1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
提供: 株式会社アールシーコア
『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方

新しい生活様式への移行とともに、見直されている“家での暮らし方”。長時間家の中で過ごすことによって、刺激やワクワク感が減ってきている方も多いはず。そんな中、住まいを見直すことで「次々とやりたいことが思い付くようになった」と語るご夫婦に、好奇心が溢れる家づくりのコツを伺いました。2020年11月10日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
お気に入り数1197

40代、これからの人生をどう描く?

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
仕事や子育てが安定してくる40代。これまでやりたかったことに挑戦してみようと思っていた矢先に、外出しづらい環境になってしまいました。ずっと家の中にいて心身のバランスが乱れてしまうことも。そんな中、「やりたいことがどんどん浮かんできて、家にいる時間が楽しくてしょうがない」というTさんご夫婦。40代で新しい生活をスタートさせたおふたりの住まいづくりを覗いてみましょう。

やりたいことが湧き出てくる家

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
仕事の関係で日本各地を転々としてきたTさんご夫婦が念願の一軒家を手に入れたのはちょうど1年前。40代に差し掛かった頃『BESS(ベス)』の住宅展示場LOGWAYに行きその佇まいに一目惚れ。北陸地方から関東にある奥さまの実家の隣に引っ越し、居を構えることになったそうです。
「いろんなシリーズがありますが“COUNTRY LOG(カントリーログ)”の外観を見た瞬間から『あ、これだ!』と。畑に囲まれている環境だからこそ、このデザインがしっくりくるでしょう?」と奥さまは満足げ。シックな外壁と屋根が、周囲の美しい緑に溶け込んでいます。

足りないものを足していく、手が加えられる楽しさ

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
「生活していくうちにあれこれ思い付いて、自分たちでつくり上げていくのがこの家のいいところ」とTさんご夫婦。ログの雰囲気に合うように、市販の食器棚にペンキを塗ってDIYしたり、コンセントの配線を替えてみたり…。手間を厭わずふたりで“自分たちらしい暮らし”を探すことが楽しくてたまらないようです。
『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
奥さまの念願だった、趣味のお裁縫スペースにもアイデアが。DIYで取り付けた棚に手作りの服を配置。「屋根の傾斜部分をどう活かそうかと考えていましたが、作品を飾ったり、生地などを収納するのにちょうどいい棚ができました」と奥さま。実は子供服をイベントで販売していたこともある腕前。陽の光がたっぷり差し込む風通しのいい部屋だからこそリラックスでき、アイデアが湧いてくるのだとか。

何かをつくり出す喜びを日々感じられる

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
ご両親の農地を譲り受けたTさんご夫婦。家の隣には広大な畑があり、引っ越してきてから本格的に畑仕事を始めたそうです。プチトマトやラディッシュ、ブロッコリーにネギ…。自分の育てた野菜で季節を感じることもできます。「畑仕事はほぼ毎日。暑さ寒さが厳しいときは辛いけど、自分で作った野菜が一番美味しいです。周囲はトンビやタヌキ、虫など天敵も多いですが『またやられた〜』なんて、夫婦の会話のタネになっているんです」

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
土間にある薪ストーブは、パンを焼きたくて調理可能なものをオーダー。パン生地を入れたらたった10分で、手作りのバターロールが完成。「パンはもちろん、ピザもよく焼きます。今年は鶏を一羽使ったローストチキンに挑戦してみようかな」。夜はルームライトを落として、薪ストーブの揺れる炎をボーッと眺める時間が好きなのだとか。

“日々の暮らし”がこんなにも楽しい

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
以前はごく一般的な賃貸アパートに住み、お互いフルタイムで働いていたおふたり。創作好きではあったものの、制限がある中で工夫をしながら生活をしていたそうです。
「今はやることが次々に湧いてきて、朝から晩まで充実した日々を送っています。“自分たちらしい環境”が思い通りにつくれて幸せですね。家の木材は季節や気候によって膨張するのでドアが開きにくくなったりすることもありますが、『木も一緒に生きているな』と感じられて愛しいくらいです」と旦那さま。
『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
ご夫婦が溺愛する猫のイハくん(2歳)にも変化が。前のアパート暮らしではストレスのせいか肉球がカサカサになり心配なほど臆病だったそうですが、こちらに引っ越してからは大胆でのびのびと生活するようになったんだとか。肉球も軟らかくなり、イハくんにとっても“COUNTRY LOG”での暮らしは相性が良いようです。

いくつになっても、好奇心が溢れる家づくり

『BESS』の家で見つける、40代からの「考えすぎない」楽しみ方
「両親も喜んでくれて、遊びに来てくれた友達も『別荘みたい』と満足して帰ってくれる。何より私たちが毎日楽しいんです。家を買うには勇気も根気も必要だったけど、先のことを考えすぎずに直感に従ってよかったです。一方で、落ち着いてモノを考えられる40代だったからこそ自分らしさを見失わず理想の暮らしを叶えられたのかなと思います」

今回ご紹介した“COUNTRY LOG”をはじめ、『BESS』の家は全国41か所に展開している単独展示場のLOGWAYで見学可能です。自然に囲まれた、のびのびとした暮らしに興味を抱いたら、一度訪れてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、自分にとっての新しい世界がそこに広がっているかもしれません。
photo/Junichi Higashiyama
text/Panchi Hirosawa
icons Googl Play