紫外線だけじゃない、夏の大敵「熱中症対策」を抜かりなく

紫外線だけじゃない、夏の大敵「熱中症対策」を抜かりなく

暑い夏がやってきます。紫外線も気になりますが、熱中症の対策はできていますか?今回、熱中症の対策にどんなことを取り入れ、気をつけたらいいかをご紹介します。熱中症にならないために気をつけておきたいことや、熱中症になってしまったときの対応を少しでも知っておけば、対策になるはず。夏のお出かけ前や日々の生活の中で、じゅうぶんに対策を考えましょう。 2019年08月09日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
過ごし方
休憩
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
78

今年も、暑い夏がやってくる

近年、夏の暑さが厳しくなっています。夏だからこそできる、レジャーやアウトドアなどの楽しみも多いですが、気をつけたいのが「熱中症」です。熱中症は、夏の間はいつでも気にかけて予防したいもの。今回、熱中症の対策にどんなことを取り入れ、どんな風に気をつけたらいいかをご紹介していきます。
出典:stocksnap.io

近年、夏の暑さが厳しくなっています。夏だからこそできる、レジャーやアウトドアなどの楽しみも多いですが、気をつけたいのが「熱中症」です。熱中症は、夏の間はいつでも気にかけて予防したいもの。今回、熱中症の対策にどんなことを取り入れ、どんな風に気をつけたらいいかをご紹介していきます。

なぜ熱中症になってしまうの?

暑くなってくる季節によく目にしたり、耳にしたりする「熱中症」。熱中症を引き起こしてしまう原因には、大きく分けて3つあるそうです。

まず1つ目は「環境」。気温や湿度が高い、風がない、室内でもエアコンのない部屋で閉めきっているなど、暑い状態が続く環境にいることが挙げられます。
2つ目は「身体」。激しい運動などによって身体に熱がたまったり、疲労が蓄積した身体が暑さに対応しきれなかったり。そのほか、糖尿病など持病のある方や、高齢者の方、小さなお子さんも熱中症になりやすいそうです。
3つ目は「行動」。長時間屋外で運動や作業をする、水分補給ができない状況も、熱中症を引き起こす原因となるようです。
出典:unsplash.com

暑くなってくる季節によく目にしたり、耳にしたりする「熱中症」。熱中症を引き起こしてしまう原因には、大きく分けて3つあるそうです。

まず1つ目は「環境」。気温や湿度が高い、風がない、室内でもエアコンのない部屋で閉めきっているなど、暑い状態が続く環境にいることが挙げられます。
2つ目は「身体」。激しい運動などによって身体に熱がたまったり、疲労が蓄積した身体が暑さに対応しきれなかったり。そのほか、糖尿病など持病のある方や、高齢者の方、小さなお子さんも熱中症になりやすいそうです。
3つ目は「行動」。長時間屋外で運動や作業をする、水分補給ができない状況も、熱中症を引き起こす原因となるようです。

さまざまな原因が重なり、大量の汗をかいて身体の体温調節ができなくなってくると、体温が上昇し熱中症になります。熱による失神、けいれん、熱射病などが熱中症の症状です。少しでも体調がよくないなと思ったら、暑い時期は熱中症の症状がないか気をつけましょう。
出典:unsplash.com

さまざまな原因が重なり、大量の汗をかいて身体の体温調節ができなくなってくると、体温が上昇し熱中症になります。熱による失神、けいれん、熱射病などが熱中症の症状です。少しでも体調がよくないなと思ったら、暑い時期は熱中症の症状がないか気をつけましょう。

熱中症にならないために

熱中症は誰にでも起こりうる症状ですが、同時にきちんと対策をしていれば防ぐこともできる症状でもあるのです。そこで、熱中症にならないための具体的な対策を考えてみました。気をつけたいのは、環境と体調です。
出典:unsplash.com

熱中症は誰にでも起こりうる症状ですが、同時にきちんと対策をしていれば防ぐこともできる症状でもあるのです。そこで、熱中症にならないための具体的な対策を考えてみました。気をつけたいのは、環境と体調です。

今日の気温チェック

起床時や、前日の就寝前。「今日の気温」「明日の気温」をチェックする習慣をつけてみましょう。気温チェックの際には、前日との気温差も合わせて確認しておくと、「昨日より暑くなりそう」「今日はちょっと涼しいかな」と、具体的に想像しやすくなりそうです。
出典:pixabay.com

起床時や、前日の就寝前。「今日の気温」「明日の気温」をチェックする習慣をつけてみましょう。気温チェックの際には、前日との気温差も合わせて確認しておくと、「昨日より暑くなりそう」「今日はちょっと涼しいかな」と、具体的に想像しやすくなりそうです。

環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数
環境省の暑さ指数も参考に。

体調は大丈夫?

寝不足や栄養不足など、体調が悪い状態だと熱中症を引き起こしやすくなってしまいます。普段の生活でも、体調が悪いなか無理をし続けることはよくないですが、暑い季節は特に気をつけたいところです。「ちょっと具合が悪いかも」と感じたら、無理をしないで。どうしても外出しなければならない時は、比較的気温が低そうな時間に予定を変更する、じゅうぶんに水分補給をしてから出かけ、外出先でもこまめに水分補給をするように心がけるなど、工夫しましょう。
出典:unsplash.com

寝不足や栄養不足など、体調が悪い状態だと熱中症を引き起こしやすくなってしまいます。普段の生活でも、体調が悪いなか無理をし続けることはよくないですが、暑い季節は特に気をつけたいところです。「ちょっと具合が悪いかも」と感じたら、無理をしないで。どうしても外出しなければならない時は、比較的気温が低そうな時間に予定を変更する、じゅうぶんに水分補給をしてから出かけ、外出先でもこまめに水分補給をするように心がけるなど、工夫しましょう。

外に出たり、運動したり、今日はどんな行動をする?

気温チェックと体調確認ができれば、今日の予定も今一度確認。屋外にいる時間が長いときや、運動する予定があるときなどは特に、予定通りで問題なさそうか考えてみましょう。犬の散歩も、陽の高い時間は避けたいところです。気温が高くなりそうな日や体調が優れない場合は、予定の延期や時間の変更も視野に入れながら考えてみるといいかもしれませんね。
出典:

気温チェックと体調確認ができれば、今日の予定も今一度確認。屋外にいる時間が長いときや、運動する予定があるときなどは特に、予定通りで問題なさそうか考えてみましょう。犬の散歩も、陽の高い時間は避けたいところです。気温が高くなりそうな日や体調が優れない場合は、予定の延期や時間の変更も視野に入れながら考えてみるといいかもしれませんね。

食事、水分補給の予定は?

熱中症の予防には、栄養補給、水分補給も大切です。今日の予定の中で、食事や水分をとる時間は確保できていますか?お仕事中など、こまめに水分補給が難しい状況もあるかもしれません。アラームをかけて、「この時間に必ず水分補給をする」など心がけて意識していると、うっかり水分補給を忘れていた…ということも、防げそうです。
出典:

熱中症の予防には、栄養補給、水分補給も大切です。今日の予定の中で、食事や水分をとる時間は確保できていますか?お仕事中など、こまめに水分補給が難しい状況もあるかもしれません。アラームをかけて、「この時間に必ず水分補給をする」など心がけて意識していると、うっかり水分補給を忘れていた…ということも、防げそうです。

室内だからと安心しないで

最近は室内で起こる熱中症のニュースも耳にします。電気代の節約もいいですが、暑ければクーラーを使うこと。エアコンの設定温度は、25度~28度くらいがよいでしょう。また、扇風機なども併用して風を送る、カーテンで日差しを遮るなどもあわせて、室内での対策も万全にしましょう。もちろん、適度な水分や塩分の補給も忘れずに。
出典:

最近は室内で起こる熱中症のニュースも耳にします。電気代の節約もいいですが、暑ければクーラーを使うこと。エアコンの設定温度は、25度~28度くらいがよいでしょう。また、扇風機なども併用して風を送る、カーテンで日差しを遮るなどもあわせて、室内での対策も万全にしましょう。もちろん、適度な水分や塩分の補給も忘れずに。

熱中症予防におすすめのアイテム

冷たいまま飲み物を持ち運べる、タンブラー

熱中症予防には、やはり水分補給が大事なようです。自動販売機やコンビニでも冷たい飲み物が買えますが、いつでもどこでも飲めるように持ち運べる、タンブラーがあると便利ですよ。
こちらは0.5リットルが入る、トラベルタンブラーです。保温・保冷が持続する時間の目安は約6時間なので、お出かけの際にも飲み物を冷たいまま飲むことができそうです。シンプルでスタイリッシュな見た目が素敵で、毎日使いたくなるデザインですね。
出典:

熱中症予防には、やはり水分補給が大事なようです。自動販売機やコンビニでも冷たい飲み物が買えますが、いつでもどこでも飲めるように持ち運べる、タンブラーがあると便利ですよ。
こちらは0.5リットルが入る、トラベルタンブラーです。保温・保冷が持続する時間の目安は約6時間なので、お出かけの際にも飲み物を冷たいまま飲むことができそうです。シンプルでスタイリッシュな見た目が素敵で、毎日使いたくなるデザインですね。

ひんやり触感のタオル

こちらは接触冷感素材のタオル。熱伝導率の低い素材と高い素材を組み合わせ、吸収した熱を素早く拡散でき、ひんやりとした心地よさを肌に感じることができます。つるんとした質感で、水に濡らすとさらにひんやり感がアップ。タオルが温まってしまったら、風に当ててパタパタと振ると、またひんやり感が戻ってきます。汗をかく季節の必需品でもあるタオルで暑さ対策ができると、一石二鳥で便利ですね。
出典:

こちらは接触冷感素材のタオル。熱伝導率の低い素材と高い素材を組み合わせ、吸収した熱を素早く拡散でき、ひんやりとした心地よさを肌に感じることができます。つるんとした質感で、水に濡らすとさらにひんやり感がアップ。タオルが温まってしまったら、風に当ててパタパタと振ると、またひんやり感が戻ってきます。汗をかく季節の必需品でもあるタオルで暑さ対策ができると、一石二鳥で便利ですね。

お出かけのマストアイテム、帽子

日差しが強い季節の外出には、「帽子」を取り入れて。帽子は頭を日差しから守る役割を担うと同時に、紫外線対策にもなるアイテムです。つばが広めのハットを選ぶと、上品で大人っぽい雰囲気になりますね。
出典:

日差しが強い季節の外出には、「帽子」を取り入れて。帽子は頭を日差しから守る役割を担うと同時に、紫外線対策にもなるアイテムです。つばが広めのハットを選ぶと、上品で大人っぽい雰囲気になりますね。

デザインを選ぶのも楽しい、日傘

夏には日傘を手放せない!というか方も、多いのではないでしょうか。日傘は紫外線対策にもなりますし、さしているだけで暑さが幾分か軽減される心強いアイテムですよね。日傘にはたくさんのデザインのものがあり、選ぶのも楽しそう♪毎日使うものだからこそ、とびきりお気に入りのものを見つけてみてはいかがでしょう。晴雨兼用の傘なら、急な天気の変化があっても安心です。
出典:

夏には日傘を手放せない!というか方も、多いのではないでしょうか。日傘は紫外線対策にもなりますし、さしているだけで暑さが幾分か軽減される心強いアイテムですよね。日傘にはたくさんのデザインのものがあり、選ぶのも楽しそう♪毎日使うものだからこそ、とびきりお気に入りのものを見つけてみてはいかがでしょう。晴雨兼用の傘なら、急な天気の変化があっても安心です。

効率よく涼しいお部屋に保つ、サーキュレーター

「サーキュレーター」は、エアコンと併せて使いたいアイテムです。サーキュレーターを取り入れることによって部屋の空気が回りやすくなり、エアコンから出た冷たい空気が循環します。サーキュレーターを取り入れていると、エアコンの設定温度は同じでも体感温度が低くなるそうです。効率よく涼しい部屋を保つことができて暑さ対策にもなりますし、エアコンの設定温度を下げすぎず、エコ視点でもよさそうですね。
出典:

「サーキュレーター」は、エアコンと併せて使いたいアイテムです。サーキュレーターを取り入れることによって部屋の空気が回りやすくなり、エアコンから出た冷たい空気が循環します。サーキュレーターを取り入れていると、エアコンの設定温度は同じでも体感温度が低くなるそうです。効率よく涼しい部屋を保つことができて暑さ対策にもなりますし、エアコンの設定温度を下げすぎず、エコ視点でもよさそうですね。

熱中症かな?と思ったときは

意識がなければ救急車!

暑い中で倒れ、意識を失ってしまったら迷わず救急車を呼びましょう。これは自分が意識を失ってしまっては自分では救急車を呼ぶことはできませんが、周りの人や家族が熱中症になってしまった場合にできる対処方法です。救急車が到着するまでの間はできれば涼しい場所に避難し、服をゆるめて体を冷やしやすくしておくといいそうですよ。
出典:

暑い中で倒れ、意識を失ってしまったら迷わず救急車を呼びましょう。これは自分が意識を失ってしまっては自分では救急車を呼ぶことはできませんが、周りの人や家族が熱中症になってしまった場合にできる対処方法です。救急車が到着するまでの間はできれば涼しい場所に避難し、服をゆるめて体を冷やしやすくしておくといいそうですよ。

意識があれば、安静に

くらっと倒れてしまってもまだ意識がある場合は、とにかく安静に。体調が悪くなってしまった場所の気温や湿度が高ければ、それより涼しいところで服をゆるめ、安静にしましょう。
出典:pixabay.com

くらっと倒れてしまってもまだ意識がある場合は、とにかく安静に。体調が悪くなってしまった場所の気温や湿度が高ければ、それより涼しいところで服をゆるめ、安静にしましょう。

水分・塩分補給を

自力で水分をとることができるなら、水分と塩分の補給を行いましょう。まずは水分ですが、たくさんの汗をかいている時には塩分補給も大切です。スポーツドリンクや経口補水液など、必要に応じて補給しましょう。
出典:

自力で水分をとることができるなら、水分と塩分の補給を行いましょう。まずは水分ですが、たくさんの汗をかいている時には塩分補給も大切です。スポーツドリンクや経口補水液など、必要に応じて補給しましょう。

しばらくゆっくり休みましょう

水分、塩分補給ができれば、そのまま安静にしてゆっくり休息をとりましょう。症状が軽くすんだ場合も、さらに悪化してしまわないように無理をせず、休むことが大切です。じゅうぶんに休み、体調の回復を待ちましょう。
出典:stocksnap.io

水分、塩分補給ができれば、そのまま安静にしてゆっくり休息をとりましょう。症状が軽くすんだ場合も、さらに悪化してしまわないように無理をせず、休むことが大切です。じゅうぶんに休み、体調の回復を待ちましょう。

みんなで夏を乗り切ろう

夏は、楽しいイベントもたくさんある季節。暑さで体調を崩してしまっては、もったいない!しっかり熱中症対策をしながら、暑い夏を乗り切りましょう。
出典:pixabay.com

夏は、楽しいイベントもたくさんある季節。暑さで体調を崩してしまっては、もったいない!しっかり熱中症対策をしながら、暑い夏を乗り切りましょう。

素敵な画像のご協力、ありがとうございます♪

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play