「なんだか疲れた…」と感じたら。“脳の疲れ”をとる新習慣を試してみない?

「なんだか疲れた…」と感じたら。“脳の疲れ”をとる新習慣を試してみない?

毎日忙しくて疲れが抜けない。いつも体がダル重い。その疲れ、もしかしたら“脳の疲れ”が原因かもしれません。多忙な日常生活に加え、ネットの発達で四六時中気が抜けない時代になり、わたしたちは常にストレス過多の状態です。あらゆるストレスは脳に負担をかけるため、「疲れた、だるい」と感じるのです。そんな“脳の疲れ”をとる新習慣をご紹介します。2019年07月19日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
習慣
リフレッシュ・気分転換
睡眠
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1485
仕事や家事、人間関係をはじめ、テレビやインターネット、SNSから受け取る過剰な情報など、わたしたちのまわりには“ストレス”が氾濫しています。絶えず情報を処理して指令を体に送り続けている脳は、働きすぎによるお疲れモードに陥ってしまうのです。脳を疲れさせる悪習慣をやめ、心も体も健やかになれる新しい習慣を始めてみませんか。
出典:unsplash.com

仕事や家事、人間関係をはじめ、テレビやインターネット、SNSから受け取る過剰な情報など、わたしたちのまわりには“ストレス”が氾濫しています。絶えず情報を処理して指令を体に送り続けている脳は、働きすぎによるお疲れモードに陥ってしまうのです。脳を疲れさせる悪習慣をやめ、心も体も健やかになれる新しい習慣を始めてみませんか。

その疲れ、もしかしたら“脳の疲れ”かも

体は疲れているのに、気が高ぶって眠れない。仕事は山のようにあるのに、集中力がもたない。楽しいはずの予定なのに、ワクワクしない……。こんなことはありませんか? 忙しい毎日に追われ、気が付けば脳が24時間フル回転している状態が続き、「もう限界!休んで!」とサインを発しているのかもしれません。
出典:unsplash.com

体は疲れているのに、気が高ぶって眠れない。仕事は山のようにあるのに、集中力がもたない。楽しいはずの予定なのに、ワクワクしない……。こんなことはありませんか? 忙しい毎日に追われ、気が付けば脳が24時間フル回転している状態が続き、「もう限界!休んで!」とサインを発しているのかもしれません。

体よりも脳が疲れているわけ

わたしたち現代人は、体を動かす機会が減り、そのぶん頭を使う時間が長くなっています。通勤は満員電車で常にストレスフル、オフィスに着けば退社まで閉じこもったまま。疲れがピークに来たら、栄養ドリンクやエナジードリンクでもうひと頑張り……。こんな風に、いつも気が張り詰めた状態になっているのです。
出典:unsplash.com

わたしたち現代人は、体を動かす機会が減り、そのぶん頭を使う時間が長くなっています。通勤は満員電車で常にストレスフル、オフィスに着けば退社まで閉じこもったまま。疲れがピークに来たら、栄養ドリンクやエナジードリンクでもうひと頑張り……。こんな風に、いつも気が張り詰めた状態になっているのです。

“脳の疲れ”をとるには?

“脳の疲れ”をとるいちばんの方法は、良質な睡眠をとること。とはいえ、夜はよく眠れないし、日中は眠いし……と負のスパイラルに陥っている方も多いでしょう。まずは、脳が疲れにくい状態を整えること。そのための新習慣をこれからご紹介していきます。
出典:unsplash.com

“脳の疲れ”をとるいちばんの方法は、良質な睡眠をとること。とはいえ、夜はよく眠れないし、日中は眠いし……と負のスパイラルに陥っている方も多いでしょう。まずは、脳が疲れにくい状態を整えること。そのための新習慣をこれからご紹介していきます。

脳を疲れさせる悪習慣をストップ!

脳が疲れるのには原因があります。仕事をしていれば避けられないファクトもありますが、自分の脳は自分自身でしか守ることができません。脳を疲れさせる悪習慣に気付き、遠ざけるだけでも効果が感じられるはずです。日常生活に取り入れやすい小さなところから、始めていきませんか。
出典:unsplash.com

脳が疲れるのには原因があります。仕事をしていれば避けられないファクトもありますが、自分の脳は自分自身でしか守ることができません。脳を疲れさせる悪習慣に気付き、遠ざけるだけでも効果が感じられるはずです。日常生活に取り入れやすい小さなところから、始めていきませんか。

▼脳を疲れさせる悪習慣の例
・ひとつの作業に長時間集中する
・ランチは自席でぱぱっと済ませる
・ハードな運動で汗を流す
・疲れたときは焼肉でパワーチャージ
・褒められるために頑張りすぎる

“脳の疲れ”をとる小さな新習慣

どうにかしたい、不快な疲れ。ただ、今の生活習慣のままでは、劇的な変化は期待できません。日常に潜む脳を疲れさせる悪習慣をやめ、“脳の疲れ”をとる新しい習慣に少しずつ切り替えていきましょう。どんなときに何をすればいいの? 何をどうするのが効果的? そんな疑問を解消するヒントをご紹介します。
出典:unsplash.com

どうにかしたい、不快な疲れ。ただ、今の生活習慣のままでは、劇的な変化は期待できません。日常に潜む脳を疲れさせる悪習慣をやめ、“脳の疲れ”をとる新しい習慣に少しずつ切り替えていきましょう。どんなときに何をすればいいの? 何をどうするのが効果的? そんな疑問を解消するヒントをご紹介します。

仕事や家事の合間に

仕事や家事、人間関係での役割や責任が増えるにつれ、忙しさやストレスも比例して増すもの。息つく暇もないと嘆く前に、今できることを試してみませんか。ポイントは、変化を促すこと。同じことを続けたり、情報のインプットばかりをするのではなく、意識的にぼんやりしたり、適度に体を動かしたりするのです。
出典:unsplash.com

仕事や家事、人間関係での役割や責任が増えるにつれ、忙しさやストレスも比例して増すもの。息つく暇もないと嘆く前に、今できることを試してみませんか。ポイントは、変化を促すこと。同じことを続けたり、情報のインプットばかりをするのではなく、意識的にぼんやりしたり、適度に体を動かしたりするのです。

▼仕事や家事の合間に
・1時間集中したら、5分の小休止をとる
・行き詰まったら、場所を変えてぼんやりする時間をもつ
・ひと区切りごとに、デスクの上を整理する
・移動時間は休憩時間と割り切って、頭を休める
・座りっぱなしが続いたら、ストレッチで血行を促す

ランチタイムや休憩時間に

ランチタイムや休憩時間返上で、仕事や家事をこなそうとしていませんか。どんなに集中力がある方でも、そこには限界があるというもの。ひとつひとつの作業を効率よく、クオリティを下げることなく全うするためにも、しっかりと休憩することです。その際には、情報や刺激を増やして脳を疲れさせないことが大切です。
出典:unsplash.com

ランチタイムや休憩時間返上で、仕事や家事をこなそうとしていませんか。どんなに集中力がある方でも、そこには限界があるというもの。ひとつひとつの作業を効率よく、クオリティを下げることなく全うするためにも、しっかりと休憩することです。その際には、情報や刺激を増やして脳を疲れさせないことが大切です。

▼ランチタイムや休憩時間に
・外に出て、そよ風や木洩れ日など自然のゆらぎに触れる
・新しいお店を探すよりも、なじみのお店でランチをとる
・食事をじっくり味わい、“ながらスマホ”をしない
・水分補給はカフェインよりもスポーツドリンクが◎
・仕事とは関係のないおしゃべりを楽しむ

負担をかけない食習慣

疲れているとき、パワーチャージにと焼肉を食べたり、疲れを解消するためにお酒を飲んだりしていませんか。その食習慣、実は疲れに拍車をかけているかもしれません。
焼肉はカロリーが高いのはもちろん、脂肪が多く消化器官に負担がかかります。さらに、飲酒はアルコール成分が脳の機能をマヒさせ、疲れがとれたような錯覚を起こさせているだけなのです。
出典:unsplash.com

疲れているとき、パワーチャージにと焼肉を食べたり、疲れを解消するためにお酒を飲んだりしていませんか。その食習慣、実は疲れに拍車をかけているかもしれません。
焼肉はカロリーが高いのはもちろん、脂肪が多く消化器官に負担がかかります。さらに、飲酒はアルコール成分が脳の機能をマヒさせ、疲れがとれたような錯覚を起こさせているだけなのです。

▼負担をかけない食習慣
・疲労回復成分が含まれている鶏の胸肉がおすすめ
・レモンや黒酢、梅干しなどでクエン酸をとる
・さっぱり味でたっぷりの葉野菜が消化に良い
・できるだけ旬のもの、地元でとれたものを食べる
・米麹甘酒は飲む点滴といわれ、腸内環境を整える

おやすみ前の小さな新習慣

ぐっすりと眠ることは、“脳の疲れ”をとるいちばんの方法です。「それができないから疲れがとれない」「布団に入っても気がかりなことで頭がいっぱいになる」そんなお悩みを持つ方も多いですよね。ここでは、おやすみ前に“脳の疲れ”をとる新習慣をご紹介します。無理なくできそうなところからお試しくださいね。
出典:unsplash.com

ぐっすりと眠ることは、“脳の疲れ”をとるいちばんの方法です。「それができないから疲れがとれない」「布団に入っても気がかりなことで頭がいっぱいになる」そんなお悩みを持つ方も多いですよね。ここでは、おやすみ前に“脳の疲れ”をとる新習慣をご紹介します。無理なくできそうなところからお試しくださいね。

ぐっすり眠るためのおうちヨガ

ゆったりとした動きと、深い呼吸がリラックス効果をもたらすヨガ。副交感神経を優位にさせ、凝り固まった筋肉をほぐし、血行を促します。睡眠の質を高め、“脳の疲れ”をとることで、翌日のパフォーマンスを高める効果も期待できるのです。
出典:unsplash.com

ゆったりとした動きと、深い呼吸がリラックス効果をもたらすヨガ。副交感神経を優位にさせ、凝り固まった筋肉をほぐし、血行を促します。睡眠の質を高め、“脳の疲れ”をとることで、翌日のパフォーマンスを高める効果も期待できるのです。

秋の夜長、ぐっすり眠るために試したいこと。心と体を程よくほぐす「夜ヨガ」のすすめ
秋の夜長、ぐっすり眠るために試したいこと。心と体を程よくほぐす「夜ヨガ」のすすめ

夜の少しの時間だけでできる夜ヨガ。きれいなポーズをとる必要もなく、服装もパジャマでOK!気軽に行えるので、これからヨガを始める方にもオススメです。今回は、短くて5分、長くて15分のどれも短い時間で出来る夜ヨガをご紹介します。無理なく行い、今日の疲れを今日のうちにとって質の良い眠りを促しましょう♪

10分あればできる「夜ヨガ」が参考になります。

ジャーナリングで心のデトックス

布団に入ってから眠りにつくまで時間がかかるという方は、脳が“1日の反省会”をしている可能性があります。脳を休めるためにも、寝る前には“心のデトックス”をすることです。有効な方法は、書く瞑想ともいわれるジャーナリング。考えるよりも先に手を動かす感覚で、心の中にあることを書き出すのです。
出典:unsplash.com

布団に入ってから眠りにつくまで時間がかかるという方は、脳が“1日の反省会”をしている可能性があります。脳を休めるためにも、寝る前には“心のデトックス”をすることです。有効な方法は、書く瞑想ともいわれるジャーナリング。考えるよりも先に手を動かす感覚で、心の中にあることを書き出すのです。

どんどん書けば、モヤモヤがスッキリ!いろんな場面で使える「シンプルメモ術」
どんどん書けば、モヤモヤがスッキリ!いろんな場面で使える「シンプルメモ術」

覚えておきたいことをすぐに忘れてしまう。ノート術やメモ術を試しても続かない。考えごとで頭の中がごちゃごちゃと混乱している……。このようなお悩みには、いろんな場面で使える「シンプルメモ術」がおすすめです。ルールはたった一つだけで、「とにかく書く」こと。どんどん書くだけで、モヤモヤがスッキリ晴れて、心にゆとりができるメモ術を試してみませんか?

ジャーナリングの方法をご紹介しています。

おひとり様の時間

寝る直前までSNSで誰かとつながっていたり、仕事のメールをやり取りしたりしていませんか? そんな状態は、朝起きてから夜眠るまで、ひとりになる時間がないのと同じです。常に情報が流れ込んでくるため、脳はずっと働き続け、疲労が蓄積する原因になります。
“おひとり様”になれる時間と場所をもち、脳をリセットする習慣をもちましょう。
出典:unsplash.com

寝る直前までSNSで誰かとつながっていたり、仕事のメールをやり取りしたりしていませんか? そんな状態は、朝起きてから夜眠るまで、ひとりになる時間がないのと同じです。常に情報が流れ込んでくるため、脳はずっと働き続け、疲労が蓄積する原因になります。
“おひとり様”になれる時間と場所をもち、脳をリセットする習慣をもちましょう。

心落ち着くわたしの居場所。包み込まれるような「おこもり感」の作り方
心落ち着くわたしの居場所。包み込まれるような「おこもり感」の作り方

ひとりになる空間をもち、自分と向き合う時間をすごす。大切なことだとは思うけれど、現実は難しい……。仕事に家事にと忙しい人こそ、その大切さを実感しているのではないでしょうか。一日の終わりに、あるいはちょっと疲れたなと感じたときに。包み込まれるような「おこもり感」のある居場所があれば、心と体を休め、また気持ちを新たにスタートすることができます。

ひとりになる時間の大切さや、居場所の作り方をご紹介しています。

寝る姿勢も大切

ぐっすりと眠るには、寝る姿勢も大切です。疲れているときにあおむけで寝ると、喉や舌の付け根の筋肉がゆるみ、気道が圧迫されてしまいます。その結果、いびきをかきやすくなり、酸素不足による“脳の疲れ”が増すことに。気道を確保するために横向きに寝るのがおすすめです。
出典:unsplash.com

ぐっすりと眠るには、寝る姿勢も大切です。疲れているときにあおむけで寝ると、喉や舌の付け根の筋肉がゆるみ、気道が圧迫されてしまいます。その結果、いびきをかきやすくなり、酸素不足による“脳の疲れ”が増すことに。気道を確保するために横向きに寝るのがおすすめです。

毎日ぐっすり眠るための処方箋。快適な睡眠へ導く「くつろぎの寝室」の作り方
毎日ぐっすり眠るための処方箋。快適な睡眠へ導く「くつろぎの寝室」の作り方

毎日よく眠れていますか?“睡眠負債”抱えていませんか? 一日の心身の疲れを癒し、明日への英気を養う睡眠はとても大切な時間です。スムーズな入眠、深い眠り、さわやかな目覚めに必要な条件とは何でしょうか?良質な睡眠をとるためには、寝室の環境を整えることが必要です。いつもの寝室を「くつろぎの寝室」に整えて、今日からぐっすり眠りましょう。

ぐっすり眠るために必要な「くつろぎの寝室」の作り方をご紹介しています。

“脳の疲れ”をとる新習慣で、健やかな毎日に*

“脳の疲れ”をとる新しい習慣のヒントをご紹介しました。毎日疲れが抜けない、いつもダル重い。それは脳からのSOSかもしれません。脳を疲れさせない小さな習慣の積み重ねが、疲れにくい健やかな毎日につながります。ご紹介した内容でできそうなものがあれば、ぜひお試しくださいね。
出典:unsplash.com

“脳の疲れ”をとる新しい習慣のヒントをご紹介しました。毎日疲れが抜けない、いつもダル重い。それは脳からのSOSかもしれません。脳を疲れさせない小さな習慣の積み重ねが、疲れにくい健やかな毎日につながります。ご紹介した内容でできそうなものがあれば、ぜひお試しくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play