1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 暮らし方
  5. いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント
いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント

いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント

好きなものに囲まれた暮らしはとても穏やかで心地いいものですが、少し物足りなさを感じることも。そこで、今の暮らし方は大きく変えずに行動や思考に少し変化を起こしてみませんか。そのことがこれから自分が進む新しい道への原点になるかもしれません。今回は心機一転するためのきっかけ作りをご紹介します。2020年04月20日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし暮らし方ヒントリフレッシュ・気分転換
お気に入り数1335

今の暮らしのまま、心機一転する方法

いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント
出典:unsplash.com
大人になると自分の好き・嫌いの傾向がはっきりして、ライフスタイルも安定してきますよね。音楽や趣味、本、インテリアなど、好きなものに囲まれた暮らしは心地いいものです。
いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント
出典:unsplash.com
安定した毎日は心地よいけれど、いつも見える景色は同じ。
それなら今の暮らしのまま、モノや思考の選択を変えて"心機一転"してみませんか。今までとは違う新たな自分との出会いが訪れるかもしれません。

今回は、そんな"心機一転"するメソッドをご紹介します。

新たなジャンルの本を読む

本は、生きる知恵となる知識や読解力が身に付くだけでなく、ときに熱い想いがこみあげて深い感動に包まれることもあります。
そんな人生を豊かにしてくれる読書。少し趣向を変えて、新たな自分と出会える本選び方をしてみませんか。

いつもと違うジャンルから選ぶ

本屋さんに行ったら小説や文学の棚に直行!という方は、いつもとは違うジャンルの棚へ。たとえば、エッセイやノンフィクション、はたまたビジネス書や自己啓発本など…何となく選ばなかったジャンルを選んでみましょう。

なぜ選ばなかったのか、理由を探ってみても明確な答えが出てこない場合も多いのではないでしょうか。
「何となく」の中に、実は自分が解決したかったことや、もう一歩前進するためのヒントが隠れているかもしれません。

新たな世界と出合うわくわく感も新鮮ですね。
出典:unsplash.com

本屋さんに行ったら小説や文学の棚に直行!という方は、いつもとは違うジャンルの棚へ。たとえば、エッセイやノンフィクション、はたまたビジネス書や自己啓発本など…何となく選ばなかったジャンルを選んでみましょう。

なぜ選ばなかったのか、理由を探ってみても明確な答えが出てこない場合も多いのではないでしょうか。
「何となく」の中に、実は自分が解決したかったことや、もう一歩前進するためのヒントが隠れているかもしれません。

新たな世界と出合うわくわく感も新鮮ですね。

装丁で選んでみる

ジャンルや作家ではなく、ふっと心惹かれる装丁で選んでみてはいかがでしょうか。
思わず部屋に飾りたくなるような素敵なデザインや、気になったキャッチコピーなど、ふいに目に飛び込んできた出会いを大切にしてみましょう。

自分のインスピレーションが、まだ見ぬ世界へと連れて行ってくれるかもしれません。
出典:unsplash.com

ジャンルや作家ではなく、ふっと心惹かれる装丁で選んでみてはいかがでしょうか。
思わず部屋に飾りたくなるような素敵なデザインや、気になったキャッチコピーなど、ふいに目に飛び込んできた出会いを大切にしてみましょう。

自分のインスピレーションが、まだ見ぬ世界へと連れて行ってくれるかもしれません。

人生を変える一冊に出合えるかも?素敵な本の「選び方」教えます
人生を変える一冊に出合えるかも?素敵な本の「選び方」教えます

本の選び方をご紹介しています。本屋や図書館などの場所ごとの楽しみ、またおすすめの本屋なども記載しています。本に馴染みのない方にも興味を持って頂ける内容になっているかと思うので、そうした方も是非ご一読ください。きっと新たな楽しみが見つかりますよ。

じっくりと本選びをすることが、自分自身と向き合う時間になりますよ。

明るい色と柄物を選んでみる

いつも選ぶ服のトーンが同じという方は多いのではないでしょうか。
好きで選んでいるようでも、"落ち着く"ことが理由だったりしませんか?

本当はもっと明るい色の服や柄物が着たいと思いつつ、無難を優先して、気づかないうちに我慢しているかもしれません。

自分では選ばないような色や柄の服を身につけるのは少しだけ勇気が必要ですが、もしかしたらもっと似合う色やデザインがあるかもしれません。まっさらな感覚での服選びも楽しいですよ。
出典:unsplash.com

いつも選ぶ服のトーンが同じという方は多いのではないでしょうか。
好きで選んでいるようでも、"落ち着く"ことが理由だったりしませんか?

本当はもっと明るい色の服や柄物が着たいと思いつつ、無難を優先して、気づかないうちに我慢しているかもしれません。

自分では選ばないような色や柄の服を身につけるのは少しだけ勇気が必要ですが、もしかしたらもっと似合う色やデザインがあるかもしれません。まっさらな感覚での服選びも楽しいですよ。

明るい色なら淡い色を

いつもモノトーンコーデの人が春色のコーデをするだけで、印象も気分もがらっと変わります♪

まずは、パステルカラーなど淡い色から取り入れてみましょう。
さらに軽い素材であれば、やさしい印象に。少しの勇気で挑戦しやすいはずです。
出典:

いつもモノトーンコーデの人が春色のコーデをするだけで、印象も気分もがらっと変わります♪

まずは、パステルカラーなど淡い色から取り入れてみましょう。
さらに軽い素材であれば、やさしい印象に。少しの勇気で挑戦しやすいはずです。

柄物ならボトムを

柄物も勇気がいりますよね。それなら、まずはボトムスから。
黒や小花柄のロング丈スカートをセレクトすれば、大人っぽい着こなしに。トップスをモノトーンやアースカラーにすることで、上手な引き算コーデに仕上がりますよ。
出典:

柄物も勇気がいりますよね。それなら、まずはボトムスから。
黒や小花柄のロング丈スカートをセレクトすれば、大人っぽい着こなしに。トップスをモノトーンやアースカラーにすることで、上手な引き算コーデに仕上がりますよ。

自分の肌質を知る

肌診断から始めよう

効果的なスキンケアや顔を明るくする映えるメイクには、まずは、自分の肌質をきちんと知ることが大切です。
乾燥肌だと思っていたら、実は混合肌だった、などわかっているつもりになっていることも。化粧品メーカーのHPやアプリなどでもチェックできるものがあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

より自分の魅力を引き出す、アイテム選びでできるようになるはずです。
出典:unsplash.com

効果的なスキンケアや顔を明るくする映えるメイクには、まずは、自分の肌質をきちんと知ることが大切です。
乾燥肌だと思っていたら、実は混合肌だった、などわかっているつもりになっていることも。化粧品メーカーのHPやアプリなどでもチェックできるものがあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

より自分の魅力を引き出す、アイテム選びでできるようになるはずです。

パーソナルカラーを診断しよう

最近よく耳にする"イエローベース"や"ブルーベース"という言葉に代表されるパーソナルカラー。肌だけではなく、髪や瞳の色と合わせて、その人に似合う色を探すことができます。


同じピンクでも、パステルカラー系から青みがかったピンクなど種類は様々。その中でもより肌をきれいに見せることができて、色選びの幅が広がりますよ。
出典:unsplash.com

最近よく耳にする"イエローベース"や"ブルーベース"という言葉に代表されるパーソナルカラー。肌だけではなく、髪や瞳の色と合わせて、その人に似合う色を探すことができます。


同じピンクでも、パステルカラー系から青みがかったピンクなど種類は様々。その中でもより肌をきれいに見せることができて、色選びの幅が広がりますよ。

私に似合う色はどんな色?知ればもっと輝く、パーソナルカラー診断
私に似合う色はどんな色?知ればもっと輝く、パーソナルカラー診断

パーソナルカラーとは「自分に似合う色」のことです。それを見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と呼びます。似合う色を身につけると、肌が美しく見えたり明るく元気な印象を与えたりと良い効果を生みます。自分に合ったカラー選びの参考に一緒にパーソナルカラー診断をしてみましょう。

自分に似合う色を探してみませんか。

今のライフスタイルに合わせた模様替え

いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント
出典:unsplash.com
ライフスタイルが変わっても、部屋は変わらないままになっていませんか。
モノの種類や量はもちろん、生活スタイルや価値観まで、変化していくもの。今の自分に合った部屋づくりをすることが大切です。

今の自分に必要なスペース作り

スキマ時間にくつろげる場所や、好きなものだけをディスプレイするスペースを作ってみたり。
リラックスできるインテリアを意識するだけで、"お家時間"を大切にすることができます。

また、毎日の自分の行動から動線を見直してみましょう。朝の支度に何度も家の中を往復するなど、無駄な動きはありませんか。
快適な暮らしのために、インテリアの配置を見直してみるのもおすすめです。
出典:unsplash.com

スキマ時間にくつろげる場所や、好きなものだけをディスプレイするスペースを作ってみたり。
リラックスできるインテリアを意識するだけで、"お家時間"を大切にすることができます。

また、毎日の自分の行動から動線を見直してみましょう。朝の支度に何度も家の中を往復するなど、無駄な動きはありませんか。
快適な暮らしのために、インテリアの配置を見直してみるのもおすすめです。

グリーンを育てる暮らし

枯らしてしまうから、と花や植物を置かないという方も、部屋にひとつ迎え入れてみましょう。
水をあげたり、陽のあたる場所に移したり、植物の変化に気を配ることで、季節の運びを感じるように。
繊細なものを育てることで、自分の感情の動きも大切にできるかもしれません。

毎日少しずつ変化する植物を見ることが暮らしに"楽しみ"を与えてくれます。
出典:unsplash.com

枯らしてしまうから、と花や植物を置かないという方も、部屋にひとつ迎え入れてみましょう。
水をあげたり、陽のあたる場所に移したり、植物の変化に気を配ることで、季節の運びを感じるように。
繊細なものを育てることで、自分の感情の動きも大切にできるかもしれません。

毎日少しずつ変化する植物を見ることが暮らしに"楽しみ"を与えてくれます。

お部屋にどう飾る?どう楽しむ?『グリーン・お花』のある暮らし
お部屋にどう飾る?どう楽しむ?『グリーン・お花』のある暮らし

グリーンやお花は私たちの生活と切っては切れないもの。ほんの小さなグリーンでも、ひとつあるだけでお部屋の印象はまったく違って見えるんです。グリーンやお花の種類、置く場所、お花を生けるフラワーベースなどどんなものをどんなところで使えばいいのか、素敵な実例を見ながらご紹介していきましょう♪

暮らしに潤いや癒しを与えてくれるグリーンやお花を気軽に飾ってみませんか。

間接照明で過ごしてみる

家に帰り、家事が終わるころにはもう寝る時間。お布団に入る直前まで忙しなくあれこれと動き回りたくなりますよね。
そこはちょっと我慢。たとえば夕食が終わったら部屋を間接照明のみに。あえて何もせずに心穏やかに過ごしてみましょう。
頭の中が整理され、ぐっすりと眠りにつけば、爽やかな気分で明日を始められます。
出典:unsplash.com

家に帰り、家事が終わるころにはもう寝る時間。お布団に入る直前まで忙しなくあれこれと動き回りたくなりますよね。
そこはちょっと我慢。たとえば夕食が終わったら部屋を間接照明のみに。あえて何もせずに心穏やかに過ごしてみましょう。
頭の中が整理され、ぐっすりと眠りにつけば、爽やかな気分で明日を始められます。

お部屋をおしゃれに演出*おすすめ《間接照明》カタログ
お部屋をおしゃれに演出*おすすめ《間接照明》カタログ

癒しの空間を与えてくれる間接照明は、お部屋をおしゃれに演出してくれるおすすめのインテリア♡今回は、そんな間接照明の中からデザイン性にこだわったおすすめの間接照明をご紹介致しましょう♪持ち運べるコンパクトなアイテムから飾って置きたいおしゃれなものまでおすすめのアイテムを要チェック*

照明をつけなくても、インテリア雑貨としてデザイン性が高い間接照明を置いてみませんか。

モノとコトの断捨離。本当に必要なことだけをする

いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント
出典:unsplash.com
仕事でもプライベートでも、ルーティンになっている「しなくてはいけないこと」ってありますよね。でもその中には、実はしなくても日々の仕事や生活に支障がないことも含まれていませんか。

これらの必要性についてもう一度見直してみましょう。時間の使い方を変えたら、違うモノの味方ができるかもしれません。

しなくていい家事を見つける

掃除は毎日しないといけない、お昼ご飯は12時に食べないといけないと自分自身を縛り付けていませんか。

たまには掃除はパス、ブランチや遅めのランチでも◎ 少しハードルを下げるだけで気持ちに余裕ができますよ。
出典:unsplash.com

掃除は毎日しないといけない、お昼ご飯は12時に食べないといけないと自分自身を縛り付けていませんか。

たまには掃除はパス、ブランチや遅めのランチでも◎ 少しハードルを下げるだけで気持ちに余裕ができますよ。

体にとっていいものを、自炊の方が節約になるから…と毎日手作りの料理を食べていませんか。もちろん良いことですが、たまにはお持ち帰りのお惣菜でもいい、と自分を解放してあげましょう。

お惣菜を食べることで、新たなメニューに興味がわいたり、味付けにヒントを得ることがあるかもしれません。
出典:unsplash.com

体にとっていいものを、自炊の方が節約になるから…と毎日手作りの料理を食べていませんか。もちろん良いことですが、たまにはお持ち帰りのお惣菜でもいい、と自分を解放してあげましょう。

お惣菜を食べることで、新たなメニューに興味がわいたり、味付けにヒントを得ることがあるかもしれません。

ルーティーンを改める

ルーティンの中には、同僚や家族など、同じことをしている人がいるかもしれません。
みんなのルーティンをリストアップして、見える化してみましょう。重複していることは一人に集約する、話し合って必要性が低いことはやめるなど、シンプルになっていきます。

突然やめると仕事に支障が出てしまうことも考えられます。まずは頻度を減らし、差し障りがあるかどうか観察して、見極めると◎
出典:unsplash.com

ルーティンの中には、同僚や家族など、同じことをしている人がいるかもしれません。
みんなのルーティンをリストアップして、見える化してみましょう。重複していることは一人に集約する、話し合って必要性が低いことはやめるなど、シンプルになっていきます。

突然やめると仕事に支障が出てしまうことも考えられます。まずは頻度を減らし、差し障りがあるかどうか観察して、見極めると◎

自分から起こす新しい道への"きっかけ"

いつもと違う自分に出会う。今の暮らしのまま「心機一転」するヒント
出典:unsplash.com
仕事や家など、新しい環境への変化がなくても"心機一転"することはできます。自分の心やモチベーションをいい方向に導くためのきっかけ作りは、自分の考え方や行動次第。

ぜひ暮らしの中に取り入れてみてくださいね

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play