1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. ウォーキング
  5. ストレス解消やダイエット効果も期待!今こそ「ウォーキング」を始めてみませんか?
ストレス解消やダイエット効果も期待!今こそ「ウォーキング」を始めてみませんか?

ストレス解消やダイエット効果も期待!今こそ「ウォーキング」を始めてみませんか?

気候のよい秋は、運動をするのにぴったりの季節。テレワークでおうち家時間が増えた今、運動不足やウエイトオーバーが気になる…という人が増えていると聞きます。そこでおすすめしたいのが「ウォーキング」です。運動の習慣がない人でも気軽に始めることができ、習慣化しやすく、健康や美容に嬉しい効果もたくさん期待できます。今回はそんなウォーキングに期待できる効果や歩き方のポイント、三日坊主にならないためのコツも一緒に紹介していきます。2020年10月10日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らしウォーキング習慣ダイエットストレス解消
お気に入り数1202

今こそ始めたい「ウォーキング」

気候のよい秋は、運動をするのにぴったりの季節。テレワークでおうち家時間が増えた今、運動不足やウエイトオーバーが気になる…という人が増えていると聞きます。そこでおすすめしたいのが「ウォーキング」です。
ウォーキングは、運動は苦手という人や久しぶりに運動をする人にも手軽に始めやすく、運動不足解消以外にもさまざまな嬉しい効果が期待できます。今回はそんなウォーキングの効果や歩き方のポイント、継続するためのコツも一緒に紹介していきます。

ウォーキングをすることで期待できる効果とは?

頭の中がすっきりする

ウォーキングをしているときは、呼吸が普段よりも大きくなるので、いつもよりたくさんの酸素を体内に取り込むことができます。そうすると脳内にも新鮮な酸素が行き届くので、脳の活性化が期待できると言われています。また足裏をしっかりと使って歩くと、その刺激が脳に伝わるためさらに活性化できるでしょう。
出典:unsplash.com

ウォーキングをしているときは、呼吸が普段よりも大きくなるので、いつもよりたくさんの酸素を体内に取り込むことができます。そうすると脳内にも新鮮な酸素が行き届くので、脳の活性化が期待できると言われています。また足裏をしっかりと使って歩くと、その刺激が脳に伝わるためさらに活性化できるでしょう。

良いアイデアが浮かびやすい

ウォーキングで取り込んだ酸素を運んでいるのは血液なので、血行促進も期待できます。血の巡りが良くなれば、脳内の血液量も増えると言えるでしょう。そこから脳の活性化が促されるので、勉強や仕事が捗る、素敵なアイデアがパッと閃くといった嬉しい効果も期待できそうです。
出典:unsplash.com

ウォーキングで取り込んだ酸素を運んでいるのは血液なので、血行促進も期待できます。血の巡りが良くなれば、脳内の血液量も増えると言えるでしょう。そこから脳の活性化が促されるので、勉強や仕事が捗る、素敵なアイデアがパッと閃くといった嬉しい効果も期待できそうです。

満足感や充実感を得やすくなる

心と体は密接に繋がっていると考えられているため、ウォーキングをすることで気分がリフレッシュし、抱えていた悩みも気にならなくなる、なんてこともしばしば。また幸福感をもたらすと言われている「エンドルフィン」という脳内物質が分泌されるため、充実感や満足感を得やすくなるでしょう。
出典:www.pexels.com

心と体は密接に繋がっていると考えられているため、ウォーキングをすることで気分がリフレッシュし、抱えていた悩みも気にならなくなる、なんてこともしばしば。また幸福感をもたらすと言われている「エンドルフィン」という脳内物質が分泌されるため、充実感や満足感を得やすくなるでしょう。

ストレス発散になる

ウォーキングによって幸福感を得られるだけでなく、スストレスが蓄積すると増えると言われている「コルチゾール」を低くキープする効果が期待できます。そのため精神的な疲れを感じているときには、ウォーキングが最適と言えるでしょう。またコルチゾールが増えると、肥満や老化の原因にもなりかねないので、ストレスを上手く発散するためにも歩く習慣を身につけたいですね。
出典:unsplash.com

ウォーキングによって幸福感を得られるだけでなく、スストレスが蓄積すると増えると言われている「コルチゾール」を低くキープする効果が期待できます。そのため精神的な疲れを感じているときには、ウォーキングが最適と言えるでしょう。またコルチゾールが増えると、肥満や老化の原因にもなりかねないので、ストレスを上手く発散するためにも歩く習慣を身につけたいですね。

筋肉減少の予防になる

歩くことにより下半身に筋力がつくのはもちろん、重心移動を行うので体幹や腕など上半身もしっかりと使うことができます。歳を重ねるごとに筋肉量は減少傾向にあると言われていますが、ウォーキングを行うことで筋肉量を維持する効果は十分に期待できるでしょう。
出典:www.pexels.com

歩くことにより下半身に筋力がつくのはもちろん、重心移動を行うので体幹や腕など上半身もしっかりと使うことができます。歳を重ねるごとに筋肉量は減少傾向にあると言われていますが、ウォーキングを行うことで筋肉量を維持する効果は十分に期待できるでしょう。

首肩凝り・腰痛予防になる

運動不足から筋肉が凝り固まり、首肩凝りや腰痛のようなプチ不調を招くことも。ウォーキングで血行を促進し、全身の筋肉をしっかりと動かすことで、凝りにくい体作りができるようになるでしょう。そうすると、自ずとプチ不調も解消しやすくなっていくはずですよ。
出典:www.pexels.com

運動不足から筋肉が凝り固まり、首肩凝りや腰痛のようなプチ不調を招くことも。ウォーキングで血行を促進し、全身の筋肉をしっかりと動かすことで、凝りにくい体作りができるようになるでしょう。そうすると、自ずとプチ不調も解消しやすくなっていくはずですよ。

スタイルアップが期待できる

歩くことで下半身の血行が良くなると、老廃物の排出を促すこともできるので、むくみや冷えの予防にもつながります。ほどよい筋肉を維持をしながら、スッキリした脚をキープできれば、脂肪やセルライトもつきにくくなり美脚が期待できます。さらに正しい歩き方をすることで、腰まわりも自然とすっきりとしてくるので、スタイルアップも効果も期待できます。
出典:www.pexels.com

歩くことで下半身の血行が良くなると、老廃物の排出を促すこともできるので、むくみや冷えの予防にもつながります。ほどよい筋肉を維持をしながら、スッキリした脚をキープできれば、脂肪やセルライトもつきにくくなり美脚が期待できます。さらに正しい歩き方をすることで、腰まわりも自然とすっきりとしてくるので、スタイルアップも効果も期待できます。

「生活習慣病」を予防

定期的な運動は、心身の健康のためにとても大切なことです。とくに激しい運動をというわけではなく、軽度な運動を習慣化するだけでも体の機能が活性化すると考えられています。高齢化が進んでいる現代で、楽しく毎日を過ごすためにも、ウォーキングで健康寿命を延ばしたいですね。
出典:www.pexels.com

定期的な運動は、心身の健康のためにとても大切なことです。とくに激しい運動をというわけではなく、軽度な運動を習慣化するだけでも体の機能が活性化すると考えられています。高齢化が進んでいる現代で、楽しく毎日を過ごすためにも、ウォーキングで健康寿命を延ばしたいですね。

ウォーキングを効果的に行う5つのポイント

【1】正しく歩く

ウォーキングは、誰でも簡単に取り組める一方で、歩き方を間違えていると効果を感じにくいだけでなく、筋肉や関節の負担となってケガをしてしまう可能性があります。効果を最大限に得るためにも「正しく歩く」ことが大切です◎

姿勢は「耳・肩・股関節・膝・くるぶし」が一直線になるようする

意識したいのは、横から見たときにに「耳、肩、股関節、膝、くるぶし」が一直線上にあるかどうかです。
壁に背を向けて頭と肩甲骨、お尻、ふくらはぎがつくように立ち、腰のあたりに手の平一枚分くらいのすき間がある状態がその姿勢になるのでチェックしてみましょう。

歩幅は広めで早歩き重心移動もスムーズになるよう心がける

ウォーキングは運動強度が低いので、ゆっくり歩くとその効果を感じにくくなってしまうことも。いつもより歩幅を広く取り、無理のない程度で「早歩き」を意識すると◎。また重心移動をスムーズに行うため、全身を前へ送り出すように後ろ足の足指で地面を押し、前足が着地した時点で体重が全部乗っているのが理想的です。

腕は90度に曲げて、軽くこぶしを握る

足をスムーズに出すためにも、腕は90度に曲げて軽くこぶしを握った状態で大きく振って歩くと良いでしょうしょう。

【2】ウォーキングシューズを履こう

足に合っていない靴を履いて運動をすると、外反母趾などの原因になりかねません。またケガのリスクもアップします。用途に合ったシューズを履くことで、運動パフォーマンスの向上も図れるでしょう。
出典:unsplash.com

足に合っていない靴を履いて運動をすると、外反母趾などの原因になりかねません。またケガのリスクもアップします。用途に合ったシューズを履くことで、運動パフォーマンスの向上も図れるでしょう。

【3】朝起きてすぐのウォーキングは控えよう

朝に運動をすると一日の活動量も増えて脂肪燃焼効果が期待できると言われていますが、「起きてすぐ」のウォーキングは、おすすめできません。

朝のウォーキングをするときは、寝起きにコップ一杯の水をゆっくりと飲み、顔を洗ったり歯を磨いたり、着替えたりと体を軽く動くようにしてから、起床後最低でも30分~1時間はあけてからウォーキングをスタートするようにしましょう。
出典:stocksnap.io

朝に運動をすると一日の活動量も増えて脂肪燃焼効果が期待できると言われていますが、「起きてすぐ」のウォーキングは、おすすめできません。

朝のウォーキングをするときは、寝起きにコップ一杯の水をゆっくりと飲み、顔を洗ったり歯を磨いたり、着替えたりと体を軽く動くようにしてから、起床後最低でも30分~1時間はあけてからウォーキングをスタートするようにしましょう。

【4】ウォーキングの前後にはストレッチをしよう

いきなり体を動かすことは、筋肉を痛めるだけでなく心臓の負担になってしまう可能性もあるので、とても危険です。歩くだけでも立派な運動です。筋肉をほぐして歩きやすい状態にしてからスタートし、歩き終えた後はリラックスしながらストレッチをして、筋肉の疲労を取るようにしましょう。
出典:www.pexels.com

いきなり体を動かすことは、筋肉を痛めるだけでなく心臓の負担になってしまう可能性もあるので、とても危険です。歩くだけでも立派な運動です。筋肉をほぐして歩きやすい状態にしてからスタートし、歩き終えた後はリラックスしながらストレッチをして、筋肉の疲労を取るようにしましょう。

【5】1日20~30分を目安に歩こう

何事もやり始めると、たくさんやりたくなる気持ちが湧いてきますが、歩き過ぎると逆に疲労が蓄積してしまい、免疫力がダウンする原因になりかねません。また、朝歩いた後の仕事や勉強にも影響が出てしまうので、20~30分程度を目安に行うのがベター。自分の運動レベルに合わせて時間は調整してみてくださいね。
出典:unsplash.com

何事もやり始めると、たくさんやりたくなる気持ちが湧いてきますが、歩き過ぎると逆に疲労が蓄積してしまい、免疫力がダウンする原因になりかねません。また、朝歩いた後の仕事や勉強にも影響が出てしまうので、20~30分程度を目安に行うのがベター。自分の運動レベルに合わせて時間は調整してみてくださいね。

三日坊主にならないために…ウォーキングを習慣化するコツ

歩く目的を設定しよう

健康に良いことは分かっているけれど、なかな長く続かない…とお悩みの人も多いですよね。そんなときは、歩くことを目的にするのではなく目的地を設定して、その移動手段を歩くようにしてみましょう。

通勤通学もそのひとつですが、自然が感じられる公園の景色を楽しんだり、寺社仏閣に毎日ご挨拶に行く、なども素敵な習慣です。何か自分の好きなものを目的にすると続けやすいですよ。
出典:www.photo-ac.com

健康に良いことは分かっているけれど、なかな長く続かない…とお悩みの人も多いですよね。そんなときは、歩くことを目的にするのではなく目的地を設定して、その移動手段を歩くようにしてみましょう。

通勤通学もそのひとつですが、自然が感じられる公園の景色を楽しんだり、寺社仏閣に毎日ご挨拶に行く、なども素敵な習慣です。何か自分の好きなものを目的にすると続けやすいですよ。

誰かと一緒に始めよう

一人だと、どうしても行きたくないときや、もうやめようかな…と思うときもありますよね。でも友人や家族など、誰かと一緒であればお互いに励まし合いながら頑張れます。何よりも同じ目標を持つ人が近くにいるだけで、楽しく続けることができますよ。
出典:unsplash.com

一人だと、どうしても行きたくないときや、もうやめようかな…と思うときもありますよね。でも友人や家族など、誰かと一緒であればお互いに励まし合いながら頑張れます。何よりも同じ目標を持つ人が近くにいるだけで、楽しく続けることができますよ。

万歩計やスマホアプリを使ってみよう

万歩計や専用のスマホアプリなどを利用して、歩いた距離やカロリーなどを記録するのもおすすめです。漠然と時間を決めて歩き続けるよりも、自分の頑張りが数字として目に見えるのでそれが励みになりますよ。それがどんどん楽しくなって続けやすくなるでしょう。
出典:unsplash.com

万歩計や専用のスマホアプリなどを利用して、歩いた距離やカロリーなどを記録するのもおすすめです。漠然と時間を決めて歩き続けるよりも、自分の頑張りが数字として目に見えるのでそれが励みになりますよ。それがどんどん楽しくなって続けやすくなるでしょう。

ウォーキングで健やかな心と体を手に入れよう

ストレス解消やダイエット効果も期待!今こそ「ウォーキング」を始めてみませんか?
出典:unsplash.com
ウォーキングは、さまざまな嬉しい効果が期待できるおすすめの運動です。誰でも簡単に始められ、体の負担も比較的少ないので、運動習慣を身につける最初の一歩としても最適ですよ。涼しくなった今こそウォーキングを始めて、健やかな心と体を手に入れましょう。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play