もうイライラしない。気持ちを切り替え、心を整える「マインドチェンジ術」

もうイライラしない。気持ちを切り替え、心を整える「マインドチェンジ術」

気が付くと毎日怒っていて、イライラしてばかり……そんな自分が嫌になっていませんか? 誰だっていやな気分でいたくないものですよね。ただ、感情のおもむくままにイライラしてしまっては、周囲はおろか、自分自身にもメリットは何もありません。気持ちを切り替え、心を整える「マインドチェンジ術」で、もうイライラしない自分に変わりませんか。 2019年07月22日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
ストレス解消
気分転換
思考法
ストレスマネジメント
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
775
イライラを引きずっていると、ペースが崩れていろいろなところに弊害が出てくるもの。仕事や家事がはかどらなかったり、集中できずにミスしてしまったり。そんな自分に苛立って、また負のスパイラルに飲み込まれていく……。さくっと気分を切り替えられたらラクなのに、って思いますよね。そんなときに役立つのが、これからご紹介する「マインドチェンジ術」なのです。
出典:unsplash.com

イライラを引きずっていると、ペースが崩れていろいろなところに弊害が出てくるもの。仕事や家事がはかどらなかったり、集中できずにミスしてしまったり。そんな自分に苛立って、また負のスパイラルに飲み込まれていく……。さくっと気分を切り替えられたらラクなのに、って思いますよね。そんなときに役立つのが、これからご紹介する「マインドチェンジ術」なのです。

イラッ!ムカッ!としていませんか?

出来事や状況、人に対してイラッとするのは、自分の身を守ろうとする自然な反応です。問題は、その後の考え方にあります。もう済んだことに対してあれこれ考え続けると、長引くイライラに発展してしまうのです。なぜわたしたちはイライラしてしまうのか、身のまわりにはびこる原因を見ていきましょう。
出典:unsplash.com

出来事や状況、人に対してイラッとするのは、自分の身を守ろうとする自然な反応です。問題は、その後の考え方にあります。もう済んだことに対してあれこれ考え続けると、長引くイライラに発展してしまうのです。なぜわたしたちはイライラしてしまうのか、身のまわりにはびこる原因を見ていきましょう。

ゆとりのない生活がイライラを生む

あらゆる技術が発展した現代は、その恩恵を受けて暮らしが楽になるのとは裏腹に、スピード重視のストレスフルな生活を強いられています。メッセージの返信だったり、目的地への移動だったり。1分1秒を争うかのように目まぐるしい生活に追われ、“ゆったりと待つ”ことができない社会になっているのです。
出典:unsplash.com

あらゆる技術が発展した現代は、その恩恵を受けて暮らしが楽になるのとは裏腹に、スピード重視のストレスフルな生活を強いられています。メッセージの返信だったり、目的地への移動だったり。1分1秒を争うかのように目まぐるしい生活に追われ、“ゆったりと待つ”ことができない社会になっているのです。

「べき思考」が頭を堅くする

「母親だからこうするべき」「仕事だから多少の無理はするべき」といった「べき思考」。ある程度の「○○するべき」は規律として役立ちますが、必要以上に締め上げると重荷になるだけです。自分自身に対してはもちろん、家族や友人、社会に対しても「○○すべき」と考えていると、頭がどんどん堅くなってしまいます。
出典:unsplash.com

「母親だからこうするべき」「仕事だから多少の無理はするべき」といった「べき思考」。ある程度の「○○するべき」は規律として役立ちますが、必要以上に締め上げると重荷になるだけです。自分自身に対してはもちろん、家族や友人、社会に対しても「○○すべき」と考えていると、頭がどんどん堅くなってしまいます。

コミュニケーション不足がすれ違いの元に

「言わなくても分かってくれるだろう」「わざわざ伝えなくても分かるはず」こんな風に、言わずとも察するのは日本人の美徳なのかもしれません。ただ、相手に期待して思い通りにならなかったときに「裏切られた!」と苛立つのはお門違いです。伝えたいことは言葉にして伝えなければ、すれ違いやいざこざの元になりかねません。
出典:unsplash.com

「言わなくても分かってくれるだろう」「わざわざ伝えなくても分かるはず」こんな風に、言わずとも察するのは日本人の美徳なのかもしれません。ただ、相手に期待して思い通りにならなかったときに「裏切られた!」と苛立つのはお門違いです。伝えたいことは言葉にして伝えなければ、すれ違いやいざこざの元になりかねません。

被害者意識は自分を傷つける

イライラするとき、“被害者”になっていないでしょうか。ずいぶんと待たされた、ひどいことを言われた、すれ違いざまにぶつかられた……というように。「された」「られた」を無意識に使っていると、いつまでも“被害者”であり続けることになります。それは、あなた自身を傷つけるのと同じことなのです。
出典:unsplash.com

イライラするとき、“被害者”になっていないでしょうか。ずいぶんと待たされた、ひどいことを言われた、すれ違いざまにぶつかられた……というように。「された」「られた」を無意識に使っていると、いつまでも“被害者”であり続けることになります。それは、あなた自身を傷つけるのと同じことなのです。

心を整える「マインドチェンジ術」とは

心を整える「マインドチェンジ術」とは、イライラにつながる考え方をやめることです。イライラしても状況は変わらないばかりか、自分を傷つけるだけであることはもうご周知のとおりです。
同じ時間をイライラに費やすのと、ポジティブな感情ですごすのと、どちらが建設的でしょうか? どんな気分を選択するかは、あなた次第です。
出典:unsplash.com

心を整える「マインドチェンジ術」とは、イライラにつながる考え方をやめることです。イライラしても状況は変わらないばかりか、自分を傷つけるだけであることはもうご周知のとおりです。
同じ時間をイライラに費やすのと、ポジティブな感情ですごすのと、どちらが建設的でしょうか? どんな気分を選択するかは、あなた次第です。

気分は選択できるものであると知る

イライラが募っているとき、あなたは“イライラすること”を選択しています。なぜイライラを選択するのでしょうか? それは、怒りがもっとも簡単で表現しやすいからなのです。冷静さを失っていると、「気分は自分で選択できる」ことを放棄しがちになります。
出典:unsplash.com

イライラが募っているとき、あなたは“イライラすること”を選択しています。なぜイライラを選択するのでしょうか? それは、怒りがもっとも簡単で表現しやすいからなのです。冷静さを失っていると、「気分は自分で選択できる」ことを放棄しがちになります。

クールダウンして冷静さを取り戻す

では、どのようにして冷静さを取り戻せばいいのでしょうか。それは、物理的にクールダウンすることです。文字通り「頭に血が上って」いる状態では、交感神経が高ぶっている状態にあります。冷たいものを握ったり、頭や体に当てたりして、冷静さを取り戻します。
出典:unsplash.com

では、どのようにして冷静さを取り戻せばいいのでしょうか。それは、物理的にクールダウンすることです。文字通り「頭に血が上って」いる状態では、交感神経が高ぶっている状態にあります。冷たいものを握ったり、頭や体に当てたりして、冷静さを取り戻します。

▼そのほか冷静さを取り戻す方法
・数を数えながら深呼吸をする
・足の裏の感覚に集中する
・ほかの場所に移動する

メモやスマホを使ったお手軽マインドチェンジ

イラっとしたとき、感情を押し殺そうとするのは逆効果です。心の奥深くに積もり積もって、いつか爆発しかねません。ちょこちょこと小出しにして、そのつど“浄化”するのが有効です。メモやスマホを使って、思っていることや考えていることを言語化してみましょう。
出典:unsplash.com

イラっとしたとき、感情を押し殺そうとするのは逆効果です。心の奥深くに積もり積もって、いつか爆発しかねません。ちょこちょこと小出しにして、そのつど“浄化”するのが有効です。メモやスマホを使って、思っていることや考えていることを言語化してみましょう。

▼お手軽マインドチェンジ
① メモやスマホを使って、思ったことを言語化する
② それとは逆の感情を、ひとことで表す(例:やったー!)
③ ②の根拠となるポジティブな面を探り、視点を転換する
イライラや怒りをどうにかしたいあなたへ。誰も傷つけずさらりと手放す方法
イライラや怒りをどうにかしたいあなたへ。誰も傷つけずさらりと手放す方法

人間関係で悩み、ささいなことで感情的になって相手を傷つけてしまったり、言いたいことをつい我慢してしまい怒りが爆発しそうになったり……。こんな厄介なイライラや怒りをどうにかしたいけれど、どうすればいいか分からずに抱え込んでいないでしょうか。辛いイライラや怒りは、誰も傷つけずにさらりと手放したいもの。凝り固まった心を解きほぐし、相手を尊重しつつ、自分も大切にできる方法をご紹介します。

ノートや手帳を活用した心の浄化方法はこちらの記事が参考になります。感情を「見える化」することがポイントです。

マイナスをプラスに!「マインドチェンジ術」実践のヒント

わたしたちの暮らしのなかには、イラっとすることは多々あるもの。そんなとき、何にイラっとしたのかを、“ひと呼吸”おいて考えてみることが大切です。その“ひと呼吸”でイライラの大半はおさまり、物事を冷静に見つめられるようになります。マイナスの思考をプラスに転換するための、「マインドチェンジ術」実践のヒントをご紹介します。
出典:unsplash.com

わたしたちの暮らしのなかには、イラっとすることは多々あるもの。そんなとき、何にイラっとしたのかを、“ひと呼吸”おいて考えてみることが大切です。その“ひと呼吸”でイライラの大半はおさまり、物事を冷静に見つめられるようになります。マイナスの思考をプラスに転換するための、「マインドチェンジ術」実践のヒントをご紹介します。

自分に対するイライラ

わけもなくイライラしたり、嫌なことを思い出してはムカムカしたり。怒りを再生産すればするほど、イライラは増殖し続けます。あなた自身を守るためにも、意識的にマインドチェンジすることが大切です。
出典:unsplash.com

わけもなくイライラしたり、嫌なことを思い出してはムカムカしたり。怒りを再生産すればするほど、イライラは増殖し続けます。あなた自身を守るためにも、意識的にマインドチェンジすることが大切です。

▼マインドチェンジのヒント
・決めつけや執着に気付き、手放す
・良いか悪いかをジャッジしない
・自分に対するダメ出しや後悔をやめる

周囲に対するイライラ

子どもが言うことを聞かなかったり、夫が協力的でなかったり。あるいは、仕事で急な残業を強いられたり、友人の自慢話にへきえきしたり……。こんな周囲に対するイライラは、相手をどうにか変えたいという思いが原因です。
出典:unsplash.com

子どもが言うことを聞かなかったり、夫が協力的でなかったり。あるいは、仕事で急な残業を強いられたり、友人の自慢話にへきえきしたり……。こんな周囲に対するイライラは、相手をどうにか変えたいという思いが原因です。

▼マインドチェンジのヒント
・小さなガマンをため込まず、素直に伝える
・お互いの価値観や考え方の違いを認める
・穏やかで丁寧な言葉づかいを心がける

状況に対するイライラ

電車が遅れて予定が狂う、天候や気候の不順で何をするのも嫌になる、マナーを守らない住民に対する苛立ち、会社の理不尽な人事など。例を挙げればキリがない、状況に対するイライラ。自分の力では到底どうにもならないことに抗っても、エネルギーを無駄に消耗するだけです。
出典:unsplash.com

電車が遅れて予定が狂う、天候や気候の不順で何をするのも嫌になる、マナーを守らない住民に対する苛立ち、会社の理不尽な人事など。例を挙げればキリがない、状況に対するイライラ。自分の力では到底どうにもならないことに抗っても、エネルギーを無駄に消耗するだけです。

▼マインドチェンジのヒント
・今できることをすればいいと、開き直る
・転機はいずれ訪れるものと、言い聞かせる
・大きな流れに身を任せ、力を抜く

「マインドチェンジ術」でストレスフリーに

気持ちを上手に切り替えて、イライラしない自分に変わる「マインドチェンジ術」をご紹介しました。イライラしても何もメリットはないこと、気分は自分で選択できることを知るだけでも、八方塞がりな状況を変えられるかもしれません。そこからどうチェンジしていくかは、あなたの心がけしだいです。
「マインドチェンジ術」で上手に気持ちを切り替えて、できるところから少しずつ、心を整えてくださいね。
出典:unsplash.com

気持ちを上手に切り替えて、イライラしない自分に変わる「マインドチェンジ術」をご紹介しました。イライラしても何もメリットはないこと、気分は自分で選択できることを知るだけでも、八方塞がりな状況を変えられるかもしれません。そこからどうチェンジしていくかは、あなたの心がけしだいです。
「マインドチェンジ術」で上手に気持ちを切り替えて、できるところから少しずつ、心を整えてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play