン、ハサミ、定規、のりだけでOK。のりは塗る面積が狭いので、出来ればスティックタイプがおすすめです。紙は折り紙サイズ(15㎝×15㎝)が基本ですが、紙のサイズを変えると当然仕上がりのサイズも変わるので、お好みに合わせて調整してくださいね。

まずは基本のポチ袋の作り方から。用意するものは、正方形の紙、ペン、ハサミ、定規、のりだけでOK。のりは塗る面積が狭いので、出来ればスティックタイプがおすすめです。紙は折り紙サイズ(15㎝×15㎝)が基本ですが、紙のサイズを変えると当然仕上がりのサイズも変わるので、お好みに合わせて調整してくださいね。

まずは三つ折りにして、重なった部分をのりで貼ります。ここがしっかりとくっついていないと、意外に後の工程でずれてしまうので、しっかり乾くまで待ちましょう。テープ式ののりを使っても良さそうですね。

まずは三つ折りにして、重なった部分をのりで貼ります。ここがしっかりとくっついていないと、意外に後の工程でずれてしまうので、しっかり乾くまで待ちましょう。テープ式ののりを使っても良さそうですね。

筒状のものが出来たら、次は底部分を作っていきます。デザインに上下がある場合は、しっかりと向きを確認しましょう。底になる部分を1㎝程度折り、角を三角にカットして、のり付けします。この時、左右の三角が均等にカットされていると、仕上がりが綺麗に見えるので、めんどくさがらずに定規を使って線を引いてからカットするのがおすすめです。

筒状のものが出来たら、次は底部分を作っていきます。デザインに上下がある場合は、しっかりと向きを確認しましょう。底になる部分を1㎝程度折り、角を三角にカットして、のり付けします。この時、左右の三角が均等にカットされていると、仕上がりが綺麗に見えるので、めんどくさがらずに定規を使って線を引いてからカットするのがおすすめです。

最後は蓋になる部分。長さを決めて一折して、内側は切り落とし、外側になる紙を長さを決めてカットします。最後に角を落とせば出来上がり!底部分同様、左右対称になる様に角をカットすると、仕上がりに差が出ます。

最後は蓋になる部分。長さを決めて一折して、内側は切り落とし、外側になる紙を長さを決めてカットします。最後に角を落とせば出来上がり!底部分同様、左右対称になる様に角をカットすると、仕上がりに差が出ます。

折り紙で簡単!のり不要な「デザイン袋」

正に折り紙!のりを使わずに、サッと作れるこんな方法もあるんです。折り方を覚えておくと、ちょっとお手紙を渡したい時などにも役立ってくれそうですね。
とにかく配る枚数が多くて...という方には、サッと作れるのにカワイイこんな折り方がおすすめ。
慣れてきたら、色々なデザインに挑戦してみましょう。折り紙のデザインはもちろん、水引やリボンをプラスしてアレンジも楽しめます。
両面折り紙で折ると、とっても可愛いリボンタイプに。最近では100円均一などでも色々なデザインの両面折り紙が売られているので、ぜひチャックしてみてくださいね。

難易度UP「デザインポチ袋」

最初はちょっと難しいけど、仕上がりはとっても本格的なリボンのポチ袋。裏表に柄がある時には、リボン部分の柄をどちらにするか考えるのも楽しいですね。
ハートタイプもとってもキュート。和紙などの折り紙を使えば、デザインはかわいくても大人っぽく仕上がります。
小さなお子様には、動物モチーフのポチ袋を。お顔もかわいく書いてあげてくださいね♪
お正月らしく、華やかでおめでたい印象のポチ袋。落ち着いた色合いの和紙を使えば、年上の方へお礼の気持ちを渡す時にも活躍してくれそうですね。海外の方へも◎。
小さくてかわいい♡もらった時に思わずにっこりしてしまいそうな、お花の形のポチ袋。渡したら、どうやって作るの?と聞かれちゃいそうですね。

素材を変えて作る「こだわりポチ袋」

ハギレ

ハギレと接着芯をカットして、アイロンとボンドで仕上げるポチ袋。型紙さえあれば、まとめてカット→アイロン→ボンドと作業していくとどんどん作れちゃいます。
出典:

ハギレと接着芯をカットして、アイロンとボンドで仕上げるポチ袋。型紙さえあれば、まとめてカット→アイロン→ボンドと作業していくとどんどん作れちゃいます。

ちょっと厚みがあってふっくらしたプチ袋は、とってもかわいく高級感もあって◎。和柄はもちろん、リバティや北欧柄など色々なパターンを楽しんでみてくださいね。
出典:

ちょっと厚みがあってふっくらしたプチ袋は、とってもかわいく高級感もあって◎。和柄はもちろん、リバティや北欧柄など色々なパターンを楽しんでみてくださいね。

懐紙

茶道の時はもちろん、最近ではテーブルコーディネートのアイテムとしても注目されている懐紙。伝統的な柄なのに、落ち着いた色合いでなんだかモダンな印象な懐紙を選べば、ポチ袋もとってもおしゃれに仕上がります。
出典:

茶道の時はもちろん、最近ではテーブルコーディネートのアイテムとしても注目されている懐紙。伝統的な柄なのに、落ち着いた色合いでなんだかモダンな印象な懐紙を選べば、ポチ袋もとってもおしゃれに仕上がります。

干支の柄を選ぶのも◎。その年しか楽しめない柄を渡す、そんな心配りが出来る大人は素敵ですよね♪
出典:

干支の柄を選ぶのも◎。その年しか楽しめない柄を渡す、そんな心配りが出来る大人は素敵ですよね♪

おめでたい吉兆の草木柄も、お正月らしくて◎。懐紙は、数枚鞄に忍ばせておくと、急にポチ袋が必要になった時にも活躍してくれます。
出典:

おめでたい吉兆の草木柄も、お正月らしくて◎。懐紙は、数枚鞄に忍ばせておくと、急にポチ袋が必要になった時にも活躍してくれます。

長方形の懐紙は、しっかりと包み込めて安心。和紙なので、折りやすくずれにくいのも嬉しいポイントです。

気持ちを添える

お年玉の「ポチ袋」今年は手作りしませんか?デザインや素材のおすすめをご紹介
出典:
ポチ袋いかがでしたか?実際に渡すのはポチ袋だけど、せっかくならしっかり添えたい気持ち。渡す相手の事を考えながら作る時間は、なんとなくバタバタしてしまいがちの年末に、ちょっと丁寧で暖かい時間になりそうですね。きっともらった相手も、添えられた気持ちにほっこりしてくれると思います♪

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play