1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
提供: 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会
忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント

忙しくても大切にしたい「自分らしい暮らし」。限られた時間の中でも“自分らしさ”を守るために必要なこととは、なんでしょうか。今回は、多忙な毎日でも自分のモットーを大切にしている高橋ヒロさんに、そのヒケツを教えてもらいました。2020年03月16日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
お気に入り数1266

いつだって大切にしたい、ていねいで自分らしい暮らし

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
忙しい人が増えるこの時期。時間に追われるとついつい自分のことをおざなりにしがちですが、どんな状況であっても「自分らしい暮らし」は守っていきたいものです。限られた時間の中で、一体どんなことを心掛けたらよいでしょうか。

忙しさに負けない。高橋ヒロさんの“暮らしの味方”

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
今回お話をうかがったのは、米粉専門コーディネーター、キッズ食育トレーナーの高橋ヒロさんです。料理教室や講演、カフェのメニュー開発などで全国を飛び回るかたわら、7歳の男の子を育てる一児の母でもあります。
「どんなに忙しくても、食事はおいしく楽しく」をモットーにしているという高橋さん。そんな自分のモットーを守るための工夫を話してくれました。

自分らしい暮らしを支えてくれる『生活クラブ』

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
今の食生活に欠かせないと話すのが『生活クラブ』という食材の宅配サービス。減農薬や無農薬、無添加などにこだわっているポリシーに共感し、お子さんが生まれた7年ほど前から使い始めたそう。2018年からは、縁あって『生活クラブ』のカタログに載せるレシピを開発する仕事にも携わっています。
忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
「子どもが食べるものだから、安心できる食材で料理したい」と利用を決めた『生活クラブ』。今では、安心感以外にも「とにかく味がおいしいことと、食卓に取り入れやすいところが大好きです」と言います。そんな『生活クラブ』の魅力を、詳しく教えてもらいました。

“おいしい”と“安心”が詰まってる

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
ツヤのある葉に包まれた大きなキャベツ、土の付いた太い人参。『生活クラブ』が届けてくれる野菜や果物は、見た目からも栄養価が高そうなことが伝わってきます。「野菜も果物も、無農薬や減農薬のものなど選択肢が多いのが嬉しい。何より、素材そのものの味が濃くておいしいんです」と高橋さん。『生活クラブ』の食材を使った料理は家族全員がわかるほど、そのおいしさはお墨付きです。

そのほか、オリーブオイルやお酢、オイスターソースといった調味料も『生活クラブ』のものを常備。添加物がほぼ含まれておらず、上質な風味を楽しめます。料理に不可欠な調味料だからこそ、安心・安全だとわかって使えるのは気持ち的にも嬉しいポイントです。
忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
せっけんやハミガキ粉も『生活クラブ』のものを愛用中。せっけんは無香料・無着色で、酸化防止剤などの添加物も入っていません。洗濯・食器洗いにも使える、肌と環境の両方に優しいアイテムです。
ハミガキ粉には合成界面活性剤・発泡剤が使われておらず「長い時間磨いていても、口の中が泡だらけにならない。丁寧にハミガキできます」とお気に入りの理由を教えてくれました。どれも「安心以外にも良さがある」という点が、長年『生活クラブ』を愛用している理由のようです。

どんなときでも頼れる味方

もう1つ『生活クラブ』が欠かせない理由に「時短に使えるものがたくさんある」と挙げた高橋さん。冷凍食品やお湯を注ぐだけのインスタント食品が豊富で、それらに今まで何度も助けられているそうです。

子どものおやつにぴったり

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
冷凍食品もインスタント食品も、忙しい人の救世主。でも、普通の商品は味付けが濃かったり添加物が多かったりと、いざ取り入れるのには抵抗がある人も多いでしょう。でも『生活クラブ』の食品には、余計な添加物や化学調味料が入っていないため、いつでも安心して手を伸ばせると高橋さんは話します。
忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
レンジで温めるだけで、蒸したてのような食感が楽しめる豚まんは、高橋さんのお子さんも大好物。学校から帰ってきて、夜ご飯までの間のおやつとして重宝しています。肉の旨味がぎゅっと詰まった一口に、この笑顔です。

忙しい日のお昼ご飯にも

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
これは取材した日の、高橋さんのお昼ご飯です。餃子を冷凍のままフライパンに並べ、水を入れて3分蒸し焼きに。その間にご飯をよそい生野菜を切ってお皿に盛り付ければ、簡単でもしっかり満足感の得られるワンプレートランチが出来上がりました。
餃子の横に添えたのは「万能つゆ」に茹でたまごを漬けておいたもの。天然原料のしっかりした旨味があるので、それだけで甘じょっぱい絶妙なおいしさの味付けたまごの完成です。
忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
せっかくだから汁物も…と、5分ほどでレタスとベーコンのスープも作ってくれました。
高橋さんお気に入りの食材でもある「長熟だし仕込みごろごろベーコン」。食べやすいサイズに角切りされているので、まな板を汚すことなくそのままお鍋に投入できます。味付けに使った鶏ガラスープには、塩が程よく加えられていて、これだけで味が決まるのが魅力。
「入れるだけでOK」「溶かすだけでOK」などの嬉しい工夫がたくさんあるのが、忙しい人に『生活クラブ』が支持される理由の1つかもしれません。

身体にも環境にもやさしい、のが嬉しい

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
瓶詰めのケチャップにマヨネーズ、成分無調整の牛乳に純国産鶏種から産まれたたまご。これらを始めとする多くの容器は回収され、再利用されます。できるだけゴミを出さない、省資源の考え方が浸透している『生活クラブ』ならではの活動です。
「容器を分別して捨てて…というひと手間がなくなるのは想像以上に便利だし、何気ない行動が環境のためになっているのも嬉しい」と高橋さんは話します。

今回ご紹介した『生活クラブ』は、資料請求することで「お試しセット」がもらえるキャンペーンを実施中。自分の生活にフィットしそうか、家族に喜んでもらえる味か…使うにあたって気になる点を一度試すチャンスです。
※地域によっては資料請求キャンペーンの特典内容が異なります。

味方を見つけて、どんなときでも自分らしく

忙しくても叶う“ていねいな暮らし”。プロから学ぶ、暮らしのヒント
「いつでも食事は、おいしく楽しく」そんなモットーを守るため、高橋さんにとって『生活クラブ』は心強い味方のようです。忙しくても疲れていても、笑顔を途切れさせないためのヒケツは、こうした存在を見つけることかもしれません。自分らしい暮らしを叶えるためにも、今の自分に必要な“味方”を探してみてはいかがでしょう。
icons Googl Play