1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 生き方
  5. 贅沢時間
  6. 毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント
毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント

毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント

ほっとする心が安らぐ時間や空間、そして暮らしの中で感じる幸せな気持ちをデンマークでは"ヒュッゲ"という言葉で表現します。ヒュッゲは暮らし全般だけではなく、食事をする時間や空間でも感じるもの。気持ちに余裕がなかったり、忙しい日々ではついつい忘れてしまいがちな心地いい食事の時間。今回はヒュッゲを意識した食生活の送り方を考えてみました。2020年05月09日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方贅沢時間おうち時間食事
お気に入り数1358

毎日の食生活に"HYGEE(ヒュッゲ)"を

毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント
出典:unsplash.com
「HYGEE(ヒュッゲ)」という言葉は、デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」という意味。他の言語では言い換えられない、デンマークの人たちが価値観を表す言葉です。

家族や友人と語らいながらゆったりと過ごすことを、デンマーク人は"ヒュッゲな時間"として大切にしています。
また、そのために、インテリアなど環境を整えることも含む場合もあるようです。
毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント
出典:unsplash.com
日々の暮らしで工夫をして、ヒュッゲな時間を過ごそうとすることが、より幸せを感じるきっかけになり、豊かな毎日を送ることにも繋がります。

まずは、毎日する食生活にヒュッゲという考え方を取り入れてみませんか。

時間に追われた生活では、食事をなんとなく済ませたり、お腹を満たすことだけを優先してしまいがちです。
きっとささやかな幸せを感じるような食生活を意識したら、何気ない毎日にも心が安らぐひと時をプラスできますよ。
デンマークの「ヒュッゲ」から学ぶハッピーライフ~幸せへのヒント10
デンマークの「ヒュッゲ」から学ぶハッピーライフ~幸せへのヒント10

欧米を中心に注目を集めている「ヒュッゲ」という言葉を聞いたことはありませんか?イギリスではヒュッゲブームが起こって、2017年の注目キーワードになったそう。「ヒュッゲ」とはデンマーク人が大切にしている時間の過ごし方や心の持ち方を表す言葉。日本は物質的に豊かで治安もよく世界的にみると恵まれている環境なのに「今とても幸せだ!」と自信をもって答えられる人はどれだけいるでしょうか?今回は、幸福度が高いデンマークの「ヒュッゲ」から幸せのヒントを学び、日本の生活の中にどう取り入れられるかを考えてみました。

暮らしの中の小さな幸せを意識することは、心の幸せに繋がるのかもしれません。

ヒュッゲを大切にした食事の支度

毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント
出典:unsplash.com
一日の中で何度も行う食事の支度と後片付け。「きちんとしなければならない」と気負うと、大変なことになってしまいます。

食事の時間は、料理することからすでに始まっています。より快適に準備をするための工夫をしてみましょう。

家族で分担

毎日三食作り続けるのは大変なこと。そこで家族に分担して手伝ってもらいましょう。

たとえば夫婦共働きの場合は、曜日で分けたり、支度と後片付けで分担するのもおすすめ。料理が苦手なパートナーなら、切るだけ、混ぜるだけなど、シンプルな作業を手伝ってもらいましょう。

またホットプレートで作れるメニューを取り入れ、食卓の上で一緒に作るのも気分転換になります。
出典:unsplash.com

毎日三食作り続けるのは大変なこと。そこで家族に分担して手伝ってもらいましょう。

たとえば夫婦共働きの場合は、曜日で分けたり、支度と後片付けで分担するのもおすすめ。料理が苦手なパートナーなら、切るだけ、混ぜるだけなど、シンプルな作業を手伝ってもらいましょう。

またホットプレートで作れるメニューを取り入れ、食卓の上で一緒に作るのも気分転換になります。

早めに始める

どんなに手早くできるレシピでも、やはり時間に追われたら気持ちにゆとりがなくなってしまいます。

たとえば、朝のうちに夕飯の下ごしらえをしておく、昼食の片づけのついでにご飯を研ぎ炊飯器のタイマーをセットしておくなど、一歩先を見据えて準備しましょう。
それだけで心に余裕もって食事の準備をすることができます。
出典:unsplash.com

どんなに手早くできるレシピでも、やはり時間に追われたら気持ちにゆとりがなくなってしまいます。

たとえば、朝のうちに夕飯の下ごしらえをしておく、昼食の片づけのついでにご飯を研ぎ炊飯器のタイマーをセットしておくなど、一歩先を見据えて準備しましょう。
それだけで心に余裕もって食事の準備をすることができます。

品数にとらわれない

品数が少ないことで、なんだか手を抜いているような感覚になってしまうことがありますよね。
でも、品数にこだわっているのは、自分だけかもしれません。「今日はこれで十分」と割り切るのも大切です。

無理をしないことで、より美味しく味わいことができる「幸せな食事の時間」が生まれるはずです。
出典:unsplash.com

品数が少ないことで、なんだか手を抜いているような感覚になってしまうことがありますよね。
でも、品数にこだわっているのは、自分だけかもしれません。「今日はこれで十分」と割り切るのも大切です。

無理をしないことで、より美味しく味わいことができる「幸せな食事の時間」が生まれるはずです。

キッチンで育てたハーブを使って

キッチンやベランダで育てたハーブを使って料理をしてみましょう。毎日少しずつ成長するハーブを見るのも楽しみになりますよ。

さらに摘みたてのハーブを添えればフレッシュな香りを味わうことができ、食事をしながら小さな幸せを感じられそうです。
出典:unsplash.com

キッチンやベランダで育てたハーブを使って料理をしてみましょう。毎日少しずつ成長するハーブを見るのも楽しみになりますよ。

さらに摘みたてのハーブを添えればフレッシュな香りを味わうことができ、食事をしながら小さな幸せを感じられそうです。

食事メニューは心の満足も意識する

食事の準備をするとき、栄養バランスや献立のバリエーションのことを考えがち。
でも時には、体だけではなく心を意識した食事にしてみましょう。

気持ちを優先した食事は、気持ちをほっこり包んでくれるはず。料理の時間も幸せに感じることができます。
出典:unsplash.com

食事の準備をするとき、栄養バランスや献立のバリエーションのことを考えがち。
でも時には、体だけではなく心を意識した食事にしてみましょう。

気持ちを優先した食事は、気持ちをほっこり包んでくれるはず。料理の時間も幸せに感じることができます。

温かい食事を意識する

季節に関わらず、温かい食事は体も心も温めてくれます。体を温めると新陳代謝も上がりますが、ストレスがたまってイライラする時にも効果的です。

たとえば、お菓子を食べるよりも一杯の温かいスープを口にする方がより気持ちが落ち着くこともあります。意識して温かいメニューを選んで、ゆったりとした時間を過ごしてみましょう。
出典:www.photo-ac.com

季節に関わらず、温かい食事は体も心も温めてくれます。体を温めると新陳代謝も上がりますが、ストレスがたまってイライラする時にも効果的です。

たとえば、お菓子を食べるよりも一杯の温かいスープを口にする方がより気持ちが落ち着くこともあります。意識して温かいメニューを選んで、ゆったりとした時間を過ごしてみましょう。

旬の食材を使った食事を

慌ただしく暮らす日常では、ゆっくりと季節を楽しむ時間が持てないことも。それなら意識して旬の食材を取り入れてみましょう。栄養価も高く味も濃い旬の食材を口にすれば、心も体も元気になります。

今の季節なら、そらまめやたけのこなどの春野菜がおすすめ。春から初夏を感じるような春野菜の香りをたっぷりと味わえたら、自然の恵みに感謝の気持ちが芽生えます。
出典:www.photo-ac.com

慌ただしく暮らす日常では、ゆっくりと季節を楽しむ時間が持てないことも。それなら意識して旬の食材を取り入れてみましょう。栄養価も高く味も濃い旬の食材を口にすれば、心も体も元気になります。

今の季節なら、そらまめやたけのこなどの春野菜がおすすめ。春から初夏を感じるような春野菜の香りをたっぷりと味わえたら、自然の恵みに感謝の気持ちが芽生えます。

食事をする空間にヒュッゲの考え方を

毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント
出典:unsplash.com
居心地のいい場所での食事はより食事をおいしく感じ、気持ちがふわっとあたたかくなるような時間を過ごせますよ。心が緩めば、自然と会話も弾みます。
リビングスペースをより快適にする工夫をしてみましょう。


器やお箸はお気に入りのものを

お気に入りの器やお箸は、ついついもったいなくて棚の奥にしまったままに。
すべてを使うのは勇気がいるけれど、毎食ひとつだけ、とびきりお気に入りを使ってみませんか。今日はこれ!と日替わりで選ぶ楽しさもあります。

素敵な食器に盛り付けられた料理を見るだけで気分も上がり、よりおいしい食事に幸せを感じられそうです。
出典:unsplash.com

お気に入りの器やお箸は、ついついもったいなくて棚の奥にしまったままに。
すべてを使うのは勇気がいるけれど、毎食ひとつだけ、とびきりお気に入りを使ってみませんか。今日はこれ!と日替わりで選ぶ楽しさもあります。

素敵な食器に盛り付けられた料理を見るだけで気分も上がり、よりおいしい食事に幸せを感じられそうです。

こだわりと愛情たっぷりの空間作りを

手入れが行き届き愛着のあるものが並んだ部屋は心地良いですよね。そのためには「捨てる」のではなく、買う時に「考える」ことを意識しましょう。「必要かどうか」「長く使えるかどうか」など今の暮らしに合わせて考えれば、衝動買いを減らすことにもつながります。

手をかけて愛用しているものからは温かい愛情を感じます。こだわりや愛着が詰まった空間はまさにヒュッゲな時間をもたらしてくれます。
出典:unsplash.com

手入れが行き届き愛着のあるものが並んだ部屋は心地良いですよね。そのためには「捨てる」のではなく、買う時に「考える」ことを意識しましょう。「必要かどうか」「長く使えるかどうか」など今の暮らしに合わせて考えれば、衝動買いを減らすことにもつながります。

手をかけて愛用しているものからは温かい愛情を感じます。こだわりや愛着が詰まった空間はまさにヒュッゲな時間をもたらしてくれます。

自然を感じる空間作りを

現代の私たちは、自然を身近に感じる機会がとても少ない暮らしといえます。それなら自然のアイテムを使った空間作りを意識してみましょう。

たとえば季節の花をダイニングテーブルに飾ったり、ドライフラワーにしてみたり。綿や麻などの自然素材のアイテムをそろえるのもおすすめです。自然の素材を目にするだけでほっと落ち着き、リラックスできる空間作りが叶います。
出典:unsplash.com

現代の私たちは、自然を身近に感じる機会がとても少ない暮らしといえます。それなら自然のアイテムを使った空間作りを意識してみましょう。

たとえば季節の花をダイニングテーブルに飾ったり、ドライフラワーにしてみたり。綿や麻などの自然素材のアイテムをそろえるのもおすすめです。自然の素材を目にするだけでほっと落ち着き、リラックスできる空間作りが叶います。

ひとりでも楽しめるヒュッゲな食事とは

毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント
出典:unsplash.com
いつでも家族や友人と食事ができるというわけではありません。それならひとりでもヒュッゲな食事の時間を楽しみませんか。

少しだけ意識したり空間を工夫することで、ひとりごはんも幸せを感じる大切な時間になりますよ。

香りや味を楽しむ

ひとりでゆったりと食事ができるなら、食材の香りや料理の味をじっくりと味わってみましょう。おしゃべりに夢中で気付かないことも、ひとりの食事だからこそ気づくこともありそうです。

ゆっくりと一口ずつ味わうことができたら心地よい時間が流れます。
出典:unsplash.com

ひとりでゆったりと食事ができるなら、食材の香りや料理の味をじっくりと味わってみましょう。おしゃべりに夢中で気付かないことも、ひとりの食事だからこそ気づくこともありそうです。

ゆっくりと一口ずつ味わうことができたら心地よい時間が流れます。

照明を落としてキャンドルを

パソコンやスマホなど、ブルーライトにさらされている生活なら、ぜひキャンドルや間接照明を灯して食事をしてみましょう。温かいオレンジの灯りにほっこりと癒され、さらにお腹も満たされれば至福のときに。

心が少しずつほどけていくような感覚を味わえるかもしれません。
出典:unsplash.com

パソコンやスマホなど、ブルーライトにさらされている生活なら、ぜひキャンドルや間接照明を灯して食事をしてみましょう。温かいオレンジの灯りにほっこりと癒され、さらにお腹も満たされれば至福のときに。

心が少しずつほどけていくような感覚を味わえるかもしれません。

手間をかけたお茶を味わう

茶葉から淹れた紅茶やハンドドリップのコーヒーなど、たっぷりと時間をかけて飲み物を用意しましょう。さらにお気に入りのソ

今日の出来事を思い返してみたり何も考えずにボーっとしてみるなど、ひとりだからこそ楽しめる至福の時間はヒュッゲそのものですね。
出典:unsplash.com

茶葉から淹れた紅茶やハンドドリップのコーヒーなど、たっぷりと時間をかけて飲み物を用意しましょう。さらにお気に入りのソ

今日の出来事を思い返してみたり何も考えずにボーっとしてみるなど、ひとりだからこそ楽しめる至福の時間はヒュッゲそのものですね。

心安らぐヒュッゲな食事を

毎日のことだから、心ほぐれるひとときに。食事を「ヒュッゲな時間」にするヒント
出典:unsplash.com
体のことだけを考えて食べる食事ではなく、時にはヒュッゲを意識して心を中心とした食生活にしてみませんか。心地よく幸せと感じる"ヒュッゲ"な食事の時間は、ゆったり過ごせる一日の楽しみにも。

食生活がヒュッゲなものになれば、ライフスタイル全体にもゆとりが生まれ穏やかな毎日を過ごせることにも繋がります。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play