一人暮らしさんがいざという時慌てないための『ミニマムな防災対策』のすすめ

一人暮らしさんがいざという時慌てないための『ミニマムな防災対策』のすすめ

地震などの自然災害が年々増え続ける昨今。天災はいつどこで起こるかわかりません。自分の身は自分で守るしかいない一人暮らしさんだからこそ、防災対策は普段からしっかり準備しておく必要があります。とはいえ、一人住まいのお家のスペースは限られていますので、暮らしの中で工夫することも大事になってきます。ここでは防災という観点から見た、良いお部屋のポイント&すぐにでも揃えられる簡単グッズをご紹介していきましょう。 2019年04月28日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
防災グッズ
暮らし方
対策
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1733

一人暮らしだから、余計に心配… 

一人暮らしだからこそ、いざという時のために備えてしっかり防災対策しておきたいですね。
でも、家族用と違って自分ひとり分だけでいいので思い立ったらすぐに準備できるはず。
“自分の身は自分で守る!”が鉄則の一人暮らしのあなたに、揃えたいアイテムやおうちでできる対策をご紹介していきます。
出典:unsplash.com

一人暮らしだからこそ、いざという時のために備えてしっかり防災対策しておきたいですね。
でも、家族用と違って自分ひとり分だけでいいので思い立ったらすぐに準備できるはず。
“自分の身は自分で守る!”が鉄則の一人暮らしのあなたに、揃えたいアイテムやおうちでできる対策をご紹介していきます。

生活用品をリュックにまとめて防災に備えましょう!

避難袋を一つ揃えておけば安心ですが、なかなか購入できずにいるという方も多いのではないでしょうか。でも大丈夫。おうちにあるものや簡単に手に入れられる防災用品を集めてリュックにつめておきましょう。それだけでも安心感が違いますよ。

まずは生活必需品から

歯ブラシは衛生的にも健康の面からもとても大切。人と共有できない物なので必ず揃えておきましょう。
出典:

歯ブラシは衛生的にも健康の面からもとても大切。人と共有できない物なので必ず揃えておきましょう。

ウェットティッシュはアルコール成分を含まない低刺激のものを用意しましょう。お風呂に入れない時などに体を拭いたり、赤ちゃんのお尻拭きなどにも使えます。
出典:

ウェットティッシュはアルコール成分を含まない低刺激のものを用意しましょう。お風呂に入れない時などに体を拭いたり、赤ちゃんのお尻拭きなどにも使えます。

地震などで物が割れると、床に落ちたガラスなどを踏んでしまうリスクがあります。ソールにしっかり厚みのあるスリッパは、ケガ防止に役立つので1式揃えておきましょう。
出典:

地震などで物が割れると、床に落ちたガラスなどを踏んでしまうリスクがあります。ソールにしっかり厚みのあるスリッパは、ケガ防止に役立つので1式揃えておきましょう。

携帯性も重視して選ぼう

キャンプなどでも使う便利な携帯用ライトは小さくてもしっかりと周囲を照らしてくれます。こちらはわずか8gの軽くて携帯性に優れたLEDライト。
カバンやズボンに引っかけることができるキーリング型なので、持ち出しやすく便利です。
出典:

キャンプなどでも使う便利な携帯用ライトは小さくてもしっかりと周囲を照らしてくれます。こちらはわずか8gの軽くて携帯性に優れたLEDライト。
カバンやズボンに引っかけることができるキーリング型なので、持ち出しやすく便利です。

100均グッズを活用しよう

あらゆる感染予防になるマスク。
災害状況によっては、防じんマスクやN95マスクなどの高機能マスクが必要になることもありますが、とりあえずコンビニや100均で売られているマスクを一袋用意しておけば安心です。
出典:

あらゆる感染予防になるマスク。
災害状況によっては、防じんマスクやN95マスクなどの高機能マスクが必要になることもありますが、とりあえずコンビニや100均で売られているマスクを一袋用意しておけば安心です。

緊急用の笛も100均で購入できます。
中にはメモを入れることができるタイプも。連絡先や血液型などを書いておけば万が一のときにも安心です。
出典:

緊急用の笛も100均で購入できます。
中にはメモを入れることができるタイプも。連絡先や血液型などを書いておけば万が一のときにも安心です。

避難時は小銭が活躍

お札だとどうしてもお釣りが発生するので使いにくく、かえって迷惑がられることもあります。災害時にはお札よりも小銭の方が役立ちます。小銭を入れたミニ財布をひとつリュックに入れておきましょう!
出典:

お札だとどうしてもお釣りが発生するので使いにくく、かえって迷惑がられることもあります。災害時にはお札よりも小銭の方が役立ちます。小銭を入れたミニ財布をひとつリュックに入れておきましょう!

連絡先はしっかり確保&把握して!

充電アイテムは毎日持ち歩くのが吉

携帯の電源が切れてしまうのが一番心配なことではありませんか。携帯用充電器(モバイルバッテリー)は今や必須アイテムです!こちらはUSBが2本挿せ、スマホなら2回満タンにできます。あまりに安いものは発火の危険性があるので要注意。実は事故が多発したことから、モバイルバッテリーは2019年2月から電気用品安全法(PSE法)の規制対象となり、技術基準を満たし「PSEマーク」を取得した製品以外は製造・輸入・販売不可となりました。購入前に、PSEマークの有無を必ずチェックするようにしましょう。
出典:

携帯の電源が切れてしまうのが一番心配なことではありませんか。携帯用充電器(モバイルバッテリー)は今や必須アイテムです!こちらはUSBが2本挿せ、スマホなら2回満タンにできます。あまりに安いものは発火の危険性があるので要注意。実は事故が多発したことから、モバイルバッテリーは2019年2月から電気用品安全法(PSE法)の規制対象となり、技術基準を満たし「PSEマーク」を取得した製品以外は製造・輸入・販売不可となりました。購入前に、PSEマークの有無を必ずチェックするようにしましょう。

連絡先をメモしておく

災害時は携帯電話など電子機器ばかりに頼っていてはいけません。手書きでメモ帳や手帳に、自分のパーソナルデータや家族・職場の連絡先などを残しておきましょう。
出典:

災害時は携帯電話など電子機器ばかりに頼っていてはいけません。手書きでメモ帳や手帳に、自分のパーソナルデータや家族・職場の連絡先などを残しておきましょう。

写真も現像しておこう

写真はデータの中に入れて保存するだけでなく、何枚かは現像しておきましょう。
家族や友人、ペットの写真を定期入れなどに挟んでおくだけで救出の際に手掛かりになることがあります。
出典:www.pexels.com

写真はデータの中に入れて保存するだけでなく、何枚かは現像しておきましょう。
家族や友人、ペットの写真を定期入れなどに挟んでおくだけで救出の際に手掛かりになることがあります。

揃えておきたい防災食

水は500mlボトル

まずは水をストックしておきましょう。
2Lサイズは重たいので、軽く手に持つことができる500mlサイズを何本か揃えておきましょう。
出典:

まずは水をストックしておきましょう。
2Lサイズは重たいので、軽く手に持つことができる500mlサイズを何本か揃えておきましょう。

缶詰やレトルト食品

一人暮らしさんの普段の食生活にも一役買ってくれる缶詰。
賞味期限を確認し、古いものから順次、普段の食事に使いながら買い足してストックしておきましょう。
出典:www.photo-ac.com

一人暮らしさんの普段の食生活にも一役買ってくれる缶詰。
賞味期限を確認し、古いものから順次、普段の食事に使いながら買い足してストックしておきましょう。

ワンルームや1Kの物件にお住まいの一人暮らしさんにとっては、非常用の食事を揃えるにも何かと場所を取るのが困りもの。ストレスなく対策できるように、ストックするなら普段でも気軽に食べられるレトルト食品がおすすめ。味見も兼ねて食べていくと気に入った味のものに出会えることも。賞味期限に注意しながらストックを切らさずに揃えておきましょう。
出典:

ワンルームや1Kの物件にお住まいの一人暮らしさんにとっては、非常用の食事を揃えるにも何かと場所を取るのが困りもの。ストレスなく対策できるように、ストックするなら普段でも気軽に食べられるレトルト食品がおすすめ。味見も兼ねて食べていくと気に入った味のものに出会えることも。賞味期限に注意しながらストックを切らさずに揃えておきましょう。

一口サイズの嗜好品

キャンディーやクッキー、チョコレートなどは口に入れると緊張でピリピリと張り詰めた心を少しばかりほぐしてくれます。
すぐに口にふくむこともできるので、あると嬉しいアイテムです。
出典:

キャンディーやクッキー、チョコレートなどは口に入れると緊張でピリピリと張り詰めた心を少しばかりほぐしてくれます。
すぐに口にふくむこともできるので、あると嬉しいアイテムです。

お部屋の中も防災対策しておきましょう

物を買い備えることも大切ですが、暮らしを整えて非常時に備えることも必要です。自分の身の安全が第一優先と考えた上で、おしゃれな空間づくりをしていくことがこれからは大切になってくるでしょう。

シーリングライトを使用

ペンダントライトをつけるとおしゃれなインテリアになりますが、地震で揺れて落ちてきたり、陶器やガラスなどの素材だと割れてしまう可能性もあります。
このようなシーリングライトだと天井に直に付けられるので安心です。
出典:

ペンダントライトをつけるとおしゃれなインテリアになりますが、地震で揺れて落ちてきたり、陶器やガラスなどの素材だと割れてしまう可能性もあります。
このようなシーリングライトだと天井に直に付けられるので安心です。

突っ張り棒や滑り止めで食器棚を固定

ワンルームなどスペースのゆとりが少ない部屋に背の高い家具を置いてしまうと、それが倒れてしまった際、閉じ込められてしまって身動きが取れなくなるおそれがあります。
写真のように、耐震グッズは必ずつけるようにしましょう。
出典:

ワンルームなどスペースのゆとりが少ない部屋に背の高い家具を置いてしまうと、それが倒れてしまった際、閉じ込められてしまって身動きが取れなくなるおそれがあります。
写真のように、耐震グッズは必ずつけるようにしましょう。

お皿の下に滑り止めのシートを敷いておくことで、地震対策になります。食器やインテリアに合ったデザインのシートは防災対策しながらコーディネートも楽しめますよ。
出典:

お皿の下に滑り止めのシートを敷いておくことで、地震対策になります。食器やインテリアに合ったデザインのシートは防災対策しながらコーディネートも楽しめますよ。

割れ物は置き場を確認!

ベッドのそばやお部屋でいつも座る定位置に割れやすい物や、重たい置物などを置いていませんか。
頭の上に落ちてきてケガをすることのないよう、落ちてきても支障のない場所に移動させましょう。
出典:unsplash.com

ベッドのそばやお部屋でいつも座る定位置に割れやすい物や、重たい置物などを置いていませんか。
頭の上に落ちてきてケガをすることのないよう、落ちてきても支障のない場所に移動させましょう。

クッションやストールなどで身を守る

さりげなく置いたクッションや柔らかな布ものは災害時には頭にかぶったり、身を守るアイテムに様変わり。普段は置いておくだけでインテリアを楽しめるのが嬉しいですね。
出典:

さりげなく置いたクッションや柔らかな布ものは災害時には頭にかぶったり、身を守るアイテムに様変わり。普段は置いておくだけでインテリアを楽しめるのが嬉しいですね。

廊下や玄関には物を置かない

普段から避難経路を確保しておいてください。
家の外にすぐに逃げられるように廊下や玄関などにしっかりスペースを作っておくことが大切です。
廊下や玄関に荷物が山積みになっているようなら、整理して逃げ道をふさいでしまわないように対策しておきましょう。
出典:

普段から避難経路を確保しておいてください。
家の外にすぐに逃げられるように廊下や玄関などにしっかりスペースを作っておくことが大切です。
廊下や玄関に荷物が山積みになっているようなら、整理して逃げ道をふさいでしまわないように対策しておきましょう。

散歩がてらにご近所チェック!

災害に備えるためには、避難経路の確認も大事なことです。一人暮らしさんはただでさえ地域との関わりが少なくなりがちです。慌てずに落ち着いて行動できるように、日ごろからお家の周辺環境のことを知っておきましょう。

家の周りを確認

家の外に危険がないか確認していきましょう。
普段、何気なく通っている道でも危険が潜んでいる場合もあります。背の高いガラス張りのビル横は避けて通る、川のそばには近づかない、など細部まで把握しておきましょう。
出典:www.instagram.com(@tokyoitepix)

家の外に危険がないか確認していきましょう。
普段、何気なく通っている道でも危険が潜んでいる場合もあります。背の高いガラス張りのビル横は避けて通る、川のそばには近づかない、など細部まで把握しておきましょう。

避難場所やルートも大切

非難できるような広い公園が近くにあるか、そこに行くまでの安全なルートなど、お散歩がてら歩いて確認しておきましょう。
出典:stocksnap.io

非難できるような広い公園が近くにあるか、そこに行くまでの安全なルートなど、お散歩がてら歩いて確認しておきましょう。

災害時には学校や公民館が避難所となります。
一人暮らしさんにはあまり馴染みのない場所かもしれませんが確認しておきましょう。
マップなどではなく実際に歩いてみて、自分の目で確認しておくことも大切です。
出典:stocksnap.io

災害時には学校や公民館が避難所となります。
一人暮らしさんにはあまり馴染みのない場所かもしれませんが確認しておきましょう。
マップなどではなく実際に歩いてみて、自分の目で確認しておくことも大切です。

これ一つあれば安心おすすめ!な避難袋

一つ一つそろえるのが面倒な方にとっては、避難袋を1セットそろえるのは手っ取り早く安心な方法です。すぐに持って逃げられるようにベッドのそばや、玄関付近に置いておくことがポイントです。
スタイリッシュなデザインの非常用避難袋です。
サイズは290×385×130mmでコンパクトサイズなので場所を取りません。
リュックサック自体も燃えにくい素材で、防水加工されており、暗い場所でも光る畜光剤が装備されています。
出典:

スタイリッシュなデザインの非常用避難袋です。
サイズは290×385×130mmでコンパクトサイズなので場所を取りません。
リュックサック自体も燃えにくい素材で、防水加工されており、暗い場所でも光る畜光剤が装備されています。

こちらがリュックの中身です。こちらをお手本に、少しずつ防災用品を揃えていくのもいいですね。

1) 非常持ち出し袋 
2) 5年保存水(500ml×4本) 
3) カンパン(110g×3食)
4) 簡易トイレ 
5) アルコール除菌ジェル 
6) 非常用吸水袋 
7) レスキューシート
8) 加熱袋・発熱剤 
9) 緊急用ホイッスル 
10) 軍手 
11) レジャーシート
12) カイロ2枚
13) レインコート 
14) 三角巾 
15) ガムテープ 
16) アウトドアナイフ
17) ポーチ
18) 緊急絆創膏 
19) カット綿 
20) 綿棒
21) ウエットティッシュ
22) ピルケース
23) マスク
24) ローソク・マッチ
25) 乾電池
26) エア枕・耳栓・アイマスク・スリッパ
27) ドライシャンプー
28) 緊急連絡シート
29) ダイナモ多機能ライト
30) 防災アドバイス
出典:

こちらがリュックの中身です。こちらをお手本に、少しずつ防災用品を揃えていくのもいいですね。

1) 非常持ち出し袋
2) 5年保存水(500ml×4本) 
3) カンパン(110g×3食)
4) 簡易トイレ 
5) アルコール除菌ジェル 
6) 非常用吸水袋 
7) レスキューシート
8) 加熱袋・発熱剤 
9) 緊急用ホイッスル 
10) 軍手 
11) レジャーシート
12) カイロ2枚
13) レインコート 
14) 三角巾 
15) ガムテープ 
16) アウトドアナイフ
17) ポーチ
18) 緊急絆創膏 
19) カット綿 
20) 綿棒
21) ウエットティッシュ
22) ピルケース
23) マスク
24) ローソク・マッチ
25) 乾電池
26) エア枕・耳栓・アイマスク・スリッパ
27) ドライシャンプー
28) 緊急連絡シート
29) ダイナモ多機能ライト
30) 防災アドバイス

まとめ

いかがでしたでしょうか。
普段使いのものをまとめておいたり、生活を少し見直したり、お部屋を整えるだけで災害に備えることにつながります。一人暮らしでお部屋も自分だけの空間となると、「おしゃれにしたい」という気持ちばかりが先走ってしまいがちですが、命を守ることが何よりも最優先!万が一の時にも安心できる生活空間を作っておくことが大事です。
見た目だけにこだわらず、しっかりと防災対策をしておきましょう。
出典:unsplash.com

いかがでしたでしょうか。
普段使いのものをまとめておいたり、生活を少し見直したり、お部屋を整えるだけで災害に備えることにつながります。一人暮らしでお部屋も自分だけの空間となると、「おしゃれにしたい」という気持ちばかりが先走ってしまいがちですが、命を守ることが何よりも最優先!万が一の時にも安心できる生活空間を作っておくことが大事です。
見た目だけにこだわらず、しっかりと防災対策をしておきましょう。

画像のご協力ありがとうございました!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play