1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 自分
  5. ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ

ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ

初めての場所に行くときや人前で話をするとき等、私たちの日常生活の中には「緊張」する場面が幾度かあります。緊張などしないで普段どおりでいいと分かっていても、次第に速まる脈拍は自分ではどうすることもできませんよね。できればしたくない緊張について、そもそもなぜ緊張するのか、うまく付き合うための方法はどんなものか、などについてご紹介していきます。2020年07月31日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし自分ヒント思考法
お気に入り数262

したくないのにしてしまう“緊張”

ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
初めての場所に出向く時や大勢の人の前で話をしなければならない時など、緊張したくないのにしてしまうことはありませんか?緊張を笑い飛ばせればいいものの、プレゼンや司会が仕事であれば、大きな悩みにもなりかねませんよね。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
緊張する必要なんかない、緊張しないでリラックスしていこう!などと、いくら自分に言い聞かせてもなかなか緊張を解くことはできません。そんな困った緊張についてどう向き合えばいいか考えてみましょう。

緊張はどうしてするんだろう

ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
緊張とは、体や心が張り詰めた状態にあることを言います。緊張しないようにと思えば思うほど、より一層緊張してしまう、という方も多いのではないでしょうか。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
ミスなく上手にやろうとか、失敗したくないという意識、または、これからやろうとすることに対して少しでも不安な思いがあると、より緊張しやすくなるのかもしれません。

緊張と上手に付き合うために必要な3つの心がけ

ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
自分の意思とは関係なく襲ってくるのが「緊張」であるならば、うまく付き合っていきたいですよね。その方法について、「会社において、多くのお客様の前でプレゼンをする」ことを例に見ていきましょう。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
このプレゼンにはお客様だけでなく上司や同僚の多くも会場に集まることになっています。多くの聴衆を前に、どうしたって緊張してしまうもの。こんな時に意識したい心がけについてご紹介します。

1:伝えたいことをしっかり伝える意識を持つ

ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
この場合は、「プレゼンはうまく行くだろうか、うまく話せるだろうか」という不安が緊張に繋がっています。ですがプレゼンで大切なのは「伝えるべきことをしっかり伝える」ことです。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
いくら会場が笑いで包まれても、どんなに盛り上がっても内容が伝わらないのでは意味がありませんよね。まずは何のためのプレゼンで、何を伝えたいのか、という外せないポイントをしっかり意識しましょう。

2:過度な期待はせず、現実的なレベル達成を目指す

ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
「プレゼンをこんなふうに進めたい」「このくらいはできるようにしたい」というように、自分が目指しているレベルに対して、現実的な力量はどの程度かを正しく把握することも大切です。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
自分の力量に対して大きすぎる期待をしてしまうと、それ自体がプレッシャーになりますよね。自分の力を徹底的に分析することが過度な緊張を防いでくれます。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
また、ミスをしたくないのならそのための準備をしっかり行ったか、について振り返りましょう。何も準備をせずに本番だけうまく行くなんていうことはありませんよね。

3:「たとえ失敗しても大丈夫」という安心感を持つ

緊張と同時に「うまく話せなかったらどうしよう」という不安を持つかもしれません。ですが、どんなに準備をしても、言い間違いをしたりうまく話せないこともあるでしょう。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
ですがそれは、「うまく話せなかった」だけで、ちゃんと言い直せば十分に伝わるはずです。「うまく話せなかったらどうしよう」という気持ちの奥にある本当の不安は何か、見つめましょう。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
もしかしたら、みんなに嘲笑されることや、上司に低く評価されること、今後プレゼンをする機会が無くなることを恐れているのかもしれません。でも、恐れているそれらのことは本当に起きるかどうか…現実的に考えてみましょう。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
こうして掘り下げることにより、不安に感じていたことのほとんどが現実的には起こる可能性が少なく、杞憂に過ぎないと、気づくのではないでしょうか。これにより、たとえ失敗しても大丈夫!という安心感を得られますよね。

緊張はするもの。ならば上手に付き合おう

ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
どんな場面においても緊張してしまう、という人もいるでしょう。その場合は、自分にはどのくらいスキルがあって、どんな性格で、というように自分について徹底的に分析しましょう。
ここぞという時ドキドキするのはなぜ?”緊張”と上手に付き合うための心がけ
出典:unsplash.com
「自分はこのくらいできる」という基準がわかれば過度な期待を防ぎ、無理のない対策を講じることができるでしょう。目的意識を明確に持って、そして最善の準備をすることで、緊張と上手に付き合っていきたいですね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play