「幸福な人」ってどんな人?幸福度の研究から見る"ハッピーな人が大切にしていること"

「幸福な人」ってどんな人?幸福度の研究から見る"ハッピーな人が大切にしていること"

「幸せそうな人」というと、どんな人物像が思い浮かびますか?何らかの「幸福の条件」をすべて叶えた人でしょうか?それとも……? 世界中の社会学・心理学・哲学などのさまざまな分野で行われている「幸福度の研究」を踏まえて、どのような条件が幸福度に影響し、特にどんなことを大切にすれば「ハッピーでいること」につながるのかについてまとめてみました。2019年11月13日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
幸せ
暮らし方
思考法
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
2213

ハッピーな人って、どんな人?

Photo by Miguel Constantin Montes on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Miguel Constantin Montes on Unsplash

「幸せな人」って、どんな人だと思いますか?

“幸せの価値は人それぞれ”というものの、何か「幸福の条件」というようなものがあって、それを満たせば幸せになれるのでしょうか?それとも……。

何を頑張ればハッピーに近づけるのか、世界中で行われている「幸福度」に関する研究から、わかったことをまとめてみました。

「幸福の条件」が整えばハッピーになる?

たとえば「所得」

Photo by Fabian Blank on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Fabian Blank on Unsplash

誰だってお金の心配はしたくないですよね。
「もっとお金があったら、もっと幸せな生活が送れるのにな……」とため息をつくこともあるかもしれません。

「生活に不安がある」状態では、お金があれば「不安から解放される」ので、所得が増えれば増えるほど幸福度が上がると言われています。
Photo by Pawan Kawan on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Pawan Kawan on Unsplash

ただ、生活に不安を感じない状態になってからは、所得の上昇と幸福度は比例して上がらなくなります。

所得は幸福度と関わりがあるものの、所得で得られる幸福度はどこかで頭打ちになることがわかります。
Photo by Katie Harp on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Katie Harp on Unsplash

「もういっそのこと、宝くじにでも当たらないかなー」なんて思ったことはありませんか?

しかし、1978年の米国の研究によると、宝くじに当たった人の「当たった6か月後」の幸福度は、なんと、「当たる前」よりも少し下がっていたのだそう……。

ハッピーになるためには、宝くじを買うよりも、別のことをした方がいいようです。

先進国の悩み「幸福のパラドックス」

Photo by EMILE SÉGUIN 🇨🇦 on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by EMILE SÉGUIN 🇨🇦 on Unsplash

「幸福のパラドックス」ってなに?

一人当たりのGDPが上がっても個人の幸福度が上がらないことを「幸福のパラドックス」といいます。

1970年代に発展を遂げた先進国で見られる現象で、日本も同じく「幸福のパラドックス」を抱えています。
豊かでよりよい生活を送れるようになっているのに、それでも幸福度が上がらないとしたら、何が原因なのでしょうか。

「ハッピーでいること」には、どんなことが関係しているのでしょうか?

ハッピーに影響をもたらす3つのこと

1.遺伝

2012年『Journal of Neuroscience』誌は、「5-HTTLPR遺伝子(セロトニントランスポーター遺伝子)」という遺伝子が「生活満足度」に深くかかわっていると発表しました。

また、ミネソタツインレジストリにおける2000以上の双子を対象にした研究から、「人生の満足度」の50%は「遺伝」に起因していることがわかっています。
Photo by Glen Carrie on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Glen Carrie on Unsplash

何はなくとも毎日ハッピーな気分でいられる人は、きっと遺伝子でラッキーな当たりくじを引き当てた人のようです。

「常に思い悩みがちだ」という人も、50%は遺伝のせいだと思えば、そんな自分を責めることもなくなります。それに、不安や心配によって用意周到に準備してから行動することで、生存競争を生き抜いてきた遺伝子の持ち主でもあるはずです。

2.大きなライフイベント

Photo by Mel on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Mel on Unsplash

「進学」「就職」「結婚」などのライフイベントは、幸せになるためのわかりやすい目標として掲げられることも多く、日本の内閣府による幸福度の研究でも「学歴」「雇用」などが指標案の中に入っています。

人の幸せに大きく関わってくるライフイベント。しかし同時に、ライフイベントで上がった幸福度は永続しない、ということも言われています。
Photo by Freshh Connection on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Freshh Connection on Unsplash

1つのゴールに達すると、目標はまた次のゴールへ移っていきます。

「あの学校に入れたら」「あの人と結婚しさえすれば」「あの家が買えさえすれば」……と、きりがありません。

夢を叶えるために頑張ることはすばらしいことです。ただ、ライフイベントの達成は「目標」であっても「目的」ではないので、あまりにこだわったり、とらわれ過ぎたりはしない方がいいようです。

3.自分で選択して決定すること

Photo by Ria Alfana on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Ria Alfana on Unsplash

神戸大学による2万人を対象とした研究によれば、「健康」や「人間関係」についで幸福度にとって重要なのは「自己決定」なのだそう。

「進学先」「初めての就職先」といった「進路の選択」を自分で行うことにより、自尊心や誇り・責任感を持ちやすくなり、幸福度が高くなると考えられています。
Photo by Jon Tyson on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jon Tyson on Unsplash

「どの道を選んでも貴方を支えるよ」と言ってくれる家族の存在も、幸福度に寄与しているのかもしれませんね。

ただ、色々な事情で進路の選択を許されない場合もありますし、「進路を決定する」機会そのものも、しょっちゅうあるわけではありません。

日々の生活の中でハッピーに過ごすためには、どうすればいいのでしょうか?
ハーバードケネディスクールの教員でもある社会科学者アーサー・C・ブルックスは、4つの「幸福のポートフォリオ」を提唱しています。

遺伝はどうしようもないし、ライフイベントは自分だけでは起こせませんが、このポートフォリオは「自分でコントロールできること」の中で、「日々これに注力すればハッピーに近づける」というものに絞られています。ではさっそく見ていきましょう。

具体的には何に注力すればいい?4つの「幸福のポートフォリオ」

1.周りの人と信頼関係を築く

Photo by Amy Hirschi on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Amy Hirschi on Unsplash

周りの人との人間関係がうまくいっている時は、特に「すごくラッキー」なことが起きていなくとも、日々安定した幸福感がありますよね。

「遅刻をしない」「約束を守る」「ついきつい態度や言葉を使ってしまったら、ちゃんとフォローする」「相手の気持ちを想像してから話す」など、周囲との信頼関係を築くことに心を配ってみて。

2.家族との関係を大切にする

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

一番身近な相談相手であり、頼れる仲間ともなるのが「家族」。ふだんから家族と仲が良い人は、親しみ深く温かな雰囲気を自然とまとっていると思いませんか?幸せそうなだけではなく、素敵ですよね。

身近な家族ほど、ついぞんざいに扱ってしまいがちですが、「軽い気持ちで傷つけない」「家族が困っていそうな時は気遣い、助ける」など、小さな配慮を日々大切にしたいところです。
Photo by Heng Films on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Heng Films on Unsplash

ただし、もし今の家族が貴方の自尊心や身体を常に傷つけるなどして、貴方の選択を尊重しないなら、この限りではありません。

関係を大切にするよりも、適度な距離を置いたほうがいいケースもあります。

3.コミュニティに参加する

Photo by You X Ventures on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by You X Ventures on Unsplash

「コミュニティに参加する」ことでも幸福度が上がるそう。

地域のボランティアや趣味のサークル、同じ悩みを抱えた人のグループなど、「地域でのつながりを感じられる、または支え合えるコミュニティが複数ある」ということが、人を幸福にするのかもしれません。

4.仕事をする

Photo by Alesia Kazantceva on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Alesia Kazantceva on Unsplash

仕事を通じて「他の人や自分にとって価値のある何かを創り出している」と感じることも、幸福感につながります。

「自分が何かの役に立っている」という感覚……つまり「自己有用感」が高まるので、結果的に幸福度が上がるのかもしれません。

こういった信念をもっている人は「学歴」や「収入の多寡」とは無関係に、幸福度が高くなるそう。
Photo by Sarah Dorweiler on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Sarah Dorweiler on Unsplash

また、日本の内閣府の幸福度に関する調査では、この「自己有用感」の高さを調べてみたところ、「仕事を持っている人」の「自己有用感」は特に高いことがわかりました。

今仕事をしていなくて「ハッピーでない」と思っているなら、仕事をしてみるのもいいかもしれません。お金を稼ぐことで手に入る心の自由もあります。

ただし、病気などで「仕事をしたくてもできない」状況にある人は、「休んでいるのが仕事」です。

もう1つある!「幸福度を上げる方法」って?

「今ここ」に集中すること

Photo by Lesly Juarez on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Lesly Juarez on Unsplash

幸福度の研究でわかったことのの中には、「目の前のことに集中している時、人の幸福度は大幅に高くなるが、気が散ると低くなる」というものがあります。

これはハーバード大学の心理学者マット・キリングワースが開発したアプリを通じ、80か国の1万5千人から集めたデータからわかったことなのだそう。
Photo by Motoki Tonn on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Motoki Tonn on Unsplash

目の前の事から現実逃避して遊んでいても、後ろめたくて楽しめない……。身に覚えがある人も多いのでは?しかしこのような罪悪感がない状態でも、気が散ると幸福度は下がってしまうそうなのです。

「時間制限を設けて目の前のことに集中する」「日常生活に1日5分の瞑想を取り入れる」など、「今ここ」に集中する習慣をつけることで、日々の幸福度を上げることができるかもしれません。

目の前の小さなことからハッピーライフは始まる♪

周囲の人との信頼関係を築き、家族との関係を大切にし、地域に根づいたコミュニティに参加し、仕事にやりがいを感じている……そんな「ハッピーな人」の人物像が浮かんできました。

目の前の1人の人を大切にすることから「ハッピーでいること」は始まるのかもしれません。

手の届くところから少しずつ、さっそく今日から、始めてみませんか?
※この記事はこちらを参照して書かせていただきました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play