きちんとケアして長く使いたい。『帽子』の洗い方・お手入れ講座

きちんとケアして長く使いたい。『帽子』の洗い方・お手入れ講座

着こなしのアクセントになる「帽子」。季節ごとに素材や形の異なる帽子を持っていると、なにかと重宝しますよね。おしゃれさんほどたくさんの帽子を持っているのではないでしょうか?長く使いたい大切なお気に入りの帽子。素材別に、お手入れ方法や洗い方をご紹介します。 2019年03月24日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
お手入れ
帽子
洗濯
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
230

お気に入りの帽子、ちゃんとお手入れしていますか?

着こなしのアクセントになる「帽子」。季節ごとに素材や形の異なる帽子を持っていると、なにかと重宝しますよね。おしゃれさんほどたくさんの帽子を持っているのではないでしょうか?
出典:

着こなしのアクセントになる「帽子」。季節ごとに素材や形の異なる帽子を持っていると、なにかと重宝しますよね。おしゃれさんほどたくさんの帽子を持っているのではないでしょうか?

愛用の帽子を長く使っていくためには、お手入れがマスト。ワンシーズン使い終わった帽子を、しまい込む前にきれいにしておきたいですよね。そのためには帽子の素材に応じて、ふさわしいお手入れの仕方を知っておく必要があります。
出典:

愛用の帽子を長く使っていくためには、お手入れがマスト。ワンシーズン使い終わった帽子を、しまい込む前にきれいにしておきたいですよね。そのためには帽子の素材に応じて、ふさわしいお手入れの仕方を知っておく必要があります。

長く使いたい大切なお気に入りの帽子。素材別に、お手入れ方法や洗い方をご紹介します。
出典:

長く使いたい大切なお気に入りの帽子。素材別に、お手入れ方法や洗い方をご紹介します。

帽子をお手入れする前にしておきたいこと

洗濯表示をチェック

どの帽子にも言えることですが、まずは洗濯表示をチェックすることが重要です。桶のマークに×がついていたら自宅では洗うことができません。帽子の素材によっては、洗ってしまうと型が崩れて取り返しのつかないことになってしまうことも。
出典:

どの帽子にも言えることですが、まずは洗濯表示をチェックすることが重要です。桶のマークに×がついていたら自宅では洗うことができません。帽子の素材によっては、洗ってしまうと型が崩れて取り返しのつかないことになってしまうことも。

装飾品は外しておく

帽子本体と異なる素材のワッペンやリボンがついている場合は、一緒に洗うと色移りしてしまう可能性があります。また、洗っている間にうっかり取れてしまうことも。外せるものはなるべくはずして、洗ってからもう一度つけるようにするとよいでしょう。
出典:

帽子本体と異なる素材のワッペンやリボンがついている場合は、一緒に洗うと色移りしてしまう可能性があります。また、洗っている間にうっかり取れてしまうことも。外せるものはなるべくはずして、洗ってからもう一度つけるようにするとよいでしょう。

洗えない帽子のお手入れ方法

ラフィアハットや麦わらなど天然素材の帽子のお手入れ

ペーパーや麦わら、ラフィア、パナマなどの天然素材の帽子は洗えないものがほとんどです。編み目にゴミやホコリが入りこんでいることがあるので、まずは柔らかい洋服ブラシで優しくホコリを取り除いてください。ブラッシングは、帽子のクラウン(頭が入る部分)の上から下に。次にブリムを、外に向かってスナップをきかせるようにブラッシングします。
出典:

ペーパーや麦わら、ラフィア、パナマなどの天然素材の帽子は洗えないものがほとんどです。編み目にゴミやホコリが入りこんでいることがあるので、まずは柔らかい洋服ブラシで優しくホコリを取り除いてください。ブラッシングは、帽子のクラウン(頭が入る部分)の上から下に。次にブリムを、外に向かってスナップをきかせるようにブラッシングします。

内部に付いているテープは、けっこう汗を吸収しているもの。
水で濡らして固く絞った布で、シミ抜きの容量でトントンと汗を叩き出すようにすると、汗ジミや臭い対策になります。
出典:

内部に付いているテープは、けっこう汗を吸収しているもの。
水で濡らして固く絞った布で、シミ抜きの容量でトントンと汗を叩き出すようにすると、汗ジミや臭い対策になります。

長期保管する場合は、完全に乾かしてからしまうようにします。汗や湿気が残っているとカビや臭いの原因になりかねないので、天気のいい日に陰干しをして乾かしてください。
出典:www.pexels.com

長期保管する場合は、完全に乾かしてからしまうようにします。汗や湿気が残っているとカビや臭いの原因になりかねないので、天気のいい日に陰干しをして乾かしてください。

基本的に、帽子が届いた状態で保管するのがおすすめ。専用の箱がある場合は捨てずに取っておくとよいでしょう。ない場合は、型崩れ帽子のため帽子の中に丸めた紙を入れて、ブリムが上がるものは根本から上にした状態で保管します。直射日光の当たらない、風通しの良い場所で保管することが重要です。
出典:

基本的に、帽子が届いた状態で保管するのがおすすめ。専用の箱がある場合は捨てずに取っておくとよいでしょう。ない場合は、型崩れ帽子のため帽子の中に丸めた紙を入れて、ブリムが上がるものは根本から上にした状態で保管します。直射日光の当たらない、風通しの良い場所で保管することが重要です。

フェルトの帽子のお手入れ

水分に弱く変形しやすいので、フェルト部分には濡れタオルを使わないこと。軽い汚れは、毛の流れに沿って消しゴムでこすります。強くこすりすぎると変質するので要注意です。ウールなど動物性繊維のものは虫食いにあう場合があるため、収納時は防虫剤を使うとよいでしょう。
出典:

水分に弱く変形しやすいので、フェルト部分には濡れタオルを使わないこと。軽い汚れは、毛の流れに沿って消しゴムでこすります。強くこすりすぎると変質するので要注意です。ウールなど動物性繊維のものは虫食いにあう場合があるため、収納時は防虫剤を使うとよいでしょう。

フェルトには毛の流れがあるので、流れに沿ってブラッシングします。ブラッシングすることによりホコリも落とせますし、毛並みを整えることができます。
出典:

フェルトには毛の流れがあるので、流れに沿ってブラッシングします。ブラッシングすることによりホコリも落とせますし、毛並みを整えることができます。

洗える帽子のお手入れ方法

織布の帽子のお手入れ

綿や麻、ポリエステルなどの帽子は自宅で洗えるものがあります。まずは洗濯表示をチェックしてみましょう。直接肌に触れる部分の汗や皮脂の汚れが気になるときは、先に固形石鹸と40度程度のお湯で部分洗いをしておきます。
出典:

綿や麻、ポリエステルなどの帽子は自宅で洗えるものがあります。まずは洗濯表示をチェックしてみましょう。直接肌に触れる部分の汗や皮脂の汚れが気になるときは、先に固形石鹸と40度程度のお湯で部分洗いをしておきます。

洗濯おけに40度程度のお湯をためて、規定量のおしゃれ着用洗剤を入れてかき混ぜておきます。洗剤による手荒れを防ぐために、ゴム手袋などを着用するとよいでしょう。
型崩れしないようにやさしく押し洗いをして、20分ほどつけ置きします。
出典:www.photo-ac.com

洗濯おけに40度程度のお湯をためて、規定量のおしゃれ着用洗剤を入れてかき混ぜておきます。洗剤による手荒れを防ぐために、ゴム手袋などを着用するとよいでしょう。
型崩れしないようにやさしく押し洗いをして、20分ほどつけ置きします。

洗濯槽と擦れて痛む原因になるので、帽子を洗濯ネットに入れます。一番弱い設定で1分脱水してから、新しいきれいなお湯で押し洗いします。最後にもう一度一番弱い設定で1分脱水します。
型崩れしやすいので、干すときには「調理用のザル」を使うのがおすすめ。帽子をぴったり被せられるサイズのザルにかぶせて陰干しすると、型崩れせず帽子全体がしっかりと乾きます。
出典:

洗濯槽と擦れて痛む原因になるので、帽子を洗濯ネットに入れます。一番弱い設定で1分脱水してから、新しいきれいなお湯で押し洗いします。最後にもう一度一番弱い設定で1分脱水します。
型崩れしやすいので、干すときには「調理用のザル」を使うのがおすすめ。帽子をぴったり被せられるサイズのザルにかぶせて陰干しすると、型崩れせず帽子全体がしっかりと乾きます。

ニット帽のお手入れ

ニット帽は編地や糸、素材によって伸び縮みします。素材の特質を把握しないと失敗するのでクリーニング店に相談するとよいでしょう。
出典:

ニット帽は編地や糸、素材によって伸び縮みします。素材の特質を把握しないと失敗するのでクリーニング店に相談するとよいでしょう。

洗濯表示をチェックして、自宅で洗えるものであれば、上で紹介した織布の帽子の洗い方と同じ要領で優しく手洗いします。
干すときは、専用ネットなどを使って平干しで陰干しします。物干しハンガーなどで吊るしてしまうと伸びてしまったり、型崩れの原因になるのでNGです。
出典:

洗濯表示をチェックして、自宅で洗えるものであれば、上で紹介した織布の帽子の洗い方と同じ要領で優しく手洗いします。
干すときは、専用ネットなどを使って平干しで陰干しします。物干しハンガーなどで吊るしてしまうと伸びてしまったり、型崩れの原因になるのでNGです。

除菌・消臭スプレーも活用しよう

いくら洗える素材の帽子でも、ひんぱんに洗うと傷みやすくなりますし、手間もかかりますよね。日常で使用していて臭いが気になる場合は、衣類に使える除菌・消臭スプレーを帽子の内側から吹き付けます。変色する場合があるので、はじめてスプレーするときは必ず目立たない場所で試し、表からはかけないよう注意します。
出典:

いくら洗える素材の帽子でも、ひんぱんに洗うと傷みやすくなりますし、手間もかかりますよね。日常で使用していて臭いが気になる場合は、衣類に使える除菌・消臭スプレーを帽子の内側から吹き付けます。変色する場合があるので、はじめてスプレーするときは必ず目立たない場所で試し、表からはかけないよう注意します。

汗染みが出来る前に、きちんとケアしてキレイをキープ

おしゃれのアクセントになる大切なお気に入りの帽子。素材別のお手入れ方法をしっかり復習して、大切な帽子を長く愛用したいですね。
出典:

おしゃれのアクセントになる大切なお気に入りの帽子。素材別のお手入れ方法をしっかり復習して、大切な帽子を長く愛用したいですね。

帽子の詳しいお手入れ方法については、以下のサイトをご覧下さい。

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play