言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?

言葉はその人自身を作り上げるもの。つい発してしまう、愚痴や悪口などネガディブな言葉も、少し視点を変えるように意識をすれば、ポジティブな言葉に変換することができます。前向きな発言を心がけ、ポジティブな素敵な女性になるためのヒントをご紹介します。2020年05月11日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし言葉なりたい自分素敵な大人ポジティブ
お気に入り数3021

ネガティブな言葉ばかり発してしませんか?

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
自信がない時、失敗してしまった時や疲れてしまった時など、自分がどんな言葉を発しているのか注意を払ったことはありますか?ネガティブな気持ちの時こそ、実は自分自身の根底にある本性が顔を出すもの。
言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
もちろん人間なので、辛い時や落ち込んでしまう時もあって当然。そのネガティブな気持ちを、ずるずると引きずってしまうこともあります。大事なのは、ネガティブな時期にいる自分の状況を、理解できているかどうか。短期的なら良いですが、長期的にネガティブ発言が癖づいてしまったら要注です。

ネガティブな言葉に支配されないで。言葉は自分を作る

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
マザーテレサが残した有名な言葉にもあるように、言葉は人間性そのものになります。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

このマザーテレサの言葉を聞いて、身に染みた方も多いのではないでしょうか…。
言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
人間がネガティブな気持ちになってしまうのは、仕方がないこと。ネガティブな気持ちになることは、人間の成長のために必要な要素でもあります。しかし、ネガティブな気持ちに支配されてしまい、自分が発する言葉までネガティブになってしまってはよくないですよね。
大切なことは、ネガティブな気持ちに支配され、ポジティブな言葉を失わないようにすること。では、どうすればいいのでしょうか?ポジティブな言葉を身につける方法を知り、ポジティブな言葉に意識を傾けることがポイントです。

ポジティブ言葉を身につけよう*前向きになれるアイデア帳

著名人の伝記を読む

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
著名人の伝記を読むなど尊敬するべき方の歴史を学び、その方々がどのような意識を持ち、どのような言葉を残してきたのか。彼・彼女たちの発言を勉強し、言葉と向かい合う時間を作ること。体の中の毒素がスーッと抜けていく様な気持ちになり、心が浄化されます。

「ありがとう」の一言を添えて

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
「ありがとう」は魔法の言葉。ネガティブな思考から抜け出せなくても、「ありがとう」という一言を発するだけで、自分の気持ちも少し軽くなり、相手へも心地よい空気を作ることができます。ネガティブな思考に支配されてしまう前に、「ありがとう」という一言でネガティブな気持ちを追い払ってみましょう。

「でも」「だって」は捨てよう

日常の中で無意識のうちに使ってしまう「でも」や「だって」。この言葉を発する前に、自分にストップ!をかける癖をつけましょう。一度、冷静になる自分のための時間になります。

否定形を使わない

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
イライラしている時など、つい否定形の言葉で相手に伝えてしまいます。例えば、「遅刻しないで」「タバコを吸わないで」「走らないで」など…。しかし、それぞれ「〜しないで」という言い方ではなく、肯定形で表現することができます。「時間通り来て」「外でタバコを吸って」「ゆっくり歩いて」など…印象はずいぶん変わり、「〜しないで」よりは、言う方も言われる方も肯定系の言葉の方が気分がいいですよね。

「疲れた」は自分を褒める言葉に

仕事や勉強、家事や育児など「疲れた」と思う感情が湧き出るのは普通なこと。「疲れた」と感じる気持ちを否定してはいけません。なぜならそれは、自分が毎日を必死で頑張っているが故の感情。
言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
「疲れた」と叫びたい時こそ、自分を褒めて労わってあげる絶好のチャンスだと捉えましょう。そして「疲れた」と発言するのではなく、「今日も頑張った」「今日も充実していた」と言い換えてみて。「疲れた」と言いたい時こそ、自分を思いっきり褒めてあげましょう。

「無理」「できない」を楽しもう

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
初めて挑戦ことに対して「無理です」「できないです」など、と発言していませんか?初めての体験は「完璧にできなくて当然」ということを前提にできるので、ハードルを低くして挑戦することができます。「初めて挑戦するので、楽しみです」という言葉を伝えることができれば、ポジティブな言葉を身につけた上級者さんです!

カタカナへ変換してみる

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
言葉をポジティブに変換する方法が見当たらないと感じることもありますよね。そんな時におすすめなのが、「カタカナ変換方法」です。例えば、「あの人は無愛想だ」や「あの服装は派手ね」と言われ褒められたと思う人は少ないはずです。
言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
しかし「あの人はクールね」や「あの服装はカラフルね」と言い換えると、嬉しい気分になりませんか?本当は「無愛想」や「派手」などと感じていたとしても、「クール」や「カラフル」と発言することで、自分自身のネガティブな感情も薄れているはずです。
言葉を変えれば、気持ちも変わる。普段の言葉を「ポジティブ」に言い換えよう
言葉を変えれば、気持ちも変わる。普段の言葉を「ポジティブ」に言い換えよう

コップに入った水、「もうこれしかない」と言うか「まだこのくらいある」と言うか。同じコップの水に対して、プラスとマイナスの両面からの言い方がありますね。言葉に自己暗示の力があるのなら、普段使っている言葉をポジティブにして、気持ちも前向きに明るくありたいですよね。普段使っている言葉について、努めてポジティブな言い換えを意識してみませんか?

この記事では、ポジィブな言い換えを違うアプローチでご紹介しています。

今日から一歩ずつ、前向きな自分へ

言葉は自分そのもの。ポジティブな言葉で前向きな女性になりませんか?
出典:unsplash.com
毎日発する言葉だからこそ、その日々の積み重ねが自分自身を作ります。言葉のネガティブな癖を取り除くことで、思考もおのずとポジティブに変わり、前向きな女性へと変わることができます。
今すぐできることばかりなので、是非今日から始めてみませんか?周囲の人との関係性も、少しずつ変わってくることに気がつくはずです♪

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play