1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. コミュニケーション
  5. 「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた
「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた

「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた

わたしたちが人間関係をつくる上でとても重要な「第一印象」。第一印象は出会った瞬間の3~5秒で決まるものとされています。職場でも、友人関係でも、例えば会議や面接でも。良好な第一印象は、素敵な縁を結ぶための大事なポイントといえます。今回は、魅力的な第一印象をつくるためのヒントをご紹介していきます。2020年09月28日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らしコミュニケーションなりたい自分ヒント人間関係
お気に入り数440

「第一印象」の好感度は、その後にも大きく影響する…?

「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた
出典:unsplash.com
私たちが人間関係をつくる上でとても重要な「第一印象」。“第一印象は見た目が9割”とも言われますが、本当なのでしょうか?心理学者アルバート・メラビアンの研究によると、第一印象は出会った瞬間の3~5秒で決まるものとされています。
「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた
出典:unsplash.com
その一瞬の間に受ける「第一印象」は、その後の好感度や評価にも大きく関係するとも言われています。例えば、第一印象が良好であると、その後のコミュニケーションも円滑に発展したり、何かミスや間違いが生じたとしても、「でもこの人は良い人だから…」と、脳が第一印象のイメージに沿う形で修正を行う傾向があるそうです。
「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた
出典:unsplash.com
誰かに会ったとき“素敵な雰囲気だな”と感じてもらうか、“なんだか怖そうだな”とネガティブなイメージがついてしまうか――。もちろん人の性格や個性を、第一印象だけですべてを判断するのは難しいことですが、せっかくなら良い印象をつくれるよう、意識してみたいですね。そこで今回は、魅力的な第一印象をつくるヒントをご紹介します。

自分は相手に、どんな第一印象を与えているのでしょう?

誰かに出会ったとき、あるいは初めてコミュニケーションをとったとき、「この人は〇〇な感じがするな」「ちょっと怒っているのかな…?」と直感で印象を受けるように、自分自身も相手に同様の印象を与えています。
出典:unsplash.com

誰かに出会ったとき、あるいは初めてコミュニケーションをとったとき、「この人は〇〇な感じがするな」「ちょっと怒っているのかな…?」と直感で印象を受けるように、自分自身も相手に同様の印象を与えています。

第一印象は主に「視覚」「聴覚」「言語」の要素からつくられるといわれています。中でも表情や清潔感などを含めた見た目、つまり「視覚」による印象形成への比率は55%程度と言われています。
出典:unsplash.com

第一印象は主に「視覚」「聴覚」「言語」の要素からつくられるといわれています。中でも表情や清潔感などを含めた見た目、つまり「視覚」による印象形成への比率は55%程度と言われています。

落ち着いたトーンで丁寧に、美しい言葉を使って話していたとしても、表情が暗く曇っていたり、不機嫌そうな様子が伺えたり、言葉とは異なる態度が見られると、やはりその「視覚」に映るものが第一印象を決めてしまうケースも多いようです。
出典:unsplash.com

落ち着いたトーンで丁寧に、美しい言葉を使って話していたとしても、表情が暗く曇っていたり、不機嫌そうな様子が伺えたり、言葉とは異なる態度が見られると、やはりその「視覚」に映るものが第一印象を決めてしまうケースも多いようです。

魅力的な第一印象をつくるための5つのヒント

「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた
職場でも、友人関係でも、例えば会議や面接でも。良好な第一印象は、素敵な縁を結ぶための大事なポイントといえます。ここからは、より良い第一印象をつくるためのヒントをご紹介していきます。

1:ソフトな印象をつくる「清潔感」

まずは「視覚」において重要な、清潔感。
乱れた容姿よりも、清潔に気を使った姿のほうが良い印象を与えることは、言わずもがな、ですね。カラダのパーツでは指先はよく見られる部位。ネイルケアや指先の保湿で、美しさを磨きながら印象をUPさせましょう。
出典:unsplash.com

まずは「視覚」において重要な、清潔感。
乱れた容姿よりも、清潔に気を使った姿のほうが良い印象を与えることは、言わずもがな、ですね。カラダのパーツでは指先はよく見られる部位。ネイルケアや指先の保湿で、美しさを磨きながら印象をUPさせましょう。

「表情」も第一印象で重要なポイントのひとつ。笑顔はもちろん、"顔色"を意識すると明るい印象を与えることができます。派手なメイクアップで隠すよりも、自分の肌色に合ったファンデーションを選び、ナチュラルだけど凛とした印象を与えるメイクテクニックを身につけておくと心強いですよ。
出典:unsplash.com

「表情」も第一印象で重要なポイントのひとつ。笑顔はもちろん、"顔色"を意識すると明るい印象を与えることができます。派手なメイクアップで隠すよりも、自分の肌色に合ったファンデーションを選び、ナチュラルだけど凛とした印象を与えるメイクテクニックを身につけておくと心強いですよ。

メイクで印象を変える。「なんだかHAPPYそう!」に近づく《幸福メイク講座》
メイクで印象を変える。「なんだかHAPPYそう!」に近づく《幸福メイク講座》

「なんだか最近疲れてない?」と人に言われるとドキっとしますよね。自分ではそんなつもりがなくても、知らず知らずのうちにお疲れモードの顔になっていることも…。メイクで顔の印象をお疲れフェイスから幸福フェイスに変えてみませんか? メイクが得意ではない方でも、気軽に幸福顔に近づける、ちょっとしたメイクのポイントとメイク直しのコツをご紹介します。

幸福メイクを覚えて明るい印象に♪メイクポイントが分かりやすく解説されていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

2:はじめましての挨拶と「目線」

「はじめまして」「よろしくお願いします」など初対面のときに交わす言葉。大人になると、社会人として必要な挨拶も増えますよね。挨拶のときに大切なのが、落ち着いたトーンや声量、明瞭な言葉遣い、そして目線です。
出典:unsplash.com

「はじめまして」「よろしくお願いします」など初対面のときに交わす言葉。大人になると、社会人として必要な挨拶も増えますよね。挨拶のときに大切なのが、落ち着いたトーンや声量、明瞭な言葉遣い、そして目線です。

特にはじめて挨拶をするときには、アイコンタクトを意識して相手と目線を交わします。目が泳いでしまったり、視線が終始下を向いたままだったりすると、「何か不具合でもあったかな?」と相手に不案を与えてしまう可能性も。
出典:unsplash.com

特にはじめて挨拶をするときには、アイコンタクトを意識して相手と目線を交わします。目が泳いでしまったり、視線が終始下を向いたままだったりすると、「何か不具合でもあったかな?」と相手に不案を与えてしまう可能性も。

最近ではオンラインでのコミュニケーションも増えています。画面上で意思疎通を図るのは、オフライン対面よりすこしハードルを感じます。そんなときこそ、最初の挨拶では明るい表情と声のトーンを意識してみましょう。
出典:unsplash.com

最近ではオンラインでのコミュニケーションも増えています。画面上で意思疎通を図るのは、オフライン対面よりすこしハードルを感じます。そんなときこそ、最初の挨拶では明るい表情と声のトーンを意識してみましょう。

3:相手への「関心」や「興味」を示す態度を

初対面のシーンで、緊張してつい表情も言葉も固くなってしまった…という経験はありませんか?礼儀やマナー、適度な緊張感は大切ですが、そのなかでも意識したいのは「相手への関心度合い」。
出典:unsplash.com

初対面のシーンで、緊張してつい表情も言葉も固くなってしまった…という経験はありませんか?礼儀やマナー、適度な緊張感は大切ですが、そのなかでも意識したいのは「相手への関心度合い」。

挨拶時の「目線」と通ずるポイントでもありますが、コミュニケーションにおいて“相手が自分に興味を持ってくれている”と感じると、良い印象を与え親交が深まるケースも多いようです。
出典:unsplash.com

挨拶時の「目線」と通ずるポイントでもありますが、コミュニケーションにおいて“相手が自分に興味を持ってくれている”と感じると、良い印象を与え親交が深まるケースも多いようです。

視線を合わせながら話に相槌を打ってくれたり、「おっしゃる通りですよね」と共感してもらえたり、「とても参考になります」とメモを取ってもらえたりすると、話し手側は“興味を持ってもらえている”という視覚情報から、相手に良い印象を持つと言われています。
出典:unsplash.com

視線を合わせながら話に相槌を打ってくれたり、「おっしゃる通りですよね」と共感してもらえたり、「とても参考になります」とメモを取ってもらえたりすると、話し手側は“興味を持ってもらえている”という視覚情報から、相手に良い印象を持つと言われています。

「自分はどうだったかな…」と、ここで一度思い返してみましょう。もし「足りていないことがあるな…」と感じたら、次からは少し意識を変えてみましょう。自分の行動を思い返し、“気づく”そして“受け入れる”ことが大切です。
出典:unsplash.com

「自分はどうだったかな…」と、ここで一度思い返してみましょう。もし「足りていないことがあるな…」と感じたら、次からは少し意識を変えてみましょう。自分の行動を思い返し、“気づく”そして“受け入れる”ことが大切です。

4:落ち着いたトーンで、相手が聞きやすい話し方を

「聴覚」の点においては、声のトーンや大きさ、スピードなどを心がけると◎高いトーンで早口で話すよりも、落ち着いたペースで丁寧にゆっくりと伝える方が、相手に安心感を与えます。また話すときは相手の口調やペースに合わせることで、より親近感を持つことができます。
出典:unsplash.com

「聴覚」の点においては、声のトーンや大きさ、スピードなどを心がけると◎高いトーンで早口で話すよりも、落ち着いたペースで丁寧にゆっくりと伝える方が、相手に安心感を与えます。また話すときは相手の口調やペースに合わせることで、より親近感を持つことができます。

シチュエーションや相手によって、優しくソフトな口調で話したり、ハキハキと力強く伝える話し方をしてみたり。相手が聞き取りやすい話し方を意識してみると良いでしょう。
出典:unsplash.com

シチュエーションや相手によって、優しくソフトな口調で話したり、ハキハキと力強く伝える話し方をしてみたり。相手が聞き取りやすい話し方を意識してみると良いでしょう。

5:笑顔の3秒ルール

はじめましてのシーンでは「3秒以内に笑顔を見せる」ことを意識してみましょう。自然な笑顔で接することで、緊張感は和らぎ、相手に「話しやすい人だな」という好感を与えることができます。笑顔に自信がない…という人も、口角を少し上げる意識を。それだけでも明るく素敵な印象になりますよ。
出典:unsplash.com

はじめましてのシーンでは「3秒以内に笑顔を見せる」ことを意識してみましょう。自然な笑顔で接することで、緊張感は和らぎ、相手に「話しやすい人だな」という好感を与えることができます。笑顔に自信がない…という人も、口角を少し上げる意識を。それだけでも明るく素敵な印象になりますよ。

素敵な第一印象で、相手により良い印象を与えましょう

「素敵な人だな」と感じさせる、魅力的な第一印象のつくりかた
出典:unsplash.com
素敵な第一印象をつくるためのヒントをご紹介しました。新しい職場や環境、会議や面接など、好感度の高い印象を心がけることで、コミュニケーションも人間関係もより良好に進んでいくはず。参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play