”許せない…” 過去におった傷を癒すための心のレッスン ~「水に流す」という選択肢

”許せない…” 過去におった傷を癒すための心のレッスン ~「水に流す」という選択肢

「どうしても許せない事があって、その事ばかり考えてしまう。傷ついた状態のまま動き出せない」など。嫌な事があって心が傷ついた時、つらい思いを抱えて前に進もうと思いながらも、どうしてもその事で頭でいっぱいになってしまう事ってありますよね。許せば楽になれるのかもしれないけれど、許そうと思えば無理をしてしまい余計に苦しい……そんな時は「水に流す」事を考えてみるといいかもしれません。難しいけれど、つらい記憶を無理なく「水に流す」ためにできる事を考えました。2019年07月21日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
幸せ
思考法
ストレスマネジメント
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
649

頭から離れない「許せないあのこと」

”許せない…” 過去におった傷を癒すための心のレッスン ~「水に流す」という選択肢
出典:
考えたくないのに考えてしまう、「許せないあのこと」。

ずっととらわれていたくもないけれど、許そうと思っても難しい……。
そんな思いを抱えて、つらい思いをしている人も多いかもしれません。

どんなことが許せない?【みんなの例】

Photo by Annie Spratt on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Annie Spratt on Unsplash

・他の人のミス・失敗など
・正義感からくる「許せない」
・悪口・意地悪・失礼な言葉
・競争心からくる「許せない」
・傷をえぐるようなデリカシーのない言葉
・根も葉もない噂を流された
・セクハラ・パワハラ・モラハラなど
こうしてみるとみんなが「許せない」と思うのも納得の理由がたくさんですね。

中には競争心・正義感からくる「許せない」など、見る角度を変えてみれば相手が悪いとは限らないものも。

許さないでいるとどんなことが起きる?

・健康を害する
・幸せな気分でいる時間が減る
・敵意を抱いている時間が増える
・本来の自分が「したい・すべき事」ではなく「相手の言動・過去の出来事」に振り回される
Photo by sheri silver on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by sheri silver on Unsplash

怒りや敵意などのネガティヴな感情は「過食・喫煙・アルコールの摂取」などにつながりやすいだけでなく、結果的に冠状動脈性心臓病のリスクを高めることもあるのだそう。

また、怒りによってストレスホルモンが放出されると、血管や代謝の異常・不整脈などを引き起こす可能性があると考えられています。
Photo by Larm Rmah on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Larm Rmah on Unsplash

過去や相手の言動にとらわれて、前に進めないのもつらいですよね。

本当は自分にとって大切な人や事柄のことだけ考えていたいのに、そうできない……。
自分の心だけが立ち止まってしまっているような感覚を抱く人もいるかもしれません。

許すとどんなことが起きる?

Photo by Stefan Gessert on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Stefan Gessert on Unsplash

・気楽になる・苦しまずに済む
・相手にとらわれずに自分の本来したい事ができる
・時間を無駄にしないで済む
・味方ができる
・甘く見られるデメリットも
Photo by Brooke Cagle on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Brooke Cagle on Unsplash

許す事によってつらい気持ちから解放されるのがまず一番ですが、自分を傷つけた人の基準や言動にとらわれず、自分の本来したい事に向かって、安らかで冷静な気持ちで行動を起こせる、というのも大きいですね。

甘く見る人が出てくるデメリットもありますが、そんな貴方を見て応援してくれる人もきっといるはずです。

許す?許さない?「水に流す」とは…

許さなくてもいい

Photo by Debby Hudson on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Debby Hudson on Unsplash

こう考えると、許した方が心身にはいいのかも……。

でも、誰しも嫌な事を許して忘れたいのはやまやま。それでも忘れられなくて、苦しんでいるのではないでしょうか。
”許せない…” 過去におった傷を癒すための心のレッスン ~「水に流す」という選択肢
出典:stocksnap.io
もちろん「ま、いいか」と許せるなら、それが一番いいのですが、「許そう」と無理をする必要はないのかもしれません。

実は、怒りを持ち続けるのも抑圧するのも、どちらも心身の健康には良くないのだそう。
”許せない…” 過去におった傷を癒すための心のレッスン ~「水に流す」という選択肢
出典:stocksnap.io
無理に許さなくてもいいのです。怒りは人間本来の自然な感情です。
でも、ずっとそのことばかり考えているのはきっと辛いですよね。

そんな時は許すのではなく、「水に流す」事を考えてみては。
「許す・無罪放免にする」のではなく、胸の中の問題から手を放し、視界の外に流すイメージです。
Photo by Aaron Lee on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Aaron Lee on Unsplash

けれど、小石程度の問題ならともかく、水に流したいのが大きな岩で、そもそも流せなかったら……?

どうやって「水に流す」かについて、できる事を考えてみました。

1.自分の抱いている感情をありのまま「書く」

Photo by Hannah Olinger on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Hannah Olinger on Unsplash

何をどう許せないと感じ、どんな感情を抱いたか、ありのまま書いてみるのがおすすめです。
怒り・不安などの「感情」のほか、「起こった事」「考えた事」の3点を書くとよいそう。
Photo by Ravi Pinisetti on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Ravi Pinisetti on Unsplash

書いた直後はよけい怒りが増すように感じますが、長期的に見ると、およそ1か月後には不眠や不安の改善・怒りの感情の鎮静化につながり、経験した事への理解も深まります。

2.小石程度の問題を流す:「お互い様」の合言葉

Photo by pan xiaozhen on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by pan xiaozhen on Unsplash

他の人のミスでとばっちりを受けた・ご近所に迷惑をかけられた・人間関係の不和などの問題は、例えるなら小石程度の「許せない」ではないでしょうか。

度重なるとつらいものがありますが、自分自身もきっとノーミスではなく、人知れず失敗してフォローされているかもしれません。小さな事なら文句を言いつつでも、「お互い様」を合言葉に水に流してみては。

3.転がらない石を丸くする:相手への知識・共感

Photo by Scott Webb on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Scott Webb on Unsplash

「あの人はなぜ私にあんなひどい事を言った(した)のだろう?」と始終考えてしまい、「水に流そうと思っても忘れられない」事だってありますよね。

相手のバックグラウンドやその時どんな気持ちだったのかを知る事で、「相手も苦しんでいたのかも。だからといって許せるわけじゃないけれど、理解はできる」と、自分の気持ちをなだめられる事も。
Photo by travelnow.or.crylater on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by travelnow.or.crylater on Unsplash

自分の中のちくちくした気持ちを「知識と共感」によって丸くする事で、それまで頑固に頭の中にとどまり続けていた問題や怒りも自然と忘れられるかもしれません。

4.大きな岩を砕いて小さくする:協力者・法的対応

Photo by Alvin Mahmudov on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Alvin Mahmudov on Unsplash

ハラスメントや犯罪被害など、一人では抱えきれないような問題は、大きすぎる岩のよう。水に流そうとしても流れないですよね。
トラブルを解決してからの方が、きっと自分の気持ちを癒していきやすいはず。

自分だけで抱えこまず、他の人に相談して一緒に考えてもらったり、法的に解決できないか模索したりと、まずは今目の前にある問題を小さくする事から考えるといいかもしれません。
地元の弁護士のほか「司法書士会」「行政書士会」「社会労務士会」等のサイトで相談できるプロを探すのも◎。

「いつどこで誰が何をしたか」の記録に加えて音声データをとっておけば、「許せないけど、泣き寝入りするしかない」と思っていたトラブルが解決する事もあります。

5.大きな岩を視界から消すには……「その場を離れる」

”許せない…” 過去におった傷を癒すための心のレッスン ~「水に流す」という選択肢
出典:stocksnap.io
「大ごとにはしたくない。でも大きな問題が根深い岩のようにずっと視界の中にある」なら、岩を動かそうとするよりも、自分がその場を立ち去った方が早い場合があります。

「何も悪い事をしていないのに、なぜ自分が立ち去らねばならないのか」と思うかもしれませんが、相手の考え方や価値観は簡単に変えられるものではなく、解決まで長い時間を要する問題も。
Photo by Philipp Cordts on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Philipp Cordts on Unsplash

「それだけ時間を費やす価値がある問題か」「相手への情がまだある場合でも、一緒にいる事によって自分や家族との人生と時間が大きく損なわれていないか」などを見極めて。

自分を傷つける相手と物理的に離れる事で、冷静な心境に戻り、嘘のようにラクになれる事も。何よりも貴方の貴重な時間は、有限であることを忘れないで。

6.「大切な人や物事」「今、ここ」にフォーカスする

Photo by Jen P. on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jen P. on Unsplash

時には、自分を傷つけた相手の言動にとらわれ、怒りや悲しみで頭がいっぱいになってしまって、「本来の自分の願い」や「そばにある大切なもの・人」の存在を忘れてしまう事もあるかもしれません。
Photo by Yerlin Matu on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Yerlin Matu on Unsplash

「相手の価値基準」で自分や物事を低く評価する事なく、「自分を傷つける相手の価値基準に反対の立場でいる事」に縛られるわけでもなく、自分の目で見極めて「今・ここ」にフォーカスを。

貴方を傷つける人ではなく、貴方を大切に思ってくれる人を信じ、いま目の前にある幸福をきちんとつかみ取る事を意識してみて。

7.「正義感」から許せないなら……正義は思う以上に曖昧なものだと認識して

Photo by Samuel Zeller on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Samuel Zeller on Unsplash

絶対的に悪だと思われる殺人という罪でさえ、戦時か平時かで見方は変わります。ある国では無罪の行為が、国境を1つ超えれば有罪となる事も。

正義や善悪の基準は、この社会に生きていく上で守るべきものですが、思った以上に曖昧なものなのかもしれません。
Photo by Anika Huizinga on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Anika Huizinga on Unsplash

誰かを裁く事はその道のプロや天に委ねて、軽やかに生きようとするスタンスもまた1つの選択です。

大事なのは今を幸せな気持ちで過ごすこと

Photo by Gaelle Marcel on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Gaelle Marcel on Unsplash

貴方が満ち足りた思いで毎日を過ごせる事が、一番大事です。

今すぐは無理でも、時が癒してくれることもあります。
”許せない…” 過去におった傷を癒すための心のレッスン ~「水に流す」という選択肢
出典:stocksnap.io
「昔は色々あったなあ。でも今はあんまり思い出せないし、どうでもいいや」
というくらいにいずれなれれば、気持ちもずいぶん楽になりますね。

今傷付いてつらい思いをしている皆さまが、少しでも苦しい思いから解放されますように―。
※この記事はこちらを参照して書かせていただきました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play