1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 生き方
  5. ふっと心が軽くなる。「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒント
ふっと心が軽くなる。「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒント

ふっと心が軽くなる。「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒント

いつも心に余裕がなく、他人や環境の悪いところばかりを指摘していませんか。あるいは、自分のダメなところばかりを気にして、ひどく落ち込んだりしていないでしょうか。こんな風に考えてしまうのは、無意識のうちに物事に対して「良い」「悪い」をジャッジしているからかもしれません。「良い」「悪い」のジャッジをし続けると、常に切迫感や不安、苛立ちといった負の感情に駆られ、心が窮屈になるばかりです。「良い」「悪い」をジャッジしない考え方で、あなたの心を軽くしてみませんか?2019年09月14日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方なりたい自分思考法
お気に入り数2936
自分自身や他人、環境に対して、何事も「良い」「悪い」で判断する「二極化思考」で苦しんでいませんか? 0か100思考、白黒思考ともよばれ、価値観の振れ幅が大きく、毎日がストレスフルなものになりがちです。そんな二極化思考で窮屈になった心をふっと軽くする、「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒントをご紹介します。
出典:www.pexels.com

自分自身や他人、環境に対して、何事も「良い」「悪い」で判断する「二極化思考」で苦しんでいませんか? 0か100思考、白黒思考ともよばれ、価値観の振れ幅が大きく、毎日がストレスフルなものになりがちです。そんな二極化思考で窮屈になった心をふっと軽くする、「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒントをご紹介します。

二極化思考からジャッジしない考え方へ

何事も「良い」「悪い」とジャッジし続けると、心は疲弊するばかりです。常に気が張って安心できなかったり、いつも緊張して安定した自分でいられなかったり……。競争社会や格差社会が当たり前の現代では、二極化思考に陥りやすくなるのも致し方ありません。そんな時代だからこそ、あなたの心を軽くするために必要なのが、「良い」「悪い」をジャッジしないという穏やかな考え方なのです。
出典:unsplash.com

何事も「良い」「悪い」とジャッジし続けると、心は疲弊するばかりです。常に気が張って安心できなかったり、いつも緊張して安定した自分でいられなかったり……。競争社会や格差社会が当たり前の現代では、二極化思考に陥りやすくなるのも致し方ありません。そんな時代だからこそ、あなたの心を軽くするために必要なのが、「良い」「悪い」をジャッジしないという穏やかな考え方なのです。

自分自身に対するジャッジ

何でも「良い」「悪い」で判断すると、少しの価値観のズレも許されず、毎日がストレスフルになってしまいます。自分自身に対しても、「良い」「悪い」の二択しかないと、常に「良い自分」であり続けようとするため、息苦しくなってしまうのです。
出典:unsplash.com

何でも「良い」「悪い」で判断すると、少しの価値観のズレも許されず、毎日がストレスフルになってしまいます。自分自身に対しても、「良い」「悪い」の二択しかないと、常に「良い自分」であり続けようとするため、息苦しくなってしまうのです。

他人や環境に対するジャッジ

他人や環境に対しても同様です。「良い」と判断すると全幅の信頼を寄せますが、少しでも理想と違うところがあると、「裏切られた」「信頼できない」などと敵意を持つことになってしまいます。
出典:unsplash.com

他人や環境に対しても同様です。「良い」と判断すると全幅の信頼を寄せますが、少しでも理想と違うところがあると、「裏切られた」「信頼できない」などと敵意を持つことになってしまいます。

ジャッジしないという考え方へ

何事も「100%良い」「100%悪い」ということはないのです。良いところもあれば、悪いところもあるのが人間であり、わたしたちをとりまく環境も「100%良い」「100%悪い」ということはありません。
「良い」「悪い」とジャッジし続けるのをやめれば、切迫感から解放されて、穏やかな心でいられるようになります。
出典:unsplash.com

何事も「100%良い」「100%悪い」ということはないのです。良いところもあれば、悪いところもあるのが人間であり、わたしたちをとりまく環境も「100%良い」「100%悪い」ということはありません。
「良い」「悪い」とジャッジし続けるのをやめれば、切迫感から解放されて、穏やかな心でいられるようになります。

人と比べない、ジャッジしない考え方

自分自身に対して「良い」「悪い」をジャッジしていると、劣等感にさいなまれたり、自分には価値がないと思い込んでしまったりすることに。どんな自分であっても、自然のまま、ありのまま存在するだけでいいのです。人と比べては「自分はダメだ」「あの人よりマシ」などといちいちジャッジせず、あなたの心をラクにする考え方をしてみませんか。
出典:unsplash.com

自分自身に対して「良い」「悪い」をジャッジしていると、劣等感にさいなまれたり、自分には価値がないと思い込んでしまったりすることに。どんな自分であっても、自然のまま、ありのまま存在するだけでいいのです。人と比べては「自分はダメだ」「あの人よりマシ」などといちいちジャッジせず、あなたの心をラクにする考え方をしてみませんか。

自分は劣っている → 評価とは不確かなもの

誰かと比べて、自分は劣っていると思ってしまったとき。あるいは、まわりの人の出来のよさに比べ、自分は何もできていないと思ったとき。そういった“評価”は、相対的なものだと気づくことです。
比べる相手やその時々の状況によって、いかようにも変わるのが“評価”であり、不確かなものでしかないからです。
出典:unsplash.com

誰かと比べて、自分は劣っていると思ってしまったとき。あるいは、まわりの人の出来のよさに比べ、自分は何もできていないと思ったとき。そういった“評価”は、相対的なものだと気づくことです。
比べる相手やその時々の状況によって、いかようにも変わるのが“評価”であり、不確かなものでしかないからです。

努力が報われない → 努力そのものが尊い

目標をもって努力しているけれど、全然報われない。人よりも頑張っているのに、結果が伴わない。そんな風にふてくされていませんか。
世の中は、いつも正しい因果関係が成り立つわけではありません。努力が必ず結果をもたらすとも限らないのです。懸命に努力していること、力を尽くしていること自体が、尊いものであると気付いてくださいね。
出典:unsplash.com

目標をもって努力しているけれど、全然報われない。人よりも頑張っているのに、結果が伴わない。そんな風にふてくされていませんか。
世の中は、いつも正しい因果関係が成り立つわけではありません。努力が必ず結果をもたらすとも限らないのです。懸命に努力していること、力を尽くしていること自体が、尊いものであると気付いてくださいね。

自分には価値がない → 目立つことが全てではない

自分の価値って何だろう。社会に身を置いていれば、誰しも一度は疑問に思うことかもしれません。自分なんて、誰の何の役にも立っていない、社会に貢献なんてできていない。そんな風に自分を貶めそうになったとき、“分かりやすい役立ち方”だけが全てではないと考えてみましょう。
地味で目立たなくとも、なくてはならない存在というものは、この世にたくさんあるものです。
出典:unsplash.com

自分の価値って何だろう。社会に身を置いていれば、誰しも一度は疑問に思うことかもしれません。自分なんて、誰の何の役にも立っていない、社会に貢献なんてできていない。そんな風に自分を貶めそうになったとき、“分かりやすい役立ち方”だけが全てではないと考えてみましょう。
地味で目立たなくとも、なくてはならない存在というものは、この世にたくさんあるものです。

みじめな気持ちになる → 今の自分で十分満たされている

成功した人、裕福な人、幸せな人に比べて、自分はなんてみじめなんだろう。長い人生において、そう感じてしまうことも時にはあるかもしれません。ただ、人生とは現実そのものではなく、“自分の感じ方”によって決まるものです。
「自分は不幸でみじめだ」という前提で世界を見ると、本当にそのような情報しかキャッチできなくなってしまいます。「今の自分で十分に満たされている」と分かることが、必要以上に傷つかないコツです。
出典:unsplash.com

成功した人、裕福な人、幸せな人に比べて、自分はなんてみじめなんだろう。長い人生において、そう感じてしまうことも時にはあるかもしれません。ただ、人生とは現実そのものではなく、“自分の感じ方”によって決まるものです。
「自分は不幸でみじめだ」という前提で世界を見ると、本当にそのような情報しかキャッチできなくなってしまいます。「今の自分で十分に満たされている」と分かることが、必要以上に傷つかないコツです。

思い込みから自由になる、ジャッジしない考え方

他人や環境に対しても、物事の一部分だけを切り取って「良い」「悪い」とジャッジしないことです。思い込みや決めつけで、被害者意識をもったり、怒りや苛立ちを抱いたりするのは、自分自身が辛くなるだけで誰の得にもなりません。「良い」「悪い」をジャッジしない、ありのままを受け入れる考え方に変えていけば、今よりずっとラクに生きられるはずです。
出典:unsplash.com

他人や環境に対しても、物事の一部分だけを切り取って「良い」「悪い」とジャッジしないことです。思い込みや決めつけで、被害者意識をもったり、怒りや苛立ちを抱いたりするのは、自分自身が辛くなるだけで誰の得にもなりません。「良い」「悪い」をジャッジしない、ありのままを受け入れる考え方に変えていけば、今よりずっとラクに生きられるはずです。

自分ばかり損をしている → 自分が好きな自分でいる

人知れず真面目に努力しているのに、自分はいつも日陰の存在で損をしている。一方、ズル賢い人は世渡り上手で、得をしている。「自分は正しくて、ズルい人は間違っている」とジャッジしたくなるかもしれません。
そんな“思い込み”に縛られるよりも、地道にコツコツと努力する「自分が好きな自分」でいる。そのことに誇りをもつほうが、よほど清々しい気持ちでいられると思いませんか。
出典:unsplash.com

人知れず真面目に努力しているのに、自分はいつも日陰の存在で損をしている。一方、ズル賢い人は世渡り上手で、得をしている。「自分は正しくて、ズルい人は間違っている」とジャッジしたくなるかもしれません。
そんな“思い込み”に縛られるよりも、地道にコツコツと努力する「自分が好きな自分」でいる。そのことに誇りをもつほうが、よほど清々しい気持ちでいられると思いませんか。

見返りがなくむなしい → 愛のある行動ができた

相手に良くしてあげたのに、何も見返りがなくむなしい。やってあげることが当たり前になって、何も感謝されない。仕事に家事に奔走する方なら、一度や二度そう思うこともあるでしょう。
相手から何も返ってこなくても、「自分が何かをしてあげた」という事実は変わりません。愛のある行動ができた自分に、胸を張っていればいいのです。
出典:unsplash.com

相手に良くしてあげたのに、何も見返りがなくむなしい。やってあげることが当たり前になって、何も感謝されない。仕事に家事に奔走する方なら、一度や二度そう思うこともあるでしょう。
相手から何も返ってこなくても、「自分が何かをしてあげた」という事実は変わりません。愛のある行動ができた自分に、胸を張っていればいいのです。

他人や環境に怒りを抱く → 心を大きく

生きていれば不公平なことに苛立ったり、ひどい扱いを受けて怒りを抱いたりすることもあるものです。「許せない」「仕返しをしてやる」などと恨みつらみを抱えていると、それが新たなストレスとなり、あなた自身をさらに傷つけてしまいます。そんなときは、自分の心の平穏のために、「心を大きくする」「器の違いを見せる」ことを心がけてみましょう。
出典:unsplash.com

生きていれば不公平なことに苛立ったり、ひどい扱いを受けて怒りを抱いたりすることもあるものです。「許せない」「仕返しをしてやる」などと恨みつらみを抱えていると、それが新たなストレスとなり、あなた自身をさらに傷つけてしまいます。そんなときは、自分の心の平穏のために、「心を大きくする」「器の違いを見せる」ことを心がけてみましょう。

ジャッジしない考え方で心を軽くしよう*

物事に対して「良い」「悪い」をジャッジする二極化思考から抜け出す、ジャッジしない考え方のヒントをご紹介しました。今すぐ100%変化させる必要はありません。「嫌だな」「気に入らないな」と思うことがあれば、少し立ち止まってみて、「ジャッジしない」という選択肢があるということを思い出してみてくださいね。
出典:unsplash.com

物事に対して「良い」「悪い」をジャッジする二極化思考から抜け出す、ジャッジしない考え方のヒントをご紹介しました。今すぐ100%変化させる必要はありません。「嫌だな」「気に入らないな」と思うことがあれば、少し立ち止まってみて、「ジャッジしない」という選択肢があるということを思い出してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play