“快眠”が健康美への近道!質のよい睡眠へと導く、5つの生活習慣とは?

“快眠”が健康美への近道!質のよい睡眠へと導く、5つの生活習慣とは?

よく寝たはずなのに、朝なかなか起きられない…なんて経験はありませんか?目覚ましを何度も鳴らして、やっとのおもいで起きているという人は、睡眠の質があまり良くないのかもしれません。睡眠の質は、私たちの体や心にいろいろな影響を与えていると言われています。そこで今回は、睡眠がもたらす体や心へのメリットや、快眠に導くための生活習慣をご紹介します。2019年11月22日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
睡眠
生活習慣
ストレッチ
快眠
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1321

「快眠」が健康美への近道

“快眠”が健康美への近道!質のよい睡眠へと導く、5つの生活習慣とは?
出典:www.instagram.com(@duckshome___dh)
よく寝たはずなのに、朝なかなか起きられない…なんて経験はありませんか?目覚ましを何度も鳴らして、やっとのおもいで起きているという人は、睡眠の質があまり良くないのかもしれません。睡眠の質は、健康面や美容面と関係が深いと言われています。
“快眠”が健康美への近道!質のよい睡眠へと導く、5つの生活習慣とは?
出典:unsplash.com
だとすれば、質の良い睡眠を取ることができれば、健康や美容にも良い影響を与えてくれると言えそうです。今回は睡眠がもたらす体や心へのメリットや、快眠に導くための生活習慣をご紹介します!

睡眠がもたらすメリットってなんだろう?

免疫力アップが期待できる

睡眠時間が短いと寿命が短くなる…と言われるほど、睡眠と健康には深い結びつきがあると考えられていますが、免疫力アップもその中のひとつです。
7時間程度の睡眠時間を確保するのが望ましいとされていますが「深い睡眠」いわゆる「睡眠の質」も大切になってきます。
出典:unsplash.com

睡眠時間が短いと寿命が短くなる…と言われるほど、睡眠と健康には深い結びつきがあると考えられていますが、免疫力アップもその中のひとつです。
7時間程度の睡眠時間を確保するのが望ましいとされていますが「深い睡眠」いわゆる「睡眠の質」も大切になってきます。

しっかり眠れていないと「疲れが取れない」「元気が出ない」と感じることも。それが続くと体調を崩してしまうなんてことにもなりかねません。
これからの季節に流行しやすいインフルエンザなどのウイルスから身を守るためにも「免疫力アップ」、つまり睡眠は重要なポイントと言えそうです。
出典:unsplash.com

しっかり眠れていないと「疲れが取れない」「元気が出ない」と感じることも。それが続くと体調を崩してしまうなんてことにもなりかねません。
これからの季節に流行しやすいインフルエンザなどのウイルスから身を守るためにも「免疫力アップ」、つまり睡眠は重要なポイントと言えそうです。

感情の揺らぎが軽減される

睡眠の質が良いと、朝の目覚めも良く気持ちも晴れやかに。テキパキと動くことができ、また前向きに物事をとらえる心の余裕も出てくるでしょう。
出典:unsplash.com

睡眠の質が良いと、朝の目覚めも良く気持ちも晴れやかに。テキパキと動くことができ、また前向きに物事をとらえる心の余裕も出てくるでしょう。

自律神経のバランスも安定しやすくなると考えられるので、イライラしたり気持ちが沈んだりなどの「感情の揺らぎ」も軽減されていくことが期待できます。
出典:unsplash.com

自律神経のバランスも安定しやすくなると考えられるので、イライラしたり気持ちが沈んだりなどの「感情の揺らぎ」も軽減されていくことが期待できます。

食べ過ぎ予防にも!

睡眠不足は食欲増進ホルモンと呼ばれる血中グレリンが増加し、反対に食欲抑制ホルモンの血中レプチンが減少するという調査研究が多くあると言われています。
暴飲暴食をしないために、そして食欲をコントロールするためにも、きちんと睡眠を取ることが重要なんですね。
出典:unsplash.com

睡眠不足は食欲増進ホルモンと呼ばれる血中グレリンが増加し、反対に食欲抑制ホルモンの血中レプチンが減少するという調査研究が多くあると言われています。
暴飲暴食をしないために、そして食欲をコントロールするためにも、きちんと睡眠を取ることが重要なんですね。

痩せやすい体作りができる

筋トレなどエクササイズの効果を引き出すためにも、睡眠は大切なポイント。睡眠不足だと、筋トレの時に必要な栄養や回復時間の効率が低下しやすくなると言われています。
またエクササイズの疲労も蓄積すると筋肉が傷ついたまま回復できず衰えてしまいかねません。
出典:unsplash.com

筋トレなどエクササイズの効果を引き出すためにも、睡眠は大切なポイント。睡眠不足だと、筋トレの時に必要な栄養や回復時間の効率が低下しやすくなると言われています。
またエクササイズの疲労も蓄積すると筋肉が傷ついたまま回復できず衰えてしまいかねません。

一方、睡眠がしっかりと取れているとその心配もなく、エクササイズのパフォーマンスが向上することで効果的に痩せやすい体作りができるでしょう。
出典:unsplash.com

一方、睡眠がしっかりと取れているとその心配もなく、エクササイズのパフォーマンスが向上することで効果的に痩せやすい体作りができるでしょう。

快眠のために取り入れたい5つの習慣

【1】 朝日を浴びよう

朝起きた時に体のスイッチを入れるのに最適なのが太陽の光です。体内時計をリセットすることで、一日を気持ちよくスタートすることができます。また日中の活動も元気にこなすことができるはず。体のサイクルも整いやすくなるので、睡眠の質もアップして毎日を気持ちよく過ごせるでしょう。
出典:www.pexels.com

朝起きた時に体のスイッチを入れるのに最適なのが太陽の光です。体内時計をリセットすることで、一日を気持ちよくスタートすることができます。また日中の活動も元気にこなすことができるはず。体のサイクルも整いやすくなるので、睡眠の質もアップして毎日を気持ちよく過ごせるでしょう。

【2】 7時間睡眠を心がけよう

ショートスリーパーと呼ばれる人もいるので、必要な睡眠時間は人によって違いがありますが、平均7時間程度は必要だとされています。ただ7時間の睡眠を取っていても、熟睡できず翌朝や日中にも疲れが残っている場合は、睡眠が足りているとは言えません。
出典:www.instagram.com(@duckshome___dh)

ショートスリーパーと呼ばれる人もいるので、必要な睡眠時間は人によって違いがありますが、平均7時間程度は必要だとされています。ただ7時間の睡眠を取っていても、熟睡できず翌朝や日中にも疲れが残っている場合は、睡眠が足りているとは言えません。

後で紹介するエクササイズやグッズを上手に活用して、しっかりと寝るための準備をしてから布団に入ることで、入眠もスムーズになり快眠に繋がりやすくなりますよ。
出典:unsplash.com

後で紹介するエクササイズやグッズを上手に活用して、しっかりと寝るための準備をしてから布団に入ることで、入眠もスムーズになり快眠に繋がりやすくなりますよ。

【3】15分程度の昼寝を取り入れよう

日中どうしても眠くなる時ってありますよね。とくに昼食後に感じることが多いかもしれません。そんな時は我慢せずに昼寝をする方が頭がスッキリとして、その後の仕事や勉強が捗りやすいと言われています。
出典:images.unsplash.com

日中どうしても眠くなる時ってありますよね。とくに昼食後に感じることが多いかもしれません。そんな時は我慢せずに昼寝をする方が頭がスッキリとして、その後の仕事や勉強が捗りやすいと言われています。

ただここで注意したいのが昼寝の方法です。
横になって眠るのではなく、椅子に座ったまま15分程度の昼寝に収めましょう。深い眠りに入る前に起きて脳をスッキリさせることが大切です。これ以上長くなったり横になったりすると、頭がボーっとして体も重くなってしまうので注意して下さい。
出典:unsplash.com

ただここで注意したいのが昼寝の方法です。
横になって眠るのではなく、椅子に座ったまま15分程度の昼寝に収めましょう。深い眠りに入る前に起きて脳をスッキリさせることが大切です。これ以上長くなったり横になったりすると、頭がボーっとして体も重くなってしまうので注意して下さい。

【4】寝る前のスマホ・テレビは控えよう

寝る前にスマホやテレビを見るのをおすすめしない理由のひとつが、「ブルーライト」の影響。睡眠のリズムを乱したり体内時計そのものにも影響を与えたりすると考えられています。
出典:www.pexels.com

寝る前にスマホやテレビを見るのをおすすめしない理由のひとつが、「ブルーライト」の影響。睡眠のリズムを乱したり体内時計そのものにも影響を与えたりすると考えられています。

最近ではブルーライトをカットする眼鏡もありますが、できれば就寝2~3時間前にはブルーライトを控えて、睡眠環境を整えることをおすすめします。
出典:unsplash.com

最近ではブルーライトをカットする眼鏡もありますが、できれば就寝2~3時間前にはブルーライトを控えて、睡眠環境を整えることをおすすめします。

【5】就寝2時間前までに運動・入浴しよう

寝る時は体温が少しずつ下がることで心身ともに睡眠モードに切り替わります。そのためにもお風呂でゆっくり体を温めるのが効果的だと言われていますが、寝る直前に入浴してしまうと体温が高い状態になるので寝つきが悪くなる可能性があります。
出典:unsplash.com

寝る時は体温が少しずつ下がることで心身ともに睡眠モードに切り替わります。そのためにもお風呂でゆっくり体を温めるのが効果的だと言われていますが、寝る直前に入浴してしまうと体温が高い状態になるので寝つきが悪くなる可能性があります。

運動も体が温まるので同様のことが言えるでしょう。これそのものは良い習慣であってもタイミングが大切。寝る直前は控えて2時間前までには終わらせるようにするのが理想的ですね。
出典:unsplash.com

運動も体が温まるので同様のことが言えるでしょう。これそのものは良い習慣であってもタイミングが大切。寝る直前は控えて2時間前までには終わらせるようにするのが理想的ですね。

快眠に導くエクササイズをご紹介

自律神経を整えて安眠へ♪ピラティスストレッチ

背骨を猫のように動かして自律神経にアプローチする快眠ストレッチ。呼吸を意識して行うようにしましょう。

寝る前1分でOK☆体をリラックスさせるストレッチ

寝る前に体をリラックスさせる1分間の簡単ストレッチ。時間がない日でも取り組みやすいのがいいですね。

布団の中で誰でも簡単にできる!快眠の筋肉弛緩ストレッチ

全身の筋肉をゆるめてスッキリできるストレッチ。終わった後そのまま入眠できるので、ぐっすり眠れますよ。

一日の終わりにおすすめ☆安眠リラックスヨガ

寝る前にベッドの上でできるリラックスヨガ。自律神経のバランスを整えて安眠効果が期待できます。

快眠グッズも一緒に使ってみよう

アロマの香りで気持ちの良い睡眠を

寝る前からリラックスしておくことも、良い眠りのために大切なポイントです。アロマディフューザーを使えば、その日の気分で香りを変えることができて便利です。好きな香りに包まれながら、リラックスして眠れそうです。

※妊娠中の方や小さな子供は避けた方が良いオイルもありますので注意してくださいね。
出典:

寝る前からリラックスしておくことも、良い眠りのために大切なポイントです。アロマディフューザーを使えば、その日の気分で香りを変えることができて便利です。好きな香りに包まれながら、リラックスして眠れそうです。

※妊娠中の方や小さな子供は避けた方が良いオイルもありますので注意してくださいね。

どんな体勢でもOKな快眠枕

どんな人にもフィットするように作られた特殊形状の枕。仰向け寝や横向き寝・うつ伏せ寝などすべての姿勢に対応しているんだとか。寝具が合っていないと熟睡できないことも多く、とくに枕は頭や首を支える大切なアイテムです。自分にぴったりな枕で、快適な眠りを手に入れましょう。
出典:

どんな人にもフィットするように作られた特殊形状の枕。仰向け寝や横向き寝・うつ伏せ寝などすべての姿勢に対応しているんだとか。寝具が合っていないと熟睡できないことも多く、とくに枕は頭や首を支える大切なアイテムです。自分にぴったりな枕で、快適な眠りを手に入れましょう。

横向き寝も楽チン。掛布団が抱き枕に大変身

何かに抱きつかないと眠れない…という人も意外と多いですよね。そこでおすすめなのが抱き枕。今持っている掛け布団をくるくる巻いて抱き枕にできちゃうのでお手軽です。寝姿勢が崩れがちな横向き寝も抱き枕を使えば体が安定するので、眠りの質アップも期待できますね。
出典:

何かに抱きつかないと眠れない…という人も意外と多いですよね。そこでおすすめなのが抱き枕。今持っている掛け布団をくるくる巻いて抱き枕にできちゃうのでお手軽です。寝姿勢が崩れがちな横向き寝も抱き枕を使えば体が安定するので、眠りの質アップも期待できますね。

快適な睡眠で、健康美を手に入れよう

少し意識を変えるだけでも、快眠に導くことができますね。ぐっすりと質の良い睡眠を取ることで、体も心もぐっと元気になりそうです。今年の冬は快眠で健康面・美容面ともに元気な体作りを目指しましょう!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play