夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ

夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ

家にいる時間も長くなり、暮らしを快適にしてくれるものとして有効活用したいアロマ。自然由来のみずみずしい香りは、気分をすっきりさせてくれたり、食欲のコントロールをしてくれたり、ほんのりしあわせな気分にさせてくれたり…と、心身によい影響をもたらします。また、これからの季節にうれしい虫よけなどの効果も。夏にぜひ取り入れたいおすすめアロマをご紹介します。2020年07月20日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らしリフレッシュ・気分転換アロマ精油・エッセンシャルオイルアロマテラピー
お気に入り数426

夏に人気の香りをピックアップ

フレッシュハーブも楽しめる季節。夏に人気の香りをご紹介します。清涼感のあるものや、爽やかな気持ちにさせてくれる香りをまとって、快適に過ごしましょう。
夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ
出典:pixabay.com
アロマの効果といえば、リラックスやリフレッシュなど、心地よさや癒やしのイメージがありますね。ヨーロッパでは古くから薬の代用として重宝されてきました。それぞれの効能効果を見ていくと幅広く、使い方によってはピンポイントで、私たちの悩みを緩和してくれるものがあります。フレッシュなハーブやアロマオイルをお供にこの夏を楽しみましょう。

クールダウン・リフレッシュに

ペパーミント

夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ
出典:pixabay.com
みずみずしい葉が爽やかなペパーミントは、抗菌・鎮静作用などがあり、古代ギリシア、ローマでも浴用や食用として人気の高いハーブでした。ペパーミントに含まれるメントールは、消化不良や気管支炎などの治療薬として用いられることも。リフレッシュしたり、落ち着かせたり、何となく気分が落ち込むとき、心を励まし元気づけてくれたり、汗ばむ季節には、デオドランドの効果も期待できます。ガムや歯磨き粉にも使用されているので、なじみ深い香りですね。
ペパーミントは、ユーカリやティーツリーとブレンドすることで相乗効果も。細菌やウイルスの増殖を抑える作用が期待できるので、風邪の症状があるときや花粉症や⿐炎の緩和などにおすすめです。また、ラベンダーとも相性がよく、頭痛などを和らげる作用もあり華やかですっきりとした使い心地は、手や首元のマッサージなどにもおすすめ。
出典:pixabay.com

ペパーミントは、ユーカリやティーツリーとブレンドすることで相乗効果も。細菌やウイルスの増殖を抑える作用が期待できるので、風邪の症状があるときや花粉症や⿐炎の緩和などにおすすめです。また、ラベンダーとも相性がよく、頭痛などを和らげる作用もあり華やかですっきりとした使い心地は、手や首元のマッサージなどにもおすすめ。

グレープフルーツ

果実の印象そのままに、爽やかで甘酸っぱい香りは夏を快適に過ごす香りとして特におすすめ。甘過ぎず、さっぱりしていて、男女ともに使いやすいです。
出典:pixabay.com

果実の印象そのままに、爽やかで甘酸っぱい香りは夏を快適に過ごす香りとして特におすすめ。甘過ぎず、さっぱりしていて、男女ともに使いやすいです。

虫よけに

レモングラス

夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ
出典:
レモングラスは、レモンのような香りが楽しめるイネ科の植物です。昆虫忌避作用があるシトラールという成分を多く含んでおり、犬のノミ対策にも効果が期待できます。また、鎮痛作用や抗炎症作用もあり、筋肉痛や腰痛、肩こりなどの痛みにも◎
レモングラスと相性のいいブレンドとしては、ローズマリーやラベンダー、ブラックペッパーなどが挙げられます。特にラベンダーは華やかな香りで、殺菌や抗炎症効果も期待できるのでおすすめです。
出典:

レモングラスと相性のいいブレンドとしては、ローズマリーやラベンダー、ブラックペッパーなどが挙げられます。特にラベンダーは華やかな香りで、殺菌や抗炎症効果も期待できるのでおすすめです。

ゼラニウム

虫よけに効果があるといわれているのは「蚊連草(カレンソウ)」という種類のものです。蚊が嫌いな成分のシトロネラールを多く含んでいます。お花も葉の形も可憐。地植えで大きく育てることで、玄関の周りや庭のヤブ蚊対策になりそう。
近種にローズゼラニウムがあります。ローズゼラニウムは香りを楽しむことができ、ハーブティーや料理の飾りなど食用にもなりますよ。
出典:

虫よけに効果があるといわれているのは「蚊連草(カレンソウ)」という種類のものです。蚊が嫌いな成分のシトロネラールを多く含んでいます。お花も葉の形も可憐。地植えで大きく育てることで、玄関の周りや庭のヤブ蚊対策になりそう。
近種にローズゼラニウムがあります。ローズゼラニウムは香りを楽しむことができ、ハーブティーや料理の飾りなど食用にもなりますよ。

食欲コントロールに

夏バテ?食欲が落ちて体がつらいときに食欲増進作用のあるアロマ

■ローレル
食欲を刺激するローレル(ローリエ)は月桂樹という名前でも知られています。煮込み料理など肉の臭み消しに広く使われ、甘くスパイシーな香りは疲れが溜まっているときにもおすすめです。
夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ
出典:
ローレルと相性がいいブレンドは、シトロネラ、レモンなどの柑橘系や、ゼラニウム、ラベンダーなどのフローラル系です。胃もたれによい組み合わせとしては、オレンジやコリアンダー、マジョラム等がおすすめです。
出典:pixabay.com

ローレルと相性がいいブレンドは、シトロネラ、レモンなどの柑橘系や、ゼラニウム、ラベンダーなどのフローラル系です。胃もたれによい組み合わせとしては、オレンジやコリアンダー、マジョラム等がおすすめです。

ダイエット・デトックス効果も期待 過食抑制作用のあるアロマ

■フェンネル
「フェンネル」はギリシャ語で「痩せる」「細くなる」意味を持っているそう。魚料理の香りづけに重宝され、漢方としても使用されています。アロマオイルの働きとしては、過剰な食欲を抑制し、胃腸を整え、消化をサポート。体内に溜まった毒素や不要な水分を排出するデトックス作用もあります。
夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ
出典:
フェンネルの甘くスパイシーな香りは、レモンなどの柑橘系やペパーミント、ラベンダー、ローズなどの香りと相性がよいです。レモンとフェンネルの組み合わせは、パスタやサラダとも相性抜群です。食べ過ぎを抑えながらさっぱりといただけます。
出典:pixabay.com

フェンネルの甘くスパイシーな香りは、レモンなどの柑橘系やペパーミント、ラベンダー、ローズなどの香りと相性がよいです。レモンとフェンネルの組み合わせは、パスタやサラダとも相性抜群です。食べ過ぎを抑えながらさっぱりといただけます。

もっと身近に、カンタンな使い方

アロマストーン・木製受け皿など

ストーンや木製の受け皿にアロマオイルを数滴垂らして、お部屋に香りを広げたら、手軽にアロマセラピーを楽しめます。火気を使わないので、そのまま眠ってしまっても安心。安眠を助けてくれる香りはたくさんありますが、この時季特におすすめなのはオレンジ・スイート。リラックス効果もあり、寝苦しい夜も柑橘系の甘い香りでぐっすりと眠ることができます。また、ラベンダーも鎮静と高いリラックス効果があり、安眠のための心強い香りです。
出典:www.photo-ac.com

ストーンや木製の受け皿にアロマオイルを数滴垂らして、お部屋に香りを広げたら、手軽にアロマセラピーを楽しめます。火気を使わないので、そのまま眠ってしまっても安心。安眠を助けてくれる香りはたくさんありますが、この時季特におすすめなのはオレンジ・スイート。リラックス効果もあり、寝苦しい夜も柑橘系の甘い香りでぐっすりと眠ることができます。また、ラベンダーも鎮静と高いリラックス効果があり、安眠のための心強い香りです。

ハンカチ・コットンにふくませて

ハンカチやコットンに数滴、精油を垂らしておくと外でも香りを楽しめますね。仕事中、ちょっとリフレッシュしたいとき、そっと香りをかぐこともできます。持ち運びもかさばらないのがいいですね。おすすめはローズ。ストレス緩和と女性ホルモンに働きかけ、生理前の不調にも効果があるといわれています。
出典:

ハンカチやコットンに数滴、精油を垂らしておくと外でも香りを楽しめますね。仕事中、ちょっとリフレッシュしたいとき、そっと香りをかぐこともできます。持ち運びもかさばらないのがいいですね。おすすめはローズ。ストレス緩和と女性ホルモンに働きかけ、生理前の不調にも効果があるといわれています。

フット&ハンドバス・フェイシャルスチームで癒やされる

ボウルにお湯を張って、精油を数滴垂らし、足または手を入れます。香りを楽しみながらフットケアやハンドケアをしてみませんか。夏の冷え性対策にも。また、蒸気を顔にあてて皮膚にうるおいを与えたり、血行を促すのもよいですね。
出典:www.photo-ac.com

ボウルにお湯を張って、精油を数滴垂らし、足または手を入れます。香りを楽しみながらフットケアやハンドケアをしてみませんか。夏の冷え性対策にも。また、蒸気を顔にあてて皮膚にうるおいを与えたり、血行を促すのもよいですね。

吸入する

カップにお湯と精油を入れて吸入する方法もあります。香りを鼻や口から吸い込むことで、呼吸器系の不調を緩和することもできますよ。ユーカリやティーツリー、ペパーミント、ラベンダー、カモミールなどがおすすめです。
出典:www.photo-ac.com

カップにお湯と精油を入れて吸入する方法もあります。香りを鼻や口から吸い込むことで、呼吸器系の不調を緩和することもできますよ。ユーカリやティーツリー、ペパーミント、ラベンダー、カモミールなどがおすすめです。

料理やドリンクで手軽に

ミントなど葉物ハーブは育てやすいので、自分で育ててみませんか。若葉を摘み取り柑橘系と合わせたら、夏にぴったりのフレーバーウォーターが楽しめます。
出典:pixabay.com

ミントなど葉物ハーブは育てやすいので、自分で育ててみませんか。若葉を摘み取り柑橘系と合わせたら、夏にぴったりのフレーバーウォーターが楽しめます。

持ち運びにベンリな、練り香水も

練り香水を携帯し、気軽にアロマを楽しみましょう。こちらは、CITE(シテ)の練り香水。100%天然のエッセンシャルオイルを使用。「深呼吸したくなる香り」をテーマに作られています。手首や首筋、耳の後ろなどにつけると、ふわっと香りが広がります。3種類から選べ、シンプルな形は女性だけでなく男性にも。
出典:

練り香水を携帯し、気軽にアロマを楽しみましょう。こちらは、CITE(シテ)の練り香水。100%天然のエッセンシャルオイルを使用。「深呼吸したくなる香り」をテーマに作られています。手首や首筋、耳の後ろなどにつけると、ふわっと香りが広がります。3種類から選べ、シンプルな形は女性だけでなく男性にも。

VIE(ヴィー)の練り香水。肌に優しく、液体の香水よりも穏やかに香ります。ウッディなパッケージが可愛いですね。気分をリフレッシュしたいときに肌にのばすと、優しい香りが心を癒やしてくれますよ。シアバター配合で、乾燥が気になる所の保湿対策にも。
出典:

VIE(ヴィー)の練り香水。肌に優しく、液体の香水よりも穏やかに香ります。ウッディなパッケージが可愛いですね。気分をリフレッシュしたいときに肌にのばすと、優しい香りが心を癒やしてくれますよ。シアバター配合で、乾燥が気になる所の保湿対策にも。

アロマを暮らしに取り入れて夏を楽しもう

夏の暑さも心地よく、自分をご機嫌にするおすすめアロマ
出典:pixabay.com
心身にさまざまなよい効果が期待できるアロマ。夏におすすめのものをピックアップしてみました。アロマオイルだけでなく、フレッシュなハーブが手に入るこの時季だから、食べ物や飲み物に取り入れるのもおすすめ。練り香水でさりげない香りのおしゃれをするのも素敵です。暮らしの中に気軽にアロマを取り入れて、夏を快適に過ごしましょう。
*体調によってはご使用を控えた方がよい精油もあるため注意しましょう。(妊娠中の方や医師によって治療を受けている方など)
*基本的に精油の原液を直接肌につけることはお控えください。
*刺激を感じた場合はご使用をおやめください。
今回画像をお借りしたサイトさまのページはこちら☆

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play