1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
提供: 株式会社大塚家具
“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント

“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント

しっかり寝ているはずなのに、なんとなく身体がすっきりしない…そんな”なんとなく不調”の原因は、寝室に潜んでいるかもしれません。理想の就寝環境を整えるために知っておきたい、寝室の見直しポイントを”眠りのプロ”に教えてもらいました。2020年07月30日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
お気に入り数458

毎日すっきり目覚めてる?

“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
睡眠時間は確保しているのに、1日中眠気がとれない。病院に行くほどではないけど、肩や腰が重い気がする。そんな、はっきり不調とは言い切れない“なんとなく不調”を抱えてはいませんか?
就寝環境が身体に与える影響は、思った以上に大きいもの。自分の寝室を思い浮かべて、気になるポイントが1つでも思い浮かんだ人はこの機会に就寝環境を見直してみても良いかもしれません。
“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
心地よい寝室にしよう、と考えたときに思いつく対策はなんでしょう。シーツや枕カバーの素材を爽やかで肌ざわりの良いものに変える、などは比較的取り入れやすい対策かもしれません。
でも、どこかしら身体に不調を感じているのなら、一番効果的なのは寝具そのものを見直すこと。「寝覚めの悪さや、頭・肩・腰の凝りに悩んでいる場合、マットレスが原因になっていることが多いんです」と、大塚家具“スリープアドバイザー”の有賀さんが教えてくれました。

希望を叶えるマットレスが、きっと見つかる

“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
大塚家具の中でも限られた人たちが持つ “スリープアドバイザー”という肩書は、睡眠に関する深い専門知識と豊富な商品知識を持ち合わせた「眠りのプロ」の証。人それぞれに合うマットレスは違うと話す有賀さんに、快適な寝心地を得られるマットレスを選ぶためのポイントを聞いてみました。

「理想の寝姿勢は、水に浮いているような状態といわれています。つまり、マットレスと身体のラインがぴったりフィットしていることが重要です。あとは、お客様それぞれの“好みの固さ”があるので、この2つを掛け合わせることで自分の理想のマットレスに出合えます」
大塚家具の寝具売り場にあるマットレスの種類は、常時60種類以上。様々なメーカー・ブランドの中から、実際に寝心地を試しつつ選ぶことができます。

とにかくぐっすり眠りたいなら⇒理想の寝姿勢を保つ“レガリア”

スリープアドバイザーの役割は、幅広い商品群の中から悩みに合わせたマットレスを数種類ピックアップし、顧客の好みとすり合わせながら理想の1枚に導くこと。「毎日寝起きがすっきりしない」と編集部が悩みを伝えたところ、“レガリア”というマットレスを教えてくれました。
“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
“レガリア”は、アメリカの老舗メーカー“キングスダウン社”と大塚家具が共同開発したブランドです。1904年の創業以来、マットレスと枕専門のメーカーとして磨かれ続けてきた技術と知識が詰まっていて、使われている素材は最高級。「お客様満足度も96.8%と非常に高く、大塚家具で販売しているマットレスの中でも一番の人気です。一度寝たら手放せないとリピートされる方も多くいらっしゃいます。現状よりも眠りの質を上げたい方に、自信を持ってすすめられる商品です」と有賀さん。

まるで雲の上のような、優しい寝心地

“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
一番の魅力は「雲の上に寝ているみたい」と評されるほどの極上の寝心地。身体を預けてみるとふかふかのクッションが背中を優しく包み込むような、なんとも気持ち良い感覚が。沈み込むほど柔らかいわけでも、反発を感じるほどかたいわけでもない、絶妙な弾力のマットレスが、どんな寝姿勢にもふんわりフィットします。
「独特な寝心地の秘密は、レガリア独自の多層構造と最高品質のコイルによるものです。腰が当たる部分には密度の高いコイルを使用するなどバランスをとることで、全身へのフィット力や耐久性を高めています。普段は固めのマットレスに慣れていても、レガリアは別格だと夢中になる方も多いです」

レガリアのサイズ展開はシングルからイースタンキングの6種類。グレードも10段階から選べるので、自分好みのマットレスにきっと出合えるはずです。

寝室の衛生面が気になるなら⇒パーツ交換ができる“プライマリー”

“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
説明を受ける中で、マットレスに関して長年気になっていた点を有賀さんに聞いてみました。それは衛生面のこと。汗対策にシーツを小まめに取り換えたり、敷パッドを敷いたりしているものの、マットレス自体はずっと置きっぱなしな点が気になる…と伝えたところ、教えてくれたのが大塚家具オリジナルブランドの“プライマリー”でした。

洗えないマットレスを、常に清潔に保てる

“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
“プライマリー”の大きな特長は、マットレスの上部分の「ピロートップ」が交換可能ということ。誰でも簡単に着脱できるよう、ファスナーが付いています。
「大きな買い物でもあるマットレス。全体を買い替えるのはなかなかハードルが高いですが、ピロートップだけならシングルサイズの場合1万円以下で買い替えられます。汚れやヘたりが気になったタイミングで新品に交換できるので、寝汗が気になる方や、小さいお子さんがいる方などにもおすすめです」

ホテル仕様の衛生面・耐久性をお手頃価格で

“なんとなく不調”を解決しよう。おさらいしたい寝室の見直しポイント
元々はホテル向けに開発された“プライマリー”は、衛生面・高い耐久性・優れた寝心地の3点すべてをクリアするように作られています。素材そのものに抗菌・防ダニ加工を施し、使用されているのは通常20万円以上する高級マットレスに使われている丈夫なコイル。ポケットコイルなので軋みにくく、身体へのフィット感も抜群です。グレードは5段階、サイズ展開はシングルからクイーンロングの5種類の中から選べます。

「シングルサイズで2万円以下のものから5つのグレードで取り揃えています。かなりコスパの良いマットレスです」と有賀さんも太鼓判を押します。「高級ホテルのベッドのような寝心地と、高い衛生面・耐久性を兼ね備えつつ値段を抑えられているのは、自社のオリジナルブランドだからこそ。同じ価格帯の商品群の中で、クオリティは最高級と言えます」

大事な寝室、もっと心地よく

※大塚家具有明本社ショールーム

※大塚家具有明本社ショールーム

マットレスの寿命は、大体10年前後だそう。「10年経てば、商品の経年劣化はもちろん体型の変化も見られます。購入当時の自分にはぴったりだったマットレスが、月日が過ぎて合わなくなっているというケースも。睡眠に関してどこか気になることがあれば、一度相談していただければ何かアドバイスできるかもしれません」と有賀さん。
現在大塚家具では、2020年8月16日までの期間限定でスペシャルベッドフェアを全国で開催中です。マットレス単体だけでなく、枕やベッドフレームなどの組み合わせで総合的に悩みへアプロ―チできるのも大塚家具の強み。ぜひ一度、睡眠環境を見直しにスリープアドバイザーの元へ足を運んでみてはいかがでしょう。
※2020年7月現在、マスク着用など感染症防止策を徹底し営業中です。
photo/Junichi Higashiyama
icons Googl Play