『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント

日本でも注目されている「断捨離」や「ミニマリスト」。しかし“物を持たない”という目的だけが先走りして、暮らしにくさを感じている人もいるようです。今回ご紹介する『シンプルで心地いいパリの暮らし』を執筆されたイザベルさんは、“シンプルな暮らし”をとても大切にしています。そんな、なんでもない毎日を楽しむ“イザベルスタイル”から、シンプルな暮らし方のヒントを探してみませんか。2019年09月15日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
シンプルライフ
パリジェンヌ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1441

“イザベルスタイル”とは?

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
フランス在住のアーティスト、イザベル・ボワノさんが執筆したイラストエッセイ『シンプルで心地いいパリの暮らし』。イザベルさんはパリにある30平米のアパルトマンでシンプルな暮らし方を実践しています。
『シンプルで心地いいパリの暮らし』
著/イザベル・ボワノ 
ポプラ社
出典:www.poplar.co.jp

『シンプルで心地いいパリの暮らし』
著/イザベル・ボワノ 
ポプラ社

著書の中で提唱しているキーワードは全部で4つ。
①ここに収まるだけのものを厳選する
②質の良いものを必要な分だけ持つ
③部屋が広くはないからこそ片づける
④季節を楽しむ
なんでもない毎日を心地よく過ごすために、イザベルさんの著書『シンプルで心地いいパリの暮らし』からヒントを見つけてみませんか。

ワードローブはシンプルに

クローゼットに入るだけ

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
クローゼットに収まるだけの洋服を厳選するコツは、ベーシックなデザインを選ぶことです。ベーシックなデザインは着回しもしやすいところが魅力。さらに、一年に着る洋服がクローゼットの中に全て収まっていれば衣替えの必要もありません。

季節を問わず着回せる服を揃える

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
季節を問わずに心地よく着ることができる洋服なら、少ないワードローブでも年中着回せてコーデの幅が広がります。また、お気に入りの一着を長く着続けるためには、耐久性のある素材を選ぶなど「質」を重視することも大切です。

流行りに流されない

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
流行りに流されたりその場の勢いで衝動買いしたりすると、“本当に必要なもの”からかけ離れてしまいがち。表面的な色やデザインに囚われるのではなく、洋服もコスメも「質」にこだわって長く付き合えるものを選びたいですね。

【関連記事】少ないワードローブの着回しテクニック

少ないワードローブでも大丈夫。着回しテクで一つのアイテムを着こなそう
少ないワードローブでも大丈夫。着回しテクで一つのアイテムを着こなそう

お気に入りの一着は何度も着たいけれど、いつも同じ雰囲気になってしまうというお悩みはありませんか?そんな時に役立つのが「着回しテクニック」。他のアイテムとの組み合わせ方や小物の使い方で、コーディネートの幅はかなり広がります。少ないワードローブでも対応できる簡単テクニックにチャレンジしてみましょう!

お気に入りアイテムの着回しテクを見つけてみませんか。

質の良いものを求めて

丁寧に長く扱う、ということ

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
イザベルさんがワードローブを収納しているタンスは、彼女の父親の手作りだそうです。父親からの愛情がたっぷりつまったタンスには、きっと特別な思いがあるはず。「収納力が足りないから…」と新しいタンスを買うのではなく、思い入れがあるタンスに収納できる量を厳選する姿勢は見習いたいものです。

アンティークやつくりの良い食器・雑貨を探す

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
フリーマーケットや蚤の市に出かけて、長年受け継がれてきたアンティークの食器や雑貨を見ながら歩いてみましょう。通うたびに少しずつ“良いもの”を見極める力がつくかもしれません。しかし、「質が良いから」と毎回買うのではなく、必要な量だけを買う判断力も忘れずに。

手入れをしながら大切に使う

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
今は、安く手に入るおしゃれなものが世の中に溢れていますが、手入れをすることで味わい深く変化したり愛着が増したりします。もしかしたら、私たちが今使っているこの食器は、いつか“アンティーク食器”になるかもしれません。そう考えると、より「丁寧に大切に扱おう」と背筋が伸びるような気持ちにもなります。

【関連記事】暮らしにアンティークを上手に取り入れるには?

インテリアにも意外と馴染む。初心者さんにおすすめの「#骨董のある暮らし」
インテリアにも意外と馴染む。初心者さんにおすすめの「#骨董のある暮らし」

生活空間に彩りを与えてくれるアイテムとして密かに活用されている「骨董」。「高そう」「古臭い」のイメージがある骨董ですが、インスタグラムのハッシュタグ「#骨董のある暮らし」の中でも、そんな骨董をおしゃれで素敵に暮らしに取り入れている写真をたくさん見ることができます。今回はその中から初心者さんでも始められそうな実例や骨董の魅力、選び方までいろいろとご紹介したいと思います。

すぐに実践できるアンティーク雑貨の取り入れ方が紹介されています。

自然を感じる時間を大切に

公園でピクニックを楽しむ

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
公園でのピクニックは自然を楽しむ特別な時間。
さらに、自然の中で楽しむ友人とのおしゃべりは「最高に贅沢な時間」とイザベルさんは著書の中で語っています。“明日はどんなお弁当を持って行こうかな”“彼女は何が好きだったっけ?”と考える時間もまた、至福のひとときかもしれませんね。

部屋で自然を楽しむ

季節を感じる花を飾る

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
部屋に花を飾ればもっと気軽に自然を楽しめます。
花を選ぶときは自分の好きな種類や色で決めてしまいがちですが、花にはそれぞれ特徴があります。夏は暑さに強い花を選んだり、寒い季節は枝物と一緒に飾ったりと、季節に合わせて選ぶ視点を変えても素敵ですね。見た目だけではなく、花の性質の違いを知ることも勉強になります。

見頃が過ぎたらドライフラワーに

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
テーブルに飾っていた花の見頃が過ぎたら、イザベルさんはドライフラワーにするそう。手間を惜しまずにドライフラワーにすることで、花を長く丁寧に楽しむことができます。また出来上がったドライフラワーを「スワッグ」にして部屋に飾ると素敵なインテリアに。ほかにも、フラワーミックスを作って友人へのプレゼントのラッピングに使うなど、さまざまな使い方が楽しめます。

【関連記事】ドライフラワーにおすすめの花の種類

ドライフラワーを作るなら。作りやすいおすすめのお花をまとめたよ♪
ドライフラワーを作るなら。作りやすいおすすめのお花をまとめたよ♪

きれいなお花を長い時間楽しめるドライフラワー。生花からドライになるまでの工程を味わうのもまた素敵な時間です。ドライフラワーを作ったことのない人にも作りやすいお花をまとめてみました☆

ハードルの高そうなドライフラワーですが、初心者さんにおすすめのお花が紹介されています。

季節の食材を取り入れて

旬の食材を使う

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
「旬」とは、その食材が一年で一番栄養価が高く、おいしい時期を表しています。季節を代表する食材を目にして“もう春だな”“あ~もう秋なんだね”と季節を感じる人も多いはず。だからこそ、旬の食材を見つけたら積極的にメニューに取り入れましょう。

スーパーで旬の野菜を探す

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
旬の野菜を畑で収穫して、その日のうちに食べられたら新鮮でおいしいですよね。でも現実にはそうもいきません。そこで、スーパーで季節の野菜を探してみましょう。汗をたくさんかく夏は、水分がたっぷり含まれているきゅうりを。逆に冬は、大根やごぼうなど体を温めてくれる食材を意識して選んでみてください。旬の野菜や果物を知っておくことは、実は、効率のいい栄養素の摂り方にも繋がるのです。

ハーブを鉢植えで育てる

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
野菜や果物を自分の手で収穫することが難しくても、ハーブならキッチンで育てることも可能です。小さな鉢植えに好きな種類のハーブを育てれば、摘みたてのフレッシュな香りや食感を楽しむことができますよ。

【関連記事】ハーブの育て方

室内栽培もできるよ♪【ハーブ】のあるおしゃれな生活を始めてみませんか?
室内栽培もできるよ♪【ハーブ】のあるおしゃれな生活を始めてみませんか?

ハーブという言葉を聞いてそのおしゃれな響きに興味をもたれる方も多いでしょう。現在ハーブと呼ばれている植物の多くは16世紀から17世紀にはすでに料理用や薬用として栽培されていました。長い歴史の中で愛され続け現在もファンが多いのはハーブがとても魅力的な植物である事を証明しています。あなたもハーブのある暮らしをはじめませんか。ガーデニングが初めての方でも成功するハーブの育て方、ハーブを使った簡単な料理など真似できる真似したくなるハーブとの生活を紹介します。

料理にもインテリア小物にもなるハーブを育ててみませんか。

なんでもない毎日を素敵な一日に

『シンプルで心地いいパリの暮らし』に学ぶ、小さな空間で自由に暮らすヒント
出典:unsplash.com
料理をしたり、掃除や服の片づけをこなしたり。そんな、なんでもない日常の中でも季節を感じることや、友人とのおしゃべりなど「楽しいことはたくさんある」とイザベルさんは本の中で語っています。
そして、“シンプルに暮らす”ことは、本当に自分が好きな事やリラックスできる方法を見つけることに繋がるのかもしれません。わたしたちも周りに流されることなく、今の自分に必要なものを見極めながら、シンプルで心豊かな暮らしをおくりたいですね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play